【ラブライブ!】焼きたての焼き芋をいきなり後輩の手に持たせるやつwwwwwwwww

20140413231122224.jpg

1: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ (ワッチョイW d974-weHo) 2015/11/22(日) 16:43:41.92 ID:SnAAxxMC0.net

陰湿



2: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 8dc3-1Uzl) 2015/11/22(日) 16:45:55.24 ID:r3ZXRhiR0.net

アチッアチアチッではすまない
キャラ作るのも忘れてあっつ!と同時に投げ捨てるレベル


13: 名無しで叶える物語(プーアル茶)@\(^o^)/ (ワッチョイW b7f5-KeWB) 2015/11/22(日) 18:37:31.61 ID:7m4vKgv+0.net

>>2
ワロタ


3: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ (スプー Sdf8-/Gx2) 2015/11/22(日) 16:53:26.19 ID:7wvBQdugd.net

クソワロタ


4: 名無しで叶える物語(有限の箱庭)@\(^o^)/ (スプー Sdf8-24zB) 2015/11/22(日) 16:56:26.57 ID:flchzOFLd.net

真姫「あっつ!」ぽいっ

絵里「あっつ!?」


5: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ (スプー Sdf8-/Gx2) 2015/11/22(日) 16:59:34.36 ID:7wvBQdugd.net

貰えなかった絵里よりマシ


7: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ (ササクッテロ Sp8d-1Uzl) 2015/11/22(日) 17:13:26.89 ID:Nr9rkmxyp.net

あんな熱々いらないんだが


8: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイW d0a9-weHo) 2015/11/22(日) 17:50:51.10 ID:58MO2eWw0.net

でもかわいい


9: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ (スプー Sda8-weHo) 2015/11/22(日) 18:02:13.09 ID:5+gXBQtdd.net

ほんとにね


10: 名無しで叶える物語(かつお)@\(^o^)/ (ワッチョイW d099-ttF4) 2015/11/22(日) 18:24:43.50 ID:heno+Dsd0.net

ただれるであんなん


11: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 8dc3-1Uzl) 2015/11/22(日) 18:27:34.55 ID:r3ZXRhiR0.net

まきちゃんのあっつ!が容易に想像できると思ったら公式でそういえばあったんだった


12: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ (ササクッテロ Sp8d-1Uzl) 2015/11/22(日) 18:34:29.81 ID:0XvmOUc8p.net

畜生にこ


14: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ (ササクッテロ Sp8d-1Uzl) 2015/11/22(日) 18:41:52.19 ID:COg6teAFp.net

普通に火傷するわ


15: 名無しで叶える物語(dion軍)@\(^o^)/ (ワッチョイW 414e-vcw3) 2015/11/22(日) 18:45:29.78 ID:nra5QQH/0.net

軍手しないの?


16: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ (ワッチョイW 5474-1Uzl) 2015/11/22(日) 18:45:54.93 ID:1+rzMAbj0.net

真姫「ハッ…ハッ…アッー!アーツ!アーツェ!アツゥイ! ヒュゥーアッツ!アツウィー、アツーウィ!アツーアツーェ! すいませへぇ~ん!アッアッアアツェ!アツェ!アッーアツウィッシュ」


17: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW 8dc3-SwvK) 2015/11/22(日) 18:46:58.44 ID:9GsS2CPp0.net

まきちゃんの手の皮が非常に厚い可能性


19: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ (スプー Sda8-weHo) 2015/11/22(日) 19:32:01.30 ID:4Qe2XHjod.net

ピアニストの指にダメージを与える畜生


20: 名無しで叶える物語(ぎょうざ)@\(^o^)/ (ガックシW 0+79-KeWB) 2015/11/22(日) 20:10:57.47 ID:xztIk977+.net

手の皮が剥げても作曲はできるから(ゲス)


21: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ (ササクッテロ Sp8d-1Uzl) 2015/11/22(日) 20:12:27.23 ID:vYPTfiyHp.net

アンチ乙
まきちゃんは心頭滅却してるから


22: 名無しで叶える物語(SB-iPhone)@\(^o^)/ (ササクッテロ Sp8d-1Uzl) 2015/11/22(日) 20:17:32.81 ID:TSik2phap.net

あついしぼう


23: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ (スプー Sda8-kmUF) 2015/11/22(日) 20:17:38.64 ID:R68Q3UHNd.net

ピアノで鍛えて手の皮暑いから余裕


24: 名無しで叶える物語(しうまい)@\(^o^)/ (ワッチョイW c548-Ctvz) 2015/11/22(日) 20:18:46.72 ID:Ku+Y0T510.net

冷たい火傷とか言ってるから実は冷たい可能性


25: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ (スプー Sdf8-SwvK) 2015/11/22(日) 20:25:21.00 ID:xWN8DUFbd.net

確かに知らないと教えられないもんな


27: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ (ワッチョイW f4c3-weHo) 2015/11/22(日) 21:35:34.80 ID:9fMPSlr40.net

パイセン畜生疑惑付きすぎだろ…


28: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ (スプー Sda8-zkgi) 2015/11/22(日) 22:05:59.92 ID:1ikxJJlUd.net

まきちゃんはポーカーフェイスだからね
裏では泣いてるんだよ


29: 名無しで叶える物語(こんにゃく)@\(^o^)/ (ワッチョイW c5bd-weHo) 2015/11/22(日) 23:55:28.67 ID:sMgwyBa10.net

そんなシーンあったっけ?


30: 名無しで叶える物語(家)@\(^o^)/ (ワッチョイW d974-SwvK) 2015/11/23(月) 00:55:36.01 ID:9x+QLf+H0.net

>>29
2期の合宿回


31: 名無しで叶える物語(茸)@\(^o^)/ (スプー Sda8-SwvK) 2015/11/23(月) 09:23:21.21 ID:nOxB9l7kd.net

美味い芋の焼き方は、地面に芋を置いて
石で芋を覆いつくしてその上に枯れ葉を
敷き詰めて焼く


32: 名無しで叶える物語(有限の箱庭)@\(^o^)/ (スプー Sdfd-weHo) 2015/11/23(月) 10:47:53.14 ID:Dn+jc6Odd.net

>>31
蒸し焼きだからね


18: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ (ワッチョイ 09f5-znXp) 2015/11/22(日) 19:03:46.42 ID:b7IY3rJL0.net

>>1
1、直接手渡ししたわけではない。勝手に真姫が焼き芋を掴んだ
2、そもそも直前まであの焼き芋が火の中にあったという描写がない。手でつかめるギリギリの熱さになるまで待っていた可能性がある

結論
矢澤は偉大である


引用元: ・http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1448178221/

このエントリーをはてなブックマークに追加
オススメ記事

この記事へのコメント

  1. 名無しのラブライバー:2015/11/29(日) 06:12:50

    あれは思った
    絶対熱い


  2. 名無しのラブライバー:2015/11/29(日) 07:09:03

    たかがアニメの細かい部分にまでツッコミ入れるやつとか・・・


  3. 名無しのラブライバー:2015/11/29(日) 08:00:06

    木が気になって森が見られなくなっている人達かな


  4. 名無しのラブライバー:2015/11/29(日) 08:05:15

    実際にアチチで済んでるしその後すぐ食べてるからそんなに熱くないはず

    結論:さすがにこね


  5. 名無しのラブライバー:2015/11/29(日) 08:12:33

    ほんとにね


  6. 名無しのラブライバー:2015/11/29(日) 08:24:48

    そんなとこ気にするのか(困惑)


  7. 名無しのラブライバー:2015/11/29(日) 08:53:07

    ラブライブは細かいとこに突っ込んだら負けなアニメだろ


  8. 名無しのラブライバー:2015/11/29(日) 09:18:33

    このスレ自体がツッコんだら負けなところにツッコむギャグだろうがw


  9. 名無しのラブライバー:2015/11/29(日) 09:22:33

    スレの雰囲気は細かいところにねちねち突っ込んでるわけじゃなく突っ込みどころをいじってるだけだと思うが・・・


  10. 名無しのラブライバー:2015/11/29(日) 10:33:59

    にこのふーふー描写と合わせて考えるに、真姫ちゃんに渡したときの芋の温度は60℃弱と考えるのが妥当

    描写の無い過程を妄想して、持てた割れた食べれたという結果を見ないのはツッコミ以前の問題

    というツッコミ


  11. 名無しのラブライバー:2015/11/29(日) 10:34:51

    そしてこの後、2人はオナラをするんだろうなって思った俺が一番ゲスだ!!


  12. 名無しのラブライバー:2015/11/29(日) 12:31:07

    いつもクールすぎる真姫ちゃんに対して「もっと熱くなれよ」という、物理的熱さと精神的熱さのダブルパンチで
    後輩の内面に攻め込むにこちゃん先輩の修造的コミュニケーション


  13. 名無しのラブライバー:2015/11/29(日) 12:57:21

    ※11
    絵里「くっさ!」


  14. 名無しのラブライバー:2015/11/29(日) 13:13:49

    声だしてワロタ


  15. 名無しのラブライバー:2015/11/29(日) 13:45:51

    唐突なKYNに草


  16. 名無しのラブライバー:2015/11/29(日) 15:46:35

    ※16がゲスすぎる


  17. 名無しのラブライバー:2015/11/29(日) 17:37:28

    (脚本に)たった1人テントに閉じ込められたユニットリーダーよりマシ


  18. 名無しのラブライバー:2015/11/29(日) 17:47:55

    ※17
    外では仲良しコンビがイチャコラ焼き芋デートしてるってのに
    暗所が苦手って設定のキャラを一人で暗所に閉じ込めるとか鬼畜の所業


  19. 名無しのラブライバー:2015/11/29(日) 18:31:07

    ※12
    アツライブ!


  20. 名無しのラブライバー:2015/11/29(日) 19:14:25

    ※18
    お前アニメ見てないだろ


  21. 名無しのラブライバー:2015/11/30(月) 22:05:32

    選択の余地のない非常時の為、ご迷惑ですがこれは妄想ではなくあなた方にもなり得る事なのです。秘密保護法など前後で、各国大使館に宛てた後ですからこの頃の新聞紙面の情勢と関連しており、故に懸念した通り20年前の1996年7月2日の精神病院への強制入院後1997年8月24日の死に至る経緯が2012年6月14日の三田署の警官の「罪状なくても逮捕できる」この頃の時代を調べてご覧下さい。 不正な投稿とされ心外な返答であれば今後、逆の立場に立たされても一切の責任を負いかねる。ブログは予想通りで、余りにも現実離れをしている為、理解されない。誹謗中傷、連投荒らし、煽り、記事と無関係なコメ等はNGです。削除、規制対象となる場合がございます ・他ブログ、サイト様を批判するようなコメントはおやめください ※悪質な場合はプロバイダに通報させていただきますのでご了承ください
    本当にご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。何卒、他に手段がございませんので了解の程を。これは私が体験した件と過去.現在を通じて起きうる「可能性」で出来れば未然に防ぎたい。以下の文章は類似.比喩などで真偽は貴方方次第。 今春の3.7のニュースでも隣国の急先鋒の政権批判のN氏の暗殺で婚約者に嫌疑がかかり失踪。「私に容疑がかかる事が怖い彼らは何でもでっちあげることが出来る」とビンラビン殺害のそれと同様で自らのルールを守らず歪め「異常が正常な世界」とあるならば遠からず貴方方にも及び懸念した事態になるだけ。


  22. 名無しのラブライバー:2015/11/30(月) 22:06:18

    選択の余地のない非常時の為、ご迷惑ですがこれは妄想ではなくあなた方にもなり得る事なのです。秘密保護法など前後で、各国大使館に宛てた後ですからこの頃の新聞紙面の情勢と関連しており、故に懸念した通り20年前の1996年7月2日の精神病院への強制入院後1997年8月24日の死に至る経緯が2012年6月14日の三田署の警官の「罪状なくても逮捕できる」この頃の時代を調べてご覧下さい。 不正な投稿とされ心外な返答であれば今後、逆の立場に立たされても一切の責任を負いかねる。ブログは予想通りで、余りにも現実離れをしている為、理解されない。本当にご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。何卒、他に手段がございませんので了解の程を。これは私が体験した件と過去.現在を通じて起きうる「可能性」で出来れば未然に防ぎたい。以下の文章は類似.比喩などで真偽は貴方方次第。 今春の3.7のニュースでも隣国の急先鋒の政権批判のN氏の暗殺で婚約者に嫌疑がかかり失踪。「私に容疑がかかる事が怖い彼らは何でもでっちあげることが出来る」と自らのルールを守らず歪め「異常が正常な世界」とあるならば遠からず貴方方にも及び懸念した事態になるだけ。妄想や犯罪とあらば遅すぎ、又、それであらば出頭する。回りくどい事はしない。2009年~2012年の間、何カ国大使館に宛てた事か。数十カ国に及び、2012年7.14前後 東京の「西麻布署」から1回電話があったきり。新聞事件沙汰になっても仕方ないくらいの覚悟と内容ですから朝日の天声人語で「鳥だ飛行機だOOだ~」と2012年6月以降を調べれば封書の内容です。最近の信号はNシステム等で公安が管理しており操作の可能性は大。自動操縦がいずれ実証する。またアラル海の件でこれは父との会話。某雑誌が何月号でいる。


  23. 名無しのラブライバー:2015/11/30(月) 22:06:36

    選択の余地のない非常時の為、ご迷惑ですがこれは妄想ではなくあなた方にもなり得る事なのです。秘密保護法など前後で、各国大使館に宛てた後ですからこの頃の新聞紙面の情勢と関連しており、故に懸念した通り20年前の1996年7月2日の精神病院への強制入院後1997年8月24日の死に至る経緯が2012年6月14日の三田署の警官の「罪状なくても逮捕できる」この頃の時代を調べてご覧下さい。 不正な投稿とされ心外な返答であれば今後、逆の立場に立たされても一切の責任を負いかねる。ブログは予想通りで、余りにも現実離れをしている為、理解されない。本当にご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。何卒、他に手段がございませんので了解の程を。これは私が体験した件と過去.現在を通じて起きうる「可能性」で出来れば未然に防ぎたい。以下の文章は類似.比喩などで真偽は貴方方次第。 今春の3.7のニュースでも隣国の急先鋒の政権批判のN氏の暗殺で婚約者に嫌疑がかかり失踪。「私に容疑がかかる事が怖い彼らは何でもでっちあげることが出来る」と自らのルールを守らず歪め「異常が正常な世界」とあるならば遠からず貴方方にも及び懸念した事態になるだけ。またアラル海の件でこれは父との会話。某雑誌が何月号でいる。
    アラル海の件 朝日の「原発利権」1億円安い融資と「最新地球が危ない」の瀕死のアラル海の様に目先の利権で生態系を崩させ海は死に漁業は壊滅、塩の嵐で砂漠化が進み深刻。石油も同様でカスピ海など近辺の湖も心配です「ローマ人の物語」でハンニバルの言葉。「いかなる強国といえど長期にわたって安泰であり続ける事は出来ない。国外に敵はいなくても国内に敵を持つ様になる」と。私が懸念しているのはこの点で戦後70年。多くの問題を、矛盾し続けた為、システム的に破綻したのです。隣国の公安のフェラーリが民衆にひっくり返され状態。警官が無抵抗の黒人を射殺し無罪ですから国内に敵を持つ様になる所以です。


  24. 名無しのラブライバー:2015/11/30(月) 22:06:55

    急啓,とり急ぎ申し上げます。私、ご相談の封書を送った兵庫県三田市の秋山と申します。「受取拒否」の件や今回のトヨペットの車検で2013年12.10~翌2014年8.30まで電話回線を遮断され2015年7.2までネット回線も一部のみ復旧したのみで連絡手段を断たれており、詳細は別の物にあるのでよめば理解できます。手短に言えば、秘密保護法など前後で、各国大使館に宛てた後ですからこの頃の新聞紙面の情勢と関連しており、故に懸念した通り20年前の1996年7月2日の精神病院への強制入院後1997年8月24日の死に至る経緯が2012年6月14日の三田署の警官の「罪状なくても逮捕できる」という滅茶苦茶な矛盾が生じており新聞などでも、15年10.9(金)IS、トヨタ車を多用か
    米で調査 高い耐久性 砂漠で利用? 「不正の代償 フォルクスワーゲン」VW急いだ体制刷新 「脱一極集中」沈む城下町 「堕ちた名門TOSIBA」某週刊誌7.31号のトヨタ女性役員を獄中から救ったOO大使の活躍~、、、など、10.20(木)~11.6(金)1~17回の「尖閣と沖縄返還 米外交文書から」の注目9話の「あのガっデムアイランドのことだが、我々の今の立場は?」過去.現在.未来のラプラスの魔物 ここに至る結論はここ数年の中央と三田署との動向が妙にリンクしている点とやはりM夫人がエライあのヒトにソックリで単にソックリさんにしては…. 三田署が必ずきますから. ご相談の封書内の写真を見比べれば納得すると思います。身の危険」なのです。盗聴された形跡があり朝日新聞の各所に我々の会話や封書の内容が掲載されPCでは禁句として投函できず、外部も同様。「ある筋」という以外常にチェックされ検閲されていた為で字数制限は無関係。詳しくは後程。政府や警察より遥かに影響力がある。我々が拘束や「事故」であればそれが証拠で他に影響を及ぼし兼ねない。「紅の党」「マンガ日本人と天皇」を読めば言わんとする事が解ります。また、最近ヤフーメールも遮断され一部機能で文章を送信しており隣国の公安のそれと同じで余程私の文章は彼らに不都合であり、真実を衝いているのでしょう。


  25. 名無しのラブライバー:2015/11/30(月) 22:07:23

    選択の余地のない非常時の為、ご迷惑ですがこれは妄想ではなくあなた方にもなり得る事なのです。秘密保護法など前後で、各国大使館に宛てた後ですからこの頃の新聞紙面の情勢と関連しており、故に懸念した通り20年前の1996年7月2日の精神病院への強制入院後1997年8月24日の死に至る経緯が2012年6月14日の三田署の警官の「罪状なくても逮捕できる」この頃の時代を調べてご覧下さい。 ブログは予想通りで、余りにも現実離れをしている為、理解されない。私自身も当時そうでいずれ貴方方も当事者になれば解る。否、いずれ成るでしょう。精神病院とは保険所の動物の「殺処分」と同じで救助という名目で合法的に拘束出来「宇都宮病院」の様な悪徳福祉.医療で悪用されれば薬漬けの廃人、地獄の様な副作用で我々の様に社会から抹殺さるか「殺処分」何せ鉄格子のある病院なんて入れられるまで知りませんし、一度入れられれば誰も細心の注意を払いますし、まして母が亡くなった原因の一つですから。このケースを調べると「旧●●の事犯者」三田署は当時事故で被害者である瀕死の兄に対して「戦争と人間」に出でくる憲兵。私が2009~2012年に時の政府や各国大使館宛てに出して出さなかった処が2つあり、●●庁と警視庁で隣国の件もありネットは使いたくなかった。いずれ拘束せれるか にしても影響を最小限度に抑える為の処置をとったまで。「ある筋」という以外常にチェックされ検閲されていた為で字数制限は無関係。詳しくは後程。政府や警察より遥かに影響力がある。我々が拘束や「事故」であればそれが証拠で他に影響を及ぼし兼ねない。不正な投稿とされ心外な返答であれば今後、逆の立場に立たされても一切の責任を負いかねる。今回の三田近辺のトヨペットの担当とその対応はサービス業の信用を覆かねず、一連のリコールの記事を見ても然り。「不正の代償」「堕ちた名門」にスライドしかねず、1か所の問題が全ての話を壊した。父との連絡の日に会話中やたら雑音が混じっていた為、盗聴で「エンジンオイルの」と言うところで1分48秒で途絶。G.Sでも危機一髪、オイルの減り方が尋常ではなく、NHKの土.日の番組で「ブレーキの回数も解る」と車検という名目で何をしているのやら。故に「不正の代償」「堕ちた名門」と危惧しているのです。


  26. 名無しのラブライバー:2015/11/30(月) 22:07:44

    選択の余地のない非常時の為、ご迷惑ですがこれは妄想ではなくあなた方にもなり得る事なのです。秘密保護法など前後で、各国大使館に宛てた後ですからこの頃の新聞紙面の情勢と関連しており、故に懸念した通り20年前の1996年7月2日の精神病院への強制入院後1997年8月24日の死に至る経緯が2012年6月14日の三田署の警官の「罪状なくても逮捕できる」この頃の時代を調べてご覧下さい。 隣国の件もありネットは使いたくなかった。いずれ拘束せれるか にしても影響を最小限度に抑える為の処置をとったまで。「ある筋」という以外常にチェックされ検閲されていた為で字数制限は無関係。政府や警察より遥かに影響力がある。我々が拘束や「事故」であればそれが証拠で他に影響を及ぼし兼ねない。不正な投稿とされ心外な返答であれば今後、逆の立場に立たされても一切の責任を負いかねる。ブログは予想通りで、余りにも現実離れをしている為、理解されない。私自身も当時そうでいずれ貴方方も当事者になれば解る。否、いずれ成るでしょう。で世界情勢を見て「難民」やテロも最早他人事ではない。憲兵が横行した戦前や冷戦の再来に成りかねない。妄想で各国大使館に宛てた後の朝日新聞など秘密保護法案があの時期なのか。自身が難民や行き場がなくなれば否応なし解る。ネットで救援を探す位なら亡命した。国は世間は冷たかった。「水晶の夜」は終わらない。プラザ合意以後どうか経済が均衡が崩れた。TPPも同様。私が相対者が「その筋」過去の亡霊。昭和恐慌の様に経済が破綻し国際情勢を照合すれば解る。朝日訴訟の記事で年間2~3万の自殺者があるのはいかに心の無い人が多いのです。冗談で済んだらいいのですが。話し合いによる相互理解で戦争のない世界を守るのが残された者の務めと思い隣国の人権活動家の心情も理解出来ました。


  27. 名無しのラブライバー:2015/11/30(月) 22:08:06

    選択の余地のない非常時の為、ご迷惑ですがこれは妄想ではなく貴方方にもなり得る事なのです。秘密保護法など前後で、各国大使館に宛てた後ですからこの頃の新聞紙面の情勢と関連しており、故に懸念した通り20年前の1996年7月2日の精神病院への強制入院後1997年8月24日の死に至る経緯が2012年6月14日の三田署の警官の「罪状なくても逮捕できる」この頃の時代を調べてご覧下さい。 隣国の件もありネットは使いたくなかった。いずれ拘束せれるか にしても影響を最小限度に抑える為の処置をとったまで。「ある筋」という以外常にチェックされ検閲されていた為で字数制限は無関係。政府や警察より遥かに影響力がある。我々が拘束や「事故」であればそれが証拠で他に影響を及ぼし兼ねない。不正な投稿とされ心外な返答であれば今後、逆の立場に立たされても一切の責任を負いかねる。ブログは予想通りで、余りにも現実離れをしている為、理解されない。私自身も当時そうでいずれ貴方方も当事者になれば解る。否、いずれ成るでしょう。映画「女王蜂」「球形の荒野」風に言えば確証はないが推測は出来ると。警官も「嫌な時代でしたな。当時は上司の命令は絶対でした。」と私が相対しているのはその輩で生き残り若しくは「戦後」70年のシステムに他ならない。冷戦構造の崩壊もその一端に過ぎない。旧東○○のスタージィに当てはめればいい。A社の「報われぬ国」社会福祉法人 食い物に 園長の座1億円で購入。24時間不審に思われず出入りできる。警察=精神医療を各分野にスライドした。常に互いを監視出来るシステムで新聞社など記事が出るので解りやすい。最近、貴方の処に見知らぬ人や車。福祉や警官の出入りが増えていませんか?恐らく私はこの件で逮捕拘禁は免れないでしょう。一部、不正な投稿とありこの国が保障する言論.表現の自由を疑問せざる得ない。


  28. 名無しのラブライバー:2015/11/30(月) 22:08:34

    選択の余地のない非常時の為、ご迷惑ですがこれは妄想ではなくあなた方にもなり得る事なのです。秘密保護法など前後で、各国大使館に宛てた後ですからこの頃の新聞紙面の情勢と関連しており、故に懸念した通り20年前の1996年7月2日の精神病院への強制入院後1997年8月24日の死に至る経緯が2012年6月14日の三田署の警官の「罪状なくても逮捕できる」この頃の時代を調べてご覧下さい。隣国の件もありネットは使いたくなかった。いずれ拘束せれるか にしても影響を最小限度に抑える為の処置をとったまで。「ある筋」という以外常にチェックされ検閲されていた為で字数制限は無関係。政府や警察より遥かに影響力がある。我々が拘束や「事故」であればそれが証拠で他に影響を及ぼし兼ねない。不正な投稿とされ心外な返答であれば今後、逆の立場に立たされても一切の責任を負いかねる。ブログは予想通りで、余りにも現実離れをしている為、理解されない。私自身も当時そうでいずれ貴方方も当事者になれば解る。 精神異常であれば退院後、すぐ兄に車を運転させ、私は1998年にSASで免許をとらされました。精神医療の本でもこの件は矛盾。我々を3人一斉に強制入院するのでも、入院費など何処で出たのか。普通、この場合癲癇と同じで許可が下りない筈。例で挙げればH県の「テロ発言」や今話題の「号泣県議」で政務が務まるのか。「滅私奉公」など言語同断。集団的自衛権が国民の為になるのか。テロ事件やISなどの攻撃を見ても恐らく足並みが揃って居らずテロ戦争の二の舞は明らか。まずは平和的話し合いから。「戦慄レポート!!世界を動かす超権力者76人」P30~31を読めば言わんとする事が解る筈。


  29. 名無しのラブライバー:2015/11/30(月) 22:09:05

    選択の余地のない非常時の為、ご迷惑ですがこれは妄想ではなくあなた方にもなり得る事なのです。秘密保護法など前後で、各国大使館に宛てた後ですからこの頃の新聞紙面の情勢と関連しており、故に懸念した通り20年前の1996年7月2日の精神病院への強制入院後1997年8月24日の死に至る経緯が2012年6月14日の三田署の警官の「罪状なくても逮捕できる」この頃の時代を調べてご覧下さい。隣国の件もありネットは使いたくなかった。いずれ拘束せれるか にしても影響を最小限度に抑える為の処置をとったまで。「ある筋」という以外常にチェックされ検閲されていた為で字数制限は無関係。政府や警察より遥かに影響力がある。我々が拘束や「事故」であればそれが証拠で他に影響を及ぼし兼ねない。不正な投稿とされ心外な返答であれば今後、逆の立場に立たされても一切の責任を負いかねる。ブログは予想通りで、余りにも現実離れをしている為、理解されない。一部企業体に入り込んでいる為OCNやトヨペットの様に修理しようにも連絡出来ない有様。ヤフーの掲示板でもプロバイダーかスパイネットされている可能性云ぬ。 後藤氏以降、ヨルダン人パイロット殺害前後に連絡出来ない有様。救えた命を布衣にされたでけでなく、今日の現状に至るのです。某漫画に出てくる神の国の大佐の核戦争前の政府高官のソレでしかねん連中ですからこの様に至り「不正の代償」のソレではないがその代償は計り知れない。故に懸念しているのです。同時テロの記事で悲しんでいる方を見ると他人事には思えず「核発言」故に今回の情勢を懸念している。


  30. 名無しのラブライバー:2015/11/30(月) 22:09:29

    選択の余地のない非常時の為、ご迷惑ですがこれは妄想ではなくあなた方にもなり得る事なのです。秘密保護法など前後で、各国大使館に宛てた後ですからこの頃の新聞紙面の情勢と関連しており、故に懸念した通り20年前の1996年7月2日の精神病院への強制入院後1997年8月24日の死に至る経緯が2012年6月14日の三田署の警官の「罪状なくても逮捕できる」この頃の時代を調べてご覧下さい。 隣国の件もありネットは使いたくなかった。いずれ拘束せれるか にしても影響を最小限度に抑える為の処置をとったまで。「ある筋」という以外常にチェックされ検閲されていた為で字数制限は無関係。政府や警察より遥かに影響力がある。我々が拘束や「事故」であればそれが証拠で他に影響を及ぼし兼ねない。不正な投稿とされ心外な返答であれば今後、逆の立場に立たされても一切の責任を負いかねる。ブログは予想通りで、余りにも現実離れをしている為、理解されない。
    こういう本を読むといつも思うのは本当に日本のマスコミとか政治家は能天気というか、無知蒙昧・勉強不足・浅学非才 明治の日本人はすごいけど、その後は・・・・ 怖いのは、「赤い盾」でもそうですが、事実としての人の系図があり、それをみればあきらかな事実があるのに、それさえ多くの人は見ない・知ろうとしない・考えないように思う。事実は小説(映画)より奇なりとは本当このことですね。 「赤い盾」同様、日本でしか出版されないと思う。 あの名画・名曲が生まれた舞台裏には想像もできない事実が隠されていた。奇想驚くべき映画人の秘密。世界の映画人脈を明らかにする、映画100年史は現代史そのものだった。世界の映画人脈を明かす全234ページにわたる大家系図33点。巨大財閥まで―膨大な資料の調査から浮かび上がってきた驚愕の事実。


  31. 名無しのラブライバー:2015/11/30(月) 22:09:53

    選択の余地のない非常時の為、ご迷惑ですがこれは妄想ではなくあなた方にもなり得る事なのです。秘密保護法など前後で、各国大使館に宛てた後ですからこの頃の新聞紙面の情勢と関連しており、故に懸念した通り20年前の1996年7月2日の精神病院への強制入院後1997年8月24日の死に至る経緯が2012年6月14日の三田署の警官の「罪状なくても逮捕できる」この頃の時代を調べてご覧下さい。隣国の件もありネットは使いたくなかった。いずれ拘束せれるか にしても影響を最小限度に抑える為の処置をとったまで。「ある筋」という以外常にチェックされ検閲されていた為で字数制限は無関係。政府や警察より遥かに影響力がある。我々が拘束や「事故」であればそれが証拠で他に影響を及ぼし兼ねない。不正な投稿とされ心外な返答であれば今後、逆の立場に立たされても一切の責任を負いかねる。ブログは予想通りで、余りにも現実離れをしている為、理解されない。
    昭和陸軍の研究 国家を滅亡の危機にさらし、国民に苛酷な運命を強いた指導者たちは、その責任をとったといえるのか。二・二六事件で、青年将校をおだてておきながら、情勢が変化するや豹変し、鎮圧側に回った将軍。自らの栄達のためにだけ無謀な作戦を試みた指揮官。兵站・補給の後方思想がなく、兵士を飢餓地獄に追い込んだ参謀。戦後、GHQの一部にとりいり、旧陸軍再建を策した参謀など、「責任の自覚」がない軍人指導者の意識や行動を検証。五百を超す関係者の証言と、膨大な資料によって、その官僚体質を明らかにする。昭和陸軍とはどのような組織だったのか、指導部に列した軍人はどういう理念・思想をもってこの組織を動かしたのか、太平洋戦争は何を目的にいかなる形で戦われたのか。昭和陸軍の犯した多くの錯誤を検証する


  32. 名無しのラブライバー:2015/11/30(月) 22:10:16

    選択の余地のない非常時の為、ご迷惑ですがこれは妄想ではなくあなた方にもなり得る事なのです。秘密保護法など前後で、各国大使館に宛てた後ですからこの頃の新聞紙面の情勢と関連しており、故に懸念した通り20年前の1996年7月2日の精神病院への強制入院後1997年8月24日の死に至る経緯が2012年6月14日の三田署の警官の「罪状なくても逮捕できる」この頃の時代を調べてご覧下さい。不正な投稿とされ心外な返答であれば今後、逆の立場に立たされても一切の責任を負いかねる。ブログは予想通りで、余りにも現実離れをしている為、理解されない。2012年、10年ぶりの最高指導部交代を迎える中国で起きた薄煕来事件。世界中が注目した「皇帝を目指した男の失脚劇」を機に、中国共産党の権力構造に迫る。党幹部候補となるエリートたちの「天国と地獄」を描いた第4部、権力の宮殿・中南海をひもとく第5部を初収録。 朝日新聞が出した歴史的名著『紅の党』の増補版である。前作との違いは、中国共産党の青年組織である共産主義青年団(共青団)を扱った第四章「エリート」と、中国共産党の最高権力者が集う文字通りの中国権力の「奥の院」を扱った第五章「中南海」が加わえられたことである本書を読むと、朝日新聞が日本という祖国を売ってまで中国に加担し、中国に支局を維持し続けただけのことはあって、朝日新聞の中国情報分析能力が相当高いことを思い知らされる。「さすがは朝日新聞」と皮肉も交え褒めたいと思う。
    本書で貴重なのは、中国共産党が支配する奇態な国家についての「本当のこと」が書いてある点である。中国についての解説本では、日本政府やアメリカ政府と並んで中国政府といえば国務院が登場する。しかし、これは間違いである。中国では全ての上に党が君臨する。中国の憲法には「すべての上に党の指導が優先する」とはっきりと書いてある。だから、最近習近平が繰り返す「法治」とは、我々民主主義国が考える法治とは全く異なる概念で、要するに「今後は法律を名目に中国共産党の専制支配を強化する」という程度の意味にしか過ぎないのである。


  33. 名無しのラブライバー:2015/11/30(月) 22:10:46

    選択の余地のない非常時の為、ご迷惑ですがこれは妄想ではなくあなた方にもなり得る事なのです。秘密保護法など前後で、各国大使館に宛てた後ですからこの頃の新聞紙面の情勢と関連しており、故に懸念した通り20年前の1996年7月2日の精神病院への強制入院後1997年8月24日の死に至る経緯が2012年6月14日の三田署の警官の「罪状なくても逮捕できる」この頃の時代を調べてご覧下さい。 不正な投稿とされ心外な返答であれば今後、逆の立場に立たされても一切の責任を負いかねる。ブログは予想通りで、余りにも現実離れをしている為、理解されない。昨近、神戸.三田のトヨペットから車の修理の件で郵送で既に見積書を出したと。確認もしない中、見積書も届いてない中で既に修理をした。4日に1度の留守電で最大1~21.最小4~18.19回。連絡の出来ない中の連絡の中での突然の電話ですから、時期.時間帯が薄暗くなった時です。我々が関わる企業や公的な話す窓口や店員はこの神戸.三田のトヨペットの担当者と同じ口振りで、「警察沙汰」「長期出奔」「大使館」で普通身を構えるが、ここに電話や来る関係者は何故か能面の様に淡々と事務的。警察や精神.福祉色が後出しで来るのは常套手段。真偽は貴方次第。新聞で「民主主義」「日本国憲法」「コンクラーべ」「高等弁務官」「抑留者」等の語句は電話の会話のそれです。「戦後70年」何故今頃、「GHQ」私が電話や各国大使館に宛てたからだ。最初の内は妄想や冗談としか思えない。しかし、現実でありなってからでは第二次大戦「大本営の震えた日」の後書でも勝手に預かり知らぬ間に事を起こしいる為「日本の首相へお前は今回の十字軍に自ら参加した」と、ISに後藤氏が殺害され現状が今日。氏が出演した番組で今後誰が自身がその立場にならないと言えますか。妄想や冗談と笑えますか。某番組で「知っていて言わなかった~オレンジ色の囚人服を着せられ砂漠で助かった人いないのです」自身がその立場に立った時笑えますか 流石に周囲が困惑の顔をしていました。氏が出演した番組した時と殺害前後の映像の顔を見ても別人の様になる。DAYS「一枚の写真が国を動かす事がある」今回の三田近辺のトヨペットの担当とその対応はサービス業の信用を覆かねず、一連のリコールの記事を見ても然り。


  34. 名無しのラブライバー:2015/11/30(月) 22:11:10

    選択の余地のない非常時の為、ご迷惑ですがこれは妄想ではなくあなた方にもなり得る事なのです。秘密保護法など前後で、各国大使館に宛てた後ですからこの頃の新聞紙面の情勢と関連しており、故に懸念した通り20年前の1996年7月2日の精神病院への強制入院後1997年8月24日の死に至る経緯が2012年6月14日の三田署の警官の「罪状なくても逮捕できる」この頃の時代を調べてご覧下さい。 不正な投稿とされ心外な返答であれば今後、逆の立場に立たされても一切の責任を負いかねる。ブログは予想通りで、余りにも現実離れをしている為、理解されない。昨近、神戸.三田のトヨペットから車の修理の件で郵送で既に見積書を出したと。確認もしない中、見積書も届いてない中で既に修理をした。4日に1度の留守電で最大1~21.最小4~18.19回。連絡の出来ない中の連絡の中での突然の電話ですから、時期.時間帯が薄暗くなった時です。我々が関わる企業や公的な話す窓口や店員はこの神戸.三田のトヨペットの担当者と同じ口振りで、「警察沙汰」「長期出奔」「大使館」で普通身を構えるが、ここに電話や来る関係者は何故か能面の様に淡々と事務的。警察や精神.福祉色が後出しで来るのは常套手段。真偽は貴方次第。ISに後藤氏が殺害され現状が今日。氏が出演した番組で今後誰が自身がその立場にならないと言えますか。妄想や冗談と笑えますか。某番組で「知っていて言わなかった~オレンジ色の囚人服を着せられ砂漠で助かった人いないのです」自身がその立場に立った時笑えますか 流石に周囲が困惑の顔をしていました。氏が出演した番組した時と殺害前後の映像の顔を見ても別人の様になる。DAYS「一枚の写真が国を動かす事がある」2006.9日本の中の米軍 P20~21踏みにじられた沖縄を見れば言わんとする事が解る。交渉するにも振り出しになり終わりが無い。自分主体で支離滅裂。あれが企業というならば遠からず信用性も含め城下町の様に破綻する。何せ「リコール車」を貸し出し未だ修理云ぬ。名義者と連絡出来たのを支離滅裂な自身の発言を理解していない点。「ザシェフ」ではないが相手次第で約束を破棄する様な相手と私は評判が例え良くてもお断りする。


  35. 名無しのラブライバー:2015/11/30(月) 22:11:40

    選択の余地のない非常時の為、ご迷惑ですがこれは妄想ではなくあなた方にもなり得る事なのです。秘密保護法など前後で、各国大使館に宛てた後ですからこの頃の新聞紙面の情勢と関連しており、故に懸念した通り20年前の1996年7月2日の精神病院への強制入院後1997年8月24日の死に至る経緯が2012年6月14日の三田署の警官の「罪状なくても逮捕できる」この頃の時代を調べてご覧下さい。 不正な投稿とされ心外な返答であれば今後、逆の立場に立たされても一切の責任を負いかねる。ブログは予想通りで、余りにも現実離れをしている為、理解されない。マンハッタン計画―プルトニウム人体実験 94年ピューリッツァー賞受賞作品。米国地方紙の記者が7年の歳月をかけ空軍機密文書の「謎の記号」を追跡。「ヒロシマ・ナガサキ」と「原子力産業」を結ぶ狂気の実験とは何だったのか。原爆開発に奔走していた1940年代のアメリカ。その過程で18人の一般市民に対し、プルトニウムを注射するという人体実験が行われていた。「戦後最大のスキャンダル」として全米を揺さぶる「国家の犯罪」追跡の全記録。腐蝕の連鎖―薬害と原発にひそむ人脈 世界経済の支配構造もわが日本国家の経済支配構造も基本構造は同じであった、圧倒的閨閥支配による富の独占集中による利権の継続的獲得、戦後民主主義とは虚構であった、自由経済は虚飾であった、起こるべくして起きた薬害被害の悲劇の連鎖、原発利権の危険性、全てが彼らの私腹を肥やすためだけに仕組まれたトリックであった、そして今もその悲劇の連鎖は連綿と織り成されている、愚かな国家の愚かな民族は破滅へと突き進んでいる事も知らずに刹那主義の風潮が社会に蔓延している混沌の世代に、まもなく天災が訪れるだろう、それによってのみ日本は国家として民族として再び再生出来るかもしれない


  36. 名無しのラブライバー:2015/11/30(月) 22:12:09

    選択の余地のない非常時の為、ご迷惑ですがこれは妄想ではなくあなた方にもなり得る事なのです。秘密保護法など前後で、各国大使館に宛てた後ですからこの頃の新聞紙面の情勢と関連しており、故に懸念した通り20年前の1996年7月2日の精神病院への強制入院後1997年8月24日の死に至る経緯が2012年6月14日の三田署の警官の「罪状なくても逮捕できる」この頃の時代を調べてご覧下さい。 不正な投稿とされ心外な返答であれば今後、逆の立場に立たされても一切の責任を負いかねる。ブログは予想通りで、余りにも現実離れをしている為、理解されない。腐蝕の連鎖―薬害と原発にひそむ人脈 原発や薬害といった身近な問題から発展して、その背後にある大きな閨閥を探っていくノンフィクション。国民の生命を及ぼすような大きな危険と責任を内包する原発や薬害といった裏には、単独で官僚や政治家がいるのではなく、複雑な血縁関係に基づいた身内の利益優先が優先している説く。その閨閥は政治家・官僚・御用学者・ゼネコンを代表とする大企業・マスコミまあで幅広く及んでいると本書で言及されている。読後、原発の恐ろしさを再認識するだけでなく、この国の支配機構というものにも大きな疑念をも抱いた。一見、民主主義と謳われているが、実際に国を動かしているのは、特定の階級に属する人々ではないのか・・・、などと考えてしまう。日本という国を真正面から捉え、理解していくうえでも、恐れずに読みたい問題図書であると言えよう。


  37. 名無しのラブライバー:2015/11/30(月) 22:12:33

    選択の余地のない非常時の為、ご迷惑ですがこれは妄想ではなくあなた方にもなり得る事なのです。秘密保護法など前後で、各国大使館に宛てた後ですからこの頃の新聞紙面の情勢と関連しており、故に懸念した通り20年前の1996年7月2日の精神病院への強制入院後1997年8月24日の死に至る経緯が2012年6月14日の三田署の警官の「罪状なくても逮捕できる」この頃の時代を調べてご覧下さい。 不正な投稿とされ心外な返答であれば今後、逆の立場に立たされても一切の責任を負いかねる。ブログは予想通りで、余りにも現実離れをしている為、理解されない。世界石油戦争―燃えあがる歴史のパイプライン
    2002年6月発行の初版本を買ってから丁度7年経った。事情あって今漸く読了した。 力作である。第一次大戦の終了間際に英国がマクマホン書簡(終戦後オスマントルコが占領していたアラブの土地はアラブ人に返す)、サイクス・ピコ秘密条約(アラブの土地を英国とフランスで分割する)、バルフォア宣言(終戦後、英国はパレスチナにユダヤ人国家を建設するのを応援する)との相矛盾する三枚舌外交を展開したのが今日のパレスチナ問題の根源であると著者は喝破する。それに石油が絡んでくる。「中東イスラム諸国には紛争が絶えない。しかし、イスラム教国に紛争があるのではない。石油の産出国に紛争が起こっているのである。石油の産出国に、イギリス・アメリカ・フランス・オランダによって、二十世紀の大紛争が持ち込まれたのだ。」というのが著者の一貫した立場である。その線に沿って、著者は膨大な資料をしらべあげ、石油資本と国家の結びつき、ユダヤ人脈と石油資本・閨閥・国家との結びつきを具体例をもって、説明するが、余りにも複雑かつ多岐に亘るために、読みながら、その関係を頭に入れるのは至難の業である。そのためにこれらの関係を線で結んだ膨大なチャートが巻末に掲げられている。 初版本が書かれてから7年の間にアメリカではブッシュが退陣し、オバマが大統領になってイラクから兵を引き上げた。イラクはアメリカ陣営に入ったからである。 しかし、アフガニスタンではまだ戦争は続いており、アメリカのイスラエル寄りは変化が無く、アフガニスタンには石油があり、パイプラインがある。 その意味で著者の主張の正しさは証明されたといえるだろう。願わくば、もっと簡潔に表現してもらいたいものだ。


  38. 名無しのラブライバー:2015/11/30(月) 22:13:02

    選択の余地のない非常時の為、ご迷惑ですがこれは妄想ではなくあなた方にもなり得る事なのです。秘密保護法など前後で、各国大使館に宛てた後ですからこの頃の新聞紙面の情勢と関連しており、故に懸念した通り20年前の1996年7月2日の精神病院への強制入院後1997年8月24日の死に至る経緯が2012年6月14日の三田署の警官の「罪状なくても逮捕できる」この頃の時代を調べてご覧下さい。 不正な投稿とされ心外な返答であれば今後、逆の立場に立たされても一切の責任を負いかねる。ブログは予想通りで、余りにも現実離れをしている為、理解されない。ロマノフ家の黄金―ロシア大財閥の復活 ロシア革命のために作られた仮名「槌」を意味するモロトフの本名、スクリアビンは、大作曲家を叔父にもつロシア貴族。労働者ニキータ・フルシチョフは、文豪トルストイ家とも血縁にあるロシア貴族でロマノフ一族であり、ニキータの父は帝政ロシアの銀行家、再従兄は、ドイツに帰化した銀行家であった!! クレムリンの指導部は上流階級だったのである。ヨーロッパの支配階級に嫌われたソ連共産党は、ロマノフ家の貴族を外交官に立てて折衝せざるを得なかったからである。ロシア大公国という正統派ロシア人不在の影で、ソヴィエト人口の2%に過ぎないユダヤ人が、共産党幹部の50%以上を占めたのは何故か??帝政ロシアのユダヤ人差別、ポグロムを温存し、ユダヤ系と見られることを嫌ったクレムリン首脳の本心とは??上流階級とは一切無縁の顔をとり続けた旧貴族と商人(ユダヤ人)世界の結合による支配という壮大な物語がここに現われる!!狙いは、ウクライナの大穀倉地帯とバクー油田、西側との販路は、商人(ユダヤ人)との協力なくしては開けなかったからである。 ロマノフ家とロスチャイルド家・・・利権を間においた無数の血縁関係の誕生である。亡命した白軍のウランゲリ将軍の子供は、敵国ドイツで上流階級と結婚、後年、ヒットラーのバルバロッサ作戦を支援した。ミコヤン、モロトフは、ナチス領袖と血縁関係にあった。統一ドイツが、新生ロシア最大の債権国である根拠は、ロシア貴族がナチスの資金源だったからである。ユダヤ王ロスチャイルドの利権を取り戻すべく立ち塞がったドイツ財閥に巣食う旧ロシア貴族・・・第二次大戦をファシズムとの戦いと見る浅薄さを噛み締められたい。


  39. 名無しのラブライバー:2015/11/30(月) 22:13:22

    選択の余地のない非常時の為、ご迷惑ですがこれは妄想ではなくあなた方にもなり得る事なのです。秘密保護法など前後で、各国大使館に宛てた後ですからこの頃の新聞紙面の情勢と関連しており、故に懸念した通り20年前の1996年7月2日の精神病院への強制入院後1997年8月24日の死に至る経緯が2012年6月14日の三田署の警官の「罪状なくても逮捕できる」この頃の時代を調べてご覧下さい。 不正な投稿とされ心外な返答であれば今後、逆の立場に立たされても一切の責任を負いかねる。ブログは予想通りで、余りにも現実離れをしている為、理解されない。ロマノフ家の黄金 ロマノフ家は、女帝エカテリーナの時代に根絶していた。夫ピョートル3世が、性的不能者だったからである。では、エカテリーナの3人の子の父は??長男パヴェルが、ロマノフ家の皇位継承者となり、その後の皇帝の母も全て非ロシア人である。ボロジノの戦いを想起すれば、成り上がりのナポレオン 対 偽ロマノフ、アレクサンドル1世。王室の血筋、民族主義の根拠のいい加減さは、公然の事実となった。「歴史を人間によって組み立ててゆくと、従来のように国境によって定められた国家の性格だけを論ずる歴史観が、 大きな誤りであることが分かってきた。民族論でさえ、ほとんどが系図の血のつながりによって無意味な主張になってくる。 むしろ人間の血の脈絡によって解かれる歴史のほうが、私たちの現代に対して、はるかに正確な答を与えてくれる。」「日本人には想像できないほど、欧米の上流社会は自分の系譜を気がかりにしながら生きてゆき、また他人の系譜を調べあげ、よく知っている。」遅れたロシア知識を埋め合わせる必要がある。革命の父、レーニンは、宝石商(ペテルブルク貿易商人会会長)を先祖に持つ最も富裕な階級の出身者、ロマノフ家の貴族レーニンであった。ソ連外相チチェーリン(白軍ウランゲリ将軍の血縁)も貴族、赤軍司令官トゥハチェフスキーも貴族、秘密警察チェカの初代長官ジェルジンスキーもポーランド貴族。


  40. 名無しのラブライバー:2015/11/30(月) 22:13:45

    選択の余地のない非常時の為、ご迷惑ですがこれは妄想ではなくあなた方にもなり得る事なのです。秘密保護法など前後で、各国大使館に宛てた後ですからこの頃の新聞紙面の情勢と関連しており、故に懸念した通り20年前の1996年7月2日の精神病院への強制入院後1997年8月24日の死に至る経緯が2012年6月14日の三田署の警官の「罪状なくても逮捕できる」この頃の時代を調べてご覧下さい。 不正な投稿とされ心外な返答であれば今後、逆の立場に立たされても一切の責任を負いかねる。ブログは予想通りで、余りにも現実離れをしている為、理解されない。チェルノブイリ・クライシス チェルノブイリ原発事故から25年、住民を襲った放射能の恐怖。その時、ソ連政府は年間5ミリシーベルトを基準値として、即座に住民を退避させた…。日本政府の対応は本当に正しかったのか?―。チェルノブイリ原発爆発、火災直後に現地に入り込んで詳細記録した記録映画の画像に奥原氏が解説を付記したもの。この映画監督のシェフチェンコは数ヵ月後の編集作業中に倒れ、翌年死亡という壮絶なもの。災害現場の20m四方程度の範囲内でも放射能レベルが場所によって数十倍違うなど、汚染レベルの複雑さが判る。マスクだけで防護服をつけていないで瓦礫の上で監督と立ち話をしている現場の副技師長の無謀さには驚かされる。高放射能の瓦礫除去の作業員は1:作業現場までの道順を図面で確認する。2:現場まで数を数えながら直行3:瓦礫をかき集めて屋上から地上へ落とす4:90まで数える時間内に作業を終えて帰任する5:慌てて帰路に迷う者も居るヘリコプタからの映像には原子炉の発する高放射能が白光となってフィルムに感光している。NHKの七沢氏は6年後に関係者との面談を含めた詳細調査を「原発事故を問う」岩波新書,1996に纏めているが上記映像に出ている人物およびカメラマンは殆ど死去している。この映画監督の熱情に敬服すると共に、身命を賭して残したこの事故記録を貴重な教訓として将来に生かすべきである。


  41. 名無しのラブライバー:2015/11/30(月) 22:14:13

    選択の余地のない非常時の為、ご迷惑ですがこれは妄想ではなくあなた方にもなり得る事なのです。秘密保護法など前後で、各国大使館に宛てた後ですからこの頃の新聞紙面の情勢と関連しており、故に懸念した通り20年前の1996年7月2日の精神病院への強制入院後1997年8月24日の死に至る経緯が2012年6月14日の三田署の警官の「罪状なくても逮捕できる」この頃の時代を調べてご覧下さい。 不正な投稿とされ心外な返答であれば今後、逆の立場に立たされても一切の責任を負いかねる。ブログは予想通りで、余りにも現実離れをしている為、理解されない。読んでびっくり朝日新聞の太平洋戦争記事 50年を経ていま、白日の下にさらされた新聞の「犯罪」。3年8カ月にわたる太平洋戦争記事の徹底検証当時の朝日新聞は、戦争やその時代をどう伝えていたのか。50年を経いま、白日の下にさらされた新聞の「犯罪」。3年8カ月にわたる太平洋戦争記事の徹底検証。明日から新聞の読み方が変わる。新潮社の戦争責任 戦時下の大衆娯楽誌『日の出』。文芸誌『新潮』を解剖し、今日の『週刊新潮』につながる反人権体質を浮き彫りにする。戦時下に新潮社から刊行されていた大衆娯楽誌『日の出』、文芸誌『新潮』の二誌の解読を通して、戦後に発刊された反人権雑誌『週刊新潮』とのつながりを明らかにし、その戦争責任を厳しく問う。これまでに戦時下のジャーナリズムに関しては「戦時下の雑誌その光と影」「危うし!?文藝春秋文春ジャーナリズム全批判」「一億特攻を煽った雑誌たち」「戦時下のジャーナリズム」「雑誌メディアの戦争責任」など高崎隆治の本を読んできたが「新潮社の戦争責任」が一番読みやすい。活字が大きい。一般人にとっては戦時下の雑誌を直接読むことは困難である。「週刊日の出」の原罪が戦時中にあった。


  42. 名無しのラブライバー:2015/11/30(月) 22:14:50

    選択の余地のない非常時の為、ご迷惑ですがこれは妄想ではなくあなた方にもなり得る事なのです。秘密保護法など前後で、各国大使館に宛てた後ですからこの頃の新聞紙面の情勢と関連しており、故に懸念した通り20年前の1996年7月2日の精神病院への強制入院後1997年8月24日の死に至る経緯が2012年6月14日の三田署の警官の「罪状なくても逮捕できる」この頃の時代を調べてご覧下さい。 不正な投稿とされ心外な返答であれば今後、逆の立場に立たされても一切の責任を負いかねる。ブログは予想通りで、余りにも現実離れをしている為、理解されない。戦争―体験者の貴重な証言 戦闘に直接参加したか否かを問わず、先の戦争は国民に深い傷跡を残した。朝日新聞テーマ談話室「戦争」欄に寄せられたおびただしい投稿には、民衆の生の声があふれ、公式文書からは決してうかがいきれぬ戦争の実態が、赤裸々に描かれていいる。階層、職業、地域、性別を超えて、これだけ広範囲に証言が集められたことはかつてない。昭和史最大の惨事を後世に伝える貴重な記録。女たちの太平洋戦争 あまりに辛い記憶は、半世紀を経なければ語ることができない。かといって、これ以上の歳月が経過すれば、それほどに辛い記憶も忘却の彼方に霞んでしまう。語り部たちが、一人称で、あの悲惨を語りうる最後の時代が今、なのだ。泣き、逃げ惑い、愛する者を失った女たちが語る、戦争の真実。


  43. 名無しのラブライバー:2015/11/30(月) 22:15:10

    選択の余地のない非常時の為、ご迷惑ですがこれは妄想ではなくあなた方にもなり得る事なのです。秘密保護法など前後で、各国大使館に宛てた後ですからこの頃の新聞紙面の情勢と関連しており、故に懸念した通り20年前の1996年7月2日の精神病院への強制入院後1997年8月24日の死に至る経緯が2012年6月14日の三田署の警官の「罪状なくても逮捕できる」この頃の時代を調べてご覧下さい。 不正な投稿とされ心外な返答であれば今後、逆の立場に立たされても一切の責任を負いかねる。ブログは予想通りで、余りにも現実離れをしている為、理解されない。ノモンハン (朝日文庫) 1939年、満州国(旧中国東北部)とモンゴルの国境地帯で日ソ両軍が激突した。当初は、東京の参謀本部も現地の関東軍幹部にとっても、そこはほとんど未知の場所だった。ただ、ハルハ河をモンゴル国境警備兵が越えてきたとき、懲罰の一撃を加えさえすれば“国境問題”は解決するはずであった。日本帝国敗亡の前兆となったノモンハン事件。軍事機密のベールに包まれた全容を再現。 アルヴィン・D・クックスの歴史的名著。膨大な時間をかけて収集した資料と、関係者への綿密な聞き取りは、今も尚ノモンハン事件の基礎資料として絶対的な価値を湛える。 荒涼寂漠としたホロンバイルの大平原は、僅かな起伏があるのみの遮蔽物のない草原地帯で、国境線が確定していない地域があるにしろ、『ホロンバイルのような広大な未開の荒野で国境線がすこし移動したとしても、さほど権威を傷つけるものでもない』(参謀本部作戦課長・稲田正純大佐)ような場所であった。紛争のきっかけは、現地の外蒙軍と満洲軍の騎兵同士によるささやかな小競り合いからであったが、それは慢性的に、しかし徐々に頻発しつつあった


  44. 名無しのラブライバー:2015/11/30(月) 22:15:34

    選択の余地のない非常時の為、ご迷惑ですがこれは妄想ではなくあなた方にもなり得る事なのです。秘密保護法など前後で、各国大使館に宛てた後ですからこの頃の新聞紙面の情勢と関連しており、故に懸念した通り20年前の1996年7月2日の精神病院への強制入院後1997年8月24日の死に至る経緯が2012年6月14日の三田署の警官の「罪状なくても逮捕できる」この頃の時代を調べてご覧下さい。 不正な投稿とされ心外な返答であれば今後、逆の立場に立たされても一切の責任を負いかねる。ブログは予想通りで、余りにも現実離れをしている為、理解されない。ノモンハン 紛争のきっかけは、現地の外蒙軍と満洲軍の騎兵同士によるささやかな小競り合いからであったが、それは慢性的に、しかし徐々に頻発しつつあった。 そこにハイラル駐屯の第23師団が、外蒙軍の徹底的な膺懲(懲らしめる)の為に出動する。この師団は、前年に編成された新設師団で、通常(甲編成師団)より少ない3個連隊で機械化部隊も少なく、装備も錬度も低い二級以下の師団と評されていた。事件が勃発するまでは、大本営は勿論、関東軍の参謀でさえ「ノモンハン」という地名を知らぬ程で、満洲北西にあたるこの国境地域では、全く紛争を想定していなかった事情が伺える。 事件勃発の直前に関東軍が策定した「国境紛争処理要綱」には恐るべき内容が含まれていた。それには国境線が曖昧な地域で紛争が発生した場合、現地指揮官の裁量で『国境線を適宜に確定し』、必要とあれば国境を越えて敵軍を駆逐し、その後自国内に引き揚げれば良しとする、途方もない危険性を孕んでいた。つまり、国境線確定や、越境侵犯した上での攻撃など、国家間の戦争に発展しかねない重大事項を、新京や東京、天皇へも判断を仰がずに現地関東軍の判断に委ねるとする、極めて危険で甘い政治認識しか有していなかった。しかし対戦するソ連軍は正反対で、極めて現実的で、冷徹で断固とした決意を以て、大規模な機械化部隊をハルハ河地区へ展開させる。


  45. 名無しのラブライバー:2015/11/30(月) 22:15:57

    選択の余地のない非常時の為、ご迷惑ですがこれは妄想ではなくあなた方にもなり得る事なのです。秘密保護法など前後で、各国大使館に宛てた後ですからこの頃の新聞紙面の情勢と関連しており、故に懸念した通り20年前の1996年7月2日の精神病院への強制入院後1997年8月24日の死に至る経緯が2012年6月14日の三田署の警官の「罪状なくても逮捕できる」この頃の時代を調べてご覧下さい。 不正な投稿とされ心外な返答であれば今後、逆の立場に立たされても一切の責任を負いかねる。ブログは予想通りで、余りにも現実離れをしている為、理解されない。ノモンハン 暴風の如きソ連軍の8月大反攻が始まるや、日本軍将兵は、勝算の無い絶望的な戦いを強いられた。関東軍、第6軍は高級参謀達の判断と対応の大きな過誤によって、有効な攻撃・防御を成し得ず、そのつけは、最前線の将兵の血肉によって購う事となったのである。 関東軍参謀は、事件勃発から最終局面に到るまで、作戦指導と情勢認識に関して、著しい錯誤と失態を重ねており、その償うべき責任は極めて大きい。その幾つかを端的に指摘すれば、 1・根拠に乏しい自軍戦力への過信。特に砲兵部隊への、難なく敵軍を圧倒するであろうという、妄想的な迄の過信(実際は射程も弾薬量も格段にソ連軍に劣っていた)。またソ連軍歩兵は日本軍歩兵に較べ極めて劣弱で戦意に乏しい、という一方的な先入観。 2・同じく根拠に乏しい敵軍戦力の下算。偵察機から繰り返されるソ連軍撤退中との一面的な情報を希望的観測の儘に判断材料とし、正確な情報の集積と分析の努力をせず、最後まで有効な情報収集が出来ずに、ソ連軍の全容把握が成し得なかった。 3・補給の不備。孤立する最前線部隊への補給路の啓開にいづれも失敗し、武器・弾薬・糧食・給水の絶たれた部隊は急速に戦力を低下させ、戦線の破綻に拍車をかけた。特に飲料水の飢渇は著しく士気を阻喪させ、戦線の崩壊を結果的に早めた。 4・拙劣な戦術指導。ソ連軍の猛攻の最中に第6軍は攻勢移転を計画するが、驚くべき事に攻勢に使用する兵力は現在猛攻を受けて防戦中の部隊から抽出された。何れの部隊も甚大な損害を蒙り著しく疲弊しており、人員・兵器・弾薬・資材の補充も無い儘に、白兵突撃の反撃に参加させられた。 5・想像力の欠如、それでいて現状認識の夢想的な甘さ。攻勢移転を命じられた各部隊は、自らの正面のソ連軍への防御を施しつつ、目標のない闇夜の広野の移動を迫られ、攻勢は各々がばらばらに集まる形となり、陣容も整わないまま逐次突撃して、当然所期の成果を挙げられなかった。甚だしきは須見連隊で、自隊の両翼援護、各戦線への分派派遣、司令部の援護、各部隊の負傷者の後送、更に攻勢移転への兵力抽出と命じられた上に、師団長はその状況を知らないでいた。


  46. 名無しのラブライバー:2015/11/30(月) 22:16:23

    選択の余地のない非常時の為、ご迷惑ですがこれは妄想ではなくあなた方にもなり得る事なのです。秘密保護法など前後で、各国大使館に宛てた後ですからこの頃の新聞紙面の情勢と関連しており、故に懸念した通り20年前の1996年7月2日の精神病院への強制入院後1997年8月24日の死に至る経緯が2012年6月14日の三田署の警官の「罪状なくても逮捕できる」この頃の時代を調べてご覧下さい。 不正な投稿とされ心外な返答であれば今後、逆の立場に立たされても一切の責任を負いかねる。ブログは予想通りで、余りにも現実離れをしている為、理解されない。ノモンハン〈4〉教訓は生きなかった 草原の戦いは終わった。日本軍6万人のうち死者1万1000人、戦傷者9000人。第23師団の損耗は76%に達した。生還した捕虜は“自決”を強要され、生存者は「口を閉ざす」よう命令を受けた。幹部の更迭がひそかに進められる一方、国民には「戦闘精神の勝利」が喧伝された。全4巻完結編太平洋戦争、否あの有史以来世界最大規模の組織集団にまで膨れ上がった帝国陸軍を解明する上でも、絶対避けられない重大事件がノモンハンである。太平洋戦争の縮図とまで言われるほど、陸軍の全てがこの局地戦に凝縮されている事実。しかし、何一つ教訓が生かされず壊滅した現実。著者は日露双方からの丹念な取材を通して、当事者である日本人ですら掴めないほどのとてつもない日本人論(本著)を著した。取り分けその取材力には圧巻である。それを如実に語っているのが巻末の戦闘従事部隊の組織図である。これをみればあの戦いの全てがわかる。そこからは昭和14年の戦闘で既に伍長が中隊長代理をするほどの激戦があった事実すらわかるのだ! この本は決して過去の、それも太平洋戦争前に起きた一事件で片付けられるものではない。その基本構造は今日の社会に脈々と息づいているのだから


  47. 名無しのラブライバー:2015/11/30(月) 22:16:53

    選択の余地のない非常時の為、ご迷惑ですがこれは妄想ではなくあなた方にもなり得る事なのです。秘密保護法など前後で、各国大使館に宛てた後ですからこの頃の新聞紙面の情勢と関連しており、故に懸念した通り20年前の1996年7月2日の精神病院への強制入院後1997年8月24日の死に至る経緯が2012年6月14日の三田署の警官の「罪状なくても逮捕できる」この頃の時代を調べてご覧下さい。 不正な投稿とされ心外な返答であれば今後、逆の立場に立たされても一切の責任を負いかねる。ブログは予想通りで、余りにも現実離れをしている為、理解されない。ノモンハンの地平 『ノモンハンの夏』の半藤一利氏が推薦する話題作。いま日本人はノモンハンから何を学ぶべきなのか―現在も草原で暮らすモンゴル人や中国人の生活や文化を、深い洞察力と鋭い観察眼で描き、草原で惹起した幾多の戦いを証言と現地の写真、収集した当時の地図で再現、一〇年間にわたる現地調査にもとづいて検証する。新聞と戦争 日本が、満州事変から日中戦争、太平洋戦争、そして敗戦へと向かうなか、新聞はなぜ戦争を止められなかったのか。なぜ逆に、戦争協力の深みに入っていったのか――。朝日新聞が自身の「暗部」を、元記者や関係者への聞き取りをはじめ、国内外の総力取材によって検証、日本ジャーナリスト会議大賞を受賞した多角的ノンフィクション。当時の紙面や貴重な戦争写真資料もふんだんに掲載。満州事変から太平洋戦争へと向かうなか、新聞はなぜ戦争協力の深みにはまっていったのか。朝日新聞が負の歴史に初めて真正面から向き合った、日本ジャーナリスト会議大賞受賞のノンフィクション。貴重な当時の紙面や写真もふんだんに使用、上巻には1章から11章までを収録。


  48. 名無しのラブライバー:2015/11/30(月) 22:17:20

    選択の余地のない非常時の為、ご迷惑ですがこれは妄想ではなくあなた方にもなり得る事なのです。秘密保護法など前後で、各国大使館に宛てた後ですからこの頃の新聞紙面の情勢と関連しており、故に懸念した通り20年前の1996年7月2日の精神病院への強制入院後1997年8月24日の死に至る経緯が2012年6月14日の三田署の警官の「罪状なくても逮捕できる」この頃の時代を調べてご覧下さい。 不正な投稿とされ心外な返答であれば今後、逆の立場に立たされても一切の責任を負いかねる。ブログは予想通りで、余りにも現実離れをしている為、理解されない。新聞と「昭和」新聞は時代の分かれ目で、何をどう報じたのか。戦前や戦時、米軍の占領期において、自主的な記事作りを心がけたのか、それとも権力者に言われるままに報道したのか。批判から迎合・煽動的論調への道筋を検証し、昭和史の真実を明らかにする。人々の社会意識がどのように決まるか、を知りたくて読む。日本人の近隣国への思想態度は、日清戦争の勝利などの歴史的事実に左右されるとともに、新聞・ラジオの報道、テレビの何気ない声の調子などによることが多いと思われる。日本人に生まれてよかった」、などの番組での言葉が毎日繰り返され、自然に日本人は、日本好きになったりする。特には、12月の秘密保護法との関連で、全体主義(佐和隆光氏)の現在とファシズムの1930年代はどうしても似た状況と思われる。とくに国防保安法(1941,3)について、メディアがどう伝えたのかを知りたくて、購入した。残念ながら、国防保安法については、触れられていないのだが、その前の国民精神総動員運動」については、朝日新聞内に、総力結集運動に朝日はもっと協力すべきという動きと、片棒担ぎは控えるべきという2派がいたと書かれている。さて、現在 紙面では秘密保護法」の批判は断固継続すべきとの意見が多数のようであり、戦時下の轍を踏まずに、初志を貫徹してもらいたい、と思うばかりである。


  49. 名無しのラブライバー:2015/11/30(月) 22:17:37

    選択の余地のない非常時の為、ご迷惑ですがこれは妄想ではなくあなた方にもなり得る事なのです。秘密保護法など前後で、各国大使館に宛てた後ですからこの頃の新聞紙面の情勢と関連しており、故に懸念した通り20年前の1996年7月2日の精神病院への強制入院後1997年8月24日の死に至る経緯が2012年6月14日の三田署の警官の「罪状なくても逮捕できる」この頃の時代を調べてご覧下さい。 不正な投稿とされ心外な返答であれば今後、逆の立場に立たされても一切の責任を負いかねる。ブログは予想通りで、余りにも現実離れをしている為、理解されない。ドイツの森番たち なぜ技術大国ドイツは、運転目前の高速増殖炉を停止しすべての原子炉の停止計画を決めたのだろうか。小指の爪半分にも満たないサイズのプルトニウムは標準家庭4ヶ月分の電力を賄ってなお余裕があるというのに...。使用済み核燃料は廃棄時に約150℃、1000年たっても120℃までしか冷めず、強烈な放射能を出し続ける。保存容器に密封し、地底に埋めた場合、約100年後に保存容器は跡形もなくなり、地下水や土の栄養分とともに地表を汚染し始めるという。原発1基から年間100個以上の「それ」が出る。「それ」をリサイクルする時には大量の放射性煙が吐き出される。「それ」を高速増殖し、ほぼ使い切る為に使用する"金属ナトリウム"は、現代技術では完全にはコントロールできないという。そして・日本中にある「それ」は、原爆約6000発分。ロシアは広大なウラル地帯に、アメリカは日本国土の数倍の土地に「それ」の廃棄場所を計画している。日本は........?この本が発表されたのは、約10年前。約10年経った今、技術はどこまで進歩したのか。まあ東電と自民党に諸悪の根源がいるのは間違いありませんが、みなさん、今あんなふうに原発について騒ぎ立てているマスコミは(とくにNHKと読売)は、原発の危険性について今までどれだけ訴えてきたと思いますか?実は皆無なんです。伝説の青い鳥に導かれて訪れた、ゴアレーベンの大地、ヴァッカースドルフの森、カルカーの河畔。そこには「希望」という名の曙光が射している。静かに感動がわきあがる、ドイツ民衆の血湧き肉躍る物語。


  50. 名無しのラブライバー:2015/11/30(月) 22:19:10

    選択の余地のない非常時の為、ご迷惑ですがこれは妄想ではなくあなた方にもなり得る事なのです。秘密保護法など前後で、各国大使館に宛てた後ですからこの頃の新聞紙面の情勢と関連しており、故に懸念した通り20年前の1996年7月2日の精神病院への強制入院後1997年8月24日の死に至る経緯が2012年6月14日の三田署の警官の「罪状なくても逮捕できる」この頃の時代を調べてご覧下さい。 不正な投稿とされ心外な返答であれば今後、逆の立場に立たされても一切の責任を負いかねる。ブログは予想通りで、余りにも現実離れをしている為、理解されない。悲劇が進む―新版 四番目の恐怖 原子力が危険すぎる事実を、すでに国民の誰もが知ってしまった。スリーマイル島、ウィンズケール、チェルノブイリ、…。それでも一部の原子力関係者が強硬論を吐き、1億2千万人を断崖から突き落とそうとしている。彼らは、なぜ原子力を愛するのだろう。いま世界の誰もが原発の廃絶を望んでいるのに。美浜原発、青森県六ケ所村の再処理工場。「四番目の恐怖」を新データで報告。 現在の福島第一原発の惨劇は起こるべくして起こったものであること。メディアが原発の危険性についていかに公開していないのかということ。チェルノブイリやスリーマイル、そして福島の事故をはるかに超える可能性のある原発や再処理工場が日本に数多く存在していること。この本にはそれらのことが書かれています。まるで本当に予言書です・今回の福島原発で何が起きているのか、この本を読めばすぐに分かります。 水素が溜まる現象も、メルトダウンもまるで予言書のごとく正確に。 これは日本の今と、未来を書いた本。 僕達は、避け得る未来を避けられなかった。 経験にさえ、学ぶ事の出来なかった罰。太陽系最外部に発見された惑星をギリシャ神話の冥土の王様に因んで天文学者が冥王星(Pluto)と名づけた、同じ頃に発見された放射性物質にPlutoniumなる命名をしたカリフォルニア大学の物理学者は人類の悲劇的将来を予見していたであろうか。人類を冥土に効率良く運ぶ物質という意味では予言は的中。


  51. 名無しのラブライバー:2015/11/30(月) 22:19:32

    選択の余地のない非常時の為、ご迷惑ですがこれは妄想ではなくあなた方にもなり得る事なのです。秘密保護法など前後で、各国大使館に宛てた後ですからこの頃の新聞紙面の情勢と関連しており、故に懸念した通り20年前の1996年7月2日の精神病院への強制入院後1997年8月24日の死に至る経緯が2012年6月14日の三田署の警官の「罪状なくても逮捕できる」この頃の時代を調べてご覧下さい。 不正な投稿とされ心外な返答であれば今後、逆の立場に立たされても一切の責任を負いかねる。ブログは予想通りで、余りにも現実離れをしている為、理解されない。精神医療 (FOR BEGINNERS―イラスト版オリジナル) 「精福法」(精神保健及び精神障害者福祉に関する法律)の目指すものは?本書によって「精神病」者観が変わります。日本の軍隊〈上 皇軍編〉本書は、明治建軍から自衛隊PKO派兵まで、近代日本軍事史を一望の下におさめる試みである。上巻ではその前半、「皇軍」とみずから称した帝国陸海軍の興隆と没落が扱われる。皇軍、そして自衛隊、日本人が創り上げた日本の軍隊の全貌を明らかにする上下二巻。明治建軍から自衛隊PKO派兵まで、近代日本の軍事史を一望の下に収めた、本邦初の画期的な試み。日本の軍隊〈下 自衛隊編〉写真で読む 僕の見た「大日本帝国」歴史には、触れてはいけない禁忌などない。右も左も関係なく、日本人として、ただ「事実」を知りたいから、かつて日本の領土だった場所に”あの時代”の記憶と痕跡をたどる。そこに広がる光景に、僕たちは何を感じ、何を想うのか?未公開写真=約400点から、教わらなかった歴史のリアルが浮かび上がる書き下ろし最新刊。右も左も関係なく、日本人として、ただ「事実」を知りたいから、サハリン(樺太)、台湾、韓国、北朝鮮、中国東北部(旧満州)、ミクロネシア(旧南洋群島)……と、4年の年月を費やし、かつて日本の領土だった場所に「あの時代」の記憶と痕跡をたどる。そこに広がる光景に、僕たちは何を感じ、何を想うのか? 歴史には、触れてはいけない禁忌(タブー)などない。明治の半ばから昭和二〇年の終戦前後までの時代、「大日本帝国」と称していた日本の統治下に置かれていたという共通項を持つ、サハリン(樺太)の南半分、台湾、韓国、北朝鮮、ミクロネシア(旧南洋群島)、中国東北部(旧満州)。戦後半世紀以上たった今日でも、古くからかつて日本の領土だったそれらの国・地域には、日本語、日本建築、鳥居、神社、日本精神、残された日本人…と、さまざまな形で日本統治時代の痕跡=「日本の足あと」が残っている。彼の地に残る「日本の足あと」は、僕らに何を訴えるのか?四年におよぶ旅の中で、僕が出会った「大日本帝国」のすべて―。


  52. 名無しのラブライバー:2015/11/30(月) 22:19:53

    選択の余地のない非常時の為、ご迷惑ですがこれは妄想ではなくあなた方にもなり得る事なのです。秘密保護法など前後で、各国大使館に宛てた後ですからこの頃の新聞紙面の情勢と関連しており、故に懸念した通り20年前の1996年7月2日の精神病院への強制入院後1997年8月24日の死に至る経緯が2012年6月14日の三田署の警官の「罪状なくても逮捕できる」この頃の時代を調べてご覧下さい。 不正な投稿とされ心外な返答であれば今後、逆の立場に立たされても一切の責任を負いかねる。ブログは予想通りで、余りにも現実離れをしている為、理解されない。昭和陸軍の研究 供述を事実と判断するのは誤りです。これは刑事事件の裁判を想像すれば容易に納得できます。この点で本書には問題が多いです。例えば、「日本兵はなぜ蛮行に走ったか」は撫順収容所で洗脳されたとも言われる中帰連の鵜野晋太郎氏の供述を正しいものと判断しているようです。本書を読むにあたっては「供述は事実とは限らない」ことを肝に銘じて読む必要があるでしょう。まえがきで「昭和陸軍はなぜ多くの錯誤を犯したのか」を解明するのが目的だと述べていますが、明確にまとまった回答はありません。残念です。一方、最後に「昭和陸軍を否定しつくしたところから真の戦後がはじまると考えるべきだ」と結んでいることから、実はこれが本書の目的だったものと推察されます。かように感情的であり問題点は多い本書ですが、例えば、憲法改正に納得できない人々のまとまらない考えを推察するうえで、一読の価値はあると思います。昭和とは、近代日本史に於いて、どういう時代だったのか? その時代は現在を生きる僕らに、どのように関係しているのか?そして、あの戦争とは、何だったのか?嘗て日本最大の組織であった「帝国陸軍」なるものを、筆者は丹念に読み込み、取材を重ね、それらの疑問に答えてゆく。値段に怖じ気づいてはいけない。あの時代、あの戦争に少しでも興味を抱くなら、政治信条にかかわらず、きっと読むべき書物である。素晴らしい読書の時間になるだろう。


  53. 名無しのラブライバー:2015/11/30(月) 22:20:16

    選択の余地のない非常時の為、ご迷惑ですがこれは妄想ではなくあなた方にもなり得る事なのです。秘密保護法など前後で、各国大使館に宛てた後ですからこの頃の新聞紙面の情勢と関連しており、故に懸念した通り20年前の1996年7月2日の精神病院への強制入院後1997年8月24日の死に至る経緯が2012年6月14日の三田署の警官の「罪状なくても逮捕できる」この頃の時代を調べてご覧下さい。 不正な投稿とされ心外な返答であれば今後、逆の立場に立たされても一切の責任を負いかねる。ブログは予想通りで、余りにも現実離れをしている為、理解されない。ベトナムのラスト・エンペラー 1945年3月、日本軍のクーデターからインドシナ戦争まで、ベトナム・グエン王朝最後の皇帝の側近がつづる革命と動乱の日々。退位前後の皇帝の動き、対仏交渉の模様など、きめ細やかな筆致で描く。ベトナムから来たもう一人のラストエンペラー 知っていますか? 日本で孤独に死したベトナムの王子クォン・デを。「僕らの王子は日本に殺されたようなものなのに、どうして日本人は誰もこのことを知らないのですか」日本に憧れ続け、そしてその日本から裏切られ続けて死んでいったベトナムの王子クォン・デの生涯を感動的に綴る王位を継ぐ代わりに、祖国解放の独立運動に身を枠げたクォン・テ。革命家ファン・ボイ・チャウとの運命的な出逢いによって、一九〇六年日本を訪れる。犬養穀や玄洋社の頭山満、新宿中村農相鳥愛蔵・黒光夫妻ら、留学生を支えた日本人との交遊、そして満州国建国に奔走したアジア主義者大川周明、松井石根の暗躍。 「僕らの王子は日本に殺されたようなものなのに、どうして日本人は維もそのことを知らないのですか」ひとりのベトナム人留学生の呟きに導かれ、日本に憧れて翻弄されつづけた王族の数奇な生涯が鮮烈に廷る!


  54. 名無しのラブライバー:2015/11/30(月) 22:20:45

    選択の余地のない非常時の為、ご迷惑ですがこれは妄想ではなくあなた方にもなり得る事なのです。秘密保護法など前後で、各国大使館に宛てた後ですからこの頃の新聞紙面の情勢と関連しており、故に懸念した通り20年前の1996年7月2日の精神病院への強制入院後1997年8月24日の死に至る経緯が2012年6月14日の三田署の警官の「罪状なくても逮捕できる」この頃の時代を調べてご覧下さい。 不正な投稿とされ心外な返答であれば今後、逆の立場に立たされても一切の責任を負いかねる。ブログは予想通りで、余りにも現実離れをしている為、理解されない。悪魔の飽食 1933年ハルピン市東南の背陰河で産声をあげた“悪魔の部隊”石井細菌戦部隊は、敗戦直前の1945年8月、最後のマルタ虐殺を行い、部隊施設を破壊し、撤退した――。戦後、第七三一部隊の研究成果は米陸軍細菌戦研究所に受け継がれ、朝鮮戦争にまで影響を与えた。「トムプソン・レポート」(米公文書)が明らかにした第七三一部隊幹部とGHQとの怖るべき闇の取引。幻の部隊「石井細菌戦部隊」を通して、集団の狂気とその元凶たる“戦争”を告発する衝撃のノンフィクション! インパール 太平洋戦争中、最も悲惨な戦いであったインパール作戦。その惨敗の主因は、牟田口軍司令官の構想の愚劣、用兵の拙劣にあった。その一例が、インパール盆地の底の湿地帯でおこなわれた戦闘である。地勢や気候を勘案せず、ただおのれの栄進のためだけに、沼沢と化した低地になけなしの井瀬戦車支隊を投入し全滅させた。この戦闘自体は、局地的で小規模なものだったが、インパール作戦全体を象徴し、さらには日本陸軍の負の側面を具現化したともいえるものだった。


  55. 名無しのラブライバー:2015/11/30(月) 22:21:08

    選択の余地のない非常時の為、ご迷惑ですがこれは妄想ではなくあなた方にもなり得る事なのです。秘密保護法など前後で、各国大使館に宛てた後ですからこの頃の新聞紙面の情勢と関連しており、故に懸念した通り20年前の1996年7月2日の精神病院への強制入院後1997年8月24日の死に至る経緯が2012年6月14日の三田署の警官の「罪状なくても逮捕できる」この頃の時代を調べてご覧下さい。 不正な投稿とされ心外な返答であれば今後、逆の立場に立たされても一切の責任を負いかねる。ブログは予想通りで、余りにも現実離れをしている為、理解されない。インパール 非常に重い内容で、爽快な読後感が得られる書ではないが、日本が前大戦で経験した事、その当時の日本軍の事を考える際に読むべき価値の有る本である。花谷師団長は、正に当時の帝国陸軍祖組織の問題や歪みを体現している人物であり、極端な例ではあるが、この様な人物は他にも指揮官から兵に至るまで所々に存在し、あまつさえ花谷は師団長という高位に上り詰め、多くの人間を自決・戦死させ、あるいは精神を崩壊させ、本人は部下の将兵に退却を許さなかった英軍の戦車部隊を前に退却し、戦後も命を得るのである。部下には徹底して責任を追及したが、本人はその責を問われる事は無かった。なぜこの様な人物が権を得る組織が出来上がり、国を乗っ取ったのか?二度と繰り返さない為にも、我々にとって真剣に考える必要がある命題である。そして、この本には多くの示唆に富んでいる。「戦死」は花谷正師団長の自己栄達のために全滅状態に陥る戦線を描いています。花谷師団長の暴力を伴う異常指揮のため、自決・精神異常に追い込まれる将校、無駄死を強要される将兵。性格異常者は社会には必ず出現するものですが、このような人物が出世をして、近代戦闘を指揮する組織が問題です。


  56. 名無しのラブライバー:2015/11/30(月) 22:21:38

    選択の余地のない非常時の為、ご迷惑ですがこれは妄想ではなくあなた方にもなり得る事なのです。秘密保護法など前後で、各国大使館に宛てた後ですからこの頃の新聞紙面の情勢と関連しており、故に懸念した通り20年前の1996年7月2日の精神病院への強制入院後1997年8月24日の死に至る経緯が2012年6月14日の三田署の警官の「罪状なくても逮捕できる」この頃の時代を調べてご覧下さい。 不正な投稿とされ心外な返答であれば今後、逆の立場に立たされても一切の責任を負いかねる。ブログは予想通りで、余りにも現実離れをしている為、理解されない。太平洋戦争秘録 勇壮!日本陸軍指揮官列伝 <明日への遺言>の岡田資中将の映画化がされた頃の物につきまして巻頭は藤田まことさんの映画のシーンで考えさせられます。将校への道の組織図、' 階級章の色分け、そして本編に入ります。もちろん、初めは東條英機大将に始まり、全ての将官、佐官の方の名前を書くのはひかえますが、薩摩・長州藩の派閥争い等からおこる事件の事も垣間見れて明治生まれの軍人はやはり武士、武家の名残があることを知ります。特に注目がコレ!!P32~33 P68~69. 読んでびっくり朝日新聞の太平洋戦争記事 50年を経ていま、白日の下にさらされた新聞の「犯罪」。3年8カ月にわたる太平洋戦争記事の徹底検証。太平洋戦争記事の徹底検証。明日から新聞の読み方が変わる。朝日新聞側が版権を楯にとって同書を事実上の発禁処分に追いこんだ。その後、太田出版から『朝日新聞の戦争責任』として改訂版が出版された。そちらのほうが入手しやすい。朝日新聞の戦争責任―東スポもびっくり!の戦争記事を徹底検証


  57. 名無しのラブライバー:2015/11/30(月) 22:22:08

    選択の余地のない非常時の為、ご迷惑ですがこれは妄想ではなくあなた方にもなり得る事なのです。秘密保護法など前後で、各国大使館に宛てた後ですからこの頃の新聞紙面の情勢と関連しており、故に懸念した通り20年前の1996年7月2日の精神病院への強制入院後1997年8月24日の死に至る経緯が2012年6月14日の三田署の警官の「罪状なくても逮捕できる」この頃の時代を調べてご覧下さい。 不正な投稿とされ心外な返答であれば今後、逆の立場に立たされても一切の責任を負いかねる。ブログは予想通りで、余りにも現実離れをしている為、理解されない。朝日新聞の戦争責任―東スポもびっくり!の戦争記事を徹底検証 朝日新聞の抗議を受け、絶版となった「読んでびっくり朝日新聞の太平洋戦争記事」の書を増補改訂復刻。現役記者が当時の記事を検証し、自発的に戦争に荷担した朝日の戦争責任を問う、告発の書。第一章、第二章は実際に掲載された記事を紹介して、いかに戦意高揚、軍部協力記事を書いたかを解説する。第三章は戦後の朝日責任者の責任のとり方、太平洋戦争前の朝日の記事の内容、戦時下の言論統制、軍・政府に抵抗した新聞・雑誌を紹介。あとがきは著者の対談で、新聞の体質は今も変わっていないと指摘する。朝日は今でこそ反戦の牙城のような体裁をしているが、戦前までは軍部の片棒を担いだ日本を代表するマスコミでありながら、まるでそんなことはなかったかのような振る舞いをしていると告発している本です。戦争が始まってしまえば、たとえ戦前までは戦争反対でも国威発揚記事を書くのは国策としてやむを得ないと思うが、朝日に限らず日本のマスコミは満州事変以後から部数増加という商売のために、戦争をあおる記事を書き始める。太平洋戦争末期、日本が敗れるのがほぼ間違いない状況になっても真相を国民に知らせず、結果として戦争が長引いて多くの犠牲者を出したのは朝日を含むマスコミのせいではないかと指摘する。もし本気で戦争を終わらせる気概が新聞の責任者にあったなら、東条内閣総辞職のときに一斉に書き立てて講和の方向へ本格的に乗り出せたかもしれなかったが、新聞の責任者にその勇気はなかった。結局朝日はもちろん読売など、戦後もろくに戦中の自らの行動・言論に責任をとらず今日に至っている。戦後60年経って、今現役の社員はみな戦後生まれだろう。だったら、今こそ戦前、戦中の自らの新聞社の行状を点検して読者に披露してもいいんではなかろうか?


  58. 名無しのラブライバー:2015/11/30(月) 22:22:29

    選択の余地のない非常時の為、ご迷惑ですがこれは妄想ではなくあなた方にもなり得る事なのです。秘密保護法など前後で、各国大使館に宛てた後ですからこの頃の新聞紙面の情勢と関連しており、故に懸念した通り20年前の1996年7月2日の精神病院への強制入院後1997年8月24日の死に至る経緯が2012年6月14日の三田署の警官の「罪状なくても逮捕できる」この頃の時代を調べてご覧下さい。 不正な投稿とされ心外な返答であれば今後、逆の立場に立たされても一切の責任を負いかねる。ブログは予想通りで、余りにも現実離れをしている為、理解されない。軍事研究別冊 ワールド・インテリジェンスの1巻P106でも「9.11のテロは未然に防げた筈」と最も非難を受けているCIA。6巻のP93「9.11のテロを未だ❍❍の陰謀だ」と信じている人もいる。戦慄レポート!!世界を動かす超権力者76人」P30~31を読めば言わんとする事が解る筈。隣国の急先鋒の政権批判のN氏の暗殺で婚約者に嫌疑がかかり失踪。「私に容疑がかかる事が怖い彼らは何でもでっちあげることが出来る」とビンラビン殺害のそれと同様で自らのルールを守らず歪め「異常が正常な世界」とあるならば遠からず貴方方にも及び懸念した事態になるだけ。


  59. 名無しのラブライバー:2015/11/30(月) 22:22:48

    選択の余地のない非常時の為、ご迷惑ですがこれは妄想ではなくあなた方にもなり得る事なのです。秘密保護法など前後で、各国大使館に宛てた後ですからこの頃の新聞紙面の情勢と関連しており、故に懸念した通り20年前の1996年7月2日の精神病院への強制入院後1997年8月24日の死に至る経緯が2012年6月14日の三田署の警官の「罪状なくても逮捕できる」この頃の時代を調べてご覧下さい。 不正な投稿とされ心外な返答であれば今後、逆の立場に立たされても一切の責任を負いかねる。ブログは予想通りで、余りにも現実離れをしている為、理解されない。天皇の記者たち―大新聞のアジア侵略 「戦後50年」ブームの時にマスメディアは様々な自己批判をくり返した。だが、彼らはいつもそこで軍に強要された被害者の顔をチラつかせていた。しかし、実際はアジアでの利権を求め、『朝日』『毎日』『読売』そして『同盟通信』(「共同通信」、「時事通信」の前身)は自ら望んでアジアへ進出、現地のメディアを接収、支配していったのだ。元『共同通信』記者であり、オウム「破防法」問題など犯罪報道の犯罪で常にマスメディアに鋭い視線を向けてきた著者が、当時の状況を現地や日本の記者に克明に取材した前人未踏の証言集。朝日」「毎日」「読売」は、占領下のアジアで何をしたのか? 新聞・通信社が南方に残してきた占領地新聞。生き残った関係者たちからの聴き取りで綴った、もう一つの戦時新聞史。アジア独立への道 アジアのなかの日本とは? 日本人とは? イタリア敗戦記―二つのイタリアとレジスタンス 第2次世界大戦末期のイタリアの政治軍事情勢を詳述。南イタリア王国、ムッソリーニの社会共和国、反ナチ・ファシズムのレジスタンスとの3つ巴えの抗争を描き、イタリア現代史の空白を埋める衝撃作。ドイツ軍占領下で行われたユダヤ人の「追放」については書かれていない。イタリアが反ユダヤ主義の政策を取っていても、ユダヤ人の「追放」は休戦後だ。この主題を扱うと、いやでもサロ共和国がどう関わっていたのか、扱わなければいけないのか、を書かなくてはいけないので著者達が避けているのだろうか。235頁に掲載されているイタリア人武装SS部隊を閲兵するグラツィアーニ元帥と(この本のキャプションには明記されていないが)カール・ヴォルフSS大将の写真は、この種の本ではお馴染みのものだが、ヴォルフが「戦犯裁判」自体にかけられていないからといって、彼が「手がきれい」とは言えまい。


  60. 名無しのラブライバー:2016/02/07(日) 13:29:47

    21〜59

    おう、そうだな。


プロフィール

ラブライブ!通信管理人

ラブライブ!の速報や面白い話を毎日まとめています!
更新情報はこちらでツイートしているので、是非フォローしてください(^ω^)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
オススメ
週間人気記事ランキング
逆アクセスランキング
アクセスカウンタ
相互リンク
アンテナサイト