【ラブライブ!】無知なフリをしてキスしてもらおうとするルビィvs魔力供給と称してキスしようとする善子

1472390705-8e19fdf8a0f5230fd37223be9dbd457d.jpg


1: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/04/20(土) 11:11:26.77 ID:4F8TxOcD

win-winね!



3: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/04/20(土) 11:46:38.78 ID:6eZytuLd

いいシチュエーションだ


4: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/04/20(土) 11:52:29.08 ID:3qyN3lCa

ルビィ「善子ちゃん…ルビィ、なんだかカラダの調子が良くないみたいで…」

善子「ちょ…フラフラじゃない、大丈夫? 風邪でも引いたんじゃない? 保健室行く? 肩貸すわよ」

ルビィ「……ねえ、善子ちゃん。これって、もしかして…アレじゃないかな。善子ちゃんが前に言ってた」

ルビィ「――魔力の、不足」


善子「え」


善子「……あ、ああ! そうね! きっとそうだわ!」

ルビィ「ど、どうしよう? 魔力の補給って、どうすればいいのかな…?」

善子「落ち着きなさい、ルビィ」

善子「リトルデーモンが魔力を取り入れる唯一の方法――それは」

善子「主人である私が、貴女に魔力を供給する」

ルビィ「供給……どうやって?」

善子「…後で説明するわ」

善子「……保健室、行く?」

ルビィ「………」コクン

善子「……そ。じゃ、行きましょ」

ルビィ「…うん」


ルビィ「………」ニヤッ


5: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/04/20(土) 11:52:55.33 ID:3qyN3lCa

なーんつってヨハねえ!


7: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/04/20(土) 11:58:24.90 ID:Esq3gFcF

ほう体液の交換で魔力供給ですか


9: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/04/20(土) 12:25:52.52 ID:8lISnlst

善子(た、たしかこういう時……Fateでは……)

善子「そそれじゃあルビィ、ま、まずは服を脱ぎなさいっ!」

ルビィ「え、いや、そこまでするつもりじゃなかったんだけど……」


8: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/04/20(土) 12:25:05.09 ID:3qyN3lCa

~ 保健室 ~

ガラッ

善子「先生は…いないわね」

善子(…ま、いないのが分かってて来たんだけどね)

善子(ベッドにも…誰もいない)

善子(…好都合ね)

ルビィ「善子ちゃん、あの…」

ルビィ「魔力の供給って…どうやるの?」

善子「――いい? ルビィ」

善子「魔力そのものは全身を巡っているの。さながら血液の如く、ね」

善子「…けれど、こうして」ソッ

ルビィ「あっ…」ピクッ

善子「肌に触れただけでは、魔力は供給されない」

善子「魔力はいわば揮発性の代物。身体の外に放たれた瞬間から、あっという間にその特性を失う」

善子「それをうまくコーティングして、限りなく揮発性を抑えた上で外界に放出するのが、つまり魔法なのだけど――」

善子「魔法は、下僕たるリトルデーモンにとっては強すぎる。貴女の身体には、毒だわ」

ルビィ「そんな…じゃあ」

善子「そんな顔しないの。代わりの方法があるわ」


11: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/04/20(土) 12:40:59.13 ID:3qyN3lCa

善子「いい? ルビィ」

善子「アニメでも漫画でも、ファンタジーでも――魔法を使うときって、どうやって出す?」

ルビィ「え? どうって…たとえば手をこうやって前に出して、呪文を――」

善子「そう、呪文――スペルを唱えるわね」

善子「呪文はいわばコード。魔法を使うためのインプット――それを実行する部位が」

ルビィ「口…ってこと?」

善子「そういうこと。必然的に、そのあたりには高い濃度の魔力が常に滞留することになる」

善子「…加えて、ここはモノを取り込むにはおあつらえ向きの部位よ」

ルビィ「……えっと、その…」

ルビィ「……つまり…///」カァァァ

善子「――ええ。そういうことよ」クイッ

ルビィ「あ…っ///」

善子「覚悟は――いいわね?」

ルビィ「……はい♡」

ルビィ「魔力供給、お願いします♡ ヨハネ様♡」


12: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/04/20(土) 12:41:41.69 ID:3qyN3lCa

なーんつってピギなあ!


13: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/04/20(土) 12:44:36.83 ID:l7fXVFzx

みなぎってきt

は?


14: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/04/20(土) 12:44:56.96 ID:lXX9puVD

ここから風邪薬飲まされてむくれるルビィちゃん


22: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/04/20(土) 13:47:07.34 ID:3qyN3lCa

ルビィちゃんが導くver.


ルビィ「善子ちゃん、あの…」

ルビィ「魔力の供給って…どうやるの?」

善子「え!?」ギクッ

善子(やば…勢いだけで連れ込んだから、何も考えてないわ…)

善子「えー…っと、その…」

ルビィ「………」

ルビィ「…ねえ、善子ちゃん」

ルビィ「魔法を出すときって、呪文を唱えるよね?」

善子「え? ええ、そうね」

ルビィ「呪文は言葉で口にするものだから、もしかして――お口のあたりって、魔力がたくさん溜まってるんじゃないかな?」

善子「!」

善子「そ、そう! そうなのよ! さすが私のリトルデーモンね! 察しがいいわ!」

ルビィ「えへへ♪」クスッ

ルビィ「………」

ルビィ(……背中は押してあげたよ、善子ちゃん)

ルビィ(だから――はやく、ルビィにちょうだい)

ルビィ(善子ちゃんの"魔力"を――ルビィに♡)


25: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/04/20(土) 13:56:24.61 ID:bPsPOccH

お口で受け止めると魔力供給できるのかぁ
そっかぁ…


26: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/04/20(土) 14:02:58.91 ID:3qyN3lCa

キスよりももっと効率的な方法があるという風潮


28: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/04/20(土) 14:09:00.90 ID:bPsPOccH

>>26
体液をお口で…
あっ…


27: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/04/20(土) 14:07:20.46 ID:hNzxin55

よしルビってえっ○な空気しかしないよね


29: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/04/20(土) 15:50:04.23 ID:3qyN3lCa

善子「ん…」チュ

ルビィ「んっ!?///」ビクッ

善子「ん…んっ」チュッチュッ

ルビィ「ん、ん…っふ…」

善子「ん…っぷは」

善子「――気分はどう?」

ルビィ「…うん、楽になった、かも」

ルビィ「……それとね。えっと…その」

ルビィ「すごく…キモチ、よかった♡」

善子「……♡」ゾクゾク


30: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/04/20(土) 16:08:05.09 ID:3qyN3lCa

善子「――ねえ、ルビィ」

善子「魔力ってね、揮発性だけど、水に溶けやすい性質があるの」

善子「体内の隅々にまで魔力が行き渡るのは、そういう性質を持っているからでもあるのよ」

善子「だから、カラダの中の水――体液には、魔力が濃縮されている。液体のカタチなら、魔力も揮発しにくい」

ルビィ「体液…」

善子「特に――魔力が溜まりやすい、口の中にある体液なら、尚更…ね」

ルビィ「あ…」

善子「――さっきの行為で、貴女には十分な魔力が供給されたわ」

善子「それで、貴女は満足、したかしら?」

ルビィ「………」

ルビィ「………」フルフル

善子「じゃあ……どうすればいいか、分かるわね?」

ルビィ「……はい♡」

ルビィ「………♡」ンベッ

善子「ふふっ♡ そう、それでいいわ…♡」

善子「めいっぱい、注いであげるわ。溢れるほど――ね♡」


34: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/04/20(土) 17:02:03.67 ID:bPsPOccH

はよちゅん!


37: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/04/20(土) 21:46:16.68 ID:v2VYoqRo

no title


39: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/04/20(土) 22:15:42.02 ID:3qyN3lCa

花丸「――わあ! 作戦、成功したんだね! おめでとうずら~!」

ルビィ「えへへ~♪」ブイッ

ルビィ「『魔力供給大作戦』、効果バツグンだったよ! ありがとう花丸ちゃん!」

花丸「礼には及ばないずら♪」

ルビィ「もうすごく気持ち良くって…頭がふわ~ってなっちゃったよぉ♡」

花丸「か、感想は言わなくていいから…ルビィちゃんの胸にしまっておいてほしいずら///」カァァァ


40: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/04/20(土) 22:16:16.11 ID:3qyN3lCa

花丸「…いやあ、しかし善子ちゃんもいざって時はキメるんずらねえ! ヘタレだと思ってたけど、見直したずら!」

花丸「ね、ね、なんて告白されたずら?」

ルビィ「え?」

花丸「え?」

ルビィ「………」

花丸「………」

ルビィ「……されてない」ボソッ

花丸「は?」

ルビィ「告白…されてないや……そういえば…」

花丸「………」

ルビィ「………」


41: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/04/20(土) 22:16:59.31 ID:3qyN3lCa

花丸「……あンのヘタレ堕天使はァァァ~ッ!」ガッタァァァァ!

ルビィ「花丸ちゃん落ち着いて! 図書室! 図書室だから!」

花丸「この期に及んで! ヤる事ヤっといて! 好きの一言も言ってない!? ドヘタレにも程があるずらぁ!」

ルビィ「いいの! 大丈夫! キモチは伝わってるから!」

花丸「………」ピタッ

ルビィ「その、キスまでしたんだし…今さら好きとか言わなくても…うん。大丈夫、だと思うんだ」


42: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/04/20(土) 22:17:40.95 ID:3qyN3lCa

花丸「……ルビィちゃん」

花丸「アイドルソングって――オラたちの歌って、歌詞なんてどうでもいいって、何でも一緒だって…そう思ってる?」

ルビィ「花丸ちゃん…? 急に何を――」

花丸「思わないよね? 千歌さんの歌詞あっての、Aqoursの歌だって。そう思うよね?」

花丸「それと同じずら。想いは、言葉に乗せないと、正しくは伝わらない」

花丸「言葉にしないと、ぼんやりとした、輪郭のない、何となくの想いしか伝わらない」


43: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/04/20(土) 22:23:52.41 ID:3qyN3lCa

花丸「――ルビィちゃんには、ルビィちゃんの中にある善子ちゃんの想いが、はっきり見えてる?」

ルビィ「………」

花丸「コトバって、大事なんだよ」


ルビィ(どうしてだろう)

ルビィ(さっきまで感じてた、善子ちゃんの唇の感触、息遣い、匂い、味)

ルビィ(それはもう、はっきりと思い出せるのに)

ルビィ(……どうしてだろう)

ルビィ(あのとき、善子ちゃんはどんな表情をしてたっけ?)

ルビィ(善子ちゃんは――なんて言ってたっけ?)

ルビィ(………どうして、だろう)


45: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/04/20(土) 22:44:14.53 ID:n9MHy7Ep

なんだよ……結構書けるじゃねぇか……


続き待ってるぞ


46: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/04/20(土) 22:47:31.37 ID:v2VYoqRo

止まるんじゃねえですわよ…


48: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/04/21(日) 07:20:23.79 ID:qB6ys6S+

|c||σ.-σ||
 メイ*σ _ σリ
∫∫( c||^ヮ^||


49: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/04/21(日) 09:27:50.16 ID:s1O6Hds1

こいつらいつも魔力供給してんな


引用元: ・http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1555726286/

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連おすすめ記事
オススメ記事

この記事へのコメント

  1. 名無しのラブライバー:2019/04/22(月) 12:19:27

    唐突に割り込んでくる無能神でだめだった


  2. 名無しのラブライバー:2019/04/22(月) 13:44:24

    おまえらさあ〜 だから◯貞って言われるんだぞ〜
    いいか〜 キスしたら赤ちゃんが出来ちゃうんだぞ〜
    百戦錬磨のオレからしたら無知にも程があるわ〜〜w


プロフィール

ラブライブ!通信管理人

ラブライブ!の速報や面白い話を毎日まとめています!
更新情報はこちらでツイートしているので、是非フォローしてください(^ω^)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
オススメ
週間人気記事ランキング
逆アクセスランキング
アクセスカウンタ
相互リンク
アンテナサイト