【ラブライブ!】凛「ことりお姉ちゃ……あっ」ことり「 」Part2

20150728221315_201903121755583c2.jpg


61: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/02/21(木) 00:42:24.83 ID:zVHf2JTd

ことり「さてと…とうちゃーく♡」

凛「いつ来てもいい匂い…♡」

ことり「でしょでしょ♡お姉ちゃんのお気に入りスポットです♡」

凛「だからことりお姉ちゃんもいい匂いが…♡」スリスリ スンスン

ことり「やん…♡くすぐったいよぉ凛ちゃん♡」

凛「やっぱり…甘くていい匂いが…♡」スリスリ

ことり「ち、ちょっと凛ちゃんったら…♡」

<アラアラ…カワイイコタチネ…フフフ…

凛「あっ…ご、ごめんねことりお姉ちゃん…!///」

ことり「んーん、凛ちゃんだから大丈夫♡」


62: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/02/21(木) 00:48:11.67 ID:zVHf2JTd

ことり「それじゃあ…今日は何作ろっか♡」

凛「やっぱりチーズケーキがいいなぁ…♡」

ことり「お姉ちゃんに合わせなくてもいいんだよ凛ちゃん♡」ナデナデ

凛「そ、そんなこと…ある…けど…♡」

ことり「ふふっ、ごめんごめん…♡いじわるだったよね♡」

凛「むー…♡ことりお姉ちゃんが作るのほんとにおいしくて…♡」

ことり「そう言ってもらえるとお姉ちゃんも作り甲斐がありますっ♡」

凛「食べてると幸せになれるから…なんて…///」

ことり「っ…♡が、がまんがまん…♡」ナデナデ

凛「えへへ…♡帰ったらいっぱいぎゅーってしてほしいな…ことりお姉ちゃん♡」


63: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/02/21(木) 00:51:32.98 ID:zVHf2JTd

ことり「もちろんだよっ♡なんなら今からでも…♡」

凛「もう…♡ことりお姉ちゃん…?♡」

ことり「はっ…つい我が妹が可愛すぎて…♡」

凛「ことりお姉ちゃんはすぐスイッチ入っちゃうんだから…♡」

ことり「お姉ちゃん…反省しまぁす…♡」

凛「帰ったら一緒にお菓子作ろうね、ことりお姉ちゃん♡」

ことり「わーい♡」

凛「あ…そうだ…♡」

ことり「んー…♡どうしたの?♡」

凛「凛、他にも食べたいものあるんだ♡」


65: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/02/21(木) 00:55:13.90 ID:zVHf2JTd

ことり「ふふん♡それならことりお姉ちゃんにおまかせ、です♡」

凛「えっとね…チョコレートパフェとか…♡」

ことり「ふんふん…♡」

凛「生地がパリっとしたクレープとか…♡」

ことり「うんうん…♡…うん…?」

凛「あとは…マカロンっ♡」

ことり「り、凛ちゃーん…?それってー…」

凛「……えへっ♡」

ことり「誰から聞いたの~!?///」

凛「海未ちゃんと穂乃果ちゃんが話してるところ聞いちゃってー…♡」

ことり「は、話してたって…うぅ…///」


66: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/02/21(木) 00:59:58.14 ID:zVHf2JTd

凛「凛もことりお姉ちゃんが歌ってたとこ聞きたかったなぁ…なんて…♡」

ことり「むむむ…次の衣装はスカート短くしちゃお…」

凛「へ…?」

ことり「もちろん凛ちゃんも…ね♡」

凛「そ、そんなぁ…!」

ことり「なんて…じょーだんじょーだん♡」

凛「うぅー…やっぱりことりお姉ちゃんが言うと冗談に聞こえないよー…♡」

ことり「えー…そうかなぁー♡」

凛「だ、だって…お家で着るのは…その…えっと…///」

ことり「んー?♡」

凛「な、なんでもないよっ///」


67: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/02/21(木) 01:03:53.88 ID:zVHf2JTd

ことり「あそこのお店のみたいな…すけすけふりふりの可愛いの、着てるもんね…♡」

凛「い、言わなくていいからぁ…!///」

ことり「恥ずかしがりながら着てくれる凛ちゃん大好きだよー♡」

凛「そんなこと言われたって…むぅう…///」

ことり「ふくれちゃだーめ♡」ホッペプニュ

凛「ぁう…もうっ、お菓子作りの材料買いに来たはずなのにっ///」

ことり「凛ちゃんが可愛すぎるからだよ~♡」

凛「うぅっ…またそうやって…ってことりちゃんの秘密の話だったはず…?」

ことり「んー?♡何か言ったかなぁ♡」

凛「な、なんでもないよ!なんでもっ!」


68: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/02/21(木) 01:07:58.83 ID:zVHf2JTd

ことり「ふふっ♡やっぱり可愛い…♡」

凛「と、とにかく…チーズケーキと…パフェと…えへへ…♡」

ことり「もう食べるの想像しちゃって…♡」

凛「だって…ことりお姉ちゃんが作ってくれるんだもん♡」

ことり「すぐそうやってお姉ちゃんを困らせるんだからぁ…♡」ギュゥッ

凛「わっ…♡こ、ことりお姉ちゃ~ん…?♡」

ことり「あ…つ、つい…えへへ♡」

凛「ほんとに反省してるのー…?♡」ジトー

ことり「はぅ…♡そのジト目も可愛い…♡」

凛「ことりお姉ちゃーん…?♡」ジィー


69: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/02/21(木) 01:13:07.54 ID:zVHf2JTd

ことり「はっ…う、うんっ♡反省してるよっ♡」

凛「ことりお姉ちゃんが言い出したことなのにー…♡」

ことり「そ、そうだったかなぁ…♡」

凛「お外でお家みたいにしてたら見られちゃうから気をつけて…って…♡」

ことり「あうっ」

凛「手を繋ぐだけで我慢しよう…って…♡」

ことり「あぅぁぅー…」

凛「でも…お家でしてるのと比べたら…セーフ、かなぁ…♡」

ことり「だ、だよねっ♡ハグぐらい普通だもんね♡」

凛「挨拶代わりって言うし…大丈夫だよ♡…多分…♡」スリスリ

ことり「お姉ちゃんの肩…落ち着く…?♡」

凛「うん…♡こうしてくっつくだけでも…♡」


70: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/02/21(木) 01:20:58.85 ID:zVHf2JTd

ことり「…ほんとは凛ちゃんも…♡」

凛「そんなこと……あるよ♡」

ことり「もうっ…♡凛ちゃんもでよかったよぉ…♡」

凛「ことりお姉ちゃんとぎゅーってできないの…凛だって我慢してるもん♡」

ことり「それじゃあ…早く材料買っちゃおっか♡」

凛「うんうんっ♡」

ことり「ついでにお洋服も見る…?♡」

凛「う…♡す、少しだけなら…♡」

ことり「ふふ…♡」スッ

凛「ことりお姉ちゃん…?」

ことり「一緒に試着室…入ろっか…♡」ボソッ

凛「うん…♡」


77: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/02/22(金) 18:49:21.16 ID:Nkrm2k7w

凛「こ、ことりお姉ちゃん…その…///」

ことり「うん?♡」ナデナデ

凛「あんまり触られると…んんっ…♡」

ことり「んー…♡すべすべ…♡」フニフニ

凛「ひぅ…こ、声…でちゃうから…♡」

ことり「ふふ…♡我慢我慢…♡」ギュー

凛「ぅう…♡凛は少しだけだと…♡」

ことり「お姉ちゃんにとったらほんの少しだよぉ♡」ナデナデ

凛「んむぅ…全然少しじゃない気がするけど…♡」

ことり「えー…♡それじゃあ帰ったら教えてあげよっかなぁ♡」


78: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/02/22(金) 18:51:40.76 ID:Nkrm2k7w

凛「し、知ってるからいいよぉ…♡」

ことり「そうだよね…♡」ナデナデ

凛「あ…そういえば時間大丈夫…?」

ことり「もちろん♡こうしてゆっくりする時間も計算してるから…♡」スリスリ

凛「お外でしなくても…お家ですれば…いいのに…♡」ギュー

ことり「でもでも、ちょっとドキドキするでしょ…♡」

凛「う…♡」

ことり「しないのぉ…?♡」

凛「す、する…けど…♡」

ことり「だよねぇ…♡」


79: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/02/22(金) 18:56:19.07 ID:Nkrm2k7w

凛「で、でも…見つかったら…♡」

ことり「大丈夫だよぉ♡お洋服を一緒に見てるだけだもん♡」

凛「うぅー…♡」

ことり「お姉ちゃんが衣装用の生地とか買ったり見に来てるの店員さんも知ってるし…♡」

凛「それって…ことりお姉ちゃんが凛のために作ってるって思われてたり…♡」

ことり「それはー…ある、かも…?♡」

凛「ここから出れなくなったよぉ…!///」

ことり「あは…♡そんなに心配しなくても…♡」

凛「だ、だってお客さんにも言われるぐらいだよ…?///」

ことり「そうだねー…♡店員さんは覚えてるかも…♡」


80: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/02/22(金) 18:59:12.89 ID:Nkrm2k7w

凛「もうっ…!///」

ことり「あはは♡大丈夫だよ♡ちゃんとスクールアイドルの衣装、って言ってるもん♡」

凛「それなら…大丈夫…なのかな…?///」

ことり「もちろん可愛い可愛い凛ちゃんも着てます♡って言っちゃったけど♡」

凛「何教えちゃってるの…!?///」

ことり「だってぇ…♡店員さんに一緒に来る可愛い子とやってるんですかぁ?♡って聞かれちゃって♡」

凛「か、かわ…///」

ことり「それでつい嬉しくなっちゃってー…♡」

凛「変なこと…言ってないよね…?///」

ことり「自慢の可愛い妹ですっ♡って言っちゃった♡」


81: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/02/22(金) 19:01:38.64 ID:Nkrm2k7w

凛「ふぇえっ!?///」

ことり「わっ♡しー…です♡」パッ

凛「むぐぅ…///」コクコク

ことり「凛ちゃんは騙されやすすぎだよぉ…♡」ナデナデ

凛「ことりお姉ちゃんが言うのがダメなんだよぅ…///」

ことり「ふふ…ほんとに可愛い…♡」

凛「むむむー…♡」

ことり「さてと…そろそろ行こっか…♡」

凛「うん、お腹も空いてきたし…♡」


82: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/02/22(金) 19:05:44.45 ID:Nkrm2k7w

ことり「はふー…♡凛ちゃん成分補給完了です♡」

凛「そ、外寒いね…♡」

ことり「ん…♡手繋いでいこっか♡」

凛「うんっ…♡」

ことり「はぁ…♡凛ちゃんあったかーい…♡」

凛「ことりお姉ちゃんもあったかいよ…♡」

ことり「ふふっ…♡もっとあっためてあげたいけど…♡」

凛「今は我慢…だよね…♡」

ことり「うんうん…♡ささっ、急いで買って帰っちゃお~♡」

凛「はーい♡」


98: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/02/26(火) 22:48:57.37 ID:h26b1BS2

凛「んん~…♡ことりお姉ちゃんのお菓子やっぱりおいしい…♡」モグモグ

ことり「えへへ♡凛ちゃんがそう言ってくれるとお姉ちゃん、幸せです♡」

凛「ことりお姉ちゃんみたいにとっても甘いよー…♡」

ことり「あ…♡凛ちゃん、ちょっとじっとしててね♡」

凛「……?」

ことり「……はむっ♡」

凛「ひぁあっ!?お、お姉ちゃんっ!?///」

ことり「ん~♡おいし…♡」

凛「い、今っ…!?///」

ことり「ふふっ♡ほっぺについてたよ♡」


100: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/02/26(火) 22:58:58.97 ID:h26b1BS2

凛「ふ、普通に言ってよぉ…!///」

ことり「え~♡ついてたらこうするのが礼儀かなぁって♡」

凛「どういう礼儀なのー…///」

ことり「まぁまぁ♡そう言わずに~♡はい、あーん♡」

凛「むぅ…ぁむ…おいひぃ…♡」

ことり「うん♡やっぱり凛ちゃんはこっちの方が可愛いよぉ♡」

凛「むむむ…///」

ことり「もっと食べて…♡」

凛「り、凛もことりお姉ちゃんに食べさせるもんっ♡」

ことり「そっかぁ…♡それじゃあ…ちょーだい…♡」


101: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/02/26(火) 23:11:01.11 ID:h26b1BS2

凛「は、はい…♡あーん…♡」

ことり「ぁー…んむっ♡んんぅ…♡」

凛「ことりお姉ちゃん…幸せそう…♡」

ことり「うんっ♡だって凛ちゃんが食べさせてくれるんだもん♡」

凛「ことりお姉ちゃんはなんでもそうやって…♡」

ことり「え~…♡ほんとだもん…♡はい、凛ちゃんも♡」

凛「ぁむ…♡んん…♡おいし…♡」

ことり「ねっ♡凛ちゃんもそうなるでしょ♡」

凛「はっ…た、確かに…///」

ことり「お菓子はまだまだあるし…一緒に食べよ♡」


102: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/02/26(火) 23:26:35.83 ID:h26b1BS2

凛「はふ…♡お腹いっぱいだよぉ…♡」

ことり「うん…♡いっぱい食べたねー…♡」

凛「あれだけ作ったのに…おいしくてつい♡」

ことり「それじゃ食後の休憩…♡」ギュー

凛「えへへ…♡ことりお姉ちゃん甘い匂い…♡」スンスン

ことり「やん♡くすぐったい…♡」

凛「癖になりそう…♡」

ことり「ふふ…♡それじゃあお姉ちゃんも…♡」スンスン

凛「ひゃ…♡く、首筋は…♡」

ことり「ほんとだぁ…♡凛ちゃんも甘い匂いがする…♡」


103: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/02/26(火) 23:30:00.24 ID:h26b1BS2

凛「や…んっ♡ひぅ…♡」

ことり「ふんふん…♡ん~…♡」スー ハー

凛「こ、ことりお姉ちゃ…♡」

ことり「ん~?♡」

凛「次は…その…凛がことりお姉ちゃんを…♡」

ことり「はーい♡交代しよっか…♡」

凛「わーい…♡」ムギュゥッ

ことり「わ…♡今度は後ろから…?♡」

凛「ことりお姉ちゃんの髪…好きなんだ…♡」モフモフ

ことり「そっかぁ…♡ふふ…♡」フリフリ


104: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/02/26(火) 23:33:40.13 ID:h26b1BS2

凛「わぷ…♡首振ったらだめだよぉ…♡」

ことり「こうすれば凛ちゃんのお顔包めるかなぁ、って♡」

凛「んん…♡すごい…あまい…♡」

ことり「ふふ…♡よかったぁ…♡」

凛「んー…♡ふぅー…♡」

ことり「ひゃん…♡うなじ好きなのぉ…?♡」

凛「うん…♡ことりお姉ちゃんの…癖になっちゃいそうで…♡」

ことり「うんうん…♡凛ちゃんならいいよぉ…♡」

凛「やったぁ…♡ありがとうっ♡」スリスリ

ことり「んんっ♡でも…くすぐったぁい…♡」


105: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/02/26(火) 23:38:10.22 ID:h26b1BS2

凛「ご、ごめんね…♡つい…♡」

ことり「んーん♡もっとしてもだいじょーぶ…♡」

凛「えへへ…♡ことりお姉ちゃん大好き…♡」ギュゥッ スンスン

ことり「誰かに見られちゃったら大変だねぇ…♡」

凛「こ、ことりお姉ちゃんにしかしないもん…♡」

ことり「でも…ぱっと見なら後ろから抱きついてるだけだから…セーフ、かなぁ♡」

凛「ことりお姉ちゃん…凛が外でもやるって考えてる…?♡」フー

ことり「ひゃっ♡凛ちゃんも甘えんぼさんだから…♡」フリフリ

凛「ふぁ…♡ど、どっちかというと…ことりお姉ちゃんの方が…♡」


106: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/02/26(火) 23:41:51.67 ID:h26b1BS2

ことり「うーん…♡否定できないなぁ…♡」クルッ

凛「わっ…♡こ、ことりお姉ちゃん…?♡」

ことり「えーい…♡」ムギュゥッ

凛「わぅっ…♡」

ことり「お姉ちゃんのターン、です♡」スンスン 

凛「ん、ぅ…♡ことりお姉ちゃんは首筋が好きなの…?♡」

ことり「そうだなぁ…♡凛ちゃんならぜーんぶ好きだけど…♡」

凛「もしかして…他のところも…?♡」

ことり「せいかーい♡」サッ ギュゥッ

凛「ことりお姉ちゃんも…!?」


107: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/02/26(火) 23:45:36.94 ID:h26b1BS2

ことり「んー…♡凛ちゃんの髪の毛…気持ちいい…♡」

凛「ことりお姉ちゃんがお手入れしてくれてるもんね…♡」

ことり「凛ちゃんもお姉ちゃんの言った通りにしてくれてるみたいだし♡」

凛「最初は慣れなかったけど…ことりお姉ちゃんのおかげで…♡」

ことり「やぁん…♡可愛いー…♡」スリスリ モフモフ

凛「ひゃあっ♡く、くすぐったいよぉ♡」

ことり「凛ちゃんが自分からそうやって…♡ふふ…♡」

凛「も、もう…♡あんまりからかわないでよぉ…♡」

ことり「んーん♡嬉しいんだよー♡」

凛「ほんとにー…?♡」


109: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/02/26(火) 23:50:54.04 ID:h26b1BS2

ことり「お姉ちゃんのために、ここまでしてくれるなんて…♡」

凛「えへへ…♡ちょっと…恥ずかしいけど…♡」

ことり「そんな凛ちゃんにご褒美でーす…♡」クルクル

凛「わ…♡ことりお姉ちゃん特製マフラーだね…♡」

ことり「お姉ちゃんの髪、どうかなー…♡」

凛「ふわふわすべすべで…♡すっごい気持ちいいよー…♡」

ことり「凛ちゃんがして欲しいならいつでもいいよ♡」

凛「お外で寒い時とか…すっごく暖まりそう…♡」

ことり「そうだ…♡凛ちゃんも髪伸ばそっか♡」


110: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/02/26(火) 23:57:50.85 ID:h26b1BS2

凛「もう…ことりお姉ちゃんの考えてること丸わかりだよー…♡」

ことり「えへへー♡さすが凛ちゃん♡」ナデナデ

凛「でも…凛もことりお姉ちゃんとお揃いに…してみたい…かも…♡」

ことり「もうっ…♡凛ちゃんってば…♡」ギューッ

凛「わわっ…♡えへへ…♡」

ことり「凛ちゃんも伸ばしてくれたら…お姉ちゃんと凛ちゃんので三つ編みに…♡」

凛「わぁ…♡それやってみたいかも…♡」

ことり「お揃いにできたら…みーんなに注目されちゃうね♡」

凛「ことりお姉ちゃんと一緒になら大丈夫だよ…♡」スリスリ

ことり「ふふっ…♡楽しみだなぁ…♡」ナデナデ サラサラ


111: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/02/27(水) 00:04:26.05 ID:1fMzSQHK

凛「ちょっと大変だけど…♡」

ことり「お姉ちゃんがずぅっと見ててあげるからね~♡」

凛「それなら安心だね…♡」

ことり「凛ちゃんとおそろいかぁ…♡待ちきれないよぉ…♡」

凛「凛も早くお姉ちゃんとおそろいにしたいけど…どうすれば早く伸びるんだろう…?♡」

ことり「お姉ちゃんが聞いたのは髪にいい食べ物を食べて運動してよく眠る…って感じかなぁ♡」

凛「ふむふむ…それじゃあ今のままでいいのかな…?♡」

ことり「あとは…マッサージで血行改善、とか♡」

凛「あ…♡それ…ことりお姉ちゃんにして欲しいなぁ…♡」

ことり「ふふ…♡お姉ちゃんもしてみたかったんだよねぇ…♡」


112: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/02/27(水) 00:11:20.61 ID:1fMzSQHK

凛「ことりお姉ちゃんのマッサージ…溶けちゃいそうだけど…♡」

ことり「でも凛ちゃんは溶けちゃいたいんでしょ…♡」

凛「うんっ…♡」

ことり「それじゃあ早速…してみる?♡」

凛「うんうんっ、して欲しいよー♡」

ことり「よしよし…♡まずはこのままできるところを…♡」ナデナデ ギュゥッ

凛「ふにぁゃー…♡いいよぉー…♡」

ことり「頭と首の付け根の…くぼんでるところが効くみたいって聞いたけど…♡」グリグリ

凛「ぁー…♡これは絶対効くよー…♡」

ことり「あはは…♡そうみたいだねぇ…♡」


113: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/02/27(水) 00:15:25.30 ID:1fMzSQHK

ことり「あとはね…頭のてっぺん…♡」

凛「てっぺん…?」

ことり「両耳から頭のてっぺんにー…♡」ススス

凛「んん…♡くすぐったい…♡」

ことり「凛ちゃんは…ここだねっ♡」グイッ

凛「ふわぁ…♡」

ことり「こっちはどんな感じかなぁ♡」グリグリ

凛「なんか…不思議な感じ~…♡」

ことり「ふふっ…♡凛ちゃん分かりやすーい…♡」


115: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/02/27(水) 00:29:07.16 ID:1fMzSQHK

ことり「それと聞いたのはあともう一箇所あって…♡」グリグリ

凛「んぅ…?♡どこどこー…?♡」

ことり「足の裏のツボなんだけど…♡」

凛「うぅ…♡それは…♡」

ことり「ふふふ…♡」

凛「へ…?こ、ことりお姉ちゃん…?♡」

ことり「なーんて…♡後でしてあげる♡」

凛「もう…♡まだお風呂も入ってないんだから…♡」

ことり「凛ちゃんだから大丈夫なんだけどなぁ♡」

凛「ことりお姉ちゃんが良くても凛が良くないのっ♡」


116: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/02/27(水) 00:34:51.19 ID:1fMzSQHK

ことり「えー…♡でも練習の後とか…好きなんだけどー…♡」

凛「ことりお姉ちゃんマニアックすぎるよ…♡」

ことり「でも凛ちゃんはお姉ちゃんのタオルを~…♡」

凛「な、なんで知って…!?あっ…///」

ことり「ふふーん…♡なんでもお見通しだよ♡」

凛「うぅ…ことりお姉ちゃんのこと言えなくなっちゃった…///」

ことり「まぁまぁ♡お姉ちゃんと凛ちゃんは似た者同士ということで♡」

凛「凛はことりお姉ちゃんほどじゃ…///」

ことり「ふーん…♡そっかー…♡」

凛「ぐっ…///」


117: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/02/27(水) 00:41:30.87 ID:1fMzSQHK

ことり「お姉ちゃんはいつでもうぇるかむ♡ですっ♡」

凛「そう言われても…///」

ことり「凛ちゃんがそんなに気にするなら罰ゲームとかした方がいいのかなぁ♡」

凛「し、しなくていいから…///」

ことり「ふふふ…♡」

凛「な、なんでそんな悪い顔してるのかなぁ…?」

ことり「楽しみだな~♡」

凛「楽しみって何が…もしかして…!?///」

ことり「ふふ♡なんでしょーう♡」

凛「もーっ!ことりお姉ちゃんの変態っ///」


118: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/02/27(水) 00:43:56.73 ID:1fMzSQHK

ことり「ふっふっふっ~♡観念してマッサージされるのです♡」

凛「それはあとっ、お風呂のあとだからっ///」

ことり「むー♡しょうがないなぁー♡」

凛「うぅー…///」

ことり「それじゃ、普通にマッサージしてあげよーう♡」ナデナデ

凛「んむむ…♡それなら…いいけど…♡」

ことり「かゆいところはありません~♡」モミモミ

凛「んん~…♡気持ちいぃ…♡」

ことり「お~お客さんこってますね~♡」モミモミ

凛「ことりお姉ちゃんのキャラがおかしく…♡」


119: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/02/27(水) 00:49:48.37 ID:1fMzSQHK

ことり「気にしない気にしなーい♡」グリグリ

凛「ふぁあぁ…♡」

ことり「どんどん解して血行良くしましょうね~♡」

凛「はぃ…♡んん…♡あぅ…♡」



ことり「ふぅ…♡これぐらいでいいかな♡」

凛「ふぁぅ…♡気持ちよくて眠くなっちゃった…♡」

ことり「このままお昼寝…しちゃう?♡」

凛「うん…♡ことりお姉ちゃんと一緒に…♡」

ことり「はーい…♡それじゃあソファーで…ね♡」


120: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/02/27(水) 00:51:44.33 ID:1fMzSQHK

(週末はファンミに行きますのでしばらく空きます…)


121: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/02/27(水) 02:17:10.70 ID:UohI8n8D

見る幸せ


122: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/02/27(水) 02:30:16.96 ID:kKUGcGC+

甘すぎるにゃ…


123: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/02/27(水) 16:23:31.60 ID:jOYQFdCS

ハートが多すぎる
もっとだ


85: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/02/22(金) 21:11:02.43 ID:QkJKrtqK

あまりにも甘すぎるにゃ


124: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/02/28(木) 01:27:48.46 ID:OC7Vs1hy

砂糖吐きそう
もっとやれ


125: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/02/28(木) 08:09:17.82 ID:P0yfT1Xp

いいスレ見つけた


127: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/03/01(金) 00:56:00.27 ID:25QqnIZU

映画のごはんやから出て来た時のことりん良いよね


92: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/02/24(日) 02:22:36.42 ID:MUTXgiHF

ことりんは毎年死人が出てる


引用元: ・http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1550587674/

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連おすすめ記事
オススメ記事

この記事へのコメント

プロフィール

ラブライブ!通信管理人

ラブライブ!の速報や面白い話を毎日まとめています!
更新情報はこちらでツイートしているので、是非フォローしてください(^ω^)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
オススメ
週間人気記事ランキング
逆アクセスランキング
アクセスカウンタ
相互リンク
アンテナサイト