【ラブライブ!】ことり「海未ちゃんを殺してことりも死ぬ」

1466841975-26a663b99d380b855678710595e56e7c_201901161523060a7.jpg


1: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/01/11(金) 23:21:51.50 ID:fKOZgi02

ことり「……」ガサゴソ

花陽「こ、ことりちゃん……?」

凛「包丁なんて取り出してどうしたにゃ!?」

ことり「海未ちゃん、海未ちゃん、海未ちゃん海未ちゃん海未ちゃん海未ちゃん!!」



ことり「……」ユラッ

海未「こ、ことり? 様子が……」

にこ「ぬぁにやってんのよ!」

ことり「ことりと一緒に死んで、海未ちゃん!!」


たったったっ

ザシュッ!


りんぱな「きゃあああああああああああ!!!」


ことり「あはっ……」

海未「こ、と……り……?」

ことり「海未ちゃんが悪いんだよ?」

ことり「海未ちゃんが浮気ばっかりするから……」


……



2: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/01/11(金) 23:22:09.65 ID:fKOZgi02

遡ること数分前――

 いつものように練習が終わり、海未とことりが会話しているときだった。


海未「ことり、今日のステップですが、かなり良かったですよ」

ことり「え、そ、そう、かな?」

海未「ええ。ことりは上達が早いので教え甲斐がありますね」

ことり「え、えへへ?/// 海未ちゃんの指導が上手なんだよ!」

海未「いえ、ことりが素晴らしいのです。何かご褒美をあげたい所ですが」

ことり「じゃ、じゃあ海未ちゃんに頭ナデナデしてもらいたいな?、なんて……」

海未「? そんなことでいいのですか?」

ことり「うん///」

海未「ふふ、欲がありませんねことりは。では……」

にこ「海未ちゃーん、ちょっと良い?」

海未「あ、はい。今行きます!」

海未「申し訳ありません、ことり。呼ばれたので行ってきます」

ことり「あ……、うん……」


ことり(海未ちゃんは可愛くてカッコよくて頼りになるからモテる……)

ことり(きっとみんなだって海未ちゃんのことが好きなはずだ)

ことり(いつか海未ちゃんが誰かに取られるかもしれない)

ことり(それならば、いっそ――)

――――

―――

――



3: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/01/11(金) 23:22:46.12 ID:fKOZgi02

海未「こ、ことり……」

凛「海未ちゃん! 大丈夫かにゃ!?」

にこ「あわわわっ……」





海未「近接戦闘で私に勝てると思いましたか?」ガシッ

ことり「くっ……!」グイグイッ

にこ「! きちんと包丁の腹を受け止めているわ!」

凛「海未ちゃんには傷一つないにゃ!」キャッホー


海未「だとしたら私も舐められたものです」

ことり「舐めてないよ? いろんな意味で舐めたいけど、今のは挨拶! 通用するとは思ってなかったんだ」

ことり「本命は……こっちだよ!」チャキッ

花陽「なっ、スチェッキンですか!? ソンナモノマデモッテキチャッタノォ!?」

凛「スチェッキン・オートマティック・ピストル……。セミオートからフルオート射撃まで可能なロシア製の拳銃にゃ!」

にこ「説明ありがとうニコ~! って、そんなことよりあんなもんが相手だと流石に海未でも……!」

海未「……なるほど。絵里の仕業でしょうか」

ことり「一緒に死のう!」バァンバァン

海未「っ……!」バッ


5: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/01/11(金) 23:24:17.13 ID:fKOZgi02

凛「すごい、海未ちゃん、銃弾を走って回避してるにゃ!」

ことり「な、なんで当たらないのっ!?」バンバン!


にこ「凛、アスリートが一番欲している筋肉ってどこの筋肉かわかる?」

凛「え? うーん、足の筋肉とか?」

にこ「違うわ。答えは眼筋よ」

 そう、答えは眼筋である。

 眼筋の強さ・素早さは動体視力に直結している。

 鍛え難く、衰えやすい稀有な筋力――

 それが眼筋だった。

花陽「聞いたことがあります! メジャーリーガーやトップクラスのアスリートがドーピングをする理由の殆どが、眼筋が大幅に強化されるからだって!」

にこ「見なさい、凛、花陽。海未は当てずっぽうに避けているわけではないわ。発射された銃弾をはっきりと見て避けている!」

にこ「驚異的な動体視力がなせる技よ! もう海未には銃弾でさえ当たらないんだわ!」


6: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/01/11(金) 23:25:10.22 ID:fKOZgi02

海未「――ッ!」バキッ

ことり「!」

凛「あっ、海未ちゃんの足が床を踏み抜いて!」

にこ「老朽化に加えて、銃をバカスカ打ち込んだせいで脆くなってたのよ!」

花陽「あれじゃあ、海未ちゃんが動けない!」

にこ「こ、ことり、やめなさい!」

ことり「ふふっ、やっぱり海未ちゃんはここでことりと死ぬ運命なんだよ」カチャ


凛「あぁ~! もう見てられないにゃ!」

にこ「花陽、見ちゃダメよ!」


  バァン! バァン!


7: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/01/11(金) 23:26:43.21 ID:fKOZgi02

 ……キィンキィン――!

 鳴り響いたのは、少女たちの想像とは裏腹に甲高い金属音が2つだった。

 もちろん、彼女たちは実際に人が撃たれる瞬間の音を聞いたことがあるわけはない。

 テレビや映画などのフィクションの世界では聞いたことがある、そんな程度だ。

 しかし、それでもあまりに想像とはかけ離れた音。

 2発しか聞こえなかった銃声に対して、海未の周りに落ちている、4つの歪な欠片。


 まさか実際にそんな事ができる人間がいるわけがない。

 にこは、凛は、花陽は――理屈ではそう理解していた。


 想像を凌駕する現実は、彼女らを戦慄させるに十分足りうるものだった。



海未「なかなかの業物のようですね。あとでメーカーを教えてもらってもよろしいですか?」

 先程ことりから奪った包丁を手に、無傷で立っている海未の姿がそこにはあった。


8: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/01/11(金) 23:27:32.55 ID:fKOZgi02

花陽「えええええぇぇぇぇぇぇ~~~~!? 銃弾を切っちゃったノォ!?」

にこ「これ、最初に聞いておくべきだったかしら……」ゴクリ

にこ「海未は本当に人間なの!?」

凛「かっこいいにゃ~~~~!!!」キラキラ

ことり「……へぇ。流石海未ちゃん。そういう所、大好きだよ」

海未「退いてください、ことり」

ことり「ダメダメダメダメ。海未ちゃんはここでことりと死ななきゃあダメなのよー」

海未「何故です! 私はことりに、何かしてしまいましたか?」

ことり「……何もしなかったからだよぅ!」カチャ

 バンバンバァン!

海未「!」タッタッタッ


海未「ことり!」ヒュッ

ことり「うっ……!」バシッ

にこ「海未ちゃんの投げた包丁がことり手からスチェッキンを吹き飛ばしたわ!」

凛「距離も詰めたし、もうことりちゃんに為す術はないにゃ!」


9: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/01/11(金) 23:28:37.22 ID:fKOZgi02

海未「ことり、もう終わりにしましょう!」


凛「勝負ありかにゃ……?」

にこ「みたいね」


ことり「まだなんだからぁ!」ピンッ ピンッ

海未(? 制服の中からなにか……?)

 ボトボトッ

にこ「あれは……嘘でしょ!? 凛、花陽! 逃げるわよ!」バッ

凛「F1手榴弾だにゃ!」トテトテ

花陽「いやぁ~~~~~!」


ことり「あはっ! 一緒に死の、海未ちゃん!」ギュウウ

海未「腕がっ……」


海未「ちぃっ!」


 ドカーーン!!!

 パラパラパラ……


10: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/01/11(金) 23:29:35.81 ID:fKOZgi02

海未「ことり」

ことり「海未ちゃん……」


にこ「海未ちゃんとことりちゃんは無事みたいニコ!」

凛「海未ちゃんが直前に手榴弾を遠くに蹴り飛ばして、ことりちゃんを抱えて反対側に跳んだから助かったんだにゃ!」

花陽「みんな無事みたいで、よかったですぅ!」


ことり「ううっ……ぐすっ……」

海未「ことり……」

ことり「海未ちゃんのばか……」

海未「ことり、何故急にこんな事を? 言ってくれなければわかりません」

ことり「だって……」

ことり「海未ちゃんがすぐ他の人に優しくするから……」


11: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/01/11(金) 23:31:40.27 ID:fKOZgi02

海未「ことり、寂しい思いをさせていたならすみませんでした」

海未「ですが、これだけは信じてください。私にとってことりが大切な人であること」ギュ

ことり「ンミチュン……///」

海未「ふふ。今日は私の家に泊まりにきますか?」

ことり「いいのっ!?」

海未「ことりに寂しい思いをさせていたというのなら、その償いをしたいのです」

ことり「えへへ~/// 嬉しいな♪」


凛「一件落着みたいだにゃ!」

花陽「よかったですぅ!」


にこ「……いい感じでまとまろうとしてる所悪いけど、このぼろぼろになった校舎なんとかしなさいよ!」

海未「……」

ことり「……」

海未「ことり、帰りましょうか」ソソクサ

ことり「ソウダネ!」ソソクサ

にこ「待ちなさいよー!」プンスコ!


12: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/01/11(金) 23:33:47.59 ID:fKOZgi02

~後日~

……練習終了後……

絵里「疲れたわねー」グター

希「えりちは頑張り屋さんやもんなぁ」

にこ「これくらいでへこたれるなんて修行が足りないわね!」フフン

絵里「さすがにこね」

希「にこっちは今日結構さぼっとったしなぁ」

絵里「マッサージでもしてもらいたいわ」

希「ウチはそういうん得意やないからなぁ……」

絵里「うーん……。あっ、そうだ」ピコーン

絵里「海未ーっ! マッサージしてちょうだい!」

海未「はぁ、何故私が」スッ

絵里「海未って武術とかやってるし、得意そうじゃあない?」

海未「覚えが無い事もないですが……」

絵里「よかった。じゃあやってくれる?」

海未「拒否しても?」

絵里「駄目よ。先輩命令」

海未「……先輩は禁止だったのでは」

絵里「それとこれとは話が別よ」

海未「はぁ……、わかりました。期待に沿えずとも、文句は聞きませんよ」

絵里「やった♪」

希「ええなー、えりち」

にこ「後でにこにもやりなさいよー」

ことり「……」


13: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/01/11(金) 23:34:42.83 ID:fKOZgi02

海未「ではいきますよ」グリグリッ

絵里「あー……気持ち良いわ」

海未「次は足を」

絵里「んっ……あンっ」

海未「次は腰周りです」モミモミ

絵里「あッ、イイッ! そこッ、感じるわッ! あッ♡あッ♡あッ♡」

海未「変な声を出さないでください!」

絵里「だ、だって海未の指が的確に私のイイ所を……///」アンッ

海未「言い方!」

ことり「……」ギリギリギリ

凛「こ、ことりちゃんが怖いにゃ……」

花陽「何も見なかったことにしよう」

絵里「あー、でも本当に海未のマッサージは気持ち良いわ」

海未「もう少し続けますよ」

絵里「ええ。お願いね」

海未「では……」


15: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/01/11(金) 23:36:22.15 ID:fKOZgi02

ゾクリ

海未「――ッ! 絵里、逃げてください!」ドンッ

絵里「へ?」ゴロゴロゴロ

パララララッ

海未「またあなたですか……」


海未「ことり!」

ことり「海未ちゃんはさぁ……堂々と浮気する人?」カチャ


凛「PP-2000……サブマシンガンだにゃ……」

花曜「ソンナモノマデモッテキチャッタノォ!?」


海未「浮気? と言うより、これは私に拒否権なんてなかったんですよ」

ことり「そうやっていろんな子に色目使ってさぁ……」

海未「話を聞いてください」


16: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/01/11(金) 23:38:28.09 ID:fKOZgi02

ことり「ことりの目の前でイチャついて、何のつもり!」パララララララッ

海未「分からず屋!」ダッシュ!


凛「おお、走ってマシンガンの射撃を避けてるにゃ」

花陽「相変わらずの人外っぷりだね」

凛「早すぎてゴキブリみたいだにゃ……」


ことり「待って! 海未ちゃん!」

ことり「あっ! これ絵里ちゃんにプレゼント……」ピンッ ヒョイッ

絵里「!?」キャッチ

凛「あ、絵里ちゃんにグレネードを……」

絵里「馬鹿! なんてもの渡すのよ!」ソォイ


 ドカーーーーーン!!!



凛「あーっ! 一年生の教室が一部吹き飛んだにゃ!」

花陽「ど、どうするのぉ!?」

凛「明日の授業なしにならないかにゃー」


18: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/01/11(金) 23:40:19.17 ID:fKOZgi02

ことり「海未ちゃぁぁぁぁぁぁん!」パララララ

海未「ことり!」タッタッタッタッ

海未「いい加減に!」タタタタタッ


凛「おおおおおっ! 壁走りだにゃー!」キャッホー

海未「落ち着きなさい!」ピョン

 バシィ!

花陽「マシンガンを蹴り飛ばした!」

凛「勝負ありだにゃー!」



ことり「うぅ……」

海未「ことり、一体何が気に入らないというのです!」


19: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/01/11(金) 23:42:13.98 ID:fKOZgi02

ことり「気に入らないことだらけだよ! 目を離すとすぐに他の子とイチャイチャして!」

海未「そんなつもりは無いのですが……」

ことり「海未ちゃんになくとも、向こうにはあるかもしれないでしょ!?」

海未「それは……そんな事は無いと思いますが……」

ことり「ことりは……海未ちゃんが他の人に取られてしまわないか心配なんだよ……」

海未「ことり……」

海未「わかりました。これからは出来るだけ、他の方にマッサージをするのは控えます」

ことり「マッサージだけじゃあなくて、他にも色々なの!」

海未「わ、わかりました……。とにかく気をつけます」

ことり「もうっ! 約束だよ!?」


21: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/01/11(金) 23:49:21.56 ID:fKOZgi02

海未「お詫びというわけではないのですが……ことりにもマッサージをしましょうか?」

ことり「いいの!?」

海未「ええ。勿論」

ことり「やったぁ! じゃあ、おねがぁい!」

海未「ふふ。ことり相手だと腕が鳴りますね」


にこ「はぁ~……。あの二人の夫婦喧嘩にも困ったものねぇ」

凛「物理的に被害が出るからにゃぁ……」

花陽「今回も丸く収まったようでよかったよぉ」


34: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/01/12(土) 02:01:46.11 ID:OybSDXb5

穂乃果宅

穂乃果「はい海未ちゃん、穂乃果特製ほむまんだよ~♪」

海未「穂乃果が作ったのですか?」

穂乃果「うん! これでも和菓子屋の娘だからねー」

海未「ではいただきますね」

穂乃果「食べて食べて!」

モグモグ

海未「! 美味しいです!」

穂乃果「でしょ~?」

海未「見直しましたよ、穂乃果。お店に出ているものと比べても遜色がない出来です」モグモグ

穂乃果「えっへへ~、褒め過ぎだよ」

海未「穂乃果も見えない所でしっかりと成長していたのですね……。なんだか自分のことのように嬉しいです」

穂乃果「海未ちゃんは大げさだなぁー、もうっ!」

海未「すみません。ですが、それくらい美味しくて」

穂乃果「えへへ。毎日あなたのお饅頭を食べたい!」

穂乃果「ってなった?」

海未「いえ。毎日は流石に飽きそうです」

穂乃果「むぅ~!」


35: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/01/12(土) 02:02:06.71 ID:OybSDXb5

穂乃果「前から気になっていたんだけどぉ。海未ちゃんに弱点ってあるの?」

海未「弱点? 苦手なものならありますよ。炭酸は苦手ですし、余り目立つこともまだ……」

穂乃果「そうじゃあなくてさー!」

穂乃果「この手を使われたら勝ち目がない! みたいなの」

海未「戦いにおいて、ということでしょうか……」

海未「ううん、少なくとも生身の戦闘においては、弱点はないと自負していますが」

穂乃果「へー。大した自信だねぇ」

海未「鍛えていますから」

穂乃果「でもねー、穂乃果は海未ちゃんの弱点知ってるよ!」

海未「え?」

 クラッ


36: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/01/12(土) 02:02:53.73 ID:OybSDXb5

海未「……っ! こ、これはっ……」フラフラ

穂乃果「それはねー、穂乃果だよ」

海未「なにか……盛りましたね……」フラッ

穂乃果「海未ちゃん、穂乃果の事大好きだもんね」

穂乃果「だから穂乃果の言うことはなんでも聞いてくれるし、簡単に騙されてくれる♪」

海未「……くっ……」バタリ


37: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/01/12(土) 02:03:44.99 ID:OybSDXb5

穂乃果「えへへ……。これからが楽しみだね……海未ちゃん♡」

――――

―――

――



45: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/01/12(土) 20:26:51.41 ID:OybSDXb5

海未「う……」パチリ

穂乃果「起きた? おはよう、海未ちゃん!」

海未「穂乃果!」ジャラ

海未「これは……」

穂乃果「あはは、海未ちゃんに逃げられると困るからね」

穂乃果「これから海未ちゃんは穂乃果の家で一生暮らすんだからさ」

海未「……今ならまだ冗談と受け止めます」

海未「ですからこの手錠を解いてください」

穂乃果「冗談じゃあないんだよ」

穂乃果「海未ちゃん最近他の子とばっかり仲良くするしさぁ」

穂乃果「なんか絵里ちゃんとことりちゃんとエ◯チな事してたって聞いたし」

海未「あれは……向こうが勝手に!」


46: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/01/12(土) 20:27:09.39 ID:OybSDXb5

穂乃果「ことりちゃんとも最近やたら仲が良いでしょ」

穂乃果「穂乃果を除け者にしてさ!」

海未「こ、ことりは寂しがりなようでして、最近甘えてくるんですよ」

海未「除け者にしたつもりはありませんでしたが、そう感じてしまったのなら謝ります」

海未「次からは穂乃果もいれて、3人で……」

穂乃果「良いよ、もう」

穂乃果「こうやって海未ちゃんを独占できたしさぁ~」

海未「くっ!」ガチャガチャ

穂乃果「無理だよ。海未ちゃん普通の縄だと千切っちゃいそうだから、鋼鉄製の手錠にしたんだよ!」

海未「外してください、穂乃果!」

穂乃果「ダメダメ! あんまり暴れると海未ちゃんのキレイな肌に傷がついちゃうよ!」


47: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/01/12(土) 20:28:29.33 ID:OybSDXb5

海未「ううっ……」

穂乃果「諦めて、海未ちゃん。穂乃果が一生海未ちゃんの面倒を見るから」

穂乃果「海未ちゃんは何もしなくてもいいの。ずっと穂乃果がお世話してあげる。だから海未ちゃんは穂乃果だけを見ていて……」

海未「穂乃果……」

穂乃果「えへへっ! まぁすぐには受け入れられないよね!」

穂乃果「でも大丈夫。すぐに慣れるよ。そういう風に、してあげる……」

海未「……」グスン

穂乃果「穂乃果はちょっとお買い物に行ってくるね。海未ちゃんのために、いろんな道具買ってくるから」

穂乃果「おとなしく、待っててね♡」

ガチャ バタン!

海未「……」


……


49: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/01/12(土) 21:00:54.61 ID:OybSDXb5

商店街

穂乃果「オハヨーパワフルとぅーとぅーとぅとぅー♪」テクテク


ことり「あっ! ホノカチャン!」

穂乃果「ことりちゃーん! おはよー!」

ことり「今からお出かけ?」

穂乃果「うんっ! ちょっとお買い物に行くの」

ことり「そっか。ことりもついていっていい?」

穂乃果「え? うーん。本当にただの買い物だけど……いいの?」

ことり「うん! 穂乃果ちゃんとお話したかったし」

穂乃果「そっか~、えへへ! じゃあ一緒に行こ!」


穂乃果「ことりちゃん、お話って何?」

ことり「えっとー、それはねー」


ことり「海未ちゃんが今どこにいるか、知ってる?」


50: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/01/12(土) 21:01:44.79 ID:OybSDXb5

穂乃果「えー……、ことりちゃん」

穂乃果「穂乃果が知るわけ無いじゃん!」


ことり「えっ、そうなの?」

穂乃果「そうだよー。穂乃果だっていっつも海未ちゃんと一緒にいるわけじゃあないんだからね!?」


ことり「うーん、穂乃果ちゃんなら知ってると思ったんだけどなー」

穂乃果「あはは、知らないよ」

ことり「でも穂乃果ちゃんから海未ちゃんの匂いがするよ?」

穂乃果「えっ?」

ことり「嘘つき」カチャ

穂乃果「ことりちゃっ――」バッ


ことり「海未ちゃんを返して!」バァンバァン

穂乃果「くぅ~!」サッサッ


51: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/01/12(土) 21:25:24.50 ID:OybSDXb5

真姫「ゔぇぇぇ!?」

凛「たまたま3人で遊んでいたら」

花陽「穂乃果ちゃんとことりちゃんのバトルに遭遇シチャッタァ!?」


ことり「穂乃果ちゃーん、出てきてよー」バンバン


 物陰

穂乃果(どうしよう、ことりちゃん銃なんて持ち出して……)

穂乃果(穂乃果は海未ちゃんと違って銃相手に生身で勝ち目なんてないよ……)

穂乃果(だから、穂乃果も使っちゃおっと!)カチャッカチャッ

ソーッ

穂乃果「ことりちゃん!」バッ

バァンバァン!


凛「おお、穂乃果ちゃんはマカロフの2丁拳銃だにゃ」

花陽「純粋な撃ち合い……みなさん、巻き込まれないように離れましょう!」


52: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/01/12(土) 21:25:59.55 ID:OybSDXb5

ことり「っ……! 穂乃果ちゃんもそういう手を使うんだ……」ニヤ

穂乃果「先に撃ってきたのはことりちゃんだよ?」


真姫「ちょ、ちょっとぉ、どうするのよこれ!」

凛「どうするもこうするも、凛たちにできることは何もないにゃ……」

花陽「見守ってよう!」

真姫「ゔぇえ……」


穂乃果「ことりちゃん、穂乃果の家に海未ちゃんがいるってよくわかったね!」バンバンバンバン

サッ

ことり「お義母さんに電話して聞いたら、穂乃果ちゃんの家にいるって言われたから!」バンバンッ

サッ

穂乃果「なんだ、本当に海未ちゃん匂いがついちゃったのかと思った!」バンバンバンバン

サッ

ことり「あっはっは! そんなわけないでしょー?」バンバンッ

サッ




凛「うーん、物陰から撃っては隠れるの繰り返し……」

真姫「飽きてきたわねぇ」カミノケクルクル

花陽「でも、当たれば大怪我は必至で、当たりどころが悪ければ死んじゃうんだよ?」

凛「そろそろ動きがほしいにゃー!」


53: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/01/12(土) 21:28:19.15 ID:OybSDXb5

……

その頃、穂乃果宅


海未「穂乃果……」

海未(まんまと私の演技に騙されてくれたようですね)

海未(弱ったふりをしておけば、必ず油断してくれると思っていました。まだまだですね)

海未(それと、穂乃果は勘違いしています)

海未(縄だと私が千切ってしまうと言っていましたが……)

ガチャガチャ ガチャン! ゴトッ

海未「これくらいでしたら縄と大差ありませんよ」

海未「さぁ、これからどうしましょう……」

海未「とりあえず家に帰りますか」

ガチャ テクテク


海未「あ、お邪魔しました」

穂乃果ママ「あら、海未ちゃん来てたの。また来てね」


……


55: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/01/12(土) 22:04:03.76 ID:OybSDXb5

ことり「ちっ! 穂乃果ちゃん、いい加減にっ!」ピンッ ヒョイッ


凛「おおっ、ことりちゃんが穂乃果ちゃんのところにグレネードを投げ込んだにゃ!」

真姫「これで穂乃果は動かざるを得ないわ!」


穂乃果「っ~~~~! こんなものまで持ってきてるのっ!?」タッタッタッ

ことり「やっと出てきたね、穂乃果ちゃん♡」

穂乃果「えへへ。お手柔らかに……」

ことり「海未ちゃんを返してくれたらね?」

穂乃果「もう! ことりちゃんが厳しいっ!」


凛「……」ゴクリ

真姫「これで決着が……つくのかしら……」

花陽「ドキドキ」


ことり「ふふ、穂乃果ちゃん」カチャ

穂乃果「ことりちゃん……」カチャ


56: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/01/12(土) 23:02:52.42 ID:OybSDXb5

ことり「海未ちゃんはことりのなの! 返してよっ!」バァン!

穂乃果「ことりちゃんが海未ちゃんを独り占めするから悪いんだよ!」バァン!



シュウウウウウウ……


真姫「どっち!? どっちが勝ったの!?」

凛「……よく見るにゃ」


57: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/01/12(土) 23:04:02.07 ID:OybSDXb5

海未「……」


ことり「海未ちゃん!?」

穂乃果「どうして海未ちゃんがここに?」


海未「何をしているのですか、穂乃果! ことり!」パラパラッ


真姫「えっ? 今海未が両手から落としたものって……」

花陽「き、気のせいだよぉ! ねっ、凛ちゃん!」

凛「で、でもそれならどうして穂乃果ちゃんとことりちゃん、二人共無事なの……?」


58: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/01/12(土) 23:05:39.70 ID:OybSDXb5

穂乃果「海未ちゃん! どうやって穂乃果の部屋から抜け出したの!?」

海未「そんな事よりも二人共! こんな所で戦っては皆さんに迷惑でしょう!」

ことり「だ、だってそれは……」

穂乃果「ことりちゃんが悪いんだよ」

ことり「ほ、穂乃果ちゃんだって!」

海未「二人共、落ち着いてください!」


海未「ほら。武器を置いて、こちらに来てください」


59: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/01/12(土) 23:11:52.87 ID:OybSDXb5

穂乃果「もう無理だよ」

海未「え?」

ことり「うん」

穂乃果「穂乃果は海未ちゃんが好き。ことりちゃんも海未ちゃんが好き」

穂乃果「もう元には戻れないんだよ……」

ことり「そうだよ。海未ちゃんは一人しかいないんだから」

海未「そ、そんな事はありません。私は……」

ことり、穂乃果「それなのに……」

ことり「穂乃果ちゃんが海未ちゃんを独り占めするからぁ!!」バァンバァン
穂乃果「ことりちゃんが海未ちゃんを独り占めするから!!」バァンバァン


60: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/01/12(土) 23:17:01.06 ID:OybSDXb5

海未「っ……!」シュッシュ

パシッ パシッパシッ


真姫「ゔぇええええ!」

花陽「素手で銃弾をウケトメチャッタノォ!?」

凛「さ、流石に人間じゃあないにゃ……」


61: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/01/12(土) 23:19:39.49 ID:OybSDXb5

海未「二人共、本気ではないのはわかっていますよ」

海未「これ、模擬弾ですよね」スッ

穂乃果「うっ……」

ことり「……」

穂乃果「だって……穂乃果は海未ちゃんが大好きだけど……」

穂乃果「ことりちゃんだって、大事な幼馴染なんだもん!」

穂乃果「本気で殺し合うなんてできないよっ!」

ことり「ことりもだよ? 穂乃果ちゃん……」

ことり「海未ちゃんが穂乃果ちゃんに取られちゃうって思ったら苦しくて、穂乃果ちゃんを恨みそうになったけど……」

ことり「穂乃果ちゃんも大好きだもん……そんな事、できないよ……」


62: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/01/12(土) 23:22:31.00 ID:OybSDXb5

海未「二人共、来てください」

海未「私にとっても、穂乃果もことりも両方大事な人なんです」ギュッ

ことり「う、海未ちゃん!?」

穂乃果「はうっ!」

海未「だから、変なことで喧嘩なんてしないでください」

ことり「あ、愛してるって言って……」

穂乃果「こ、ことりちゃん!?」

海未「え……? そ、それは……///」

ことり「海未ちゃん、おねがいっ」

海未「うう……わかりましたよ……」


63: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/01/12(土) 23:23:59.30 ID:OybSDXb5

海未「コホン。二人共、愛しています!」

ことり「うっ……///」

穂乃果「こ、これはなんという破壊力……///」


真姫「見ているこっちまで恥ずかしいわよ……///」

凛「凛もかよちん愛してるにゃー!」

花陽「きゅ、急に恥ずかしいよっ……///」


64: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/01/12(土) 23:29:37.13 ID:OybSDXb5

海未「あっ。そういえば、先程も言ったとおり、銃弾は模擬弾だったので、素手で掴んでも何とも無かったんです」

海未「私はまだ人間ですよ。人間で十分です」

凛「あっ、うん」

花陽(それ考慮しても十分人外ゴリラなんだけど黙っておこう)

真姫「模擬弾でも十分人外でっしょー」

海未「えっ」


ことり「海未ちゃんは人外だよ」

穂乃果「うん。それは穂乃果にも否定できないな」

海未「嘘でしょう?」

凛「自覚がなかったのかにゃ」


65: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/01/12(土) 23:35:33.66 ID:OybSDXb5

 その日、海未は枕を濡らした。

 オワリ


66: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/01/12(土) 23:35:54.71 ID:OybSDXb5

ごめんなさい。
読んでくれた方ありがとうございました。


67: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/01/12(土) 23:51:42.52 ID:akiXmnUF

ハラショー!


69: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/01/13(日) 00:10:48.11 ID:qNjwa2qH

|c||^.-^||地方の方が優れたSSの書き手が多いんですわよ


71: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2019/01/13(日) 02:33:58.55 ID:h02YE3Fs

海未ちゃんに銃は効かない
これはもはや常識!


引用元: ・http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1547216511/

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連おすすめ記事
オススメ記事

この記事へのコメント

プロフィール

ラブライブ!通信管理人

ラブライブ!の速報や面白い話を毎日まとめています!
更新情報はこちらでツイートしているので、是非フォローしてください(^ω^)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
オススメ
週間人気記事ランキング
逆アクセスランキング
アクセスカウンタ
相互リンク
アンテナサイト