【ラブライブ!】曜「教えて鞠莉ちゃん先生!」

N4ng4KI.jpg


2: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/29(土) 06:34:31.56 ID:5yyIbhGD

部室

曜「うーん…」

ガラッ

鞠莉「シャイニー!あら、曜」

曜「あ、鞠莉ちゃん!ヨーソロー!」

鞠莉「一人で難しい顔して、どうしたの?」


3: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/29(土) 06:35:01.67 ID:5yyIbhGD

曜「実は、ちょっとわからないことがあって」

鞠莉「まあ、どんなこと?」

曜「靴下についてなんだけど」

鞠莉「靴下?」

曜「靴下って『靴の下』って名前の割には、靴の中に履くものでしょ?なんか変だなーって思って」

鞠莉「ああ、そのことね」


4: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/29(土) 06:35:49.23 ID:5yyIbhGD

曜「その反応…鞠莉ちゃん、靴下を靴下って言う理由を知ってるの?」

鞠莉「一応ね」

曜「すごい!教えて鞠莉ちゃん!いや、鞠莉ちゃん先生!」

鞠莉「鞠莉ちゃん先生…ふふっ、いいでしょう」

鞠莉「全生徒、全職員の先生である、このマリーが曜の疑問にお答えするわ!」

曜「やったぁ!お願いします、先生!」


5: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/29(土) 06:38:31.68 ID:5yyIbhGD

鞠莉「まっかせなさーい!…と、言いたいところだけど」

鞠莉「すぐに答えを言っちゃうのもあれだし、まずは考えるヒントをあげましょーう」

曜「ヒント、どんな?」

鞠莉「それはね…うりょっ!」バッ

わしっ

曜「…!?」

鞠莉「んー!曜ったら、また少し成長したわね」ワシワシ

曜「ま、鞠莉ちゃん!?んあっ!」

鞠莉「ふふっ。この感触、この反応。やはりエクセレントね」ワシワシワシ


6: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/29(土) 06:39:07.14 ID:5yyIbhGD

曜「やっ、やめてよぉ!」バッ

鞠莉「あら、良いところだったのに」

曜「ちっともよくないって!いきなり何するの!」

鞠莉「だからヒントよ」

曜「今のどこがヒントなの!?」

鞠莉「曜、今日はちゃんと下着を着けているみたいね」

曜「当たり前でしょ!いつだって着けてるよ!?」


7: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/29(土) 06:39:56.27 ID:5yyIbhGD

鞠莉「ところで曜。下着って、下半身だけに着用するものだっけ?」

曜「えっ?いや、そんなことはないと思うけど…あっ」ハッ

鞠莉「気付いたみたいね。上半身に着けても、下着と呼ぶ…靴下とちょっと似てない?」

曜「た、確かに!」

鞠莉「つまりね。ここで言う『下』って言うのは、単純な上下のことを指すのではなくて、肌に近いかどうかを表しているの」

鞠莉「上着は衣服の上に着るもので、地肌には着ないでしょ?」

曜「なるほど…逆に、下着を服の上には着ないね!」

鞠莉「靴下も同じ理由よ。肌に接するものだから、靴下と言うわけ」

曜「へぇー!そういうことだったんだ!」


8: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/29(土) 06:42:08.39 ID:5yyIbhGD

鞠莉「疑問は解決したかしら?」

曜「うん、バッチリだよ!さすが鞠莉ちゃん、なんでも知ってるんだね!」

鞠莉「なんでもってわけじゃないけど、これでも理事長ですからね。わからないことがあったら質問して。私でよければ、できる限り教えるわ」

曜「ありがとう、鞠莉ちゃん先生!」

鞠莉「いえいえ♪」

鞠莉(鞠莉ちゃん先生…ふふ、悪くない響きね)ニコ


9: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/29(土) 06:43:01.84 ID:5yyIbhGD

……………………………………

鞠莉「今日も練習、お疲れ様」

曜「お疲れ様!あ、ねぇ鞠莉ちゃん。昆布が海の中でダシが出ないのはどうしてなの?」

鞠莉「唐突ね。それに、どこかで聞いたことあるわね、そのフレーズ」

曜「前に流行ったよね。今になって気になり始めちゃってさ」

鞠莉「なるほどね。じゃあ、お答えしましょう」

曜「先生、お願いします!」


10: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/29(土) 06:49:57.31 ID:5yyIbhGD

鞠莉「昆布が海の中で出汁が出ない理由。それは、昆布が生きているからよ」

曜「生きているから?」

鞠莉「そう。出汁の旨味成分であるグルタミン酸は、昆布の体細胞の中にあるの」

曜「グルタミン酸、家庭科で習ったね!」

鞠莉「細胞が細胞壁で守られていることも、理科で習ったでしょ?」

曜「うん。植物にしかない、硬い壁のことだよね」

鞠莉「そのとおりよ。昆布は収穫された後、乾燥処理を経て製品化されるわ」

鞠莉「乾燥させて保存性を高めるとともに、細胞壁を壊して、旨味成分が出やすくなるように加工しているってわけね」

曜「へぇ、なるほど!」


11: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/29(土) 06:50:53.67 ID:5yyIbhGD

鞠莉「ここまで話せばわかったわよね。今の話とは逆に、昆布が海にいるとき。つまり生きているときは――」

曜「細胞壁が壊れていないから、出汁は出ないってわけだね!」

鞠莉「エグザクトリー!」

曜「やった!へへ、昆布の謎が解けたよー!」

鞠莉「最近の曜は、いろんなことに関心があるみたいね」

曜「そういうお年頃ですから!」

鞠莉「ふふっ、そうですねえ」クスクス


12: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/29(土) 06:52:37.58 ID:5yyIbhGD

曜「あ、ずっと昆布のこと考えてたから、なんだか無性におでんが食べたくなってきた!」

鞠莉「おでんかぁ。コンビニでもおでんが始まってたわね」

曜「寒くなってきたしね。ああ、どうしよう。居ても立ってもいられないよー!」

鞠莉「行く?」

曜「うん、行こう!すぐ準備するね!」ガタッ

鞠莉「そんなに慌てなくても、おでんは逃げないよ?」

曜「油断はできないよ。私たち以外にも、昆布のことで頭がいっぱいの人が買いに行くかもしれないし!」ゴソゴソ

鞠莉「んー…滅多にいないと思うけど、そんな人」

曜「よし、準備できたよ!ではコンビニに向かって全速前進、ヨーソローっ!」


13: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/29(土) 06:53:54.44 ID:5yyIbhGD

……………………………………

曜「うーん」

鞠莉「また何かお悩みなの?」

曜「ちょっとね。これなんだけどさ」スッ

鞠莉「付箋のこと?」

曜「うん。付箋ってペタって貼れるのに」ペタ

曜「跡も残らず綺麗に剥がせて」ペラ

曜「しかもまた貼ることが出来ちゃうのは、どうしてなのかなって」ペタ


14: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/29(土) 06:54:26.55 ID:5yyIbhGD

鞠莉「それはね、接着剤に秘密があるのよ」

曜「接着剤…なるほど。貼り直しが出来る、便利な接着剤を開発したからってわけだね!」

鞠莉「半分は正解ね」

曜「あれ、どういうこと?」

鞠莉「実はね、付箋に使われている接着剤は、強力な接着剤を開発する過程で生まれた『失敗作』だと言われているの」

曜「ええっ、そんな!貼っても剥がせる接着剤なんて、大発明でしょ?」


15: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/29(土) 06:55:06.54 ID:5yyIbhGD

鞠莉「結果的にはそうなるんだけどね。でも、貼っても剥がせるということは、接着力が極めて弱いということよね」

曜「うん」

鞠莉「これ、強力な接着剤を作ろうと頑張ってきた、メーカーや研究者の立場からすればどうかしら?」

曜「あ…そっか。確かに、がっかりしちゃうよね」

鞠莉「苦労を重ねて作り上げた試作品は、プロジェクトのゴールとは正反対の言わば失敗作…研究者にとっては大きな挫折といってもいいわ」

曜「失敗、挫折…」


17: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/29(土) 06:56:17.98 ID:5yyIbhGD

鞠莉「けど、この話が興味深いのはここからよ」

曜「えっ?」

鞠莉「メーカーの研究者の一人が、接着力の弱さ故に貼り直しが可能な特性に着目して、他の商品に応用することを考えたの」

鞠莉「その結果が、この貼っても剥がせる付箋というわけね」

曜「へぇ~。発想の転換、ってやつ?」

鞠莉「そうね。失敗をただの失敗と思わず、別の視点から新たなブレイクスルーに活用する。付箋は私たちに、その大切さを教えてくれているの」

曜「諦めないことと、視点を変えること。それが大事なんだね!」

鞠莉「私たちも、頑張りましょうね」

曜「うん!」


18: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/29(土) 06:57:10.86 ID:5yyIbhGD

……………………………………

曜「むー…」

ガラッ

鞠莉「チャオ!あら、ひとりで何してるの?」

曜「あ、鞠莉ちゃん!」

鞠莉「それ、トランプ?」

曜「うん。備品の中から見つけてねー」

鞠莉「昼間からトランプとにらめっこなんてどうしたの?占いか、七並べの練習?」

曜「ちょっと気になることがあって。ちょうどいいところに来てくれたよ!」

鞠莉「まあ、なにかしら」


19: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/29(土) 06:57:45.41 ID:5yyIbhGD

曜「トランプの絵柄についてなんだ。4種類の絵柄があるけど、よくよく考えてみると、意味も知らないままずっと遊んでたんだなーって」

鞠莉「ああ、スートのことね」

曜「これ、スートって言うんだ!鞠莉ちゃん、前にトランプの絵柄にはそれぞれ意味があるって言ってたよね」

鞠莉『スペース、ハート、ダイヤ、クラブ…これって全部意味があるんですって。知ってた?』

鞠莉「言ったわね。なるほど、ちょうどいいって言うのは、そういうことね?」

曜「えへへ、そういうことです。鞠莉ちゃんが来たら、教えてもらえるかなーって思ってたんだ」


20: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/29(土) 06:58:50.26 ID:5yyIbhGD

鞠莉「待ってる間に、ネットかなにかで調べれば良かったのに」

曜「それじゃつまんないもん」

鞠莉「ふふ、欲張りさんね」

曜「そう言うわけで、今日も教えてください、鞠莉ちゃん先生!」

鞠莉「良いでしょう。ただ、私もそこまで詳しくないわよ?」

曜「私より詳しいのは間違いないもん、お願いします!」

鞠莉「あらあら、前向きですこと」クスッ


21: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/29(土) 06:59:36.47 ID:5yyIbhGD

鞠莉「じゃあ説明するわね。スペードは剣、クラブは棍棒、ダイヤはお金を表しているの。ハートについては、説明は要らないわよね」

曜「へぇ、クラブって棍棒のことだったんだ!」

鞠莉「あまり馴染みがあるものではないわね」

曜「ゲームで見るくらいだよね。剣に棍棒かぁ…なんか物騒だね」

鞠莉「そうなった由来も諸説あるみたいね。加えて、時代や地域に合わせて、絵柄の入れ替えや新しい意味づけがされてきたそうよ」

鞠莉「長い歴史の中で、様々な変遷を遂げた結果が、今のトランプの絵柄というわけね」

曜「なるほど…勉強になったよ!」


22: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/29(土) 07:01:05.50 ID:5yyIbhGD

鞠莉「ところで、曜。マリーがトランプの話をした時、どんな衣装を着ていたか覚えてる?」

曜「ハートの女王だよね。すごく似合ってた!」

鞠莉「それはどうも♪さっきは説明を省いちゃったけどね、ハートは見てのとおり、愛や幸せを象徴しているの」

曜「ってことは、その女王である鞠莉ちゃんは」

鞠莉「そう、愛の化身!曜にもラブとハッピーをお届けしちゃうわ!」ハグッ

曜「わあっ!こ、ここ部室だからー!」


23: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/29(土) 07:01:58.56 ID:5yyIbhGD

……………………………………

曜「うーん」ブクブク

鞠莉「曜?水中で悩んじゃって、どうかしたの?」

曜「いや、なんで水の中でも息ができるのかなって」ブクブク

鞠莉「多分さっき飲んだ熱いお茶のせいデース!」

曜「そっか、そうだよね!」

鞠莉「ふふっ、お悩み解決したところで、今日も元気よくいきましょう!シャイニー!」

曜「ヨーソロー!」



曜「…夢か」


24: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/29(土) 07:03:55.18 ID:5yyIbhGD

……………………………………

曜「そう言えばさ」

鞠莉「ん?」

曜「熱いものを手で触った時、耳たぶを触るのはどうしてなの?」

鞠莉「ああ、こういうやつ?」さわさわ

曜「いや、なんで私の耳たぶでやるの?」

鞠莉「いきなり話題にあげるくらいだから、触ってほしいのかなって」くにくに

曜「ひゃっ、ちょっとぉ!」


25: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/29(土) 07:04:35.53 ID:5yyIbhGD

鞠莉「んふふー。ほっぺただけじゃなくて、ここの触り心地もなかなか…」ふにふに

曜「も、もうっ」パッ

鞠莉「あーあ、いいところだったのに」

曜「よくないの」

鞠莉「え、そうなの?」

曜「ま、まぁ…」

鞠莉「ふふっ、素直じゃないね」


26: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/29(土) 07:05:22.32 ID:5yyIbhGD

曜「そ、そんなことより!耳を触るのは、なんでなのかなぁ?」

鞠莉「軌道修正が下手ねえ。いいわ、お教えしましょう」

曜「えへへっ、お願いします!」

鞠莉「熱いものを触った時、耳たぶを触る理由だけど」

曜「うん」

鞠莉「一般的に言われるのは『耳たぶが、一番冷たい部位だから』ってことね」

曜「一番冷たい…耳たぶが?」


27: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/29(土) 07:06:35.53 ID:5yyIbhGD

鞠莉「寒がりの曜ならわかると思うけど、冬の寒さが厳しい日に、耳たぶが冷え切って痛くなっちゃったことはない?」

曜「あるある!冬は耳あてが欠かせないよ」

鞠莉「それだけ耳たぶは気温の影響を受けやすく、逆に言えば体温が通いにくいということなの」

曜「なるほど!耳たぶを触るのは、熱いものを触った指先を冷やすためってわけだね」

鞠莉「だからと言って、それがどれだけ効果があるかは疑問ね」

鞠莉「いくら他より体温が低いと言っても、体は体。冷却や鎮痛まで求めるのは無理があるわ」

鞠莉「火傷した時には、氷水でしっかりと冷やすのが原則よ。覚えておいてね」

曜「うん!ありがとう、鞠莉ちゃん先生!」


28: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/29(土) 07:07:54.60 ID:5yyIbhGD

鞠莉「どういたしまして。さ、今日の授業料をもらおうかな」ふにっ

曜「わっ、また…んんっ…」

鞠莉「んー、いい感触。やっぱり曜って癒し系よね」さわさわ

曜「人の耳触りながら、何言って…んっ!」

鞠莉「ふふっ。マリーが良いって言うまで、動いちゃダメよ?」

曜「そんなぁ…ひゃっ!」

鞠莉「しーっ。人が聞いたら誤解しちゃうわ」

曜「なら、少しは遠慮して…んんっ」

鞠莉(じっと我慢してくれてる…かわいい)

曜「ま、鞠莉ちゃぁん…」ナミダメ


29: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/29(土) 07:12:37.51 ID:5yyIbhGD

……………………………………

鞠莉の部屋、夜

鞠莉「わっ…」トサ

曜「鞠莉ちゃん…」スッ

鞠莉「ん…」

曜「…っ!」

曜(手の震えが、止まらない…!)

鞠莉「…?」

曜「う、ぅ…」

曜(ダメだ、視界までぐるぐるしてきた…大事なときなのに…)

鞠莉「…」

曜(これじゃ…こんなじゃ、私…!)ウルウル


30: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/29(土) 07:16:06.08 ID:5yyIbhGD

鞠莉「曜」スッ

曜「わ、私――」

ぐるんっ

曜「わあっ!?」ポスッ

鞠莉「ふふっ♪捕まえた」ギュー

曜「ま、鞠莉ちゃん…!?」

鞠莉「曜ったら頑張っちゃって。そんなに緊張して戸惑わなくてもいいんだよ?誰にだって初めてはあるんだから」

曜「あ…で、でもっ」


31: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/29(土) 07:17:25.24 ID:5yyIbhGD

鞠莉「ふふっ。いつもみたいに、手取り足取り教えてあげたいところだけど」

鞠莉「おあいにく様、私も初めてなの」

曜「あ…」

鞠莉「だから――」チュッ

曜「!」

鞠莉「だから、ゆっくりでいいの。二人で一緒に、進んでいこう。ね?」

曜「…うんっ!」


32: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/29(土) 07:17:48.56 ID:5yyIbhGD

鞠莉「曜…好きだよ」

曜「私も、鞠莉ちゃん…」



終わり


34: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/29(土) 07:40:28.02 ID:9ZgXtWEp

ようまりはいいなぁ


35: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/29(土) 07:48:15.67 ID:1FDkoXQX

乙乙

これはいけないマリー先生


36: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/29(土) 08:30:00.30 ID:Sxdrul2l

保健体育教えてほしいです先生!


引用元: ・http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1538170413/

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連おすすめ記事
オススメ記事

この記事へのコメント

  1. 名無しのラブライバー:2018/09/30(日) 02:47:37

    SSとかくだらねぇんだよ早くサイト閉鎖しろ


プロフィール

ラブライブ!通信管理人

ラブライブ!の速報や面白い話を毎日まとめています!
更新情報はこちらでツイートしているので、是非フォローしてください(^ω^)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
オススメ
週間人気記事ランキング
逆アクセスランキング
アクセスカウンタ
相互リンク
アンテナサイト