【ラブライブ!】梨子「わ、私と曜ちゃんの」曜「短編集だよ!」

youriko3.jpg


1: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/17(月) 22:47:24.37 ID:Z4vhR/wR

【朝】

梨子「曜ちゃん、朝だよ」

曜「んー……」

梨子「ほらほら、早く起きて」ユサユサ

曜「まだ眠いー……」

梨子「だめだよ、学校遅刻しちゃうから」

曜「はーい……」モゾモゾ

梨子「ふぅ」

曜「隙ありー!」

梨子「きゃっ!?」

曜「えへへ?梨子ちゃんいい匂い?」ギュー

梨子「もー……遅刻しちゃうよ」



3: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/17(月) 22:49:15.15 ID:dLt0ayiT

【授業中】

曜(授業つまんないー)

曜(何か面白いことないかなー)

曜(そうだ!)

ツンツン

梨子「?」

梨子(背中をツンツン……ってことは曜ちゃんよね)

梨子(どうしたんだろう)

梨子(といっても授業中だから振り向けないし)


4: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/17(月) 22:50:28.36 ID:dLt0ayiT

曜「~~~~♪」ツンツン

梨子「……ふふっ」

梨子(全く子供なんだから)クスッ

曜「~~~~♪」

曜(何か背中に書こうっと)

曜(んー……『す』『き』)スッスッ

曜(わかるかなー?)

梨子「…………」カキカキ

スッ

曜「?」

曜(なんだろう、メモだ)

『私も好き』

曜(おお!大正解!)


5: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/17(月) 22:51:45.04 ID:dLt0ayiT

【お昼】

曜「梨子ちゃん、今日のお昼ご飯はなーに?」

梨子「曜ちゃんの大好きなー」

曜「おお!」

梨子「梨子ちゃんのサンドイッチ!」

曜「ってハンバーグじゃないんだ」

梨子「あれ、嫌だった?」

曜「ううん、嬉しい!」

曜「梨子ちゃんの料理はなんでも美味しいからね」

梨子「褒めてもなんにもでないよ」


6: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/17(月) 22:52:31.68 ID:dLt0ayiT

千歌「梨子ちゃん、千歌の分はー?」

梨子「ちゃんとあるよ。ほら、みかんサンドイッチ」

千歌「やったー!」

曜「ハンバーグはー?」

梨子「ありません」

曜「えー!」

梨子「夕飯で作るから我慢しなさい」

曜「はーい」


7: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/17(月) 22:53:25.32 ID:dLt0ayiT

【練習中】

梨子「ふぅ……」

曜「はい、梨子ちゃん。喉乾いたでしょ」

梨子「ありがとう、曜ちゃん」コクン

曜「大丈夫?疲れてない?」

梨子「疲れてるのは曜ちゃんでしょ。こんなに汗かいて」

曜「どうせまた出るから拭かなくてもいいよ」

梨子「だめ。風邪ひいたらどうするの」

曜「梨子ちゃんに看病してもらうから平気!」

梨子「はいはい」


10: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/17(月) 22:55:05.23 ID:dLt0ayiT

【下校】

曜「梨子ちゃん、ちょっと学校の周りを散歩しようよ!」

梨子「散歩って……もうすぐ暗くなるのに?」

曜「うん。バスまでもう少し時間あるし」

梨子「じゃあ少しだけね」

曜「やったー!」ギュッ

梨子「あ、ちょっと!急に走ったら危ない!」

曜「大丈夫大丈夫!」

梨子「大丈夫じゃないわよ!もう!」グイッ

曜「わわっ!?」

梨子「曜ちゃんに任せられないから、私が先に歩くわよ」

曜「はーい」


12: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/17(月) 22:56:17.84 ID:dLt0ayiT

【夜】

曜「んー!梨子ちゃんのご飯美味しいー!」

梨子「褒めてもおかわりはないわよ」

曜「えー!」

曜ママ「梨子ちゃん、いつもありがとね」

梨子「いえ……お世話になってるのでこれくらい」

曜「別に気にしなくてもいいのにね」

曜ママ「そうよ。お母さんが少し家を空けるからうちに来てるだけなんだし、もっと寛いでくれてもいいのよ」

梨子「ありがとうございます」


13: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/17(月) 22:57:14.41 ID:dLt0ayiT

【深夜】

曜「ん~」

梨子「……すぅすぅ」

曜「…………」ポケー

曜「あれー……部屋に梨子ちゃんがいる……」

曜「あったかそう……」

曜「お邪魔しまーす」モゾモゾ

梨子「んー……」

曜「いい匂い……」

曜「……くぅ」スヤスヤ


14: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/17(月) 22:58:10.57 ID:dLt0ayiT

【大会】

梨子「曜ちゃん、大会頑張ってね」

曜「ありがとう、梨子ちゃん」

梨子「リラックスだけど、膝枕で良かったの?」

曜「うん。これが一番落ち着くから」

曜「大会も梨子ちゃんパワーで頑張るね」

梨子「何よそれ」クスッ

曜「こうやってる間にも太腿から梨子ちゃんの力を感じるんだよね」スリスリ

梨子「くすぐったいからやめなさい」

曜「やだー」

梨子「……全く」フフッ

「渡辺のやつまた可愛い彼女連れて来てんぞ」

「絶対あいつには負けねぇ」


15: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/17(月) 22:59:22.98 ID:dLt0ayiT

【部室】

曜「梨子ちゃん~衣装が思いつかないよ~」ベター

梨子「重いから寄りかからないで」

曜「そんな冷たいこと言わないでよ~」

梨子「はいはい。一緒に考えるからスケッチブック出して」

曜「本当!?梨子ちゃん大好き!」

曜「あ、でも作曲は大丈夫?」

梨子「そっちは後で曜ちゃんに手伝ってもらうから平気」

曜「いやー……作曲はできないんですけど」

梨子「曜ちゃんはいてくれるだけでいいの」

曜「それならお手伝いするであります!」

梨子「じゃあ、先に衣装の案を考えましょう」

曜「うん!今回は……」



善子「え?あの二人付き合ってないの!?」

果南「とっくに付き合ってると思ってた……」


37: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 21:23:24.86 ID:JlV1ZKqZ

千歌「よーちゃんって好きな人はいないの?」

曜「好きな人?いきなりどうしたの?」

千歌「いつもラブレターもらってるのに誰とも付き合わないからなんでかなーって」

千歌「梨子ちゃんも気になるよね?」

梨子「確かに……ちょっと気になるかも」

曜「うーん、特にそういうことじゃないと思うんだけど」

曜「好きじゃないのに付き合うのって、相手に失礼でしょ?」

梨子「まあそうよね」


38: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 21:23:58.58 ID:JlV1ZKqZ

千歌「じゃあじゃあ!よーちゃんのタイプはどんな人なの?」

曜「なんでそんなに乗り気なの、千歌ちゃん」

千歌「いやー、幼馴染としては曜ちゃんの趣向を把握しておかないといけないからね」

曜「千歌ちゃんに言うとメンバーみんなに知られちゃうじゃん」

梨子「千歌ちゃん、口が軽いもんね」

千歌「むー!そんなことないもん!」

千歌「というより!ほら、さっさと白状するのだ!」

曜「と言われても……特にないんだけどなぁ」


39: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 21:24:43.10 ID:JlV1ZKqZ

~授業中~

曜(授業になってくれてなんとか助かった)

曜(好きな人……かぁ)

曜(千歌ちゃんにも困ったなぁ)

曜(だって好きな人って言ったら……)チラッ

梨子「…………」

曜「っ///」


40: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 21:25:25.26 ID:JlV1ZKqZ

曜(一目惚れって、本当にあるんだ)

曜(最初は東京からの転校生が珍しいから気になってたと思ってたのに)

曜(いつも目で追いかけて、近くにいるだけでドキドキして)

曜(毎日会えるのが嬉しくて、お話しできるだけで楽しくて)

曜(二人きりになれた時は、ずっとこの時間が続けばいいなんて思っちゃって)

曜(さっきだって……梨子ちゃんの好きな人がずっと気になってた)

曜(……やっぱり、私)

曜(恋、しちゃってるんだよね)


41: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 21:26:13.31 ID:JlV1ZKqZ

曜(今の関係を崩したくないから、怖くて告白なんかできない)

曜(意気地無しだな、私)

梨子「…………」ウツラウツラ

曜「……くすっ」

曜(作曲疲れで眠いのかな)

曜(まあそういうところも可愛いんだけどさ)

曜(…………)

曜(この気持ち、梨子ちゃんに伝えられたらいいのに)

曜(でも、勇気のない私は……こんなことくらいしかできないんだよね)カキカキ

曜(ノートに相合傘を描いて……『渡辺曜』っと)

曜(ふふっ、小学生みたい)

曜(それで、『桜内』……)カキ

キーンコーンカーンコーン

「それじゃあ今日はここまでー」

曜「あっ」

『渡辺曜』
『桜内』

曜「間に合わなかった……がっくし」


42: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 21:26:54.19 ID:JlV1ZKqZ

梨子「ごめん、曜ちゃん、お願いがあるんだけど」

曜「どうしたの?」

梨子「えっと、さっきの授業……ちょっと寝ちゃってて」

曜「ああ、ノートね」

曜「一応全部書いてあるから」スッ

梨子「ごめんね、直ぐに写すから」

曜「急がなくていいよ、後はホームルームだけだし、その後に先生にお手伝い頼まれてるから」

梨子「ありがとう、曜ちゃん」ニコッ

曜「う、うん……」ドキッ


43: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 21:27:32.90 ID:JlV1ZKqZ

「渡辺ありがとなー」

曜「いえいえー」

曜「さーて、そろそろ梨子ちゃんもノート写し終わってるかな」

曜「……あれ、確かあのノート」

曜「しまった……相合傘描いちゃってたんだ」

曜「いや、でも名前は途中までしか書いてないし」

曜「……桜内まで書いてたらバレバレだよ、私のバカ」

曜「こんなことしてるってバレたら、絶対嫌われるよね」

曜「……さようなら、初恋」


44: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 21:28:13.75 ID:JlV1ZKqZ

ガラッ

曜「り、梨子ちゃん……終わった……かな?」

曜(怒ってたらどうしよう……二度と口を聞いてもらえないかも)

曜(ぅぅぅ……神様……)

梨子「あ、曜ちゃん。ありがとう、今終わったところだよ」

曜「え?」

梨子「?どうしたの?」

曜「あ、いや、なんでもないよ」

曜(もしかして、気付いてない?)

梨子「ふふ、変な曜ちゃん」

曜(梨子ちゃんにおかしいところはないし……もしかして助かった!?)


46: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 21:29:19.85 ID:JlV1ZKqZ

梨子「それじゃあ、先に帰るね」

曜「うん、私は善子ちゃんを待ってから帰るから」

梨子「それじゃあまた明日ね、曜ちゃん」

曜「またね、梨子ちゃん」

ガラガラ

曜「……良かったぁ」

曜「隅っこの方に書いてたから気付かなかったんだよね、多分」

曜「もったいないけど、心臓に悪いから消しておこう」ペラペラ

曜「…………え?」


『渡辺曜』
『桜内梨子』


曜「っ///」

曜「え、いや、あの、えぇぇっ!?///」

曜「り、梨子ちゃんだよね!?///」

曜「いや、だって、まって、ぁぅ……///」

曜「……明日、どんな顔して会えばいいんだろう///」プシュゥゥゥ



千歌「梨子ちゃん、顔赤いけどどうかしたの?」

梨子「……なんでもない」


50: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/19(水) 00:00:40.49 ID:oMS7geOg

「「「梨子ちゃん誕生日おめでとう!」」」

梨子「ありがとう、みんな」

鞠莉「今日は梨子のためにステキなプレゼントを用意したデェス!」

梨子「プレゼント……ですか?」

果南「うん。頑張ってみんなで作ったんだ」

鞠莉「なんだと思う?」

梨子「えーと……」

ダイヤ「前置きが長いですわよ、二人とも」

ダイヤ「せっかくの誕生日なんですから、今日ぐらいは梨子さん困らせないようにしてください」

鞠莉「ちょっとダイヤ!その言い方だといつも私と果南が梨子を困らせてるみたいじゃない!」

果南「というかなんで私まで」


51: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/19(水) 00:01:23.59 ID:oMS7geOg

善子「ちょっとずら丸!もう少しゆっくり歩きなさいよ!」

花丸「善子ちゃんが遅すぎるだけずら」

善子「ヨハネよ!」

ルビィ「二人とも、あんまり動くと形が崩れちゃうよ」

梨子「それ……」

千歌「えへへ、驚いた?」

千歌「なんと!みんなのお手製ウェディングケーキだよ!」

ルビィ「ルビィたちもお手伝いしました」

善子「ふっ、堕天使であるリリーのためなら当然の行いよ」

花丸「善子ちゃんはただ見てただけずら」

善子「だからヨハネだってば!」


53: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/19(水) 00:02:25.97 ID:oMS7geOg

梨子「……みんな、ありがとう」

梨子「でも、どうしてウェディングケーキを?」

鞠莉「ほら、この前お嫁さんになりたいとか言ってたじゃない?」

梨子「そ、それは……///」

果南「ま、ちょっと早いけど気分くらいわねって」

ダイヤ「せっかくですからケーキ入刀もしてみましょうか」

千歌「はい、というわけで出番だよ、曜ちゃん!」

曜「出番と言われても」

梨子「!」


54: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/19(水) 00:03:17.98 ID:oMS7geOg

曜「あはは、私でいい、のかな?」

梨子「…………」コクン

鞠莉「ワーオ、梨子ったら顔真っ赤じゃない」ヒソヒソ

果南「でも曜は気付いてないみたいだね」ヒソヒソ

曜「じゃあ一緒に包丁持って……」

梨子「…………」ギュッ

ストン


55: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/19(水) 00:03:51.71 ID:oMS7geOg

千歌「ひゅーひゅー!結婚おめでとうー!」

曜「いや、してないから」

鞠莉「どう、喜んでもらえたかしら?」コソッ

梨子「……ありがとうこざいます」

ダイヤ「全く。本来であれば、スクールアイドルは恋愛禁止なのですが」

鞠莉「もー!ダイヤってばカッチンコッチンなんだから!」

ダイヤ「なんですってー!」

曜「あはは……」

梨子「…………」

曜「どうかした?」

梨子「あ、ううん。なんでもないの」


56: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/19(水) 00:04:36.43 ID:oMS7geOg

ザザーン

曜「ごめんね、大騒ぎしちゃって」

曜「みんなも梨子ちゃんのことをお祝いしたいだけで、悪気はないんだよ」

梨子「うん、分かってるよ」

梨子「嬉しかったから、迷惑だなんて思ってない」

曜「そっか。それなら良かった」

曜「ケーキ入刀とか、本当なら好きな人とやりたかったんじゃないかって思っちゃってさ」

曜「だから本当に良かったのかなって不安だったの」

梨子「……そう、ね。だから、全然問題ないわ」

曜「……?それなら、いいんだけど」


57: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/19(水) 00:05:11.12 ID:oMS7geOg

曜「あー……しまった」

梨子「どうしたの?」

曜「いや、梨子ちゃんへのプレゼント家に忘れちゃったなって」

曜「ごめん、明日渡すね」

梨子「別にいいよ。気持ちだけでも、嬉しいもん」

曜「うーん、でもそれだと私の気持ちが治らないし」

曜「そうだ、何か欲しいものとかないかな?」

曜「あんまり高すぎる物は無理だけど……そこそこくらいのものならなんとかなると思う」

梨子「……欲しいもの」

梨子「……ふふっ」クスリ


58: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/19(水) 00:06:28.08 ID:oMS7geOg

曜「え、今の何か面白かったの?」

梨子「ううん、なんでもない」

梨子「それじゃあ、曜ちゃんにはもう少しだけ私の話し相手になってもらおうかな」

曜「別にいいけど、欲しいものは?」

梨子「さぁ、なんだろうね」

曜「えー、ちょっと、梨子ちゃーん」

梨子(鈍感な曜ちゃんは気付かないよね)

梨子(私が欲しいのは、曜ちゃんと過ごせる時間)

梨子(今も貰い続けてるのに、これ以上もらえないでしょ)

梨子(でも、曜ちゃんにもちょっとくらい悩んで欲しいから、教えてあげない)

梨子(だから、私が答えを言うまでは……ずっと隣で悩んでてね)



千歌「おー、あれが青春かー」

善子「ちょっと!覗き見したら二人に悪いでしょ!」

果南「善子ちゃんもしてるでしょ」


63: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/19(水) 21:59:15.84 ID:oMS7geOg

梨子「こんにちは」

曜「あ、梨子ちゃん!」

曜「大学から帰ってきたの?」

梨子「うん。渡辺さんも帰り?」

曜「そうだよー」

曜「というか、渡辺さんはやめてって何回も言ってるでしょ!」

曜「ほら、ちゃんと『曜』って呼んで!」

梨子「う、うん……」

梨子「よ、曜……ちゃん……///」

曜「うんうん、よくできました」ナデナデ

梨子「っ///」


64: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/19(水) 21:59:55.92 ID:oMS7geOg

~大学~

「それで、梨子は最近どうなの?」

梨子「え?」

「え?じゃないって!大好きな隣人さんとは進展があったのかって聞いてるの!」

梨子「べ、別に曜ちゃんはそんなのじゃ……///」

「はいはい、そういうのいいから」

「どうせなんにも進んでないっしょ」

梨子「……うん」

「このままじゃ何にも起こらずに終わるな」

「よし、梨子は今日夕飯作ってその人家に呼ぶこと」

「できなかったら罰ゲームね」

梨子「え?そ、そんなぁ!」


65: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/19(水) 22:00:42.77 ID:oMS7geOg

~夜~

コンコン

曜「はーい」

梨子「あ、曜ちゃん……ごめんね、夜に」

曜「どうしたのー?」

梨子「実はその……ご飯作りすぎちゃって」

梨子「良かったら、一緒に食べないかな?」ドキドキ

曜「本当!?」

曜「梨子ちゃんの料理楽しみだなー!」

梨子「あんまり期待しないでね」

曜「それは無理であります!」


66: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/19(水) 22:01:25.42 ID:oMS7geOg

曜「ん~美味しい!」

曜「梨子ちゃんって料理上手なんだね!」

梨子「大袈裟だよ。これくらいなら誰でもできるもん」

曜「いやいや、そんなことないよ」

曜「こんなに美味しい料理なら毎日食べたいし」

梨子「っ///」

梨子「たまになら……作ってもいいよ?///」

曜「いいの!?」

曜「やったー!梨子ちゃん大好きー!」ギュー

梨子「ぁぅ///」


67: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/19(水) 22:01:58.04 ID:oMS7geOg

曜「ご馳走様でした」

曜「はー、お腹いっぱいだー」

梨子「あの、聞いていいのか分からないんだけど」

曜「どうしたのー?」

梨子「曜ちゃんは、どんな仕事をしてるの?」

曜「ほぇ?」

梨子「あ、その、変な意味じゃなくて」

梨子「よ、曜ちゃんかっこいいし……何してるのかなって」

曜「うーん、準備したりとか、手伝ったり……後教えたり?」

梨子「そうなんだ」

梨子(先生とか……そっち系なのかな?)


68: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/19(水) 22:02:53.76 ID:oMS7geOg

~大学~

「え、あれから仲良くなって今では毎日一緒にご飯食べてる?」

「しかもたまにそのまま泊まってくって?」

梨子「うん……///」

「毎日部屋に女連れ込んでるって……」

「あたしの知ってる清楚な桜内はもういねーんだな……」

梨子「なんでそうなるのよ!」

「盛り上がってるところ悪いけど、そろそろ行くよ」

「あれ、もうそんな時間?」

「久しぶりの合コンだー!」

梨子「いってらっしゃい。また明日ね」

「いや、梨子も行くから」

梨子「え?」


69: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/19(水) 22:03:30.46 ID:oMS7geOg

~合コン~

梨子(メールはしたけど……はぁ)

梨子(本当は曜ちゃんとご飯食べたかったのに)

「梨子ちゃんだっけ?お酒もっと飲まないと」

梨子「あんまり強くないので……」

「大丈夫大丈夫、このお酒弱いから」

「ほらほら、飲んで飲んで」

梨子「は、はい……」ゴクッ

梨子(苦い……)


70: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/19(水) 22:04:08.09 ID:oMS7geOg

梨子「ぅ……」クラクラ

「梨子ちゃん大丈夫ー?」

「これは酔ってるねー、ちょっとそこのホテルで休んで行こっか」

梨子「大丈夫……ですから……」フラッ

「大丈夫じゃないでしょー?ほらいくよー?」

梨子(いや……!)

梨子(助けて、曜ちゃん……!)

曜「あれ、梨子ちゃん!」

梨子「曜、ちゃん」

「お、あれが噂の梨子の彼女か」

「え、梨子ちゃん恋人いたの?」

「あちゃー」


71: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/19(水) 22:04:57.94 ID:oMS7geOg

「じゃあ後、梨子のこと任せますね」

曜「へ?」

梨子「曜ちゃーん」ギュー

曜「わっ!?」

梨子「もー!怖かったんだから!」

梨子「なんでもっと早く来てくれないの!」

曜「あー、ごめんね。ほら、行くよ」

「……思ってたよりスペック高かったな」

「うん。ダメ人間だと思ってた」

「……あの人」

「どした?」

「いや、なんか見覚えある気がして」

「気のせいでしょ」


72: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/19(水) 22:05:31.03 ID:oMS7geOg

曜「梨子ちゃん鍵はー?」

梨子「ないから曜ちゃんの家に泊まる」

曜「いやないわけないでしょ」

梨子「泊まるのー!曜ちゃんのお家ー!」

曜「おお!お泊り!」

曜「よーし、じゃあ今日は曜ちゃんの家にご招待であります!」

梨子「えへへ~曜ちゃん好き~」スリスリ

曜「私も好きだよ!」


73: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/19(水) 22:06:29.15 ID:oMS7geOg

曜「結構歩いたねー」

曜「梨子ちゃん大丈夫?」

梨子「……大丈夫じゃない、もん」

曜「え?」

梨子「あんまりお酒強くないのにたくさん飲まさせられるし、お持ち帰りされそうになるし」

梨子「怖かったんだもん」

曜「梨子ちゃん……」

梨子「だから、曜ちゃんが責任取って」

曜「え?責任?」

梨子「えっ○……してくれないと許さないもん」

曜「う、うーん?」

曜「えっ○って何?」

梨子「教えてあげるから……ベッド、いこ?」


74: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/19(水) 22:07:07.92 ID:oMS7geOg

チュンチュン

梨子「…………」

梨子「朝、ベッド、裸、曜ちゃん」

梨子(ああああああやっちゃったぁぁぁぁぁぁぁ////)

曜「おはよ、梨子ちゃん」

梨子「お、おはよう……曜……ちゃん……」

曜「じゃあ早速……」グイッ

梨子「きゃっ!?」

曜「昨日の続き、しよっか?」

梨子「ふぇっ!?」

曜「梨子ちゃん無理やりされるのが好きだって言ってたし、いいよね?」

梨子「…………///」コクン


75: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/19(水) 22:07:44.58 ID:oMS7geOg

梨子「え?曜ちゃん家を空けるの?」

曜「うん。どのくらいかよくわかんないけど」

梨子「そうなんだ……」

曜「また帰ってきたら梨子ちゃんの料理食べさせてくれる?」

梨子「いいよ。それまでに、もっと美味しくできるようにするね」

曜「それは楽しみでありますなぁ!」

曜「あ、そうだ」

曜「みんなに梨子ちゃんのこと言っちゃってもいいかな?」

梨子「うん、いいよ」

梨子(友達とか家族によね)

梨子(……えへへ)


76: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/19(水) 22:08:20.04 ID:oMS7geOg

梨子「はぁ……」

梨子「もう何日、曜ちゃんに会ってないんだろう」

梨子「……寂しい、かも」

梨子「って、こんなんじゃダメよ」

梨子「気分直しにテレビでも見ようかな」ポチッ

梨子「あ、今オリンピックやってるんだ……え?」

『次は渡辺曜選手ー!』

梨子「曜、ちゃん?」

『決まったー!文句無しの最高得点!』

梨子「え……うそ?」

『渡辺選手、金メダル獲得です!』

梨子「…………」ポカーン


77: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/19(水) 22:08:53.48 ID:oMS7geOg

梨子「そっか……曜ちゃん、飛び込みの選手だったんだ」

梨子「金メダルが取れるくらい、凄い人だったんだ」

梨子「そっか……私とは、違う世界の人なんだ……」

梨子「……あはは、バカだよね、私」

梨子「そんな人が、私と付き合ってくれるはずないのに」ジワッ

梨子「勝手に、喜んで……」

『渡辺選手、今のお気持ちは?』

曜『梨子ちゃーん!金メダル取ったよー!』

梨子「ふぇ?」


78: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/19(水) 22:09:42.77 ID:oMS7geOg

『あ、あの、梨子さんというのは?』

曜『梨子ちゃんはね、私の恋人なの!』

曜『◯◯大学だっけ?に通ってて、いつも私に美味しいご飯作ってくれるんだ』

梨子「曜ちゃん、待って、これ、全国放送……」

曜『梨子ちゃん見てるー?大好きだよー!』ブンブン

梨子「な、何やってるのよ曜ちゃん///」

梨子「みんなに言うって、こ、こういう///」

曜『あ、後ね、最近はえっ○もしてるんだよ』

梨子「うぇっ!?」

曜『梨子ちゃんが教えてくれたんだけど、凄く気持ちーー』

『は、はい、渡辺選手でしたありがとうございました!』

梨子「」


79: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/19(水) 22:10:42.36 ID:oMS7geOg

~大学~

「おい、あれ」ヒソヒソ

「ああ例の子ね」ヒソヒソ

梨子「…………」ワナワナ

「おーっす、金メダリストの彼女さん」

梨子「もうやめて……限界だから……」

「学校中に知れ渡ってるからな」

「しかもえっ○までしてるなんて驚いたわ」

梨子「言わないで……」グッタリ

梨子(ぅぅ……曜ちゃんのバカバカ)

梨子(すっごい恥ずかしいんだから)


80: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/19(水) 22:11:27.10 ID:oMS7geOg

~数日後~

曜「梨子ちゃんただいま~!」

梨子「ただいま、じゃないでしょ!」

曜「え?」

梨子「もー!テレビであんなこと言って凄く恥ずかしかったんだから!」

曜「え、でも梨子ちゃんが言っていいって」

梨子「そうだけど違うの!テレビでは言っちゃだめ!」

曜「そうなの?じゃあ断った方が良かったかな」

梨子「何を?」

曜「テレビ局の人が私と梨子ちゃんの映像撮りたいって」

梨子「っ~~~~~~~///」

梨子「曜ちゃんのバカぁぁぁぁぁぁぁ///」



千歌「あ、曜ちゃん恋人作ったんだー」

果南「曜の恋人って大変だろうね」


81: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/19(水) 22:17:26.77 ID:cxjsFqXq

いいぞいいぞ最高だ


85: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/20(木) 04:23:20.71 ID:txnp3QXS

最高すぎてため息が出る

いいぞ、もっとやれ


引用元: ・http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1537192044/

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連おすすめ記事
オススメ記事

この記事へのコメント

  1. 名無しのラブライバー:2018/09/27(木) 04:46:07

    ため息にも種類があってだな


  2. 名無しのラブライバー:2018/09/27(木) 06:54:29

    SSとかくだらねぇんだよ早くサイト閉鎖しろよ


プロフィール

ラブライブ!通信管理人

ラブライブ!の速報や面白い話を毎日まとめています!
更新情報はこちらでツイートしているので、是非フォローしてください(^ω^)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
オススメ
週間人気記事ランキング
逆アクセスランキング
アクセスカウンタ
相互リンク
アンテナサイト