【ラブライブ!】花丸「404ディストピア」

20171105_1342847.png


1: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 01:36:47.31 ID:D2mVpxON

ザワザワ ザワザワ

ルビィ「でね〜。その時、お姉ちゃんがー」モグモグ

花丸「へー。ダイヤさん、大胆〜」モグモグ

善子「...」ポチポチ スッスッス

善子「...あら?ちょっと、え、うっそ」ポチポチ

ルビィ「?」モグモグ

花丸「どうしたの?」モグモグ

善子「好きだったブログが404なんだけど!」

ルビィ「あちゃー。ご愁情様〜」

花丸「404?」モチャモチャ

ルビィ「ブログが無くなっちゃったって事だよ」

花丸「へー」

善子「ほんっと、信じられないんだけどー!」グデッ

      



2: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 01:37:32.60 ID:D2mVpxON

         

善子「これから、何を楽しみに生きていけば...」シクシク

花丸「ねぇねぇ、なんで無くなった事を404って言うの?」モグモグ

ルビィ「え?えっとね...インターネットでサイトが無くなった時」

ルビィ「なんでか知らないけど、この数字がサイトに表示されるの」

花丸「ひえー。不気味ずらー」

善子「不気味なんてもんじゃないわよぉ...」

善子「現代社会において、この数字より不吉なものはないってレベルよ」ズーン

ルビィ「相当ダメージ受けてるね...」


   


3: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 01:38:13.13 ID:D2mVpxON

善子「ここ最近、私の好きなブログがどんどん404になってて...」

善子「黒魔術はネットからも拒絶される運命なの!?」

ルビィ「黒魔術についてのブログだったんだ...」

花丸「怪しい事書いてたから、消されちゃったんだよ」モグモグ

善子「...深淵を覗いてしまった者は、深淵に導かれる運命なのね」

花丸「無情ずらなぁ」

ルビィ(よくわかんないや)


4: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 01:38:43.45 ID:D2mVpxON

--- --- --- --- ---
--- --- ---
---

キンコンカンコーン

ザワザワ ザワザワ

ルビィ「ピギャァ〜〜!」

花丸「ど、どうしたの...?」モグモグ

ルビィ「や、やられた...」スッ

善子「あ、404」モグモグ

花丸「消えちゃったんだね〜」


     


5: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 01:39:11.36 ID:D2mVpxON

ルビィ「どう言う事なの〜!」

ルビィ「原宿系ファッションサイトが駆逐されてるよぉ」ピギィ

善子「...まだましじゃない」

善子「占い、黒魔術系列はとっくに404なんだから...」

花丸「大変ずらねぇ」

ルビィ「404削除騒動の煽りが、いつか来ると思ってたけど」

ルビィ「いざ消えるとショックだよ〜」

善子「まだ序章よ〜。これから、どんどん消えていくんだから」ズーン

ルビィ「ヒィ〜〜ッ」

花丸「経験者は、語る。ずらなぁ」

     


6: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 01:39:40.34 ID:D2mVpxON

善子「でも、服飾系のコンテンツも消え始めるとはねぇ」

善子「不人気コンテンツから、ネットで消えるとは聞いてたけど...」

ルビィ「原宿系は不人気じゃないよぉ」

ルビィ「黒魔術より、ずっとず〜っと、人気だもん」

善子「ちょ、そ、そんな事ないし!黒魔術だって人気だったし!」

ルビィ「真っ先に消えたじゃん」

善子「ぐぬぬ...」

          


7: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 01:40:12.40 ID:D2mVpxON

ルビィ「あ〜ぁ。おしゃれの幅が狭まったよぉ...」ポチポチ

ルビィ「ネットから消されないファッションって何だろう...」

善子「とりあえず、ゴスロリは消され始めてるわ」

花丸「なんかわかる気がする」

善子「そういや、ネットに生き残りそうなファッション10選とかあったわよ」

ルビィ「本当?URLちょうだい」

善子「うん」ポチポチ

花丸「う〜ん」モグモグ


            


8: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 01:40:52.93 ID:D2mVpxON

--- --- --- --- ---
--- --- ---
---

ガラッ


花丸「...」ヒョコッ


ガラーン...


花丸(図書係もいない。怠慢ずら) トコトコ

     


9: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 01:41:35.54 ID:D2mVpxON

花丸「...今日は何を読もうかなぁ」ボソッ スッ ポス

花丸「ふむ...」ペララララ... トスッ

花丸(二人ともネットで自分の好きな情報が消えちゃったなら) スッ ポスッ

花丸(その事が載ってる、本を読めばいいのに) パララララ

花丸(本ならずーっと消えないし、趣味の世界に没頭できるずら) ペラッ

花丸「発行日2007年かぁ。ちょっと古いかも」スッ トスッ

花丸(鮮度は、インターネットに負けるけど...) スッ ポス

花丸(それでも、価値ある情報に溢れていると思う) パラララ ペラッ

花丸「ん。これにしよっと」

          


11: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 01:42:09.00 ID:D2mVpxON

花丸(世界の流行に自分を染めていくべきか...) トコトコ

花丸(過去にすがり、自分らしさに引きこもるべきか...) ガタッ ボスッ

花丸(オラはとりあえず、後者を選び...) ペラッ

花丸(今日も今日とて、読書にふけるのであった) ペラッ

花丸(な〜んてね) フフッ


       


12: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 01:42:41.23 ID:D2mVpxON

ガラッ

花丸「!」

果南「お、マルじゃ〜ん」

花丸「か...果南ちゃん?」ポカーン

果南「何さ。驚いて」

花丸「あ、いや...珍しいなって...」アセアセ

果南「わからんでもない」

      


13: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 01:43:13.07 ID:D2mVpxON

花丸「どうしたの?」

果南「ネットで魚を調べようと思ったんだけど〜」

果南「404になっちゃっててさー」ポリポリ

花丸「なるほど」

果南「マル、図鑑どこにあるか教えてよ」

花丸「了解ずらっ」ガタッ

               


14: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 01:43:53.54 ID:D2mVpxON

  
--- --- --- --- ---

果南「これこれ、こいつだよー」

花丸「デバスズメダイ?」

果南「可愛いよねー。熱帯魚として人気なんだよ」

花丸「へー」

果南「このページ、写真撮ってもいい?」ゴソゴソ

花丸「うん。大丈夫だよ」

果南「本屋と違って気前がいいねー」ゴソゴソ

花丸「あっちは売り物だから、撮っちゃダメだよ」

     


15: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 01:44:26.47 ID:D2mVpxON

果南「これでよしっと」パシャ

花丸「目当てのものが見つかって、よかったずら」

果南「じゃ教室に戻るね」ガタッ

花丸「うん。本はオラが片付けとく」

果南「サンキュー」トコトコ

果南「ん」ピタッ

花丸「ん?」


     


16: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 01:45:10.26 ID:D2mVpxON

果南「てか、図書室でマルぼっちなの?」クルッ

花丸「うえ?...えっと、まぁ」アセアセ

果南「ふーん」

果南「...」

果南「やっぱり、もうちょっと、残っててあげる」トコトコ

花丸「え、え。いいよぉ...そんな」

果南「気にしない、気にしない」 ガタッ ボスッ

果南「ほら、隣座って。図鑑読むよ。色々教えてあげる」ポンポン

花丸「う、うん!」

             


17: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 01:45:52.88 ID:D2mVpxON

--- --- --- --- ---
--- --- ---
---

キンコンカンコーン

ザワザワ ザワザワ


善子「断然AK47ね」モチャモチャ

ルビィ「えぇ。P90の方がかわいいよぉ」モグモグ

花丸「AK47?」モグモグ

善子「マシンガンの話よ」

花丸「鉄砲...あ、戦争物の小説で出てきてたね」

ルビィ「そうだ。花丸ちゃんに決めてもらおうよ!」

ルビィ「画像を見せてどっちが可愛いか決めてもらおっ」

善子「銃の善し悪しは見た目じゃないし...」

ルビィ「えー。じゃあ、AKよりもP90の方が可愛いって事でいい?」

善子「そ、それは卑怯よ!」

      


18: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 01:46:24.26 ID:D2mVpxON

善子「待ってなさい...一押しを見せてあげる」ポチポチ

ルビィ「ルビィも〜」ポチポチ

花丸「ずら〜」モグモグ

善子「よしっ!これでどうだ!」ビシィ

花丸「可愛い...とは?」

善子「かぁ〜〜!こいつ、わかってない!この渋さを!」

善子「この銃床、むき出しのアモ!銃と言えばこれっていう王者の風格〜!」

ルビィ「ハマったね、善子ちゃん。花丸ちゃんは初心者」ポチポチ

ルビィ「だから、見せるべきは...これだぁ!」ビシィ

花丸「あ〜。キティちゃんだー」

       


19: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 01:47:03.51 ID:D2mVpxON

善子「キティちゃんデコなんて、卑怯〜〜!」

ルビィ「ストラテジーだよ。善子ちゃん」

花丸「はは...キティちゃん成分が強めだけど」

花丸「ルビィちゃんの方が可愛いと思うずら」

ルビィ「勝った」

善子「納得できない...」


        


20: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 01:47:32.12 ID:D2mVpxON

花丸「二人とも、鉄砲とか詳しかったんだねー」

花丸「意外ずら」

善子「今のトレンドがミリタリーだもん」

ルビィ「ファッションも迷彩柄とか増えてきたよね〜」

花丸「あー。迷彩のホットパンツとかよく見る」

善子「エ◯いわよね」

花丸「エ◯いずら」

         


21: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 01:48:08.72 ID:D2mVpxON

善子「ネットでもさ、黒魔術は消えちゃったけど」

善子「軍事黒魔術ってジャンルが新しく出来てさぁ」ポチポチ

善子「これなんか結構本格的で...」スッ

ルビィ「何、これ?」

善子「武器錬成とオートディフェンスの陣よ」クックック

善子「この魔法陣だけで、アメリカ海軍1小隊の威力があるの!」

花丸「え〜?嘘くさー」

善子「あるのっ!実績だってあるんだから!」

ルビィ「あはは...」

             


22: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 01:48:46.58 ID:D2mVpxON

善子「ていうか、ルビィ。さっきのやっぱ納得できない!」

善子「あとで部室で多数決で勝負よ!」

ルビィ「惨敗するだけだよー?」ケラケラ

善子「有識者の意見が尊重されるべき」

ルビィ「ま、いいけど〜」ニヤッ

善子「〜〜!余裕そうなのが、腹たつ〜!」


キャッキャ! ワイワイ!


花丸「...」モグモグ


              


23: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 01:49:17.26 ID:D2mVpxON

花丸「ん」クルッ


コンド コールオブデューチ~ シヨ〜 イイヨ〜


花丸「ん」クルッ


ヌマヅニ ミリタリーショップ デキタンダッテー イコイコー


花丸(世界が...一つの方向に向かいつつある)


          


24: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 01:49:53.69 ID:D2mVpxON

--- --- --- --- ---
--- --- ---
---

ペラッ

果南「これはどう思う?」

花丸「スズメダイの仲間かな?」

果南「お、せいかーい。分かるようになってきたじゃん」

花丸「へへへ」

果南「こいつも、群れると綺麗でさ〜」

果南「沖縄のダイビングで見た時は感動したよ」

花丸「へー」


          


25: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 01:50:24.33 ID:D2mVpxON

花丸「魚群を作る魚って聞くと、『スイミー』を思い出すずら」

果南「あーねー。教科書に乗ってたやつだよね」

花丸「うん」

果南「私、あの話嫌いなんだよねー」

花丸「えー、意外。万人受けする話だと思うし...」

花丸「何より、果南ちゃんの好きな魚の話だよ?」

果南「ん。まぁ、そうなんだけど〜」


          


26: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 01:51:08.78 ID:D2mVpxON

果南「あれってさ、黒い魚が目になって赤い魚に指示を出して」

果南「大きな魚を追っ払う話じゃん?」

花丸「うん、大筋は...」

果南「子供ながら、あり得ないな〜って思ってたんだよね」

花丸「あり得ない?」

果南「魚群を作る魚ってね、実はリーダーがいないんだよ」


27: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 01:51:34.52 ID:D2mVpxON

花丸「え。じゃあ、リーダーがいないのに...」

花丸「どうやって、魚達はあんな綺麗な群れを作れるの?」

果南「それはね、魚が3つの行動プログラムに沿って動いてるからなんだ」

果南「1つ、隣の魚と泳ぐこと」

果南「2つ、一定の距離感覚を取ること」

果南「3つ、同じ方向に泳ぐこと」

果南「この3つを守ると、ああいう綺麗な群れになるんだよ」

花丸「へー」


        


28: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 01:52:06.10 ID:D2mVpxON

果南「だからね、先頭を泳いでる魚がリーダーって事もないし」

果南「後ろを泳ぐ魚に指示を出してる訳ではないんだ」

花丸「勉強になるずら」

果南「そのことを『スイミー』の時に、先生に指摘したら」

果南「なんかわかんないけど、怒られちゃってさ〜」

花丸「あはは...」


        


29: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 01:52:48.05 ID:D2mVpxON

花丸「リーダーのいない魚群...かぁ」

果南「ん?どうしたの?」

花丸「えっとね。最近、みんな同じ方向に向かってる気がして」

果南「同じ方向?」

花丸「うん。ルビィちゃん達がね、最近ミリタリーにハマりだしてて」

花丸「で、よく耳を傾けてみたら、クラス中そんな雰囲気で...」

果南「あー。私も鞠莉達にサバゲー誘われるなぁ。最近」

         


30: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 01:53:35.37 ID:D2mVpxON

花丸「なんだか、それが異様な感じがして...」

果南「んー。そうかなぁ?考えすぎじゃない?」

果南「流行って、いつもそんな感じじゃん」

花丸「そうなんだけど...」

果南「でも、あれかなぁ」

果南「今じゃネットもミリタリー以外、ほぼ404だし」

果南「目にする機会も多くなってきたから、流行ってきたのかも」

花丸「今、ネットってそんな事になってるんだ」

果南「もう魚で調べても、サバイバル釣り術しか出てこないよ〜」ゲラゲラ
    
             


31: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 01:54:18.66 ID:D2mVpxON

花丸「オラ、なんだか怖いずら」

花丸「みんなが間違っている方向に進んでそうで」

花丸「同じ方向に進んでいる事に疑問を感じてなさそうで」

果南「マル...?」

果南「あ。そうだ」ポンッ

花丸「?」

果南「ダイビング。ダイビングしようよ」

果南「そういった、モヤモヤ気持ちも吹っ飛ぶよ?」ニカッ

             


32: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 01:54:48.45 ID:D2mVpxON

花丸「でも、オラそんなお金持ってない...」

果南「平気平気。友達料金にしとくって〜。レッスンも無料!」

花丸「それに、そんなに泳げないし...」

果南「ダイビングに泳ぐ力なんてほとんど必要ないよ」

花丸「本当?」

果南「うん。それに私が隣につくからさ」

花丸「...なら、ちょっと挑戦してみたいかも」

果南「うむ。じゃ、今週の土曜日ね。よろしく」

花丸「うん!」


          


33: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 01:55:14.50 ID:D2mVpxON

--- --- --- --- ---
--- --- ---
---


梨子「次の歌の曲調はマーチングにしようと思うの」

花丸「行進曲?」

千歌「お、いいねぇ!」

曜「確かに、歌詞も自分の愛と戦うって感じだし〜」

鞠莉「合いそうね」

梨子「うん!で、サビの部分はアップテンポにして...」

梨子「強弱をつけた感じにしようと思うの。伴奏だけど、流すね」ポチッ


        


34: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 01:55:42.71 ID:D2mVpxON

チャラタッタ〜〜♪ チャラタッタッタ〜〜♪


千歌「ふんふん...うん!いいよ!これ」

ダイヤ「転調の部分を詰めれば、かなりいいと思いますわ」

ルビィ「ルビィは裏にスネアドラムの音を入れたらいいと思う!」

千歌「それ採用ぅ!」ビシッ

梨子「評判でよかった〜。じゃあ、これベースで進めるわ」

          


35: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 01:56:37.51 ID:D2mVpxON

善子「衣装や振り付けも考えないとね〜」

曜「やっぱマーチングって言ったら、イギリスの近衛兵しょ〜」カキカキ シュババ

果南「コノエヘー?」

曜「こんな感じ!」ジャンッ

善子「描くのはやっ!」

果南「あ、あぁ、コノエヘーね。知ってたわ」

ルビィ「可愛い!」

花丸「くるみ割り人形みたいずら〜」

曜「そうそう!」

          


36: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 01:57:18.48 ID:D2mVpxON

曜「基本、赤と黒ベースでかっこよくして〜」

曜「3種類トンマナ合わせた軍服を作り上げるよ」

千歌「よろしくっ!」

ルビィ「善子ちゃんの分は、袖なしにしとくね?」

善子「ヨハネ!てか、そ、そんなに脇見せたいわけじゃないしっ!」

    


37: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 01:57:47.76 ID:D2mVpxON

ダイヤ「振り付けはどうします?」

鞠莉「マーチングだし、動きに統一感持たせたいよね」

果南「そだねー。ステージ横長だし、横一列の見せ場も欲しいかも」

ダイヤ「なるほどですわ...」カキカキ

鞠莉「梨子、この曲の盛り上がりは徐々にヒートアップするのよね?」

梨子「そのつもり。あ、でもスネア入れてパレード風にするなら...」

梨子「ラストはスネアだけのフェードアウトで、終わる寂しさも表現したいかも...」

ダイヤ「余韻を残す感じですわね。なおさらサビは爆発させないといけませんわ」


          


38: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 01:59:00.21 ID:D2mVpxON

鞠莉「サビで銃型のクラッカーとか打つのどう?バーン!ハート撃ち抜くぞー!」

花丸「銃...」

ダイヤ「無理ですわ。近衛兵が持っているのはリーエンフィールド」

ダイヤ「銃も長いですし、そんな小道具を持ってては踊りにくいですわ」

果南「お。さすがに詳しいねぇ」

ダイヤ「ま、まぁ...最近、よく目にするので...」

鞠莉「うーん。いい案だと思ったんだけど〜」

      


40: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 01:59:42.02 ID:D2mVpxON

    
 
ワイワイ! キャッキャ!


花丸「...」

花丸(それは、緩やかにだけど)

花丸(オラ達をそちらに進ませている気がした)


           


41: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 02:00:27.72 ID:D2mVpxON

--- --- --- --- ---
--- --- ---
---

ブクブクブク...


花丸「...」コヒューコヒュー

果南「...」チョンチョン

花丸「?」バタバタバタ

果南「...」ニコッ チョイチョイ

花丸「!」

花丸(わぁ〜。綺麗ずらぁぁ〜!) ブクブクブク〜

大きい魚「...」スイスイ

小さい魚「...」チョコチョコ

           


42: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 02:01:12.41 ID:D2mVpxON

果南「ん」

果南「...」チョンチョン

花丸「!」

花丸(魚の群れずらぁ〜。これも綺麗〜)

果南「...」キョロキョロ

果南「...」ヒョイッ

花丸(ん?小石なんて持ってどうしたんだろう?)

        


43: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 02:01:56.73 ID:D2mVpxON

果南「...」ポーイッ

花丸「ん!」ブクブクブク

魚の群れ「!」

ブワワワワワワワワ!!!! キラキラ! キラキラ!

花丸「!」ブクブク!

花丸(魚が一斉に散らばった!!)

花丸(大量の魚の鱗で光が反射して...)

キラキラ キラキラ...

果南「ふふふ」ニコニコ

花丸(すごい...神秘的ずらぁ....)


キラキラ  キラキラ...

     
          


44: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 02:02:29.31 ID:D2mVpxON

--- --- --- --- ---
--- --- ---
---

ザザーン... ザザーン...


花丸「ずら〜...」ポケー

果南「はい、マル」チョン

花丸「冷たっ!うえ...ラムネ?」

果南「サービス。一緒に飲もっ」ニコッ

花丸「ありがとうずら〜」

          


45: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 02:03:14.48 ID:D2mVpxON

花丸「ング...ング...」ゴクゴク

果南「よっこらしょっと...」ストン

果南「で。どだった?」グビッ

花丸「すっごい綺麗だった!」プハーッ!

果南「でしょー」

花丸「図鑑の写真より、ずっと綺麗だった!」

果南「だよね〜」

          


46: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 02:03:46.34 ID:D2mVpxON

果南「私も最初は驚いたよ〜」

果南「ゴーグル越しの海が、青だけの世界だと思ってた海が」

果南「こんなに色とりどりなんだ〜って」

花丸「うん。びっくりしたずら!」

花丸「やっぱり、本だけの世界じゃ...」

花丸「知らない事もたくさんあるんだね!」

果南「そんなに喜んでくれると、誘ったかいあったよ」

          


47: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 02:04:20.07 ID:D2mVpxON

花丸「果南ちゃんが小さい魚の群れに、小石を投げたでしょ?」

花丸「あの後、キラキラした魚がブワワーってなるのも」

花丸「すごい綺麗だったずらぁ〜」

果南「はは。あれね〜」

果南「魚をびっくりさせちゃうから、あんまりしないんだけど」

果南「すごいよね〜。一方向に進んでた魚達が」

果南「一瞬でその場から消えちゃうんだもん」

花丸「神秘的だったずら〜」

          


48: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 02:04:56.38 ID:D2mVpxON

果南「あの動きもね、規則性がないわけじゃないんだよ?」

花丸「そうなの?」

果南「うん。群れの魚は、前話した3つの約束で動くんだけど」

果南「危険を察知した魚だけは、別の動きができるの」

花丸「ウンウン」

果南「でね、後ろや隣の魚は、3つの約束で同じ動きをするから」

果南「個々に散り散りになるんじゃなくて、回避した最初の魚と同じ進み方をして」

果南「パニックにならずに、安全に、かつ滑らかに小石を避けることができるの」

花丸「そうだったんだぁ...」

果南「最後尾を進んでた魚なんか、小石が落ちた事すら気づいてないのかも」ケラケラ

花丸「...」

          


49: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 02:06:01.71 ID:D2mVpxON

花丸「果南ちゃん」

果南「ん?」

花丸「オラ前に、みんなが危ない方に進んでるって話、したよね?」

果南「うん。言ってたね」

花丸「オラが、その危険を察知した魚の一匹になったら...」

花丸「みんなは付いてきてくれるかな?」

果南「んー」

花丸「正直に言ってくれていいよ?」

      


50: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 02:08:37.91 ID:D2mVpxON

果南「ん。はっきり言うと、今のままじゃ難しいね」

花丸「...そっか」

果南「私達は魚じゃなくて、人間だからねー」

果南「人間はリーダーの指示で動く。前を歩く人間に協調する」

果南「マルが色々な事に気がつく事は、みんな知ってるけど」

果南「年も若いし、リーダーって感じじゃないしね」ポンポン ヨシヨシ

果南「世界がやばいーってマルが騒いでも」

果南「みんなは、『この子何言ってるんだろ?』ってなるかも」

花丸「オラもそんな気がする...」

        


51: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 02:13:30.10 ID:D2mVpxON

花丸「でもね、どう考えても、オラの危険だっていう警告音が」

花丸「鳴り止まないんだずら」

果南「そっかぁ。うーん...」

果南「じゃあ、もしこの先、危険な世の中になったら」

果南「私がマルに付いていくよ」

花丸「...本当?」

果南「うん。私、考え方が魚だから」

果南「しっかり、私の隣を泳いでね?そしたら、付いてく」ニコッ

果南「で。みんな続けーって、先導してあげる」

           


52: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 02:14:28.36 ID:D2mVpxON

花丸「果南ちゃん...」ウルウル

果南「ほら、そんな情けない顔しないで。おいで」フワッ

果南「ハグ、しよ?」

花丸「果南ちゃぁん!」ガバッ


ラムネ瓶: ゴロンゴロンッ...


花丸「オラ、怖いずらぁ!」ギュゥ〜

花丸「みんなが、みんなじゃなくなるみたいでっ!どうしよぅ!」

果南「マルは考えすぎなんだよ〜。何で泣くの〜?」ヨシヨシ

花丸「だって、だって、うわぁぁんっ!!」

      


54: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 02:15:02.65 ID:D2mVpxON

--- --- --- --- ---
--- --- ---
---

花丸(それから月日は経って...) トコトコ

花丸(果南ちゃん達はそれぞれの道へ) トコトコ

花丸(新しい学校に編入したオラや、千歌ちゃん達も卒業して) ピタッ

花丸(オラは大学の図書室で、本を読んでいる)


花丸「『情報の多様化を考慮した情報伝播のモデル化とシミュレーション』」スッ パサッ

花丸「2009年9月...404削除騒動の起きる前の論文か...」ペラッ トコトコ...


      


55: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 02:17:28.89 ID:D2mVpxON

花丸「よっこらしょ。どれどれ...」ギシッ ペラッペラッ


花丸(404削除騒動...その発端は大手サーバー群がテロで破壊された事から始まる)

花丸(サーバーの絶対数が減少した事による、情報の軽量化と精査が必要になったのだ)


花丸「ふむふむ...」


花丸(...ネットの成熟期を迎えていたその時) ペラッ

花丸(そこは技術進歩に対し、使用者のリテラシーが追いつかず)

花丸(武装された悪意と、偽装された情報にまみれていた)

花丸(情報の精査はいわば、いつか訪れる必然の行為だった)


花丸「うげ。数式が書いてあるずら...ちゃんとメモらなきゃ...」ペラッ

               


56: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 02:18:41.60 ID:D2mVpxON

花丸(しかし、その行為を裏で糸を引いていたコミュニティがあった)

花丸(のちに、世界中で軍部のクーデターを引き起こし)

花丸(報道管制の掌握をもってして、一般人に知られる事なく完了した)

花丸(オラがどうして、それを知っているか...?それは秘密ずら)


花丸「ん。これずら」ペラッ

花丸「情報が多様化している時、情報の伝達速度と意思決定能力は低下する」

花丸「それは、イノベーターからコミュニティに対しての影響力の低下を意味し」

花丸「また、その情報の価値は内容に関わらずフラットになり下がってしまう」


        


57: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 02:19:46.46 ID:D2mVpxON

花丸「すなわち、逆にするならば」

花丸「提供される情報が一つだけならば、その伝達速度は加速し...」

花丸「個人の情報検索においても、それに関する知識しか得られない時」

花丸「その知識の価値は上昇し、その知識を多く保有するイノベーターの力は」

花丸「最大と化す...」パサッ

花丸「この現象だ。404削除騒動の裏で、この現象が起きていたんだずら...」

花丸「だから、みんな...そして、今も...」
            


58: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 02:20:21.56 ID:D2mVpxON

教授「おや、国木田」

花丸「あ、先生。お疲れ様です」

教授「今日、学徒は東京で軍部のシンポジウムに参加だろう?」

花丸「足が痒いので休みました」

教授「痒い〜?いかんねぇ〜」ヒョイッ

花丸「あ」

教授「情報の多様化...あぁ、旧ネット時代の論文か」

          


59: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 02:20:59.20 ID:D2mVpxON

教授「あの頃のネットは雑音が多すぎたし、嘘も多かった」シミジミ

教授「SNSという不健全なコミュニティで、精神を磨耗していた」

教授「何人の人間が、あれで心を病ませたか」

花丸「先生は、今のネットの方が健全だと思いますか?」

教授「そりゃそうだろう」

教授「いらない情報は全てなくなった。違うかい?」

花丸「...」

花丸「オラもそう思います」ニコッ

          


60: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 02:22:38.63 ID:D2mVpxON

--- --- --- --- ---
--- --- ---
---

カタッ...カタ カタッ...カタ カタ...ターン

花丸「キーボード、辛いずらぁ」

花丸「論文の内容もよし。メール送信完了っと」

花丸「あとは向こうが、使える情報としてくれれば...」

花丸「あ、そうだ」カタカタ カタカタ...

        


61: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 02:23:19.29 ID:D2mVpxON

花丸「...いぶ。検索っと...」カチカチ

パソコン:『らぶらいぶ』検索結果:1件

パソコン:ラブライブ!公式サイト

花丸「お〜。まだ残ってるずら〜!」カチカチッ

花丸「!」

パソコン:404 Not Found

花丸「...」

花丸「いらない情報...そんなわけないずら...」

花丸「オラ達の青春を...何だと...」ギリッ

    


62: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 02:24:03.05 ID:D2mVpxON

ピロリロン!

花丸「んあ!返信早いなぁ」カチカチ

花丸「ふむふむ...お、ペイバック案の中で活用するかぁ」

花丸「ん?」


メール: P.S. Sorry, could not stop that. Please be with you.
<< 追伸。止められなかった。ご無事で >>


花丸「そっか...」

花丸「同志だけでも避難できてるといいけど...」


          


63: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 02:24:42.21 ID:D2mVpxON

--- --- --- --- ---
--- --- ---
---

ビュゥ〜...


花丸「寒い...もう冬だよぉ」トコトコ

ポスター:I want YOU! for JAPAN ARMY! パタパタ...

街宣車『住みよい国にする為に〜!立ち上がれ〜』ブーン...

花丸「末期だなぁ」トコトコ


          


64: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 02:25:20.99 ID:D2mVpxON

                

--- --- --- --- ---

ザザーン... ザザーン...


ザッザッザ

花丸「海...」

花丸「東京は、あっちだよね」クルッ

花丸「ダイヤさん、情報通りなら間に合ってるけど...」ギュッ

      


65: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 02:26:15.62 ID:D2mVpxON

  

ザザーン ザザーン

花丸「海かぁ...」

花丸「果南ちゃん、元気かなぁ」ボソッ

???「お、マルじゃ〜ん」ザッザッザ!

花丸「ふぇ!?」クルッ

果南「やっぱり〜。マルじゃ〜ん!」ハァハァ ガサッ

花丸「か、果南ちゃん!?」

             


66: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 02:26:46.69 ID:D2mVpxON

果南「何さ、驚いて」

花丸「だ、だって、海外にいたはずじゃ」

果南「なんか向こうで戦争はじまりそうだったからさー」

果南「帰って来ちゃった」

花丸「そ、そっか」

果南「えー。もっと喜んでよー」バッ

花丸「喜んでるよぉ!」ハグゥ~!!

果南「おほほ〜。はげし」

キャッキャッキャ!

      


67: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 02:27:49.70 ID:D2mVpxON

 

花丸「って。帰ってくるなら。連絡くれればよかったのに」

果南「何言ってんの、メッセージ系もうアウトじゃん」

花丸「あ。そうだった」

果南「鞠莉とかにも連絡取れなくて、困ってんだよね〜」

花丸「だよね。鞠莉ちゃんはイタリアだし...」

花丸「でも日本にいるメンバーなら、連絡取れるツールがあるずら」

果南「本当?」

花丸「うん。あとで、USBに入れて持ってくね」

果南「助かる〜」

花丸「みんな元気にしてるずら〜」

果南「うわー。楽しみ〜。誰とも連絡取れなくてさー」

          


68: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 02:28:17.95 ID:D2mVpxON

花丸「で、今は日本で何やってるの?」

果南「コレ」ガサッ

花丸「...ゴミ拾い?」

果南「うん。秋冬はダイビングのお客さんも少ないし」

果南「ていうか、レジャーにくる雰囲気じゃないし...」

果南「海岸の清掃活動中」

花丸「えらいずら〜」

果南「でしょー」フフン

          


69: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 02:28:44.34 ID:D2mVpxON

果南「それにさ、ほら」ヒョイッ

花丸「薬莢だね」

果南「戦争中の東南から、潮に乗って来たんだろうなぁ」

果南「やっぱ、こういうの見たくないじゃん?」ゴソゴソッ

果南「来てくれた人には、綺麗な海を感じて欲しいっていうか?」

花丸「立派ずら〜」

果南「でしょー」フフン


        


70: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 02:29:32.11 ID:D2mVpxON

果南「マルは?」

花丸「オラは大学生」

果南「お、確かに。垢抜けた?」

花丸「そうかなぁ?」

果南「メガネとか、超かわいいよ」

花丸「へへへ」クイクイッ

果南「おー。インテリ〜」

      


71: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 02:30:00.24 ID:D2mVpxON

果南「また時間できたらさぁ。ダイビングしようよ」

果南「秋でもスーツを着れば、できるんだよね」

花丸「友達価格で?」

果南「う...えっと...できれば、えっとー...」ツンツン...

花丸「うそうそ。ちゃんと払うずら」ケラケラ

果南「察してくれて、助かるよー」

        


72: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 02:31:02.96 ID:D2mVpxON

 

果南「なんだかんだAqours全員で潜るってなかったからさ」

果南「みんなで潜りたいんだよねー」

花丸「あー。楽しそう」

果南「とすると、どうやって鞠莉に連絡をとるかが...」


ドゴーン...!


花丸「っ!」バッ! クルッ!

果南「ん?」チラッ

          


73: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 02:31:31.63 ID:D2mVpxON

 

果南「え...何...あれ?」

花丸「...キノコ雲」


モクモクモクモク...


果南「嘘...関東じゃん...」

花丸「...」

      


74: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 02:32:49.63 ID:D2mVpxON

 

果南「や、やばいよ!ダイヤがっ!」

花丸「多分大丈夫。逃げてると思う」

果南「そんなことわかんないじゃん!」

花丸「わかるんだよ。オラ、レジスタンスに協力してるから」

果南「レジスタンス?それって、世界中の軍と反抗してる...?」

花丸「情報共有をしてるだけの関係だけどね」

花丸「もらった情報で、皆んなを安全な場所に逃してるんだよ」

果南「ほ...」ポカーン
    


75: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 02:33:28.58 ID:D2mVpxON

 

花丸「果南ちゃん」

果南「う、うん」

花丸「オラ、一緒にダイビングをしたあの日から」

花丸「Aqoursの中で、みんなの前に立てる様に努力したの」

果南「...」

花丸「さっきみたいな危険な状況が起きる時...」

花丸「真っ先にオラの意見で、みんなが動いてくれる信頼を勝ち得たの」

果南「マル...?」

      


76: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 02:35:12.86 ID:D2mVpxON

花丸「あの時、果南ちゃんが本当の事を言ってくれたおかげずら」クルッ ニコッ

花丸「お魚みたいに、グループ内の関係は上下関係ないって甘んじてたら」

花丸「助けられる人も、助けられなかった」

花丸「オラは今、自分の行動が間違ってないって自信を持ってる」

果南「マル...」

    


77: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 02:38:46.02 ID:D2mVpxON

 
     
果南「で、でもレジスタンスは他の国では、処刑対象でも...」

花丸「知ってる。でも、オラがみんなを導くためには情報が必要なの」

花丸「404で隠されていない情報が...」

花丸「果南ちゃん。だから...果南ちゃんも...」

花丸「どうか、オラの隣で付いて来て欲しい...」

果南「...」

果南「覚悟を、決めろって言うんだね?」

花丸「オラの道で、絶対に生き残らせるずら」

果南「...わかった。泳ぎ切ろう」コクッ

    


78: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 02:39:50.40 ID:D2mVpxON

              
 

花丸(...これが、オラ達を巻き込んだ戦争の始まり)

花丸(オラ達に戦争を止める力はない)

花丸(ただ、デスマーチを進む国民の群れの中で)

花丸(自分が勝ち得た情報を元に)

花丸(降ってくる小石を避けるだけ)



花丸(ここは404によって人が盲目の魚群と化した世界)

花丸(404ディストピア)
      
                        


79: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 02:40:34.88 ID:D2mVpxON

花丸「404ディストピア」 終わり


85: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 03:55:33.25 ID:m83rqqKr

おもしろかったわ
次も楽しみにしてる


87: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 05:28:36.59 ID:/NIc1fFH

なんかハッカー以来のワクワク感があるずら


88: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 06:19:51.14 ID:mClTmZFv

おぉ…なんか世にも奇妙な物語っぽい
続き出来るなら期待です


91: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 10:28:20.77 ID:x6OEJgSV

淡々とまわりがおかしくなっていく感じがめっちゃおもろかった


92: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/18(火) 10:47:07.83 ID:ZGTc/rvo

面白い
よくできてるお話
でもしっかりと足が痒いから休むずらもあって大好き

かなまるいいぞ


引用元: ・http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1537202207/

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連おすすめ記事
オススメ記事

この記事へのコメント

  1. 名無しのラブライバー:2018/09/18(火) 21:22:48

    SSとかくだらねぇんだよ早くサイト閉鎖しろ


  2. 名無しのラブライバー:2018/09/18(火) 21:50:22

    個人的に好きなのはAK47だけど
    どっちが可愛いかって聞かれたらP90選ぶよな


  3. 名無しのラブライバー:2018/09/19(水) 09:44:05

    ※2 同意。


プロフィール

ラブライブ!通信管理人

ラブライブ!の速報や面白い話を毎日まとめています!
更新情報はこちらでツイートしているので、是非フォローしてください(^ω^)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
オススメ
週間人気記事ランキング
逆アクセスランキング
アクセスカウンタ
相互リンク
アンテナサイト