【ラブライブ!】梨子「エンドレス千歌ちゃん」

maxresdefault_201809051315245ac.jpg


2: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 18:21:34.72 ID:wAUhfqog

夏休み最後の日


梨子「ハンバーグ美味しい!」

梨子ママ「どう!私の手作りよ!」

梨子(ゴミ箱に捨ててあった出来合いのハンバーグの袋は見なかった事にしておこう…)

プルルルル

梨子ママ「梨子ー!電話ー!」

梨子「ごめんなさい」

梨子「はーい。あっ千歌ちゃん!」


3: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 18:22:45.92 ID:wAUhfqog

千歌『梨子ちゃーん!お願ーい!』

梨子「どうしたの?」

千歌『今日が何の日か分かる?』

梨子「えーと…夏休み最後の日ね」

千歌『そう!だから宿題…』

梨子「駄目よ」


4: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 18:23:50.06 ID:wAUhfqog

千歌『宿題しか言ってないじゃん!』

梨子「その後に続く言葉はきっと『見せて♪』か『手伝って♪』のどちらかね」

千歌『ぶっぶーですわ!正解は両方です!宿題見せて♪写すの手伝って♪』

梨子「駄目!」

千歌『えー!!どうしてー!」


5: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 18:25:00.65 ID:wAUhfqog

梨子「宿題やってない千歌ちゃんが悪いんでしょ」

千歌『分かってます!反省しています!だからお願~い』

梨子「駄目ったら駄目!」

千歌『ええええ』

梨子「ここで甘やかしたら千歌ちゃんのためにならないわ」

千歌『そんな事ないよ。梨子ちゃんが私を甘やかせる事は私のためになるから!』

梨子「全然ためになりません!宿題は自分の力でやらないと。自分で勉強する力をつけないと将来卒業や大学進学できなくなるわ」


6: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 18:25:46.21 ID:wAUhfqog

千歌『梨子ちゃん…そこまで私の事を考えて…』

梨子「そうなのよ千歌ちゃんのためなんだから」

千歌『わかった!じゃあ冬休みの宿題は自分の力でやるように頑張るから今年の夏休みだけお願い!』

梨子「駄目ったら駄目です!」

千歌『そんなー!!』


8: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 18:27:24.53 ID:wAUhfqog

その日の夜


梨子「千歌ちゃん宿題ちゃんと終わらせたかしら…」

梨子「泣きながら宿題やってないかな…」

梨子「もしできてないならやっぱり見せてあげたほうが…」

梨子「ううん駄目よ梨子!甘やかせるような事しちゃ!千歌ちゃんのためにならないわ!」

梨子「千歌ちゃんはスクールアイドルとしてこれまでの困難を乗り越えてきたのだから今回も乗り越える事ができるはずよ!」

梨子「千歌ちゃんを信じよう!うん!」

梨子「それじゃあ、おやすみなさい千歌ちゃん…」

梨子(明日になったら宿題を自分の力でやった千歌ちゃんと一緒に登校できるはずよ…)

梨子「すぴー」


9: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 18:27:58.11 ID:wAUhfqog





梨子「…朝」

梨子「え?もうこんな時間!早くしないと学校に遅れちゃう!」


11: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 18:28:37.83 ID:wAUhfqog

梨子「おはようお母さん」

梨子ママ「おはよう梨子。今日は休みの日なのに早起きね」

梨子「え!?今日は学校行く日でしょ?」

梨子ママ「ふふっ梨子ったら寝ぼけてるわねー今日が夏休み最後の日よ」

梨子「え!?」


12: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 18:29:13.55 ID:wAUhfqog

梨子「おかしい…昨日が夏休み最後の日だったような」

梨子ママ「夢でも見たのじゃないかしら」

梨子「そっかー夢かー」


13: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 18:30:15.88 ID:wAUhfqog

その日のお昼


梨子「ハンバーグ美味しい!」

梨子ママ「どう!私の手作りよ!」

梨子(ゴミ箱に捨ててあった出来合いのハンバーグの袋は見なかった事にしておこう…)

プルルルル

梨子ママ「梨子ー!電話ー!」

梨子「ごめんなさい」

梨子「はーい。あっ千歌ちゃん!」

梨子(あれ?前にも食事中に千歌ちゃんから電話がかかってきたような…)


14: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 18:30:50.73 ID:wAUhfqog

千歌『梨子ちゃーん!お願ーい!』

梨子「どうしたの?」

千歌『今日が何の日か分かる?』

梨子「えーと…夏休み最後の日ね」

千歌『そう!だから宿題…』

梨子「駄目よ」


15: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 18:31:23.04 ID:wAUhfqog

千歌『宿題しか言ってないじゃん!』

梨子「その後に続く言葉はきっと『見せて♪』か『手伝って♪』のどちらかね」

千歌『ぶっぶーですわ!正解は両方です!宿題見せて♪写すの手伝って♪』

梨子「駄目!」

千歌『えー!!どうしてー!」


16: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 18:32:30.76 ID:wAUhfqog

梨子「宿題やってない千歌ちゃんが悪いんでしょ」

千歌『分かってます!反省しています!だからお願~い』

梨子「駄目ったら駄目!」

千歌『ええええ』

梨子「ここで甘やかしたら千歌ちゃんのためにならないわ」

千歌『そんな事ないよ。梨子ちゃんが私を甘やかせる事は私のためになるから!』

梨子「全然ためになりません!宿題は自分の力でやらないと。自分で勉強する力をつけないと将来卒業や大学進学できなくなるわ」


17: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 18:33:18.60 ID:wAUhfqog

千歌『梨子ちゃん…そこまで私の事を考えて…』

梨子「そうなのよ千歌ちゃんのためなんだから」

千歌『わかった!じゃあ冬休みの宿題は自分の力でやるように頑張るから今年の夏休みだけお願い!』

梨子「駄目ったら駄目です!」

千歌『そんなー!!』


18: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 18:34:04.78 ID:wAUhfqog

その日の夜


梨子「千歌ちゃん宿題ちゃんと終わらせたかしら…」

梨子「泣きながら宿題やってないかな…」

梨子「もしできてないならやっぱり見せてあげたほうが…」

梨子「ううん駄目よ梨子!甘やかせるような事しちゃ!千歌ちゃんのためにならないわ!」

梨子「千歌ちゃんはスクールアイドルとしてこれまでの困難を乗り越えてきたのだから今回も乗り越える事ができるはずよ!」

梨子「千歌ちゃんを信じよう!うん!」

梨子「それじゃあ、おやすみなさい千歌ちゃん…」

梨子(あれ?前にも似たような事があったような…)

梨子(気のせいね)

梨子「すぴー」


19: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 18:34:50.42 ID:wAUhfqog





梨子「…朝」

梨子「え?もうこんな時間!早くしないと学校に遅れちゃう!」


20: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 18:35:20.55 ID:wAUhfqog

梨子「おはようお母さん」

梨子ママ「おはよう梨子。今日は休みの日なのに早起きね」

梨子「え!?今日は学校行く日でしょ?」

梨子ママ「ふふっ梨子ったら寝ぼけてるわねー今日が夏休み最後の日よ」

梨子「え!?」


21: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 18:36:02.61 ID:wAUhfqog

梨子「おかしい…昨日が夏休み最後の日だったような」

梨子ママ「夢でも見たのじゃないかしら」

梨子「そっかー夢かー私ったらそそのっかしい☆」

梨子ママ「こっのー☆我が娘ながらドジっ子だぞ♪」

梨子「えへへ」


22: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 18:36:35.23 ID:wAUhfqog

梨子「ってそんなわけないでしょ!!!」

梨子ママ「急に大声出してどうしたのよ!?」

梨子「ご、ごめんなさいお母さん」


23: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 18:37:34.93 ID:wAUhfqog

梨子「夢の中で夢を見る、しかも内容が同じ」

梨子「こんな事普通じゃありえないわ」

梨子「まるで同じ時間を繰り返してるみたい…」

梨子「永遠に終わらない夏休み…」

梨子「こういうオカルト話は善子ちゃんに聞いてみたら分かるかな」


24: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 18:38:51.36 ID:wAUhfqog

梨子「もしもし善子ちゃん」

善子『ヨハネよ!』

梨子「夏休みの宿題はちゃんと終わらせた?」

善子『終わらせたに決まってるじゃない。私を誰だと思ってるの?全知全能の堕天使よ』

梨子「あら意外」

善子『失礼ね!(だってママが宿題はやったの?ってしつこく聞くんだから嫌でもやらなきゃいけなくなるのよ…)』

梨子「実はこういう話があるんだけど…」


25: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 18:42:31.82 ID:wAUhfqog

善子『永遠に終わらない夏休み?』

梨子「そうなの」

善子『まるでエンドレスエイトみたいね』

梨子「エンドレスエイト?」

善子『懐かしいな…あの時は8回も続く事にいつまで続くのよ!ってキレてたっけ』

梨子「話が読めないのだけれど?」

善子『『涼宮ハルヒの憂鬱』というアニメのエピソードよ。原作の小説もあるけど私はアニメしか見てないけどね』

善子『その作品の主人公涼宮ハルヒは不思議な力を持っていてね、簡単に言えば彼女が願うだけ世界が変わるのよ。で、ハルヒのせいで終わらない夏休みが始まるの」

梨子「どうやってその話は解決したの?」

善子『ハルヒが夏休みの最後に何かやり残していると思ってしまったためループしてしまったのよ。だから夏休みらしい事を色々やって最後に夏休みの宿題を終わらせておしまい』

梨子「それだけ?」

善子『ハルヒの場合優秀だから先に夏休みの宿題を終わらせていたのだけれども、みんなで夏休みの宿題を一緒にやりたかったみたいね』

梨子「まさか…宿題の終わらない千歌ちゃんが」

善子『実は私も夏休み最後という事で堕天使ヨハネの生放送をするのだけれどリリーも見てくれない?』

梨子「気が向いたら見ようかな…」


26: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 18:43:23.10 ID:wAUhfqog

梨子「それにしても特殊な能力なんか持ってない普通怪獣の千歌ちゃんに何故こんな事が…」

梨子「普通じゃない怪獣になったのかな」

梨子「あっ!そういばダイヤさんが昔こんな事を言っていたような…」


27: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 18:46:28.05 ID:wAUhfqog

いつかのダイヤさんスクールアイドル講義


ダイヤ「スクールアイドルには特殊な能力を持っている人がいたりします」

ダイヤ「一瞬で空港までワープしたり」

ダイヤ「天候を操ったり」

ダイヤ「未来の自分に会ったりと色んな事例があります」

ルビィ「すっごーい!」

善子「そんなオカルトありえないわ!」

花丸「善子ちゃんがそれ言うんだ…」




梨子(千歌ちゃんも能力に目覚めたのかしら…)


28: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 18:47:22.85 ID:wAUhfqog

その日のお昼


梨子「ハンバーグ美味しい!」

梨子ママ「どう?私の手作りよ!」

梨子(ゴミ箱に捨ててあった出来合いのハンバーグの袋は見なかった事にしておこう…)

プルルルル

梨子ママ「梨子ー!電話ー!」

梨子「ごめんなさい」

梨子「はーい。あっ千歌ちゃん!」


29: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 18:48:13.54 ID:wAUhfqog

千歌『梨子ちゃーん!お願-い!』

梨子「どうしたの?」

千歌『今日が何の日か分かる?』

梨子「えーと…夏休み最後の日ね」

千歌『そう!だから宿題…』

梨子「良いよ」


30: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 18:49:44.13 ID:wAUhfqog

千歌『宿題しか言って…って良いの!?』

梨子「良いわ。でも見せてあげるだけよ。ちゃんと自分で写しなさい」

千歌『うん!』

梨子「後、これっきりよ。反省して冬休みの宿題は一人でやる事」

千歌『うん。反省する!』

梨子「なら、よろしい」

千歌『わーい!梨子ちゃん大好きー!!』


31: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 18:51:38.75 ID:wAUhfqog

千歌の部屋


千歌「…よしできた!」

梨子「もう夜の9時よ。どんだけためていたの?」

千歌「スクールアイドルの活動でちょっと忙しかったからね」

梨子「スクールアイドルの活動やっているのは千歌ちゃんだけじゃないわよ?」

千歌「まぁ…そこは作詞兼リーダーですから」

千歌「あー疲れた。梨子ちゃん誉めてー」

梨子「はい、えらいえらい」

千歌「何だかお座なりな誉め方じゃない?」

梨子「だって写しただけだし」

千歌「写すのも疲れるんだよー」


32: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 18:52:20.81 ID:wAUhfqog

梨子「でも良かった。これで明日は気兼ねなく登校できるね」

千歌「う、うん…」

梨子「それじゃあ私帰るから」

千歌「あっ…梨子ちゃん」

梨子「?」

千歌「えーと…」

梨子「どうしたの?」

千歌「や、やっぱりいいや。何でもない、今日はありがとう」

梨子「どういたしまして。また明日ね」


33: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 18:55:14.60 ID:wAUhfqog

梨子の部屋


梨子「良かったー千歌ちゃん宿題終える事できて」

梨子「これでちゃんと明日は新学期になるはず」

梨子「おやすみなさい千歌ちゃん…」

梨子「すぴー」


34: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 18:55:45.54 ID:wAUhfqog





梨子「…朝」

梨子「え?もうこんな時間!早くしないと学校に遅れちゃう!」


35: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 18:56:23.62 ID:wAUhfqog

梨子「おはようお母さん」

梨子ママ「おはよう梨子。今日は休みの日なのに早起きね」

梨子「え!?今日は学校行く日でしょ?」

梨子ママ「ふふっ梨子ったら寝ぼけてるわねー今日が夏休み最後の日よ」

梨子「あれ!?」


39: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 19:00:46.95 ID:wAUhfqog

梨子「おかしい。まだ夏休みが終わってない…」

梨子「どうしてなの?」

梨子「ちゃんと宿題を終わらせたはずなのに…」

梨子「宿題以外にも何か夏休みにやり残した事があるのかしら?」


40: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 19:01:25.37 ID:wAUhfqog

その日のお昼


梨子「ハンバーグ美味しい!」

梨子ママ「どう!私の手作りよ!」

梨子(ゴミ箱に捨ててあった出来合いのハンバーグの袋は見なかった事にしておこう…)

プルルルル

梨子ママ「梨子ー!電話ー!」

梨子「ごめんなさい」

梨子「はーい。あっ千歌ちゃん!」


41: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 19:03:47.96 ID:wAUhfqog

千歌『梨子ちゃーん!お願ーい!』

梨子「宿題の事ね。良いよ」

千歌『何で分かるの!?』

梨子「何度も同じ時間を繰り返しているからよ」

千歌『善子ちゃんに何か影響されたの?』

梨子「…」


42: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 19:05:17.12 ID:wAUhfqog

千歌「…よしできた!」

梨子「お疲れ様」

千歌「あーもう9時だよ!疲れたー。梨子ちゃん誉めてー」

梨子「えらいぞ~♪よしよし♪」

千歌「何だか過剰に誉めてない?」

梨子「だって目一杯誉められたいのかなと思って」

千歌「いや、うん。梨子ちゃんにはたくさん誉められたいけどさ」

梨子「他に何かして欲しい事ある?」

千歌「急にそう言われると困っちゃうな…」

梨子「後、夏休み最後の日に何かやりたい事って無い?」

千歌「やりたい事かー」


43: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 19:08:37.49 ID:wAUhfqog

ジリジリジリ

梨子「線香花火かー」

千歌「そう。夏の終わりの思い出にうってつけでしょ」

梨子「確かにそうだね」

千歌「綺麗…」

梨子「うん…」

梨子(線香花火を見守る千歌ちゃん…花火に負けないぐらい綺麗だよ…)

梨子(…とかちょっと恥ずかしい事考えちゃうのでした)


44: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 19:09:45.57 ID:wAUhfqog

千歌「これでラストの線香花火…」

梨子「何だかセンチメンタルな気分になるね」

千歌「うん、とても寂しい気分になるんだよね」

千歌「さようなら夏休み…」

梨子(私たちは花火が消えて落ちるのを名残惜しむかのように見守りました)


45: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 19:10:25.86 ID:wAUhfqog

千歌「今日はありがとうね梨子ちゃん」

梨子「こちらこそありがとう千歌ちゃん。夏休みの最後に良い思い出ができたわ」

千歌「あの…梨子ちゃん」

梨子「うん?」

千歌「いや何でもないよ。それじゃあ、また明日」

梨子「おやすみなさい」


46: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 19:11:56.24 ID:wAUhfqog

梨子の部屋


梨子「千歌ちゃんは宿題を終えたし夏休みの最後に良い思い出を作れた」

梨子「何だか色々苦労したけど良い夏休みだったなって思える最後の日だったな」

梨子「明日こそ登校できるはずだよね、きっと」

梨子「それじゃあ、おやすみなさい千歌ちゃん…」

梨子「ぐー」


48: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 19:14:27.47 ID:wAUhfqog





梨子「…朝」

梨子「え?もうこんな時間!早くしないと学校に遅れちゃう!」


49: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 19:15:24.73 ID:wAUhfqog

梨子「おはようお母さん」

梨子ママ「おはよう梨子。今日は休みの日なのに早起きね」

梨子「え!?今日は学校行く日でしょ?」

梨子ママ「ふふっ梨子ったら寝ぼけてるわねー今日が夏休み最後の日よ」

梨子「え!?」

梨子ママ「うん?」

梨子「えええええええええええええええ!!!!???」


50: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 19:19:18.96 ID:wAUhfqog

梨子「さっきまでの流れは成功するパターンでしょ!これ!」

梨子「またなの…また繰り返すの?」

梨子「いつまで続けばいいの?」

梨子「まさか永久にこのル-プから抜け出せないんじゃ…」


52: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 19:23:59.08 ID:wAUhfqog

梨子ママ「どうしたの梨子?」

梨子「お母さん、私挫けそう」

梨子ママ「何かあったの?」

梨子「やらなきゃいけない、この壁を乗り越えないといけないと分かってるのに、失敗し続けるんじゃないか、このまま抜け出せなくなるんじゃないかって思うと怖くなるの…」

梨子ママ「そう…それは辛いわね」


53: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 19:27:57.99 ID:wAUhfqog

梨子ママ「でも本当に死にたくなるぐらい何度も挑戦したの梨子?」

梨子「え?」

梨子ママ「何回ぐらい?」

梨子「えーと最初のを1回と考えると4回かな…」

梨子ママ「それじゃまだまだ足りないわ。梨子、絶対にやらなきゃいけない、この壁を乗り越えないといけないほどの事なんでしょ?それなら4回程度じゃ挫けちゃ駄目。困難な壁を乗り越える事が出来た人は梨子よりももっと辛い目にあったけどあきらめなかったはずよ」

梨子「お母さん…」

梨子「分かった。私もう少し頑張る」

梨子ママ「それでこそ私の娘よ」ニッコリ


54: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 19:32:25.75 ID:wAUhfqog

梨子「まずは考えましょう」

梨子「このル-プを抜け出すには何が足りないのか…」

梨子「もしかしたら千歌ちゃんが原因じゃない…あるいはやっぱり夏休みの最後にやり残している事がまだあるのかしら…」

梨子「あれ?待って!」

梨子「夏休みの宿題が原因の一つなら宿題を見せてもらうのは私じゃなくても良いはずじゃない!」

梨子「曜ちゃんでも良いはず。私が宿題を見せなかった場合、千歌ちゃんは曜ちゃんに頼むはずよ。なのに私が宿題を見せなかったらまた同じ日が繰り返された…」

梨子「千歌ちゃんは私に宿題を見せてもらいたかったというのは思い上がりかしら…」


55: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 19:34:19.16 ID:wAUhfqog

梨子「良く考えたら何で私だけ繰り返している夏休み最後の日の記憶があるんだろう?」

梨子「もしかしてループが起きているのは千歌ちゃんじゃなくて私が原因なの?」

梨子「それとも千歌ちゃんは私と夏休み最後の日にやりたい事があるとか…」

梨子「何かあるはずよ」

梨子ママ「梨子ー。お菓子でも食べる?」

梨子「お菓子…あっ!!」


56: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 19:35:02.50 ID:wAUhfqog

その日のお昼


梨子「ハンバーグ美味しい!」

梨子ママ「どう?私の手作りよ!」

梨子(正直ハンバーグ飽きた…)

プルルルル

梨子ママ「梨子ー!電話ー!」

梨子「ごめんなさい」

梨子「はーい。あっ千歌ちゃん!」


57: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 19:36:08.33 ID:wAUhfqog

千歌『梨子ちゃーん!お願ーい!』

梨子「どうしたの?」

千歌『今日が何の日か分かる?』

梨子「えーと…夏休み最後の日ね」

千歌『そう!だから宿題…』

梨子「良いよ」


58: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 19:41:46.36 ID:wAUhfqog

千歌『宿題しか言って…って良いの!?』

梨子「良いわ。でも見せてあげるだけよ。ちゃんと自分で写しなさい」

千歌『うん!』

梨子「後、これっきりよ。反省して冬休みの宿題は一人でやる事」

千歌『うん。反省する!』

梨子「なら、よろしい」

千歌『わーい!梨子ちゃん大好きー!!』


59: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 19:42:39.41 ID:wAUhfqog

千歌の部屋


千歌「…よしできた!」

梨子「お疲れ様」

千歌「あーもう9時だよ!疲れたー。梨子ちゃん誉めてー」

梨子「誉めるのはやり残した事をやり終えてからよ」

千歌「え?」

梨子「千歌ちゃん、私に何か隠し事してるでしょ?」

千歌「えーと…」


60: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 19:47:39.69 ID:wAUhfqog

梨子「私も忘れていたわ。夏休みの宿題を終わらせる事にばかり頭がいってた」

梨子「私も最後の日まで残してたわけじゃないけど夏休みの宿題が終わったのはつい最近だったもの」

千歌「な、何のことだろう…あっそうだ、お菓子でも食べる?」

梨子「おかしで思い出したのよ」

千歌「…」

梨子「夏休み最後の日が期限だったもんね。歌詞できた?」

千歌「ごめんなさい、できてないです…」


61: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 19:49:21.97 ID:wAUhfqog

梨子「夏休みが終わって落ち込んでいる浦の星のみんなを元気づけるために9月中にAqoursのライブをしようって話だったでしょ?」

千歌「はい…ごめんなさい」

梨子「謝るのは良いから歌詞書こう?」

千歌「い、今から!?」

梨子「うん。夏休みが終わって登校するまではまだ時間があるよ?」


62: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 19:52:48.69 ID:wAUhfqog

千歌「でもそんなの無理だよ~」

梨子「千歌ちゃんも心残りを残したまま夏休みを終わらせたくないでしょ?ちゃんとやる事やって新学期を迎えたいよね?」

千歌「う、うん」

梨子「全然書けてないってわけじゃないでしょ?」

千歌「…途中まではできてて」

梨子「じゃあ頑張ろう、後ちょっとだよ?」

千歌「明日までに間に合うかな…」

梨子「大丈夫。私もアイディア出したりして手伝うから」

千歌「…うん!」


63: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 19:58:19.49 ID:wAUhfqog

深夜1時


千歌「ねむたい…」

梨子「ねちゃだめよ…わたしもねむたいんだから…」

千歌・梨子「ガクっ」

志満「千歌ちゃん梨子ちゃんお疲れ様。熱いお茶持ってきたわ」

千歌・梨子「わっ!!」

志満「あらあら」

千歌「危なかった…」

梨子「二人とも寝ちゃうとこだった…」


64: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 20:04:30.49 ID:wAUhfqog

千歌「必要なのは秋らしさとか」

梨子「夏が終わる寂しさを盛り込むとか」

千歌「でも暗いとこが少な目で明るい方がみんな頑張れるんじゃない?」

梨子「それもそうかもね」

梨子「後は挫けそうになるけど頑張る的な歌詞があったり」

千歌「それ良いかも」


65: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 20:07:01.67 ID:wAUhfqog

深夜3時


千歌「やったー!できた!!!」

梨子「本当にお疲れ様千歌ちゃん」

千歌「梨子ちゃんの方こそお疲れ、こんな夜遅くまでつきあってくれてありがとう」

梨子「どういたしまして」


66: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 20:08:12.10 ID:wAUhfqog

千歌「あーつかれた。ガチでつかれた…ここは誉めるとこでしょ梨子ちゃん」

梨子「千歌ちゃんまた調子に乗るー…でも」

梨子「千歌ちゃんとっても頑張ったわ。えらい!」

千歌「えへへ///」


67: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 20:08:59.58 ID:wAUhfqog





梨子「…朝」

梨子「え?もうこんな時間!早くしないと学校に遅れちゃう!」

千歌「りこちゃんうるさいよ…」

梨子「ええ!?私ってあのまま千歌ちゃんの部屋で寝ちゃったの!?」

梨子「えええええ///」


68: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 20:14:19.24 ID:wAUhfqog

美渡「起きろー寝ぼすけども!!」

梨子「美渡さん!!」

美渡「おはよー梨子ちゃん。昨日はお二人で夜遅くまでお楽しみだったみたいね」ニシシ

梨子「そ、そんなんじゃないです///ちょっと夜ふかして宿題と作詞をやっていただけですー!!」


69: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 20:15:08.76 ID:wAUhfqog

美渡「夏休みは昨日で終わり、今日から新学期でしょ?急がなくて良いの?」

梨子「え!?新学期!?本当ですか?」

美渡「うん、本当だよ」

梨子「よ、良かったー」

美渡「??」


71: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 20:16:31.85 ID:wAUhfqog

志満「梨子ちゃんも朝ごはん食べていってー」

梨子「ありがとうございます」

千歌「ねむぃ…」

美渡「しゃきっとしろ千歌!」

梨子「あっ制服とか鞄とかを家に取りに帰らないと」

梨子ママ「梨子ー!制服と学校へ行く用意を届けに来たわよ!」

梨子「お母さん!!」

梨子ママ「昨日は千歌ちゃんと夜遅くまでお楽しみだったようね」ぐへへ

梨子「お母さん///」


72: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 20:17:35.97 ID:wAUhfqog

志満・美渡・梨子ママ「いってらっしゃーい!!!」

しいたけ「わん!」

千歌・梨子「いってきまーす!!」


73: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 20:20:01.80 ID:wAUhfqog

千歌「あー憂鬱、今日から新学期なんて嫌だなあ。夏休みがずっと続けば良いのに」

梨子「終わらない夏休みなんて嫌よ。ずっと同じ事の繰り返しなんて嫌でしょ?」

千歌「確かにそうかも…」

梨子「また新しい事を始める事が出来る、それはきっと凄く楽しい事なんだと思う。スクールアイドルもそうでしょ?」

千歌「そうだね…そう思うと秋のライブが楽しみに思えてきたぞ!秋のライブに向けて頑張らなきゃ!」

梨子「良い歌詞もできたものね!」

千歌「うん!」

梨子(こうして私と千歌ちゃんの長い夏休み最後の日が終わり、新しい一日が始まりました)


終わり


74: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 20:24:58.42 ID:wAUhfqog

最後まで読んでいただきありがとうございました。


76: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 23:31:04.17 ID:EQgOnOb8



77: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/09/04(火) 23:38:24.78 ID:QmnGaMcb

おつ


引用元: ・http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1536052841

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連おすすめ記事
オススメ記事

この記事へのコメント

  1. 名無しのラブライバー:2018/09/05(水) 19:45:49

    SSとかくだらねぇんだよ早くサイト閉鎖しろよ


プロフィール

ラブライブ!通信管理人

ラブライブ!の速報や面白い話を毎日まとめています!
更新情報はこちらでツイートしているので、是非フォローしてください(^ω^)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
オススメ
週間人気記事ランキング
逆アクセスランキング
アクセスカウンタ
相互リンク
アンテナサイト