【ラブライブ!】ルビィ「お姉ちゃん、今すぐバク転できるようになって!!」ダイヤ「」

horriblesubs-love-live-sunshine-s2-08-1080p-mkv_snapshot_17-01_2017-11-26_20-26-57.png


1: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/08/08(水) 19:03:37.60 ID:UADdxCxT

ダイヤ「わたくしにバク転のコツを教えてくださいっ、何でもしますから!」ドゲザァ!!

千歌「なんだなんだ!? 突然!」



5: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/08/08(水) 19:09:36.06 ID:UADdxCxT

千歌「えっと。どうしたの、いきなり」

ダイヤ「黒澤として。姉として。為さねばならぬことがあるのですわ」

千歌「何も伝わらないんだけど」

ダイヤ「お願いですわ! どうか何も聞かずにバク転の伝授を!!」グリグリ

千歌「わ、分かった! 分かったから頭を地面に擦り付けるのはやめて!」

ダイヤ「ありがとうございます、ありがとうございます!」グリグリ

千歌「だからやめてってばぁ!」


6: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/08/08(水) 19:15:13.99 ID:UADdxCxT

ダイヤ「というわけで、体育倉庫からマットを持ってきましたわ」

千歌「じゃあやろうか。何が何だか分からないけど」

ダイヤ「それでは、よろしくお願いしますわ千歌先生」

千歌「先生はやめて。むず痒いから」

千歌「じゃあコツを簡単に説明するからよく聞いてね」

ダイヤ「はい! メモの用意もばっちりですわ!」


7: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/08/08(水) 19:17:12.58 ID:UADdxCxT

千歌「えっとね。まず、バッと勢いをつけるでしょ?」

ダイヤ「ふむふむ。バッと勢いを」メモメモ

千歌「その勢いで、グィッ!と捻ってバッ!と跳んでグルッ!と回ってスタッ!と着地するの」

ダイヤ「ふむふ……む?」

ダイヤ「千歌さん。今なんと?」

千歌「グィッ!と捻ってバッ!と跳んでグルッ!と回ってスタッ!と着地」

ダイヤ「……」メモメモ

ダイヤ「……」

ダイヤ「グィッ!と捻ってバッ!と跳んでグルッ!と回ってスタッ!と着地……ですか」

千歌「そう!」


8: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/08/08(水) 19:21:00.51 ID:UADdxCxT

ダイヤ「難しいですわね、バク転って。何も分かりませんわ」

千歌「そうだね。でも練習すればダイヤちゃんなら大丈夫だよ。頑張ろう!」

ダイヤ「……先生の選択、失敗したかもしれませんわ」





9: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/08/08(水) 19:26:14.12 ID:UADdxCxT

ダイヤ「――はっ! ……ピギャ!?」ドサッ

千歌「うーん……。上手くいかないなぁ」

ダイヤ「ま、まだですわ。もう1本……ピギャ!」

ダイヤ「ぜぇ、ぜぇ……まだまだ」

ダイヤ「とぅ! ピギッ……痛いですわ。でも、まだっ」

千歌「……ダイヤちゃん」

ダイヤ「何ですの? あっ、新しいコツの伝授とか!?」


10: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/08/08(水) 19:28:57.12 ID:UADdxCxT

千歌「休憩にしよう」

ダイヤ「え。で、でも」

千歌「疲れて変な失敗したら怪我しちゃうって。これ、見てると危なっかしいね。あの時のみんなの気持ちが分かるよ」クスッ

ダイヤ「っ、……分かりましたわ。従います」

千歌「あはは。なんか、ごめんね。自分のこと棚に上げて、卑怯な言い方だって千歌も思うんだけど」

ダイヤ「いえ。……痛いほど分かりますわ。あの時の千歌さんの気持ちも、今の千歌さんの気持ちも」


12: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/08/08(水) 19:33:20.93 ID:UADdxCxT

千歌「身体も痛いしね?」

ダイヤ「ふふっ。そうですわね」

千歌「はい。お茶、飲むよね?」

ダイヤ「ありがとうございますわ。……ずずず」

千歌「……でも、意外だな。ダイヤちゃんのこんな姿って」

ダイヤ「意外?」


13: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/08/08(水) 19:37:04.87 ID:UADdxCxT

千歌「ダイヤちゃんって、ほら。いつも涼しい顔して何でもやっちゃうじゃん」

千歌「黒澤家の長女として当然ですわー、なんて。苦労してるようなところは見せないし」

ダイヤ「実際、黒澤家の長女として当然ですもの」

千歌「うん。だから、意外だった。こんなに汗かいて、マットの埃に汚れて、髪も乱れて」

千歌「それでもまだ跳ぼうとするダイヤちゃんは、意外だよ」

ダイヤ「……幻滅しましたか? あの黒澤ダイヤもこんなものか、と」

千歌「そんな、幻滅なんて。ただ、ダイヤちゃん的にはどうなのかなって思っただけ」

ダイヤ「わたくし的には?」


14: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/08/08(水) 19:41:02.03 ID:UADdxCxT

千歌「だってダイヤちゃんプライド高いじゃん。こういう泥臭いのって、嫌いだと思ってた」

ダイヤ「ふふっ」

ダイヤ「もちろん嫌いですわよ。このわたくしが埃まみれだなんて。まったく、人様には見せられません」

ダイヤ「でもわたくしは、こんな方法しか知らないから。……ねえ、千歌さん」

千歌「?」

ダイヤ「わたくしは別に優秀な人間ではないのです。果南さんのような体力も、鞠莉さんのような柔軟な頭脳もない」

ダイヤ「わたくしは凡才ですわ。個々の才能ならルビィに劣ることも少なくない。きっと、あなたにだって」

千歌「……そんなこと、ないと思うけど」

ダイヤ「どうしてそう思うんですの?」


15: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/08/08(水) 19:45:08.54 ID:UADdxCxT

千歌「実際、何でもやっちゃうじゃん。不安そうな顔も見せないし、いつも自信満々で、自分なら出来て当たり前だって」

千歌「ダイヤちゃん、怖がることとかないし。辛いことがあってもみんなを支えて、ダイヤちゃんだけは絶対に折れない」

千歌「みんな、そう思ってるよ」

ダイヤ「――当然ですわね」

千歌「ほらぁっ!」

ダイヤ「しかしそれはわたくしが、ただのダイヤではなく黒澤ダイヤだからですわ」

千歌「……どういう意味?」

ダイヤ「黒澤の名に求められるものがある。黒澤の名を背負い積み上げてきたものがある」

ダイヤ「それらはすべて、わたくしの誇りですわ。わたくしは、才など無くともわたくしが築き上げてきたすべてを信じています」

ダイヤ「これだけのことをやって来たのだ、何を恐れることがあるものか――と」

千歌「……」


16: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/08/08(水) 19:46:38.52 ID:UADdxCxT

ダイヤ「もちろん、その道程は決して優雅なものではありませんでしたわ。あなたの言う泥臭い道でした」

ダイヤ「でもその泥が、今のわたくしを支えているのです。これからも、積み上げるべきものなのですわ」

ダイヤ「このバク転だって同じことです。黒澤の長女として求められるのならそれを果たす。ただ、それだけ」

千歌「……」

千歌「私は」

ダイヤ「ええ」

千歌「私は昔から、結構簡単に諦めちゃう子だった」

ダイヤ「らしいですわね」


17: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/08/08(水) 19:48:18.90 ID:UADdxCxT

千歌「いつも曜ちゃんや果南ちゃんと一緒にいたから。あの2人が出来ることが千歌には出来なくて」

千歌「頑張って追い抜いてやる!って思ったこともあるよ。でも、またすぐに抜き返されるんじゃないかって」

千歌「そう思ったら頑張れなかった。頑張っても敵わないなんてそんなの……怖いから」

ダイヤ「けれど、今のあなたはそうではない」

千歌「そう言ってくれるんだ?」

ダイヤ「もちろん。あなたはAqoursの、わたくしたちが認めたリーダーですもの」


18: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/08/08(水) 19:49:57.85 ID:UADdxCxT

千歌「……私は私を信じてなかった。でも、みんなが私を信じてくれたから。私が凄いって思うみんなが私を信じてくれたから」

千歌「諦めなければ私でもどこかに辿り着けるかも、輝けるかもって。そう思えたんだ……」

千歌「ダイヤちゃんは、やっぱり凄いよ。自分一人で、自分をそんなにも信じることが出来て」

ダイヤ「同じことですわ。わたくしには家が、あなたには仲間があった。それだけのこと」

ダイヤ「あなたが高海千歌に向けるその信頼――とても尊いと思いますわ」

千歌「……ありがとう」


19: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/08/08(水) 19:51:06.71 ID:UADdxCxT

千歌「えへへ。ダイヤちゃんが卒評する前に、この話が出来て良かったよ」

ダイヤ「本当に。ルビィの無茶ぶりにも感謝しませんとね」

千歌「ルビィちゃん?」

ダイヤ「何でもありませんわ、何でも」

ダイヤ「……長話をしてしまいましたわね。さあ、バク転の練習を再開しましょうか」

千歌「うん。私もしっかりアドバイスするね!」


20: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/08/08(水) 19:52:09.64 ID:UADdxCxT

千歌「ダイヤちゃんはもっとこう、思いっきりグィッとやった方がいいと思う!」

ダイヤ「さ、参考にさせてもらいますわ……」

千歌「ダイヤちゃんなら出来るよ。信じてる」

ダイヤ「ふふ」

ダイヤ「当然ですわ。誰にものを言っているつもり?」


ダイヤ「――ありがとう」

   ヒュ、タンッ…


21: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/08/08(水) 19:53:09.47 ID:UADdxCxT

――――
――

聖良「私に日舞をご教授頂けないでしょうか、何でもしますから!!」ドゲザァ

海未「は、函館からはるばる!? 何事ですか、いったい!?」


おしまい


22: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/08/08(水) 19:55:01.33 ID:UADdxCxT

~ダイヤちゃんのバク転☆虎の巻~

|c||^.- ^|| ワンポイント!
グィッ!と捻ってバッ!と跳んでグルッ!と回ってスタッ!と着地ですわ!

それから――仲間への感謝を


ルビィ「??? ……なにこのメモ」


本当におしまい


24: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/08/08(水) 19:56:24.16 ID:UADdxCxT

これにておしまいです
ありがとうございました


25: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/08/08(水) 20:00:18.19 ID:mJSWj3YQ

面白かった!


31: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/08/09(木) 07:55:59.52 ID:o/HO8Fd/

おつおつ


26: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/08/08(水) 20:47:32.88 ID:gahFA2Id

いいね~
SSって感じがする


引用元: ・http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1533722617

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連おすすめ記事
オススメ記事

この記事へのコメント

  1. 名無しのラブライバー:2018/08/10(金) 06:36:21

    SSとかくだらねぇんだよ早くサイト閉鎖しろや


  2. 名無しのラブライバー:2018/08/10(金) 13:06:46

    ダイヤさんの全てが尊い。。


プロフィール

ラブライブ!通信管理人

ラブライブ!の速報や面白い話を毎日まとめています!
更新情報はこちらでツイートしているので、是非フォローしてください(^ω^)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
オススメ
週間人気記事ランキング
逆アクセスランキング
アクセスカウンタ
相互リンク
アンテナサイト