【ラブライブ!】善子「世間を偽る」千歌「仮の姿」

1826de40e6eaa0c16a76f8aa4df9ed80.jpg


1: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/07/29(日) 18:48:20.82 ID:Sb/SW72F

とあるお店

千歌「どうしたの善子ちゃん。さっきからずっと黙ってるけど……」

善子「……私は、馬鹿でどうしようもない女よ」

千歌「どうしたの? 急に……」

善子「黙って聞いて。私は確かに、頭は良くないし、運動ができるわけじゃないし、不幸体質で、偶に堕天使なんて言っちゃう痛い奴で……自分のダメなとこなんて、いくらでも出てくるわ」

千歌「そんなこと……」

善子「でもね、たった一つだけ……世界中の誰にも……貴女の幼馴染にだって負けない事がある。それは……千歌、貴女を思う気持ちよ」

千歌「うぇえ!?///な、なにもー!やだなもー!!ど、どうしたの急に?」

善子「……付き合ってから三年、貴女にどうしても伝えたい事があってね」

千歌「な、なに……?///」

善子「……千歌、私と……私とっ……」

千歌「……///」

善子「私と―――」

ピ-ピ-! ピ-ピ-!

善子「っ―――」

千歌「なに? 続けて? 」



2: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/07/29(日) 18:49:32.64 ID:Sb/SW72F

善子「……ちょっと待ってもらっていい?」

千歌「えっ?」

善子「すぐ戻るから、ちょっと待ってて」スクッ

千歌「うん……」

善子「ごめんね……」スタスタスタ カシャッ  

『―――こちらシャイニー。こちらシャイニー。ヨハネ、応答しなさい』

善子「……こちらヨハネ。こちらヨハネ。どうしたの?」

シャイニー『仕事よ。今来日中のコトホノナンダヨチュンナ共和国外相、コトホノナンダヨチュンナ・チュンチュンを殺しなさい』

善子「ちょっと待ちなさい。今私はね、世間を偽る仮の姿で付き合っている彼女に、プロポーズしようとしてるのよ」

シャイニー『なにを言っているの。これは重要な任務よ。そんな事どうでもいいじゃない』

善子「どうでもいいってなによ!こっちはね、世間を偽る仮の姿の私の、人生最大の山場なのよ!」

シャイニー『……確かに、世間を偽る仮の姿の貴女にとって今は、世間を偽る人生の最大の山場なのはわかるわ。けどこれは重要なミッションなのよ』

善子「ちょっと待ちなさいよ。ってことはなに?世間を偽る仮の私は、どうなったっていいってこと……?」


5: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/07/29(日) 18:51:06.89 ID:Sb/SW72F

シャイニー『世間を偽る仮の貴女には申し訳ないけれど、これはインポータントなミッションなの。頼んだわよ、ヨハネ』

善子「ちょっと待ちなさいよシャイニー! シャイニー!! シャイニー!!! シャ―――」プツッ

善子「シャ! ………」カチッ スタスタ

善子「ごめんね」

千歌「大丈夫?」

善子「えぇ、大丈夫よ」カタッ

千歌「……じゃあさっきの続き、善子ちゃんの気持ち……聞かせて?」

善子「……その件なんだけど、ちょっと待ってもらってもいい?」

千歌「えっ……?」

善子「いや…ちょっと色々あって……」

千歌「色々ってなぁに?」

善子「いや、そんな大変なことじゃなくて、ちょっとね……」

千歌「……うん、わかった。今までもずっと待ってたんだもん。いくらだって待てるよ」

善子「……待たすのは、これで最後にするから」

千歌「………やだもー!///なにもー!やだもー!バカもー!///やだー!///やだぁ!!」

善子「嫌なの!?」

千歌「あ、そうじゃなくて!そうじゃないの!」

善子「ちょっとだけ待っててよ……」

千歌「うん!わかった!」

善子「お願いね……」スタスタ カチャ

ピ-ピ-! ピ-ピ-!

善子「こちらヨハネ、こちらヨハネ。ヨーソロー、応答せよ」


6: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/07/29(日) 18:52:47.31 ID:Sb/SW72F

ヨーソロー『こちらヨーソローこちらヨーソロー!』ジャ-ジャ-!!

善子「ヨーソロー、仕事よ」

ヨーソロー『えっ!?』ジャ-ジャ-!!

善子「今来日している―――」

ヨーソロー『ちょっと聞こえないよ!もっと大きい声で喋ってよ!!』ジャ-ジャ-!!

善子「ヨーソロー!仕事があるのよ!」

ヨーソロー『はい!美味しい焼きそば、ヨーソロー!』

善子「ちょっとヨーソロー聞こえてんでしょ!?仕事よ!」

ヨーソロー『あっ、ごめんお客さん。自分でお水運んでもらえるかな?』ジャ-ジャ-!!


善子「ヨーソロー!今来日しているコトホノナンダヨチュンナ共和国外相、コトホノナンダヨチュンナ・チュンチュンを殺しなさい」

ヨーソロー『無理!今世間を偽る仮の姿で営業中の海の家がめちゃくちゃ混んでるんだよ!』ジャ-ジャ-!!

善子「知らないわよそんなの!」

ヨーソロー『なんで知らないの!?』ジャ-ジャ-!!

善子「仕事なんだと思ってんのよ!?」

ヨーソロー『こっちだって仕事だよ!そっちがやってよそんなの!!』ジャ-ジャ-!!

善子「バカ!こっちはね、世間を偽る仮の姿で付き合っている彼女に、今プロポーズしようとしてるのよ!!」

ヨーソロー『知らないよ!』ジャ-ジャ-!!

善子「なんで知らないのよ!」


9: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/07/29(日) 19:01:49.55 ID:Sb/SW72F

ヨーソロー『はい!美味しいヨキソバ大盛りヨーソロー!』

善子「……あんた、自分のコードネームを挨拶にすんじゃないわよ」

ヨーソロー『いや気に入っちゃってさぁー』ジャ-ジャ-!!

善子「知らないわよ……」

ヨーソロー『はい!美味しいヨキソバ、ヨーソローダブルで!』

善子「………え、なに?ヨーソローって具材なの!?」

ヨーソロー『知らないよ!』ジャ-ジャ-!!

善子「なんで知らないのよ!?あんたの店でしょ!?とにかく頼んだわよ!」

ヨーソロー『ちょっとヨハネ!?無理だよヨハネ!!ヨ―――』ガチャッ

善子「……ごめんね?」スタスタ 

千歌「うん……それより、さっきから何の話?ヨハネとか……」

善子「……ん?ヨハネ??いや、言ってないけど……」

千歌「言ってたよヨハネって」

善子「言ってないよヨハネって」

千歌「言ってたも~ん!」

善子「言ってないも~ん!」

千歌「言ってました~!」

善子「言ってません~!」

千歌「言ってたも~ん!!」

善子「言ってないも~ん!!」

千歌「聞いたんだも~ん!!」

善子「言ってないもんだってー!!」

千歌「言ってたよぉー!!」

善子「あぁあれじゃないかしら?あのー……挙式ーとは言ったけど……」

千歌「挙式!?」

善子「うん、それは言った」


11: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/07/29(日) 19:09:22.08 ID:Sb/SW72F

千歌「いゃぁあああ!!///もーやだもー!///やだぁーー!!それってつまり―――やだやだもぉー!!///絶対やだぁ!!!」

善子「嫌なの!?」

千歌「違うの、違うのぉ……裏返し裏返し」

善子「裏返さないでよ…」

千歌「裏返して受け取ってぇ… ///」

善子「なんで裏返すのよ。よく分かんないわよ……」

千歌「じ、じゃあじゃあ、改めて……善子ちゃんの気持ち、聞かせてください///」

善子「えぇ……この私と、結婚してください!」

千歌「―――」

ピ-ピ-! ピ-ピ-!

千歌「っ――ごめん、ちょっと待ってて」

善子「どうしたの?」

千歌「すぐ返事するからちょっと待ってて、ごめんね……」スタスタ

ガチャッ

ヨーソロー『こちらヨーソローこちらヨーソロー。ミカン、応答せよ』

千歌「……こちらミカン、どうしたの?」


12: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/07/29(日) 19:09:58.77 ID:Sb/SW72F

ヨーソロー『仕事だよ。今来日しているコトホノナンダヨチュンナ共和国外相、コトホノナンダヨチュンナ・チュンチュンを殺して』

千歌「ちょっと待ってよ。今それどころじゃないの」

ヨーソロー『えっ?』ジャ-ジャ-!!

千歌「それどころじゃないのっ!」

ヨーソロー『ちょっともっとおっきい声で喋ってよ!』ジャ-ジャ-!!

千歌「それどころじゃなのぉ!今世間を偽る仮の姿で付き合ってる人に、やっとプロポーズされたところなの!……私、あの娘と幸せな家族になるんだぁ。えへへ///」

ヨーソロー『なに普通のこと言ってんのさ』ジャ-ジャ-!!

千歌「普通で何が悪いんだぁーーー!!!」

ヨーソロー『キレすぎだよ……』 ジャ-ジャ-!!

千歌「私たちこうなるのに3年もかかったんだから!」

ヨーソロー『こっちだってソース作るのに5年かかってんだよ!?』

千歌「年数は関係ない!」

ヨーソロー『そっちが言ったんじゃん!とにかく頼んだよ!』ジャ-ジャ-!!

千歌「ちょっと待ってよ!」

ヨーソロー『それからミカン!』ジャ-ジャ-!!

千歌「なに!?」

ヨーソロー『………幸せになりなよ』プツッ

千歌「……やだぁ///」


13: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/07/29(日) 19:35:11.58 ID:Sb/SW72F

千歌「ごめんね?」スタスタ

善子「大丈夫?……早速だけど、さっきの返事聞かせてもらっても、いい?」

千歌「……ちょっと待って欲しいの」

善子「どうしたの?迷ってる?」

千歌「そうじゃないの!すぐ返事するから待ってて!ごめんね?」

千歌「こちらミカンこちらミカン、シャイニー応答せよ」

シャイニー『こちらシャイニーこちらシャイニー、どうしたのミカン』

千歌「ちょっと仕事を頼みたいの」

シャイニー『ちょっと待って。今世間を偽る仮の姿でやってるバイトがベリィ ビジー「ちょっと何さぼってんのー?」………ソーリー、忙しいから切るわね』

千歌「ちょっと待ってよシャイニー!シャイニー!!シャッ―――」

マリチャンハヤクヨキソバモッテッテヨ!

オーウソーリーソーリー!

善子(…なんか厨房の方が騒がしいわね)

千歌「…ごめんね?待たせちゃって」

善子「えぇ、大丈夫よ。あっ、ちょうど料理が来たみたい!」

「ハーイ!美味しいヨキソバ二人前、ヨーソローデース!」


15: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/07/29(日) 19:41:00.70 ID:Sb/SW72F

―――


千歌「―――で、どうだった?」

梨子「うーんそうね……話はよく出来てたけど、もう少し笑いどころが欲しいかも……」

曜「めっちゃちゃんと審査してる!?」

花丸「でもビックリしたずら!まさかミカンがスパイだったなんて!」

善子「こっちはこっちでしっかり物語楽しんでいるわね……」

果南「でも、結構面白かったよ。完成度もそこそこ高かったし」

ダイヤ「ぶっぶーですわ!そこそこの完成度ではいけません!優勝を目指すからにはもっと練習するべきですわ!」

ルビィ「うゆ!鞠莉ちゃん、曜ちゃん、善子ちゃん、千歌ちゃん、スクールアイドルコント大会、頑張ルビィ!」

鞠莉「センキュールビィ!さぁて、本番まで時間もないし、もう一回通しでやりましょうか!」

善子「まったく、なんで私まで……」


17: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/07/29(日) 19:59:18.31 ID:Sb/SW72F

千歌「……ねぇねぇ善子ちゃん」ヒソヒソ

善子「なぁに、千k―――」

―――前を歩く七人に続いて歩こうとすると、ふいに袖を引かれ、囁く声に振り向く。
次の瞬間には、オレンジ色の髪が目に入ると同時に、唇に柔らかい感触があった。

一瞬で顔全体に熱が広がる。苦手なはずの柑橘系の香りを私の鼻腔に残して離れた彼女は、耳まで真っ赤にして、でもまっすぐ私の目を見ていた。

「……いつかコントじゃなくって、本当のプロポーズ、待ってるからね」

そう言って千歌は、私を追い越して走っていく。
その後ろ姿はとても眩しくて、まるで私とは違う世界に向かっていくような―――

「……はっ」

思わず、乾いた笑いが口から洩れる。まったく笑える。なにを今更って感じだ。
私と彼女の住む世界なんて、最初から違っているのに―――

ピーピー! ピーピー!

きっと私は、いつか裁きを受ける。そしてそれを受ける覚悟もできているつもりだ。
だから、それまでの間。地獄に落ちるその時までは、この幸せを感じてても、いいよね……。

カチャッ

『こちらラブアローこちらラブアロー。ヨハネ、応答しなさい』

「……こちらヨハネ。ラブアロー、どうしたの?」

―――すぐに私は、甘かったことを知る。
たくさん人を殺してきた私は、誰かの大切な人を奪い続けてきた私には、人並みの幸せすらも許されないのだということを。

『仕事です―――』

……いや、もしかしたら
これこそが、私に与えられた罰なのかもしれない――




『静岡県浦の星女学院のスクールアイドル「Aqours」のリーダー、高海千歌を―――


殺しなさい』


18: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/07/29(日) 20:10:08.24 ID:Sb/SW72F

「貴女にしては珍しく仕事が滞っているようですが……」

「対象に情を持つなんて、ノンハラショーよ」

「『氷の女王』。あんたの力はかりないわ」


「そんなっ……信じてたのに!」

「千歌ちゃんから、はなれるずら!」

「善子ちゃぁ、どうして……?」

「私は……もう戻れない!これしか生き方を知らないのよ!」



「私、いいよ。善子ちゃんになら」

「千歌ぁ―――!!!」

善子の決断は?

次回
「堕天使と普通怪獣」


19: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/07/29(日) 20:10:40.09 ID:Sb/SW72F

終わり


20: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/07/29(日) 20:17:09.01 ID:JXenrDGY

おつ


21: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/07/29(日) 20:21:25.67 ID:0aK7cBB4

ディケイド最終話予告並みに気になる
ともあれ乙


引用元: ・http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1532857700

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連おすすめ記事
オススメ記事

この記事へのコメント

  1. 名無しのラブライバー:2018/07/31(火) 22:23:20

    SSとかくだらねぇんだよ早くサイト閉鎖しろ


プロフィール

ラブライブ!通信管理人

ラブライブ!の速報や面白い話を毎日まとめています!
更新情報はこちらでツイートしているので、是非フォローしてください(^ω^)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
オススメ
週間人気記事ランキング
逆アクセスランキング
アクセスカウンタ
相互リンク
アンテナサイト