【ラブライブ!】ルビィ 「もしもし、こんにちは。」

1484520881-b5398d962c5ff80ff57e7da3f31889e4.jpg


2: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/04/06(金) 19:52:38.73 ID:x7v/9dYD

ルビィは…小さい頃からなにをしてもおねえちゃんに負けてきた。
お琴、日本舞踊、習字、いろいろやってきたけどどれもだめだった。
でも、ひとつだけ…たったひとつだけおねえちゃんにも、誰にも負けないくらい大好きなものがあった。
それはね…スクールアイドル。
スクールアイドルっていうのはね、普通の高校生がいろいろな理由や目標を持って自分たちの想いや、願いを歌やダンスで表現したりすること…
ちょっと違うかもしれないけどルビィはそうおもってるんだ。
ルビィが遠くから眺めてきたスクールアイドル。
そんなすごいものをルビィが、やることになるなんて。
夢にもおもわなかった。
あの日、あの人から言われるまでは…



3: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/04/06(金) 19:53:02.36 ID:x7v/9dYD

ルビィ 「あ…あぁぁ!!今日も寝坊だよぉ…!」

ルビィ 「おねえちゃん…なんで起こしてくれなかったの…?!」

ダイヤ 「おねえちゃんはなんども起こしましたわよ。でも、そのたびにルビィが、あともうちょっとだけ…とか言って寝てしまってこの時間になってしまったのですわ。」

ルビィ 「ぴぎっ…!ル、ルビィ、そんなこと言ったの…!?」

ダイヤ 「ええ、確かに言いましたわ。そんなことよりルビィ、おねえちゃんは朝会の準備があるので、先に行きますが、遅刻しないように来るのですよ。」

ルビィ 「え、え…おねえちゃん、先に行っちゃうの…?ルビィといっしょに行ってくれないの?」

ダイヤ 「いっしょに行きたいのは山々なのですが、時間がそれを許さないのですわ。ごめんなさい。」

ドアガチャン

ルビィ 「あ、ルビィもいそがなきゃ…!いってきまーす…!」

ドアガチャン


4: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/04/06(金) 19:53:52.92 ID:x7v/9dYD

ルビィ 「あ…バス行っちゃったよぉ…今日はついてないなぁ…」

ルビィ 「うゅ…?あれ、なんだろ…?」

ルビィ 「ぴぎっ…!!これって…携帯電話…だよね…??持ち主の人は困ってるよね…」

ルビィ 「どうしよう…?あ、バス来ちゃった…!」


ルビィ 「ふぅ…よかったぁ…乗れて!それより…これを、どうにかしないと…」

ルビィ 「…電話帳みたらなにかわかるかなぁ…??」

ルビィ 「…ぴぎっ!な、なにこれ…?これって…ルビィの電話番号だよね…?」

ルビィ 「なんで…落とし物の携帯に登録されてるの…?!ルビィの電話番号なんて、花丸ちゃんとおねえちゃんと、お母さんと、お父さんだけ…」

ルビィ 「おねいちゃんの携帯でも、お父さんの携帯でも、お母さんの形態でもないし…花丸ちゃんは電話番号は知ってるけど携帯は持ってないって言ってた…」

ルビィ 「じ、じゃあ…これは誰の…??」…ターラタンタンタラタッタタララタッタタ


5: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/04/06(金) 19:54:35.86 ID:x7v/9dYD

ルビィ 「ぴぎゃぁ!な、なにっ!?」

ルビィ 「あ…電話がかかってきちゃったよぉ…でてもいいのかなぁ…でも、落とした人が掛けてきてるのかもしれないし…」

ルビィ 「…きれいな曲…この曲なんて言うんだろ…?あ、でないときれちゃうよぉ…!」


ルビィ 「…もしもし?」

??? 「もしもし、こんにちは。あなたは黒澤ルビィさん…だよ、じゃなかった…!黒澤ルビィちゃんですよね??」

ルビィ 「ル、ルビィの名前をどうして知ってるんですかっ?!」

??? 「…そりゃぁもちろん知ってるよ…!だって、私が…あ!これは言っちゃだめだったんだぁ…」

ルビィ 「うゆ…?」


6: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/04/06(金) 19:55:26.24 ID:x7v/9dYD

??? 「あのね、あなたが持っているその携帯は実は私が落としたものじゃないの…その携帯はあなたに持っていてほしいからあそこに置いたんだ…」

ルビィ 「うゆ…?ど、どういうことですかぁ…??」

??? 「うーん、むずかしいよね…とりあえず、その携帯はあなたが持っていて?ときどき電話をかけると思うからそのときはでてほしいなぁ…?」

ルビィ 「よ、よくわかんないけど…持っていていいんですね…?」

??? 「うんっ!よろしくねー!」ブチッ…ッーツーツー

ルビィ 「なんだったんだろう…?あ、着いた」


7: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/04/06(金) 19:56:04.55 ID:x7v/9dYD



-放課後‐

ルビィ 「花丸ちゃん、いっしょに帰ろう?」

花丸 「あ、ルビィちゃん…ごめんね…マル、今日は図書当番の日だから先に帰ってて…!」

ルビィ 「そっか…!がんばるビィだよ、花丸ちゃん!じゃあねー!」

花丸 「うん、また明日ー!」


ルビィ 「花丸ちゃんと今日はかえりたかったのになぁ…でも、図書当番なら仕方ないよね…!」…ターラタンタンタラタッタタララタッタタ

ルビィ 「ぴぎっ!び、びっくりしたぁ…電話かぁ…」


8: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/04/06(金) 19:57:03.06 ID:x7v/9dYD

??? 「あ、もしもし?ルビィちゃん?」

ルビィ 「そうですけど…なにかありましたか…?」

??? 「なにもないわけじゃないけど…ルビィちゃん!」

ルビィ 「ぴぎゃ!な、なんですかぁ…」

??? 「ズバリ!ルビィちゃんは今日、花丸ちゃんと帰れなくて落ち込んでいる!」

ルビィ 「え、えぇ…!な、なんでわかったんですかぁ!すごいです!」

??? 「そ、そうかな…?ルビィちゃんのことならなんでもわかるよ!」


10: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/04/06(金) 19:57:32.97 ID:x7v/9dYD

ルビィ 「ほんとにすごいですっ!あ、そういえば…お名前、なんていうんですか?」

??? 「え、えっと…な、名前…??」

ルビィ 「うゆ…?あなたの名前です!」

??? 「うーん…名前は…あ、そうだ!かよ、って呼んで!」

ルビィ 「かよ…さんですか?わかりました!」

かよ 「うんっ!じゃ、ばいばいー!」ブチッッ-ツーツー

ルビィ 「かよ…さんかぁ…」


11: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/04/06(金) 19:58:23.95 ID:x7v/9dYD



-次の日-

ルビィ 「よかったぁ…今日は早く起きれた…」ターラタンタンタラタッタタララタッタ…

ルビィ 「ぴぎゃ!な、なに…?こんな朝から…携帯…!」

ルビィ 「…も、もしもし?」

かよ 「もしもし、ルビィちゃん?おはよう」

ルビィ 「…おはようございます…!」

かよ 「ルビィちゃん、今日はいい日になるよきっと!」


12: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/04/06(金) 19:59:21.16 ID:x7v/9dYD

ルビィ 「いきなり、なんですかぁ…それ」

かよ 「んー…おまじない…?かなっ!じゃあ、学校がんばっるビィだよっ!」

ルビィ 「ぁ、えっと」ツーツーツー…

ルビィ 「いいことってなんのことだろ…?」



-学校-

千歌 「スクールアイドル部でーす!春から始まる、スクールアイドル部!よろしくお願いしまーす!」

千歌 「あなたも!あなたも!スクールアイドルやってみませんか?輝けるアイドル!スクールアイドルーー!」

曜 「千歌ちゃん…」

千歌 「う…スクールアイドル部でーす…」


13: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/04/06(金) 19:59:48.86 ID:x7v/9dYD

千歌 「今、大人気のスクールアイドルでーーーーす」

千歌 「あの!スクールアイドルやりませんか?」

花丸 「あ…ずら!?」

ルビィ (いいことってこのこと…?スクールアイドル…かよさんはこんな日をいい日なんて…)

千歌 「あずら?」

花丸 「い…いいえ」

曜 「大丈夫!悪いようにはしないから!」

千歌 「あなたたちきっと人気が出る!間違いない!」

花丸 「いいや…でも丸は…」

曜 「さ!さ!ささ!興味あるの?」

ルビィ 「…ライブとか、あるんですか?」


14: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/04/06(金) 20:00:16.57 ID:x7v/9dYD

ルビィ (聞くだけならいいよね…だって気になるんだもん…)

千歌 「ううん、これから始めるところなの。」

ルビィ 「そうですか…」

千歌 「だから、あなたみたいなかわいい人にはいってほしいんだけど…」

ルビィ 「…ルビィは無理です…!ごめんなさい…!」

花丸 「あ…ルビィちゃん…!」

花丸 「えっと…失礼するずら…!」

千歌 「えっと…?私、変なことしちゃったかな…?」


15: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/04/06(金) 20:00:44.78 ID:x7v/9dYD



-放課後‐

ルビィ (今日はいろんなことがあったなぁ…朝からスクールアイドルの話がでてくるなんて…)

ルビィ (善子ちゃんにも会えたし…ほんとにいろいろあったなぁ…)

ターラタンタンタラタッタタララタッタ…

ルビィ 「ぴぎっ!かよさんかぁ…!」

かよ 「もしもし、ルビィちゃん…?学校、今日はどうだった??」

ルビィ 「…楽しかったですよ…」

かよ 「…?ルビィちゃん?スクールアイドル部はいらなかったの?」

ルビィ 「…‼どうしてそれを…?」


16: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/04/06(金) 20:01:12.64 ID:x7v/9dYD

かよ 「ぴぎっ…!あ、え、えっと…き、聞いたんだよー?…友達から!」

ルビィ 「スクールアイドル部…ルビィははいりません…」

かよ 「…どうして?ルビィちゃんはずっと前からスクールアイドルが好きだったでしょ…?」

かよ 「小さい頃からおねえちゃんといっしょにみてきたじゃん…!どうして…はいらないの…?」

ルビィ 「…ルビィにはできません…あんなにキラキラしたこと…それに…おねえちゃんだって」

ルビィ 「たしかに、昔からの憧れでした。スクールアイドルは…で、でも!ルビィがやることじゃない…」


17: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/04/06(金) 20:01:40.75 ID:x7v/9dYD

かよ 「…ルビィちゃん、あのねル、ぁ…私、昔ねスクールアイドル…やってたの!」

ルビィ 「…!」

かよ 「わたしたちのグループはね、通っていた学校の廃校を阻止するためにスクールアイドルをやっていたの。結局…廃校は免れなかったけど、Aqoursのみんなと想い出がつくれて楽しかったんだ…!」

ルビィ 「Aqours…?」

かよ 「ルビィちゃんも…スクールアイドル、やってみない??きっと楽しいよ!」

ルビィ 「かよさん…ルビィがやってもいいのかな…?」

かよ 「スクールアイドルは、ルビィちゃんも知ってる通り普通の高校生がしてること。やっちゃいけない人なんていないんだよ…!」


18: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/04/06(金) 20:02:09.17 ID:x7v/9dYD

ルビィ 「…かよさん、ルビィ…やってみようかな…!」

ルビィ 「スクールアイドル…!」

かよ 「…うん!がんばってね…!応援してるよ!」ブチッ…ツーツーツーツー

ルビィ 「スクールアイドル…!がんばってみようかなっ!」

ルビィ 「…そうだ!花丸ちゃんも誘ってみようかな!」

‐それから少し経ったある日‐

ルビィ 「よかった…今日も早く起きれたよ…!やっぱり、かよさんとのことがあったからかな…!」

ルビィ 「いってきまーす…!」


43: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/04/06(金) 20:21:58.96 ID:x7v/9dYD

>>19 ありがとうございます。句読点ですね


20: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/04/06(金) 20:02:36.47 ID:x7v/9dYD



ルビィ 「あ、花丸ちゃん…!おはようー!」

花丸 「あ、ルビィちゃん おはようー」

ルビィ 「ねぇねぇ、花丸ちゃん!きいて、きいて!ルビィね、スクールアイドル部はいるんだぁ!」

花丸 「スクールアイドル…?あ、昨日の…」

ルビィ 「うんっ!そうだよ!花丸ちゃんもルビィといっしょにはいらない??」

花丸 「ずらっ?!まるには…むりだよ」

花丸 「運動ニガテだし…ルビィちゃんみたいにかわいくないし…」

ルビィ 「…そんなことないよっ!あのね、μ'sって知ってる?過去にラブライブで優勝したスクールアイドルチームなんだけどね…」


21: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/04/06(金) 20:03:04.66 ID:x7v/9dYD

ルビィ 「そのなかに、ルビィたちと同じ高校1年生でラブライブで優勝した星空凛ちゃんっていう子がいるんだけどね…」

ルビィ 「凛ちゃんも、花丸ちゃんみたいに自分はかわいくないって思ってアイドルなんて向いてないつて思ってたんだって。」

ルビィ 「でもねでも好きだった!やってみたいと思った!最初はそれでいいと思うけど…?」

花丸 「あ…」

ルビィ 「この前のライブのとき、花丸ちゃんきらきらしてたよ…!スクールアイドルやりたいんじゃなかったのかな…?」

ルビィ 「ルビィはね、スクールアイドルがやりたい!花丸ちゃんと!」


22: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/04/06(金) 20:03:31.83 ID:x7v/9dYD

花丸 「あ…まるにできるかな…?」

ルビィ 「大丈夫だよっ!ルビィがいるもん!」

花丸 「ルビィちゃん…!」

ルビィ 「いっしょにがんばろう?」

花丸 「…うんっ!」


23: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/04/06(金) 20:03:52.86 ID:x7v/9dYD



ルビィ 「失礼します…スクールアイドル部ってここですか…?入部したいんでs 曜 「あ!このまえの!ちょっと待っててね!千歌ちゃーん!」

梨子 「ちょっと曜ちゃん…!」

千歌 「曜ちゃーん?どうしたのー?」

曜 「入部したいってー!ルビィちゃんと、花丸ちゃんがー!」

千歌 「うそっ?!」


24: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/04/06(金) 20:04:46.48 ID:x7v/9dYD



ルビィ・花丸 「「これから、よろしくおねがいします!」」

曜 「うん!こちらこそよろしくね!」

梨子 「大変だと思うけどいっしょにがんばろうね…!」


25: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/04/06(金) 20:05:14.69 ID:x7v/9dYD



千歌 「…じゃあいっくよー!」

曜 「あ、ルビィちゃんたち、真似してやってみてねっ!」

ルビィ 「うゅ…?」

花丸 「ずら…?」

千歌 「Aqours…サーン…」

千歌・梨子・曜 「「「シャインー!!!」」」

花丸 「…シャイン?!」

ルビィ 「…!?Aqours…!」


26: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/04/06(金) 20:05:46.54 ID:x7v/9dYD



ルビィ (どうして…?どうして、あったこともないかよさんが、Aqoursを知っていたの…?)

ルビィ (そして…Aqoursのみんなと楽しいおもいでをつくったって…)

ルビィ (曜さんか、千歌さんか、梨子さんの誰かなのかなぁ…?あ、それとも…花丸ちゃん…?)

ターラタンタンタラタッタタララタッタタ…

ルビィ 「あっ!」

ルビィ 「も、もしもし?!」

かよ 「ぴぎっ!ど、どうしたの…?ルビィちゃん…!」


27: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/04/06(金) 20:06:13.46 ID:x7v/9dYD

ルビィ 「かよさんって、千歌さんですか?!」

かよ 「??ど、どうしたの?!ルビィちゃん」

ルビィ 「うゆ…千歌さんじゃないなら曜さんですか…?!」

かよ 「いやいやいや、曜さんじゃないよ…ルビ、じゃなかった、私はかよだよ」

ルビィ 「うゅ…な、なら、梨子さんですかっ?それか、花丸ちゃん…?!」

かよ 「いっかい落ち着こう…?!あのね、ルビィちゃん。私は、千歌さんでも、曜さんでも、梨子さんでも…もちろん、花丸ちゃんでもないよ。」

かよ 「私は、かよだよ…!」

ルビィ 「…そうですよね…!ご、ごめんなさいっ!ルビィ…変なこと言っちゃって…」


28: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/04/06(金) 20:06:41.38 ID:x7v/9dYD

かよ 「ううん、全然大丈夫だよっ!」

かよ 「それより、ルビィちゃん!」

ルビィ 「うゆ…?!」

かよ 「明日は、携帯を壊さないようにね!ライブもあるでしょ?気をつけてね!」

ルビィ 「携帯…?」

かよ 「うん、携帯だよ。とにかく気をつけてー!」ブチッ…ツーツーツーツー…

ルビィ 「携帯、か…」


29: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/04/06(金) 20:07:08.79 ID:x7v/9dYD



‐次の日‐

ルビィ 「ふわぁぁ…まだねむい…」

ルビィ 「早く学校行かないと…!」


30: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/04/06(金) 20:07:54.24 ID:x7v/9dYD



ルビィ 「あ、花丸ちゃんだぁー!」

ルビィ 「花丸ちゃーん!!」

花丸 「ルビィちゃん!おはようずら!」

ルビィ 「うんっ!おはよう!」

花丸 「あ、そういえばもうすぐ初ライブだね…初ライブがんばるずら!」

ルビィ 「うんっ!もちろん!」

花丸 「ル、ルビィちゃん…?!あれっ!」

ルビィ 「うゆ?!あぶないっ!」

花丸 「ルビィちゃん?!」

キキッー!!……アブネーダロッ!


31: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/04/06(金) 20:08:22.53 ID:x7v/9dYD

花丸 「ルビィちゃん?!大丈夫…??」

ルビィ 「いたたたた…」

ルビィ 「あ、よかったぁ…ネコさんが無事で…!」

花丸 「もうすぐライブなのに…怪我するとこだったずらっ!あぶなかったよ!」

ルビィ 「花丸ちゃん…!ごめんなさい…!」

花丸 「…ううん 無事でよかったずら…!」

ルビィ 「…うんっ!あ…携帯…」

花丸 「壊れちゃったね…」

ルビィ 「うん…」


32: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/04/06(金) 20:08:52.61 ID:x7v/9dYD



千歌 「今度のライブの曲は夢で夜空を照らしたい、だよ!」

梨子 「やっと昨日、最終チェックがおわったの」

梨子 「これ、きいてみて…?」ターラタンタンタラタッタタララタッタタ…

ルビィ 「ぴぎっ!?で、でんわ…?」

曜 「?電話なんてなってないよ…?」

ルビィ 「えっ…?」

花丸 「ルビィちゃん…?」


33: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/04/06(金) 20:09:10.20 ID:x7v/9dYD



千歌 「今度のライブの曲は夢で夜空を照らしたい、だよ!」

梨子 「やっと昨日、最終チェックがおわったの」

梨子 「これ、きいてみて…?」ターラタンタンタラタッタタララタッタタ…

ルビィ 「ぴぎっ!?で、でんわ…?」

曜 「?電話なんてなってないよ…?」

ルビィ 「えっ…?」

花丸 「ルビィちゃん…?」


34: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/04/06(金) 20:09:57.00 ID:x7v/9dYD

すみません、連投してしまいました


35: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/04/06(金) 20:10:27.29 ID:x7v/9dYD

ルビィ 「…あ、ル、ルビィの勘違いだったみたいです…!あはは…」

ルビィ (…ううん、きっと勘違いなんかじゃないよ…だって、今梨子さんがながしているこの曲…)

ルビィ (この曲は間違いなく、かよさんの携帯からながれてくる着信音…)

ルビィ (ルビィが素敵だとおもったあの曲…)

梨子 「どうかな…?」

花丸 「とってもいい曲ずらっ!」

ルビィ 「素敵な曲だとおもいます…」

千歌 「じゃあ、曲も聞き終わったことだし、あと少し練習でもしよっか!」

曜 「そうだね!がんばろー!」


36: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/04/06(金) 20:10:55.46 ID:x7v/9dYD



ルビィ (かよさんに電話しなきゃ…着信音のこと、たしかめないと…!)

ルビィ 「…」プルルルル…

かよ 「…もしもし?ルビィちゃん?」

ルビィ 「はいっ!ルビィです」

ルビィ 「あ、あの…携帯の着信音のこt かよ「…あ!そういえば!携帯大丈夫だった??」

ルビィ 「…かよさん…?」

ルビィ 「携帯は…壊れてしまいました…でも、もう新しいのかいま…」?!


37: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/04/06(金) 20:11:23.44 ID:x7v/9dYD

ルビィはここではじめて気付いた。
ルビィが、新しく買った携帯がかよさんが落としたものと同じだったこと、そして…新しく買った携帯の着信音をかよさんが、落とした携帯と同じ曲…『夢で夜空を照らしたい』にしたこと…

かよ 「…もしかして…気付いちゃった…?」

ルビィ 「…はい…かよさん、質問いいですか?」

かよ 「うん、いいよ」


38: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/04/06(金) 20:11:51.26 ID:x7v/9dYD

ルビィ 「かよさんの本当の名前は…ルビィ…黒澤ルビィですよね…?」

かよ 「うん…!そうだよ…やっと気づいてくれたんだね…」

かよ 「ちなみに…どうしてかよ、なのかわかる?」

ルビィ 「…!もちろんですっ! ルビィが大好きな花代ちゃんですよね…?!」

かよ 「…うんっ…!そうだよ…!よかったぁ…」

ルビィ 「…?」

かよ 「あのね、私がどうしてこんなことしたのかわかる?」

ルビィ 「うゅ…わかりません…」

かよ 「私はね、私に救われたんだ…!意味は…わかんないかもしれないけど…きっといつかわかる日が来るから…!」


46: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/04/06(金) 22:15:00.34 ID:x7v/9dYD

>>45 
すごく丁寧にご指摘ありがとうございます。
花陽ちゃんのとこは気づいてなかった…
次からは大事な部分はやっぱりきちんと考えが直したほうが良さそうですね


39: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/04/06(金) 20:12:19.54 ID:x7v/9dYD

ルビィ 「…?」

かよ 「だから、そのときはまた…救ってあげてね…!…私を!」

かよ 「私のときは…学校は廃校になってしまったけど…あなたのときはどうか、廃校にならないようにがんばって…!」

ルビィ 「うゅ……ルビィにはできないかもしれません…」

かよ 「ううん、そんなことない…!絶対できるよ!私はできなかったけど、あなたは私よりも素晴らしいものを持ってる…絶対だいじょうぶだよっ!」

かよ 「もしも、廃校になってしまっても…ラブライブには絶対でてね!」

かよ 「あそこでしか、みれない景色があるから…!」


40: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/04/06(金) 20:13:00.85 ID:x7v/9dYD



それから、月日はながれ初ライブも成功し、Aqoursのメンバーはおねいちゃんたちもいれて9人になりました。
そして、未来の私の願いだった浦の星女学院の廃校はなくなり、浦の星女学院の歴史は続いていくこととなりました。
もちろん、ラブライブにもでました。
ラブライブでは優勝という結果を残し、浦の星の名を刻んできました。
あのときの電話の相手は未来の私…だよね…?
浦の星女学院の存続も決まってラブライブでも優勝した。


41: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/04/06(金) 20:13:28.23 ID:x7v/9dYD

私は未来の私に望むことはもうない…
あ、ひとつだけ…!
あのとき、未来の私が電話を掛けてくれていなかったらAqoursにはいることもなかったんだ…!
じゃあ、私は過去の私にAqoursの一員であることをお願いしようかな…!
だって、Aqoursのみんなで過ごせたからこうして笑っていられるんだもん。
未来の私、Aqoursのみんなに出会わせてくれてありがとう…!


42: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/04/06(金) 20:13:55.79 ID:x7v/9dYD

今日は私が携帯を拾ったあの日。
今頃拾ってくれたかなぁ…
そろそろ電話、かけよう…!

ルビィ 「もしもし、こんにちは。あなたは…

end


44: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/04/06(金) 20:38:12.50 ID:R6VJwHvI


かよはかよちん本人だと思ったらまさかのルビィちゃんだった


48: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/04/06(金) 22:31:36.20 ID:HVN+oekT

タイムリープ系?こういうの良いね

1周目のルビィちゃんはどうだったのか気になる


49: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/04/07(土) 00:50:25.98 ID:DJ+wMKNJ

乙一のcalling youやんけ!

でもこれはかわいくてハッピーエンドでよかった


47: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/04/06(金) 22:25:36.87 ID:xmFfiCGr

ほのぼのしててすこ
おつです!


引用元: ・http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1523011907

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連おすすめ記事
      
オススメ記事

この記事へのコメント

  1. 名無しのラブライバー:2018/04/07(土) 23:23:31

    謝罪も釈明もなしにだんまりを決め込む「ラブライブ通信」管理人

    問題の記事はこちら↓
    ttps://i.imgur.com/R4lG4Zr.jpg


  2. 名無しのラブライバー:2018/04/07(土) 23:28:27

    芝崎とオフパコするための連絡かな?


  3. 名無しのラブライバー:2018/04/08(日) 00:04:45

    SSとかくだらねぇんだよ早くサイト閉鎖しろ


  4. 名無しのラブライバー:2018/04/08(日) 00:35:06

    ※2、障害者さん早く寝なさい


プロフィール

ラブライブ!通信管理人

ラブライブ!の速報や面白い話を毎日まとめています!
更新情報はこちらでツイートしているので、是非フォローしてください(^ω^)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
オススメ
週間人気記事ランキング
逆アクセスランキング
アクセスカウンタ
相互リンク
アンテナサイト