【ラブライブ!】凛「凛がことりちゃんと一緒にモデルさんに!?」

lovelive2_05_41.jpg


1: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/03/09(金) 22:33:24.31 ID:NVg2vu1T

ことり「お世話になってるデザイナーさんからお願いされたの。それで、見せてもらったお洋服、凛ちゃんにぴったりだなぁって。ほら、これ!」

凛「わっ! そんな可愛い服、凛には似合わないよ!」

ことり「ぜったいにぴったりだよぉ! 一回着てみようよぉ!」

凛「で、でも、凛は……」

ことり「今、部室に誰もいないの! ほら、一緒に行こう!」

凛「ちょ、ちょっと……! 分かった! 分かったからぁ~!」

……………………
………………
…………
……



2: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/03/09(金) 22:35:17.76 ID:NVg2vu1T

ことり「どうかな? あけてもいい?」

凛「うぅ……」

ことり「ん? りんちゃ……」ガチャ

凛「あっ! そ、その、一応着てみたけど、やっぱり、凛にはとても……」

ことり「や~ん!!! かわいいっ~!!!」

凛「にゃっ!?」


3: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/03/09(金) 22:36:30.92 ID:NVg2vu1T

ことり「丈もぴったり! 思ったとおりだよぉ!」サワサワ

凛「くすぐったいにゃあ!」

ことり「このお洋服、ラナンキュラスっていうお花をイメージして作ったんだって! パッと明るくて、かわいくて、魅力的で、凛ちゃんにぴったりだと思ったんだぁ!」

凛「そ、そうなの?」

ことり「うん! お花の妖精さんみたいで、とってもかわいいよぉ!」

凛「あはは……」


4: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/03/09(金) 22:37:52.90 ID:NVg2vu1T

ことり「どうかなぁ? 一緒にやってみない?」

凛「……」

ことり「凛ちゃん?」

凛「そのっ、ちょっと考えてもいいかな?」

ことり「もちろん! あ、でも今週中には教えて欲しいな」

凛「う、うん」

……………………
………………
…………
……


5: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/03/09(金) 22:40:29.76 ID:NVg2vu1T

週末 ―凛の部屋―


凛「はぁ、もう金曜日なのに今日も言えなかったよ……」

凛「少し前までスカートだって履けなかった凛がモデルさんなんて、そんなの無理に決まってるよ」

凛「…………」


凛(だったらはやく断ればいいだけなのに、どうして凛はそうしないの?)

凛(もう明日は土曜日だし、断るなら少しでも早いほうがいいはず。だけど……)


ブブブブブ


凛「わっ!? ……ことりちゃんだ」


6: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/03/09(金) 22:41:43.03 ID:NVg2vu1T

凛「もしもし?」

ことり『凛ちゃん? 急にごめんねぇ。いま、だいじょうぶ?』

凛「うん」

ことり『よかったぁ! あのね、この前の話なんだけど……』

凛「そ、そのことなんだけど、その、やっぱり凛には無理かなぁって」

ことり『え?』

凛「ほら、凛、ずーっとじっとしてるのとかできそうにないし」

ことり『……』


7: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/03/09(金) 22:43:41.76 ID:NVg2vu1T

凛「返事が遅くなっちゃってごめんね! ほら、かよちんとかどうかにゃ? きっとすっごくかわい……」

ことり『凛ちゃん、あしたって空いてるかな?」

凛「へ? あした?」

ことり『もしよかったら、……ことりとデートしませんか?』


……………………
………………
…………
……


9: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/03/09(金) 22:45:27.37 ID:NVg2vu1T

翌日 ―待ち合わせ場所―


ことり「凛ちゃん! 待たせちゃった?」

凛「ううん、凛も今来たとこだよ」

ことり「じゃあ、どこか入ろっか。近くに行きつけのお店があるの。そこでいいかな?」

凛「うん!」


10: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/03/09(金) 22:46:35.04 ID:NVg2vu1T

凛「こんなおしゃれなところに入ったのはじめてだよ……、大丈夫かな?」

ことり「大丈夫だよぉ! ほら、ケーキもあるの! ここのチーズケーキが美味しいの! 一緒に取りに行こっ!」

凛「わかったにゃ!」


11: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/03/09(金) 22:48:04.01 ID:NVg2vu1T

凛「ふわぁ~……! おいしいにゃ~……!」

ことり「でしょっ! ここのチーズケーキ、何層にも分かれてていろんな味が楽しめるの!」

凛「ことりちゃんのチーズケーキ、表面が光ってるみたい」

ことり「これはね、表面がキャラメリゼされてるの! はい、ひとくちどうぞ!」

凛「あーん、んむんむ……、ん! 香ばしくて甘くてこっちもおいしいにゃ!」

ことり「えへへ、ことりのお気に入りなの!」

凛「やっぱり我慢できない! もう一つ取りに行ってくるにゃ~!」タタタッ

ことり「あっ! 走っちゃダメだよぉ!」


12: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/03/09(金) 22:51:23.41 ID:NVg2vu1T

凛「ふぅ、おいしかったー! 今度かよちんにも教えてあげよっと!」

ことり「よかったぁ」

凛「…………」

ことり「凛ちゃん? だいじょうぶ?」

凛「……あの、今日、凛を誘ったのってさ、この前のことだよね?」

ことり「……!」

凛「その、やっぱり、凛の返事が遅かったから……」

ことり「ちがうの!」


13: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/03/09(金) 22:53:32.08 ID:NVg2vu1T

ことり「凛ちゃんが嫌だっていうなら、それでもいいの。凛ちゃんに着てほしいっていうのは、ことりのわがままだから」

凛「だったら、どうして?」

ことり「その、勘違いだったらごめんね? ことりには、凛ちゃんが迷ってるように見えたから」

凛「……!」

ことり「もし、やってみたいっていう気持ちが少しでも凛ちゃんの中にあるなら、それを押し込めちゃうのはもったいないなって思ったの」

凛「…………」

ことり「どうかな?」


15: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/03/09(金) 23:00:06.52 ID:NVg2vu1T

凛「ちょっと前まではね、凛、こんなこと思ったこともなかったんだ」

凛「でもね、かよちんとみんなのおかげで、その、女の子らしいこと、とか、色々やってみて、それが楽しくなってきて」

ことり「うん」

凛「それでね、モデルさんとかもやってみたいって思ったの。……ちょっとだけだけどね」

ことり「うん」

凛「でも、少し怖くて」

ことり「こわい?」


16: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/03/09(金) 23:03:57.79 ID:NVg2vu1T

凛「モデルさんって、お洋服とか、帽子とか、アクセサリーとか、そういうものの魅力を伝えるお仕事でしょ?」

凛「だったら、凛なんかよりももっと似合う人がした方がいいんじゃないかって思って」

凛「……でも、やってみたいって気持ちも消えなくて」

凛「えへへ、わがままだよね、こんなの。少し前まではスカートだって着れなかったのに」


ことり「そんなことないよ」


凛「え?」


17: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/03/09(金) 23:06:59.26 ID:NVg2vu1T

ことり「凛ちゃんはおかしくない。わたしだって怖いよ」

凛「ことりちゃんが?」

ことり「このお洋服、好きだけど似合うかな、とか、他の人ならこの衣装のデザインもっとよくできるかな、とか、そんなことばっかり考えてるもん」

凛「…………」

ことり「でも、それでもやめられないの。凛ちゃんがわがままなら、ことりもわがままになっちゃう」

凛「違うよ! ことりちゃんは凛と違って女の子らし……」

ことり「違わないよ! ことりも凛ちゃんもおんなじ女の子だよ!」

凛「ことりちゃん……」


18: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/03/09(金) 23:09:24.92 ID:NVg2vu1T

ことり「……あー、あー、ごほん! 凛ちゃん!」

凛「は、はい!?」

ことり「凛ちゃんはとってもかわいくて、女の子らしい女の子です! ほんの少しだけ女の子として先輩のことりが保証します!」

凛「!」

ことり「ことりのこと、信じられませんか?」

凛「……そんな聞き方、ずるいにゃ」

ことり「えへへっ」


凛「分かった! 凛、やってみる! ことりちゃんと一緒にモデルさんやってみる!」


ことり「うん! よろしくね、凛ちゃん!」


19: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/03/09(金) 23:12:03.72 ID:NVg2vu1T

ことり「まだお昼過ぎだね。凛ちゃんは行きたいところある?」

凛「うん! お礼に凛の行きつけの店を紹介するにゃ!」

ことり「ほんと!? やったぁ!」

凛「この先にあるラーメン三郎っていうところなんだけどね! こってりしたスープがとっても美味しいの!」

ことり「……へ?」

凛「注文の仕方も凛が教えてあげるから心配しなくていいよ!」

ことり「ま、まって、気持ちは嬉しいけど、ことりはそういうのは……」

凛「ぜったいにおいしいよ! 凛を信用するにゃ! ほら、はやくいっくにゃあ!」


ことり「え、えぇ~!? だ、だれかたすけてぇ~! ほのかちゃ~ん! うみちゃ~ん!」



おわり


22: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/03/09(金) 23:17:01.23 ID:dec5N3vr

よかった


23: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/03/09(金) 23:17:36.88 ID:DXtgiPWa

やっぱことりんは良いな


引用元: ・http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1520602404/

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連おすすめ記事
      
オススメ記事

この記事へのコメント

  1. 名無しのラブライバー:2018/03/10(土) 19:22:01

    謝罪も釈明もなしにだんまりを決め込む「ラブライブ通信」管理人

    問題の記事はこちら↓
    ttps://i.imgur.com/3WSmWXz.jpg


  2. 名無しのラブライバー:2018/03/10(土) 20:38:16

    SSとかくだらねぇんだよ早くサイト閉鎖しろや


  3. 名無しのラブライバー:2018/03/10(土) 21:07:30

    良い


  4. 名無しのラブライバー:2018/03/10(土) 22:14:27

    最近ことりんの株が上がってきてるな


プロフィール

ラブライブ!通信管理人

ラブライブ!の速報や面白い話を毎日まとめています!
更新情報はこちらでツイートしているので、是非フォローしてください(^ω^)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
オススメ
週間人気記事ランキング
逆アクセスランキング
アクセスカウンタ
相互リンク
アンテナサイト