【ラブライブ!】花陽「恒常性 μ's」

CsX1n8_VMAAMoI_.jpg


1: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 18:34:49.26 ID:sRSiuB7C

【んえつゅし】

なんみのずーゅみ



2: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 18:35:57.17 ID:sRSiuB7C

皆さんこんにちは

私の名前は小泉花陽

お米とアイドルが好きな普通の女子高生です


3: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 18:36:37.63 ID:sRSiuB7C

「かよちんおっはよーっ!」


この子は星空凛ちゃん。私の幼馴染です


凛「ん~?どうしたの?」


元気で可愛くて、

とっても愛らしい私の大切な幼馴染なんです


4: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 18:37:25.54 ID:sRSiuB7C

凛「今日も学校まで競争にゃーっ!」ザッ


バヒュンッ!!


ちょっと脚がカモシカみたいに逞しいけど、とってもスレンダーな美人さんです


5: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 18:38:36.07 ID:sRSiuB7C

凛「かよちん遅いにゃー!」


凛ちゃんは凄く脚が速いんです

私が精一杯走って30分もかかる道でも

彼女は3分足らずで走り抜けてしまいます


凛「あ!かよちんみてみて!」

凛「音ノ木三柱神だにゃ!」


6: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 18:39:33.29 ID:sRSiuB7C

穂乃果「やぁやぁ、花陽ちゃん!」

ことり「おはよう!」

海未「園田海未。特技は筋トレです」


この人達は二年生の海未先輩とことり先輩

そして穂乃果先輩です

内気で冴えないこんな私を部へ誘ってくれた
とても素敵な先輩達です


7: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 18:40:30.23 ID:sRSiuB7C

穂乃果「さぁ!今日も元気にアイ活だよ!」

ことり「授業中の筋トレメニュー渡すね?」

海未「園田海未。趣味は生卵を飲む事です」


ちょっと身体がボブサップみたいなんだけど、気さくでとてもいい人達なんです


8: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 18:41:17.31 ID:sRSiuB7C

凛「三人ともおっはよー!」

穂乃果「凛ちゃんおはよー!」

ことり「今日も素敵な大腿筋だね♪」

海未「園田海未。好物は胸鎖乳突筋です」

穂乃果「あ~分かるよそれ」

ことり「急いでるみたいだけど、なにかあるの?」

凛「実はね~、これから真姫ちゃんの所に行こうとしてたんだよ」


9: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 18:42:09.74 ID:sRSiuB7C

そうなんです。

私のせいで少し遅れてしまったのですが、

これから真姫ちゃんに会いに行く予定だったのです


10: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 18:42:58.84 ID:sRSiuB7C

穂乃果「真姫ちゃんのとこ?なんでまた」

ことり「…うふふ。ことりは分かるよ?」

凛「さっすがことりちゃん!」

穂乃果「なに?筋肉の話?」

海未「園田海未。足音は西木野の調べです」


11: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 18:43:45.45 ID:sRSiuB7C

凛「それじゃあまた後でね!」

ことり「うん、じゃあね」

穂乃果「??」

穂乃果「…取り敢えず十字懸垂しよ」バッ

ことり「あ、ズルいよ穂乃果ちゃん!」バッ

海未「園田海未。勉学は筋肉の栄養です」


と言うわけで、

真姫ちゃんのいる音楽室へ急ぐ事にします


12: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 18:44:39.52 ID:sRSiuB7C

【音楽室】


ポロロ~ン♪

凛「お、弾いてる弾いてる!」


真姫ちゃんはこうしてたまに朝早く来ては
一人ピアノを弾いているのです

私も凛ちゃんもこれが聴きたくて、今日も早めに学校へ来ちゃいました


13: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 18:45:19.04 ID:sRSiuB7C

ジャーン…。


「…ふぅ」


パチパチパチパチッ


「!?」


凛「素敵だにゃー!」パチパチ


「…あら、花陽に凛じゃない」


真姫「おはよう」


14: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 18:45:53.16 ID:sRSiuB7C

この子が西木野真姫ちゃん

私と同じ一年生です

とっても大人っぽくて頭も凄く良いんですよ


真姫「今日は少し早いのね」

真姫「そんなに私のピアノが聴きたかったのかしら?」


15: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 18:46:29.40 ID:sRSiuB7C

彼女のピアノはとても素敵で、

まるで魔法の様な音色を奏でてくれます


凛「えへへ~」

真姫「じ、冗談よ!冗談!」

真姫「真に受けないでよ!もうっ」


16: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 18:47:31.27 ID:sRSiuB7C

真姫ちゃんのピアノを聴くために早起きした事も、実は何度もあるんです


凛「いやぁ、流石真姫ちゃんだよ!」

凛「末はショパンかベートーベンかにゃ?」

真姫「そ、そんなわけ…っ」

凛「もしかしたら真姫ちゃんのピアノを聴くために宇宙人まで来ちゃうかもよ~?」

真姫「な…っ//」


真姫「~っっっ///」カチッ


ボフンッ!


17: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 18:48:53.01 ID:sRSiuB7C

ミミズク「…」


凛「あらら…言い過ぎたにゃ」


ちょっと恥ずかし過ぎると変身しちゃう癖があるんだけど、実はとっても優しいんです


凛「ま、真姫ちゃん!冗談だよ?冗談」

ミミズク「…」


18: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 18:49:48.95 ID:sRSiuB7C

凛「もう、しょうがないなぁ」ダキッ

ミミズク「…」

凛「じゃあかよちん」

凛「このまま教室まで行こう?」


そうでした

真姫ちゃんのピアノに夢中ですっかり忘れちゃってました

早く教室に行かないと怒られちゃいます。


19: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 18:50:58.38 ID:sRSiuB7C

【廊下】


「おは~よ~」

凛「あ!希ちゃん!」


この人は希先輩。三年生です


希「やぁ、花陽ちゃんに凛ちゃん」


21: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 18:51:37.31 ID:sRSiuB7C

希「元気しとる?」

凛「元気だにゃー!」

希「うんうん、よろしい」


私がまだ部へ馴染めず、塞ぎ込んでいる時にとても優しくしてくれた

みんなのお母さん的存在です


22: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 18:53:00.23 ID:sRSiuB7C

希「これから教室に行くん?」

凛「あ、そうだった!」

希「…ん?」

ミミズク「…」

希「あれま」

希「また真姫ちゃんボッフンしちゃたん?」

ミミズク「…」

希「しょうがないやんねぇ」ナデナデ


23: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 18:55:27.98 ID:sRSiuB7C

細やかな気配りが出来る人でもあるんです

憧れちゃいます


希「…」ガサガサ

凛「あー!」

凛「それガルボの新しい奴にゃ!」

希「あ、分かる?」

希「これホンマ美味しくってな~」

希「思わず15袋も買ってもうたんよ~」


24: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 18:56:19.22 ID:sRSiuB7C

凛「いいなぁ」

希「お陰さまでしばらくダイエットは無理やんね~」タプン


ちょっと体重が私の3倍くらいあるけど、面白くて優しい先輩なんです


25: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 18:57:14.07 ID:sRSiuB7C

凛「凛にもちょうだ~い!あーん!」

希「ええよ~。はい、あーん」

凛「あむっ」

凛「おいひー!」

希「花陽ちゃんも。はい、あーん」


この人と過ごす時間はとても和やかで

私は凄く落ち着きます


26: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 18:58:03.91 ID:sRSiuB7C

ミミズク「…」ツンツン

凛「え?」

凛「…あっ!か、かよちん!」

希「ん?」

希「あちゃ~、もうこんな時間かぁ」

凛「そ、それじゃあ希ちゃん!また後でね」

希「うん、二人ともまた後でな?」


またやってしまいました…


それでは、頑張って授業を受けて来ます。


30: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 19:32:02.05 ID:sRSiuB7C

~放課後~


【部室】

凛「おつかれにゃー!」

真姫「お疲れ」

穂乃果「お疲れさまー!」

ことり「お疲れさま♪」

海未「園田海未。夕刻の本懐です」


ここはみんなが集う部室です

私を大きく変えてくれるキッカケをくれた、
とても大切な場所なんです。


31: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 19:33:09.57 ID:sRSiuB7C

ことり「今日のメニューはこなせた?」

凛「バッチリにゃ!」

穂乃果「うんうん!」

穂乃果「前脛骨筋も良く仕上がってるね!」

海未「園田海未。甘きは長指伸筋です」

凛「き、厳しいにゃ~!」

真姫「当然よ」

ことり「あはは」

ガチャ


32: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 19:34:28.43 ID:sRSiuB7C

にこ「はぁ…はぁ……っ」

真姫「あら、にこちゃん」

凛「部長さんのお出ましにゃー!」


この人はにこ先輩。三年生です


ことり「お疲れさま」

にこ「おつかれ…ハァ…」

凛「大丈夫?」

にこ「ち、ちょっと…座るわね…」


33: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 19:35:53.13 ID:sRSiuB7C

穂乃果「にこちゃんまたそんな筋肉して!」

穂乃果「なんで鍛えないの!?」

真姫「…」クルクル

海未「園田海未。驚異の体脂肪率です」


この部の部長さんでもある彼女

唯一私と同じ趣味を持つ人でもあります


34: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 19:37:15.53 ID:sRSiuB7C

にこ「う、うっさいわね…」

にこ「あんた達と…ハァ…一緒にすんじゃ…ゲホッ…ないわよ…っ」

穂乃果「もう少し脂肪付ければ絶対ビルドアップ出来るのになぁ」

ことり「筋肉を愛する事によって筋肉からも愛されるんだよ?」

海未「園田海未。脂質は善き筋肉へです」

にこ「…ハァ」


ちょっと体重が私の半分くらいしか無いけど、頼れるお姉さんって感じです


ガチャ


35: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 19:38:23.38 ID:sRSiuB7C

「Какой цвет ваш прикладом?」
(お疲れ様)


穂乃果「お疲れー!」

凛「お疲れにゃ!」

「Стань моей женщиной」
(みんな、今日も頑張りましょう)


この人は三年のセルゲイさん

なんとロシア人のクォーターさんと言う凄い人なんです。


48: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 20:03:22.81 ID:QbfqEIG+

>>35
こんなんずるいわ


36: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 19:39:46.25 ID:sRSiuB7C

ガチャ

希「お疲れや~ん」

セルゲイ「О, я хочу пойти」
(あ、希)


この二人は生徒会の会長さんと副会長さんでもあります。

二人が揃うと本当に頼もしいです


37: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 19:40:48.37 ID:sRSiuB7C

希「おー、せるっち先に来てたん?」

セルゲイ「тюрьма Я больше не хочу домой」
(あはは、そうみたい)


この間、生徒会で作ってると言う凄く凝った広報誌を貰っちゃいました。

流石の出来栄えです


38: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 19:41:43.00 ID:sRSiuB7C

希「あれぇ?せるっち髪切った~?」

セルゲイ「Лизать задницу?」
(あ、分かった?」

希「うん、だって後ろが少し刈り上かってるんだもんw」

セルゲイ「беременность Вы делаете?」
(男はやっぱり刈り上げだよね~w)


ちょっと載ってる写真とプロフィールがセルゲイさんと違うけど、でも凄い人なんです


39: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 19:46:32.29 ID:sRSiuB7C

穂乃果「よし!これで全員揃ったね!」

ことり「それじゃあ着替えて屋上行こ?」

海未「園田海未。昼の珍獣サーカス団です」

真姫「ほら、にこちゃん立って」

にこ「に、にこぉ…」

セルゲイ「молоко ягодицы бедра」
(今日は晴れて良かったね)

希「そうやんねぇ」

凛「凛は走りたくてウズウズしてるよ!」


小さく情けなかったあの私は、
運命に惹かれる様にこの場所へ来ました

そして、大切な人達と出逢えたんです


40: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 19:48:29.41 ID:sRSiuB7C

穂乃果「それじゃあ始めるよ!」

穂乃果「筋肉部ーっ!」

穂乃果「ファイ!オーッ!!」


『オーッ!!!』


ちょっとやりたかった事と違うけど、大事の前の小事です。気にしません


凛「あ、そうだ!」

凛「かよちん、話しがあるんだよね?」


41: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 19:55:50.64 ID:sRSiuB7C

なんという事でしょう

お話に夢中ですっかり忘れていました。


穂乃果「え?なになに?」


これは、私達のこれからを左右するとても大事なお知らせなんです。


穂乃果「なにこれ?」ピラッ

穂乃果「年に一度の…アイドル達の祭典…」


「ラブライブっっっ!!?!!!?」ドッッッ

にこ「うっ…!」ドテッ


42: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 19:58:14.96 ID:sRSiuB7C

バッシャァアアンンンンッッッ!!!!!


ことり「あらぁ…」

海未「園田海未。凡そ170dBです」


昨日、業者さんが張り替えたばかりの窓ガラス計四枚が全て吹き飛びました


43: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 19:59:39.02 ID:sRSiuB7C

真姫「なんなの?そのラブライブって」

穂乃果「アイドル達の闘いだよ!」

穂乃果「肉と肉とのせめぎ合いだよっ!」

ことり「血湧き肉踊るねぇ♪」

海未「園田海未。地上最強への道です」


44: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 20:00:31.26 ID:sRSiuB7C

凛「アイドルってなにするの?」

穂乃果「闘うんだよ!」

セルゲイ「рот Пожалуйста, сделайте это.」
(待ってくれ、争いは得意じゃない)

穂乃果「何言ってるのさ!」

穂乃果「生きる事は闘う事なんだよ!」


45: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 20:01:18.13 ID:sRSiuB7C

希「でもな~、うちこんなんやしぃ」ポヨン

穂乃果「大丈夫だよ!」

穂乃果「廃校の危機もこの筋肉で捩じ伏せる事が出来たんだもん!」

穂乃果「きっと優勝できるよっ!」

にこ「うぅ…」ヨロッ


46: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 20:02:26.20 ID:sRSiuB7C

ことり「よし、じゃあまずは練習しよっか」

真姫「本当にそんなんで大丈夫なわけ?」

凛「真姫ちゃん自身ないにゃ~?」

真姫「そ、そんな訳ないでしょ!」

真姫「ただ余りにも短絡的だったから少し気になっただけよ!」

海未「園田海未。思考を上回る感性です」


47: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 20:03:09.68 ID:sRSiuB7C

穂乃果「喋っててもしょうがないよ!」

穂乃果「とにかく屋上へ行こう!」

『おーっ!!』


こんなみんなが、私は大好きです。


50: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 20:35:02.60 ID:sRSiuB7C

穂乃果「じゃあ先ずは準備体操だよっ!!」

穂乃果「いつものポーズから~っ」

穂乃果「…スゥ」

「ハアッッッ!!!!!」バオッ

にこ「うぅ…っ!」ドテッ


51: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 20:36:02.32 ID:sRSiuB7C

穂乃果「…あ」

ことり「ほ、穂乃果ちゃん!気を付けないとっ」

真姫「にこちゃん!」

希「にこっち!大丈夫なん!?」

にこ「だ、大丈夫よ…」

にこ「でも…せめてアンタの1/3でもあれば」

希「ウチだって分けてあげたいんよ…」

セルゲイ「Свинина и фасоль」
(二人とも、大丈夫なの?)


52: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 20:37:57.32 ID:sRSiuB7C

穂乃果「…」

穂乃果「にこちゃん!」

にこ「な、なによ…」

穂乃果「そんなんじゃアイドルの覇道は歩めないよっ!!」

にこ「っ!」

穂乃果「にこちゃんのアイドルへの気持ちってそんな物だったの!?」


穂乃果ちゃんのアイドルに対する熱い気持ち

花陽も負けてられません


53: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 20:39:00.14 ID:sRSiuB7C

ことり「あ、謝らないと…っ」

バッ

ことり「え?」

海未「園田海未。精神は肉体の枷です」

ことり「海未ちゃんまで…」

にこ「~っ」

にこ「や、やってやるわよっ!」

ことり「!」

にこ「私がこんな事で諦める訳ないでしょうがっ!!」


54: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 20:43:10.11 ID:sRSiuB7C

そうです

諦めない気持ちこそ、何よりも大切なんです


にこ「てゆーか!」

にこ「元々そっちがやりたかったのよっ!」

穂乃果「うん、流石にこちゃん!」

ことり「…そうだね」

ことり「筋肉を信じれば、それだけ筋肉も答えてくれるもんね」

海未「園田海未。敬虔なる肉奴隷です」


55: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 20:44:48.26 ID:sRSiuB7C

真姫「でも、あまり無理はしちゃ駄目よ?」

にこ「…」

真姫「な、なによ?」

にこ「…ありがとう」ニコッ

真姫「っ//」

にこ「真姫ちゃんのそう言うところも大好きにこっ!」


56: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 20:45:57.32 ID:sRSiuB7C

真姫「ッッッ///」カチッ

ボフンッ!

コヨーテ「…」

にこ「あらら」


この人達となら、本当に高みを目指せるんじゃないかって

そう思えて仕方ない私がいます


57: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 20:47:00.43 ID:sRSiuB7C

穂乃果「次は筋肉との対話トレーニングだからね!」

ことり「何処をどうして欲しいのかちゃんと話し合わないと駄目だよ?」

にこ「正直、このトレーニングだけは未だに理解出来ないわ」

希「そう?ウチは結構楽しいよ?」

にこ「…アンタと筋肉との間には分厚い壁があるけどね」

希「あっ!言ったな~!」


58: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 20:51:07.22 ID:sRSiuB7C

希「必殺ワシワシマーックス!」ガシッ

ゴキッ

にこ「ギャオオオオオオオンッッ!!!」

希「あらぁ」

コヨーテ「アオーンッ!」

凛「半腱様筋くん~、どう言う風に鍛えられたい~?」スリスリ


59: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 20:51:58.96 ID:sRSiuB7C

にこ「」

希「…あれ?」

希「そう言えば、穂乃果ちゃん達は?」

セルゲイ「Хороший аромат」
(あっちにいるよ?)


穂乃果「…」

海未「…」


60: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 20:53:27.56 ID:sRSiuB7C

ことり「…ふふ。始まったね」


今、この二人がやってる特訓はどうやら、
二人だけの特別なメニューらしいんです。


海未「……」

海未「…穂乃果」


61: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 20:54:13.31 ID:sRSiuB7C

穂乃果「…」

海未「貴方、本気で言ってるのですか?」

穂乃果「…そうだよ」

穂乃果「私、やめます」

海未「…」

穂乃果「筋肉愛好家…やめます」


62: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 20:56:30.48 ID:sRSiuB7C

海未「っ!」ヒュンッ

バチンッ

穂乃果「っ」

海未「……」

海未「…最低です」

穂乃果「…」


海未「貴方は最低ですっ!!」


63: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 20:57:48.31 ID:sRSiuB7C

ことり「いいよ!二人ともっ!」


いつ見ても、凄く緊迫感があります

見てるこっちがドキドキしちゃうくらいです


ことり「感じるよ…感情のボルテージが最高潮まで高まってるのを」


海未「…」

穂乃果「…」


64: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 20:59:17.30 ID:sRSiuB7C

穂乃果「…くっ!」


ことり「そこだ!行けっ!!」

海未「園田海未。精神の限界です」

ことり「あぁああもうっ!!!」

ことり「あと一息だったのにぃ!!」

穂乃果「やっぱりこの壁は高いねぇ!」

海未「園田海未。対話力に不安有りです」


ちょっとこの特訓に意味を見出せないのですが、三人ともとても真剣です。


65: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 21:01:01.90 ID:sRSiuB7C

穂乃果「よしっ!」

穂乃果「次はランニングだよ!」

ことり「それぞれのコースを書いたよぉ」

ことり「凛ちゃん読んでくれる?」ピラッ

凛「はいはーい」ペラッ

凛「…えーっと」


66: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 21:02:20.20 ID:sRSiuB7C

凛「凛と穂乃果ちゃん、ことりちゃん」

凛「そして海未ちゃんは、学校から吉祥寺駅までの往復にゃ」

穂乃果「はいよ!」

ことり「はーい♪」

海未「園田海未。走力は韋駄天の如くです」


67: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 21:03:19.14 ID:sRSiuB7C

凛「真姫ちゃんとかよちん、そしてセルゲイは校舎の周りを三周」

セルゲイ「Ходьба собаки」
(真姫、頑張りましょう!)

コヨーテ「アォーン!」


68: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 21:03:57.78 ID:sRSiuB7C

凛「最後に、希ちゃんとにこちゃんはここから下まで三往復」

希「にこっち、起きぃ!」ユサユサ

にこ「…ぅあ?」


正直、走るのは苦手な私ですが

みんなの為にも頑張ってみせます。


69: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 21:05:52.54 ID:sRSiuB7C

凛「以上だにゃ。質問ある?」

バッ

凛「はい海未ちゃん」

海未「園田海未。希望は山頂アタックです」

穂乃果「ダメだよ!」

穂乃果「それ言って一週間も帰って来なかったじゃん!」


70: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 21:07:05.99 ID:sRSiuB7C

ことり「海未ちゃん。責めるばかりが筋肉愛じゃないよ?」

凛「そうにゃ、少し落ち着くにゃ」

海未「園田海未。冷静と情熱の間です」

穂乃果「それじゃみんな!行こう!」


バァンッ!!!


71: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 21:09:43.01 ID:sRSiuB7C

「はぁ…はぁ…っ」チラッ


穂乃果「…へ?」

凛「お?」

コヨーテ「ワン!ワン!」


72: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 21:10:47.46 ID:sRSiuB7C

「……っ」チラッ


セルゲイ「?」


…タタタタッ

ドガッ!

セルゲイ「ублюдку!」ズザッ
(うっ!)


「Я нашел его.!!!!」ガシャ
(見つけたわ!!)


73: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 21:11:49.45 ID:sRSiuB7C

にこ「ちょっ!」

穂乃果「何してんの!?」

セルゲイ「…ッ」
(…っ)

絵里「Поднимите руку!!」ガチャ
(手を挙げなさい!!)

セルゲイ「!?」
(!?)

凛「じ、銃持ってるにゃ…っ!」


74: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 21:13:18.02 ID:sRSiuB7C

突如現れた金髪の女性に、セルゲイさんが銃を突き付けられてしまいました

どうやら、金髪の人はセルゲイさんに凄く怒ってるみたいです


「незаконнорожденный! Вы меня обманули!?」グイッ
(よくも私を騙したわね!?)

セルゲイ「хорошо…」
(ここまでか…)

ことり「ど、どう言う事なの!?」

コヨーテ「ウゥゥゥッ!!」


75: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 21:14:31.36 ID:sRSiuB7C

希「…ねぇねぇ」クイッ

海未「園田海未。肥満は甘やかし体型です」

希「あの銃って本物かな?」

海未「園田海未。露国はドラグノフです」

にこ「ま、待ちなさい!」

「Ха!?」
(はぁ!?)


76: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 21:15:32.69 ID:sRSiuB7C

にこ「あんた誰なのよ!?」

「Когда этот парень приходит домой…ッ」
(コイツは私が里帰りした時に…っ)

にこ「日本語で喋りなさいっ!!」

にこ「ここ日本よ!?」


なんだか大変な事になって来ました

これから一体どうなるのでしょう…


77: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 21:16:21.04 ID:sRSiuB7C

ことり「ねぇねぇ穂乃果ちゃん」

穂乃果「なに?」

ことり「あの人の外腹斜筋…盛ってない?」

穂乃果「…やっぱり?」

海未「園田海未。注目は脊柱起立筋です」


78: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 21:18:42.09 ID:sRSiuB7C

「んんっ!」

にこ「…」

「…私は絢瀬絵里。この学院の生徒よ」

絵里「そして生徒会長でもあるわ」

凛「え!?」

希「生徒会長はせるっちじゃ…」

絵里「コイツは私が里帰りした時に、空港で旅券とパスポートを奪った犯罪者よっ!!」

希「!?」


79: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 21:19:48.19 ID:sRSiuB7C

絵里「おまけに私のフリして学校にまで通っていただなんて…っ!!」ガチャ

セルゲイ「っ!」

希「あ、あんまり乱暴は…」

絵里「うるさい!」

絵里「コイツは只の犯罪者なのよ!?」

絵里「罵倒こそすれども、庇う道理なんか微塵たりとも無いわよっ!!」


80: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 21:22:04.12 ID:sRSiuB7C

ガチャ

絵里「ロシア共和国の名において、アンタをシベリア凍土へ強制輸送してやるわっ!!」

絵里「この世の終わりまで氷の中で懺悔してなさい!!」

セルゲイ「О, я хочу пойти」
(……)


81: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 21:24:30.75 ID:sRSiuB7C

どうやら彼は悪いことをした様です

なら、その罪は償わないといけません
でなければ、私の正義に悖ります。

…でも


82: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 21:26:32.54 ID:sRSiuB7C

…ババババババババッ!!!


にこ「うぶぶぶ…っっ!!!」ヒュン

ッズザザアアァァァ………。

穂乃果「にこちゃん!?」

希「は、発泡スチロールみたいに飛んでってもうた…」

凛「ヘリコプターにゃ!」

海未「園田海未。露国はカサートカです」


絵里「…来たわね」


83: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 21:28:09.10 ID:sRSiuB7C

ゾロゾロ…ッ

「ура!!Эличка!!」
(万歳!!絵里ちゃん!!)

絵里「Этот незаконнорожденный пожалуйста」
(このクソ野郎を頼むわ)

「понимание!!!」
(了解!!)

セルゲイ「Я не хочу.!Вернитесь домой Утешите моего сына!」
(楽しい学生生活だったよ…)


84: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 21:29:06.26 ID:sRSiuB7C

大切な仲間のために

私は…


私は…っ!!


「ちょっと待った!」


85: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 21:30:02.14 ID:sRSiuB7C

絵里「…なに?」

凛「こんな一方的なお別れなんて許さないにゃ!」

絵里「…」

凛「それに…っ」


凛「かよちんがまだ喋ってないにゃーっ!」

絵里「かよ…ちん?」



花陽「…」


86: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 21:33:51.55 ID:sRSiuB7C

…絢瀬絵里さん


絵里「なにかしら?」

花陽「…」


87: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 21:34:39.26 ID:sRSiuB7C

セルゲイさんは、私達の大切な仲間なんです


絵里「…」

花陽「…」


これまでの彼が、何処で何をして来たのかは知る由もありません

でも…


88: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 21:35:49.33 ID:sRSiuB7C

絵里「…なんなの」

花陽「……」


それでも、今の彼が私達は好きだから

だからやっぱり…


絵里「~っ!」


行かせません!


絵里「なにか喋りなさいよっ!!」


89: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 21:41:50.46 ID:sRSiuB7C

希「落ち着くんや」

絵里「はぁ!?」

希「今、あの二人が通訳してくれるから」

絵里「なにを言って…」チラッ

穂乃果「…」

ことり「…」

絵里「…彼女らは何故座禅を組んでるの?」

希「集中してるんよ」

海未「園田海未。魂の声を聞けです」


90: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 21:42:41.52 ID:sRSiuB7C

花陽「……………」

絵里「…」

絵里「何も喋ってないじゃないのよ!」

海未「園田海未。親愛なる語り部です」

絵里「だから何を言ってるの!?」

海未「園田海未。54000Hzの高周波です」

希「今までもちゃんと喋ってたんやで?」

絵里「う、嘘でしょ…?」


91: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 21:43:35.92 ID:sRSiuB7C

穂乃果「…」

ことり「…」

絵里「…貴方たち」

絵里「あの子はなんて?」

穂乃果「…っ」

ことり「…っっ!」

絵里「ねぇったら!」


92: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 21:44:24.49 ID:sRSiuB7C

穂乃果「ぶはぁっ!!」

ことり「ほぇ~っ」

絵里「っ!」

穂乃果「駄目だね!今日は高過ぎるよ!」

ことり「単語しか聞き取れなかったぁ」

絵里「えぇ!?」


93: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 21:45:08.74 ID:sRSiuB7C

絵里「じゃ、じゃあ誰が通訳するのよ!?」

コヨーテ「…」

ミヨヨ~ン

真姫「……」

真姫「…私が通訳するわ」

絵里「!?」


94: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 21:45:58.40 ID:sRSiuB7C

絵里「あ、あなた誰よ!?」

真姫「真姫ちゃんよ」

真姫「彼女の尊さMAXの気持ち…」

真姫「貴方に教えてあげるわ」

絵里「…」


絵里「うぇ…っひっぐ!…」

絵里「ご、ごめんなしゃい~っ」


95: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 21:46:37.37 ID:sRSiuB7C

絵里「貴方が…そんな事考えてたなんて…わたしぃ…知らなくてぇ…っ」

絵里「もう彼のこと…グスッ追い掛け回さないからぁ…」


「хорошо!!」
(…いや)


絵里「…」

穂乃果「セルゲイ?」


96: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 21:47:19.15 ID:sRSiuB7C

セルゲイ「Не будьте глупыми!?」
(もう、十分だ)

希「せるっち…」

凛「な、何が十分なの!?」

絵里「…は?」

セルゲイ「Помогите мне!!!」
(花陽、そしてみんな)

海未「園田海未。今生の別れです」

ことり「やだ…やだよぉ…」

絵里「死にたくないとか言ってるけど…」


セルゲイ「Я не хочу умирать!!!!」
(今まで、ありがとう)


97: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 21:47:53.84 ID:sRSiuB7C

穂乃果「セルゲイ…っ」グスッ

絵里「べ…別にもう連れてく気は…」

ポンッ

絵里「え?」

花陽「……」


絵里さん

どうか…彼を連れてってあげて下さい


98: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 21:48:22.12 ID:sRSiuB7C

絵里「…?」

真姫「彼を連れてけってさ」

絵里「…」

絵里「……ソウデスカ…」


ガチャ


セルゲイ「Я не хочу.!Я не хочу.!!!」
(…達者でな)


99: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 21:50:33.62 ID:sRSiuB7C

絵里「…」

穂乃果「さようなら…っ」

ことり「元気でね!」

海未「園田海未。真相は闇の中です」


ゾロゾロ…バタンッ!

ババババババババババババ…………。


絵里「……」


絵里(…通訳すればよかったかな)


100: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 21:51:31.55 ID:sRSiuB7C

こうして今日の部活は終了しました


にこ「…うぅ」

にこ「……あれ?みんなは?」


101: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 21:52:33.96 ID:sRSiuB7C

後で絵里先輩から聞いた話によると

彼はどうやら、ロシアで有名な犯罪グループのリーダーだったそうです

今思えば、どうして男の人が女子校にいたのか分からないけど

それでも私達は、彼と共に過ごした様々な思いでを胸に

これからも前に進んでいきます。

____
__


102: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 21:53:24.76 ID:sRSiuB7C

理事長「ハーックショイッ!!」


あれから一ヶ月


セルゲイさんの代わりに絵里先輩が生徒会長の座に就きました

今では事あるごとに私達の部へ顔を出してくれるので嬉しいです


103: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 21:54:19.76 ID:sRSiuB7C

ガチャ

絵里「お疲れー!」バッ

にこ「また来たの!?」

希「やぁ、えりち」

凛「ぽんこつ生徒会長にゃ!」


104: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 21:55:43.97 ID:sRSiuB7C

絵里「ねぇねぇ!なにしてるの!?」ヒョコ

リョコウバト「…」


絵里「ねぇねぇ!」ヒョコ

海未「…」


105: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 21:56:21.25 ID:sRSiuB7C

絵里「楽しそうね!」

絵里「なんなら私も一緒にやってあげても」

海未「うるせえよ」

絵里「!?」


106: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 21:57:36.86 ID:sRSiuB7C

希「今、話しかけん方がいいよ?」

希「二人に置いてかれて機嫌悪いからさ」

絵里「うぅ…っ」

海未「園田海未。珍獣サーカスに一人です」


ちょっとしつこいのが玉に瑕ですが、愉快な生徒会長さんです


107: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 22:00:43.57 ID:sRSiuB7C

凛「そーいや穂乃果ちゃんたちは?」

希「あ~、布教活動に行ったよ」



ことり「ねぇ…どうしよう穂乃果ちゃん」

穂乃果「え?」

ことり「あの人の筋肉…寂しがってるよ」

穂乃果「…本当だ」

ことり「助けなくちゃ!」

穂乃果「憂う筋肉此処に有り。だね!」


108: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 22:01:46.19 ID:sRSiuB7C

今でも時々思うのですが

もし、この部に入らなかったら…

私は今ごろ何をしていたんでしょう


ことり「貴方の泣いている筋肉の為に!」

穂乃果「私達は全力でやり遂げるよ!」


109: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 22:02:25.00 ID:sRSiuB7C

今日も私達は、色んな思いを胸に

それぞれの道を歩んでいます


おわり


110: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 22:03:10.50 ID:sRSiuB7C

お粗末さまでした。


111: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/22(木) 23:51:33.63 ID:+RJf5tZ7

謎きしめんの系譜を感じる


112: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/23(金) 01:05:11.40 ID:qJlpuZd1

ロシア語部分てちゃんと読めばなんかあんのかすごい気になる


113: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/23(金) 03:22:17.85 ID:XhYk2tbL

意味わからんけど笑った
ロシア語勉強しよっかなぁ


114: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/23(金) 09:24:49.60 ID:sqDrJnbh

かよちんの体重がそもそも常人の2倍あってにこちゃんは正常なのかもしれない


引用元: ・http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1519292089/

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連おすすめ記事
オススメ記事

この記事へのコメント

  1. 名無しのラブライバー:2018/02/23(金) 23:28:50

    謝罪も釈明もなしにだんまりを決め込む「ラブライブ通信」管理人

    問題の記事はこちら↓
    ttps://i.imgur.com/xegg3kJ.jpg


  2. 名無しのラブライバー:2018/02/23(金) 23:34:41

    SSとかくだらねぇんだよ早くサイト閉鎖しろよ


  3. 名無しのラブライバー:2018/02/24(土) 01:24:11

    セルゲイは卑怯だわ


  4. 名無しのラブライバー:2018/02/24(土) 02:06:29

    つまんなかった


プロフィール

ラブライブ!通信管理人

ラブライブ!の速報や面白い話を毎日まとめています!
更新情報はこちらでツイートしているので、是非フォローしてください(^ω^)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
オススメ
週間人気記事ランキング
逆アクセスランキング
アクセスカウンタ
相互リンク
アンテナサイト