【ラブライブ!】善子「聖バレンタインに憂鬱と祝福を」

20161229232819_201802171651169f4.jpg


1: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/14(水) 21:25:03.58 ID:q0VBvNut

―放課後

花丸「はぁ~、練習が終わったずら~。」グデェ

ルビィ「今日も練習ハードだったね♪」

善子「くくくっ、これくらいの練習このヨハネにかかればなんてことも無いわ!」ギランッ

花丸「その割には足元フラついてるずら?」ツンツン

善子「ちょっやめなさい!」

善子「今のヨハネに触れると大いなる災いが降りかかるわよ!」

花丸「災いが降りかかるのは善子ちゃんのほうじゃ・・・。」

ルビィ「今の善子ちゃん触れただけで倒れそうだもんねぇ!」



2: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/14(水) 21:25:58.99 ID:q0VBvNut

善子「二人ともひどいわよ!!」

花丸「さて、そろそろ帰る準備でもするずら。」ヨイショット

ルビィ「そぉだねぇ♪」

善子「あぁ~、そうだ。」

善子「二人ともちょっといい?」

ルビィ「善子ちゃんなぁに?」

花丸「改まるなんて珍しいね。」

善子「この後時間あるかしら?」

善子「少し寄りたいところがあって付いてきてほいの・・・///」モジモジ


3: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/14(水) 21:26:37.35 ID:q0VBvNut

花丸「マルは別に大丈夫だけど・・・、ルビィちゃんはどうずら?」

ルビィ「ルビィもあまり遅くならなければ大丈夫だよぉ♪」

善子「良かった・・・。」ボソボソ

善子「それじゃあこのヨハネに付き添わせてあげる!」ギランッ

花丸「・・・ルビィちゃんやっぱり2人で帰ろっか!」

ルビィ「そうだねぇ!!」

善子「嘘嘘!」

善子「お願いだから付いてきてよ~。」ウルウル

花丸「始めから素直にそういっていればいいずら。」


4: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/14(水) 21:27:32.18 ID:q0VBvNut

花丸「それにしても珍しいね?」

花丸「曜さんと一緒じゃなくてよかったの?」

ルビィ「うんうん。」コクコク

善子「曜さんとじゃ少しまずいというか・・・。」

ルビィ「曜さんだといけないのぉ?」

善子「うん・・・。」

花丸「ふぅ~ん・・・、あまり聞かないで置いてあげるずら。」

善子「ほっ・・・。」

花丸「それで何処についてきてほしいの?」


5: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/14(水) 21:28:06.44 ID:q0VBvNut

善子「駅前のモールに行きたいのよ///」

ルビィ「え?沼津のモール?」

ルビィ「1人じゃ買いにくいものなのぉ?」

善子「別に1人でも買えるといえば買えるんだけど、初めて買うからどれを買ったらいいかわからないのよ///」

花丸「なんだか歯切れが悪いね・・・。」

善子「うるさいわねぇ///!!」

善子「着いたら教えるわよ///!」

善子「さぁ時間もないしさっさと行くわよ///!!」タタタタッ

ルビィ「まってよぉ~善子ちゃ~ん!!」タタタタッ

花丸「置いて行かないでほしいずら~!!」タタタタッ


6: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/14(水) 21:28:51.43 ID:q0VBvNut

―ショッピングモール

ルビィ「相変わらず大きいねぇ♪」

花丸「すっごくキラキラしてるよ~。」

花丸「未来ずらぁ~♪」キラキラ

善子「はいはい。」

善子「こっちだから付いてきて。」

ルビィ・花丸「はぁ~い(ずら)。」

善子「ここよ!」

ルビィ「うゅ・・・、ここってぇ・・・。」


7: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/14(水) 21:29:30.29 ID:q0VBvNut

花丸「お菓子屋さん?」

善子「そうよ!」

ルビィ「お菓子屋さんで1人で選びにくいものってなんなのぉ?」

花丸「・・・分かったずら!」

善子「・・・。」ビクッ

花丸「マルにのっぽパンのどれがおいしいか聞きたかったんだね!」キラキラ

花丸「それなら任せてほしいずらっ!」フンス

ルビィ「なるほどぉ!!」キラキラ

善子「んなわけないでしょ!!!」


8: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/14(水) 21:30:05.16 ID:q0VBvNut

善子「なんでわざわざ遠くに来てまでのっぽパンなんて買わないといけないのよ!!」

花丸「のっぽパンなんてっていうのは聞き捨てならないずら!」

花丸「良い!のっぽパンっていうのはね・・・。」

善子「だぁ~!!!」

善子「時間がなくなるわよ!」

ルビィ「ふむふむ・・・。」メモメモ

善子「なんでルビィはメモとってるのよ!」

ルビィ「うゅ・・・、だっておいしいのっぽパン食べたかったからぁ・・・。」

花丸「善子ちゃんひどいずら!」


9: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/14(水) 21:31:00.79 ID:q0VBvNut

花丸「勉強熱心なルビィちゃんをいじめたらだめだよ!」

善子「ズラ丸は話をややこしくするなぁ!!」

花丸「それで結局何を買いにきたの?」

善子「あれよあれ///」ユビサシ

ルビィ「うゅ?」

ルビィ「あれって・・・?」

花丸「バレンタインチョコの売り場?」

ルビィ・花丸「・・・。」

ルビィ・花丸「!?」


10: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/14(水) 21:31:40.85 ID:q0VBvNut

花丸「ずらぁぁぁぁぁ~~~~~!!!」

ルビィ「ピギャ~~~~~~~~!!!」

善子「な、何なのよ!?」ビクッ

花丸「だ、誰ずら!!」

花丸「誰に告白するずら!!!」

ルビィ「善子ちゃん好きな人いたんだぁ!!」

善子「ちょっと待って///!」

善子「まだ誰も告白するなんて言ってな・・・///」

花丸「隠してもダメずら!」


11: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/14(水) 21:32:21.21 ID:q0VBvNut

花丸「バレンタインデー前日にバレンタインチョコを買う・・・。」

花丸「この方程式から導かれる答えは!?」

ルビィ「バレンタインデーにチョコを送ってぇ・・・。」

花丸・ルビィ「告白しかないよ(ずら)!!」

善子「なんでそうなるのよ!!」

花丸「ええ~、違うずら?」

花丸「告白しないバレンタインチョコなら1人でも選べるはずだよ?」

ルビィ「うんうん。」

善子「それはそうなんだけど///」


12: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/14(水) 21:33:05.96 ID:q0VBvNut

ルビィ「善子ちゃんお顔真っ赤だよ♪」ニヤニヤ

花丸「ますます怪しいずら・・・。」ニヤニヤ

善子「だぁ~!!もう!!うっさい!!」

善子「とにかく選ぶの手伝って!!」

ルビィ「でも相手のことが分からないと選ぶの難しいよぉ・・・。」

善子「た、確かにそうね・・・。」

善子「(どうしょう・・・。)」

善子「(バレンタインなんて私には縁のないイベントだと思ってたからどんなの選んだらいいか全然わからない・・・。)」

善子「(曜さんのこと伏せつつ特徴だけ伝えたらいけるかしら?)」


13: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/14(水) 21:34:33.70 ID:q0VBvNut

善子「・・・。」ブツブツ

花丸「善子ちゃんなんだか悩みだしたね。」ボソボソ

ルビィ「うん・・・。」ボソボソ

ルビィ「善子ちゃんのお相手って誰だろぉ?」ボソボソ

花丸「う~ん・・・、そんな話聞いたことないしなぁ・・・。」ボソボソ

花丸「もしかして・・・。」ボソボソ

ルビィ「ゴクリッ。」

花丸「Aqoursの誰かだったりして♪」ボソボソ

ルビィ「ピギャーーーーー!!」


14: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/14(水) 21:35:36.15 ID:q0VBvNut

善子「うぇ!?」ビクッ

善子「なに!?なんなの!?」

ルビィ「善子ちゃん!」ガシッ

善子「ルビィ近い!顔が近いわよ!」

ルビィ「ねぇ?Aqoursの誰が好きなのぉ!!!」ユサユサ

善子「はぁ///!?何言ってるの///!?」

花丸「ルビィちゃん落ち着くずら。」

ルビィ「うゅ・・・、ごめんね善子ちゃん・・・。」

ルビィ「少し興奮しちゃって・・・。」


15: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/14(水) 21:36:38.02 ID:q0VBvNut

花丸「マルが冗談を言ったのが悪かったから仕方ないよ。」ナデナデ

善子「あんたルビィに何を吹き込んだのよ?」ジトー

花丸「善子ちゃんが好き人はAquorsの中にいるかもって言ったずら。」

善子「へぇ~///」

花丸「でもありえないよね♪」

花丸「Aqoursはみんな女の子だもん。」

花丸「善子ちゃんが女の子を好きになるなんて絶対にないずら♪」

善子「~~~っ・・・。」ズキッ

ルビィ「なぁ~んだぁ・・・。」


16: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/14(水) 21:37:12.10 ID:q0VBvNut

ルビィ「ルビィ勘違いしちゃったよぉ・・・。」

花丸「ごめんねルビィちゃん。」ナデナデ

ルビィ「うゅ~。」

花丸「時間もないし早く選びに行こう!」

花丸「ね?善子ちゃん!」クルッ

善子「・・・。」ガタガタ

花丸「ど、どうしたの?善子ちゃん!?」

ルビィ「お顔真っ青になってるし、身体も震えてるよ!」

善子「・・・なんでもないわよ・・・。」ウツムキ


17: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/14(水) 21:37:40.85 ID:q0VBvNut

花丸「体調が悪かったの?」

花丸「もう!無理しちゃダメずら!」

ルビィ「今日はお家に帰ろ?」

ルビィ「ルビィ達が送っていくから。」

善子「・・・平気よ。」

善子「・・・1人で帰れるから。」

花丸「でも・・・。」

善子「お願い今は放っておいて・・・。」ウルウル

ルビィ「善子ちゃん?泣いてるの?」


18: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/14(水) 21:38:33.65 ID:q0VBvNut

善子「・・・誘っておいてごめん。」クルッ

善子「・・・今度埋め合わせするから。」

善子「じゃあね・・・。」タタタタタッ

花丸「あっ善子ちゃ~ん!」

ルビィ「・・・行っちゃったね。」

花丸「マル何か悪い事でも行っちゃったのかな?」

ルビィ「そんなことないと思うけど・・・。」

花丸「善子ちゃん・・・。」

ルビィ「うゅ・・・。」


19: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/14(水) 21:39:05.69 ID:q0VBvNut

―善子の家

善子「ただいま・・・。」

善子ママ「おかえり~。」

善子ママ「すぐにご飯用意できるから着替えてらっしゃい!」

善子「・・・いらない・・・。」

善子「私今日はもう寝るから・・・。」

善子ママ「え?」

バタン

善子ママ「善子なんだか元気なかったわ・・・。」

善子ママ「大丈夫かしら?」


20: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/14(水) 21:39:32.53 ID:q0VBvNut

―善子の部屋

善子「・・・。」ポスン

善子「はぁ・・・、分かっていたつもりだったんだけどな・・・。」

善子「(女の子同士の恋愛が世間に祝福されるようなものじゃないって・・・。)」

善子「(そんなの分かってる。)」

善子「(頭では分かってたのに・・・。)」

善子「なんでっ!なんでこんな気持ちになるのよ・・・。」ポロポロ

善子「・・・っ誰か・・・ヒック・・・誰か教えてよ・・・。」ポロポロ

善子「グスッ・・・助けて・・・曜・・・っさん・・・。」ポロポロ


21: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/14(水) 21:39:54.39 ID:q0VBvNut

善子「苦しいよ・・・つらい・・・っよ・・・。」ポロポロ

善子「ぁああ・・・、うぁぁぁぁぁん!!」

善子「(湧き上がってくる言い切れない不安・・・。)」

善子「(元々ネガティブになりがちな私の心を押しつぶすには十分だった。)」

善子「(次々と浮かんでくる嫌な考え。)」

善子「(何も想いたくない、何も考えたくない、そんなことばかり願ってしまう。)」

善子「(あんなに幸せだった曜さんとの思い出すら黒く塗りつぶしてしまいそうだった。)」

善子「(とめどなく流れる涙はとても冷たくて、私の身体も心も冷え切ってしまった。)」

善子「(固く瞑った目は闇を生み、私の意識もその闇へ引きずり込んでいった。)」


22: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/14(水) 21:40:27.29 ID:q0VBvNut

―――
――


善子「うぅん、ここは?」

善子「あれ?私なんで部室になんかいるの?」

曜「・・・。」

善子「曜さん?」

曜「・・・。」ポロポロ

善子「曜さんどうして泣いてるの!?」


23: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/14(水) 21:41:03.77 ID:q0VBvNut

善子「何か辛い事でもあったの?」ソッ

曜「触らないで!」バシッ

善子「~~~っ!?」ヒリヒリ

善子「どうしちゃったの?」

善子「何か変よ?」

曜「善子ちゃんのせいだ・・・。」

曜「善子ちゃんと付き合わなかったらこんなことには・・・。」

善子「一体何があったっていうのよ!」

曜「あのね?今私いじめられてるんだ・・・。」


24: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/14(水) 21:41:35.16 ID:q0VBvNut

曜「なんでだかわかる?」

善子「・・・分からない・・・。」

曜「善子ちゃんと付き合ってるってみんなに知られちゃったからなんだ。」

曜「その日から毎日毎日ずっとずぅ~っと。」

曜「肉体的にも精神的にも追い込まれるんだよ?」

曜「家に帰っても両親にお前はダメなやつだとかなんでそんな子になっちゃったのって怒られたり泣かれ

たり・・・。」

曜「ねえ?私何か悪いことしたの?」ガシッ

曜「あなたと付き合ったことが間違いだったの?」

曜「ねえ?答えて!」

曜「答えてお願い!!!」


25: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/14(水) 21:41:53.63 ID:q0VBvNut

善子「ぅっ・・・うわぁぁぁぁぁ!!!!」バシッ

バタンッ

善子「(何!?何なの!?)」タタタタタッ

善子「(何であんなこと言うの!)」

善子「(曜さん・・・、あなただけは私の味方じゃなかったの?)」

善子「(いや・・・いやぁぁぁぁぁ!!)」

ガチャッ

善子「はぁはぁはぁはぁ・・・。」

善子「あははは・・・。」フラフラ


26: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/14(水) 21:42:35.43 ID:q0VBvNut

善子「これは何かの間違いよ・・・。」ポロポロ

善子「こん・・・な・・・グスッ・・・世界はっ・・・間違ってる!」ポロポロ

カシャン

善子「ふふふ・・・空は清々しいくらい快晴ね・・・。」

善子「ほんとっ・・・バカみたい・・・。」

善子「ここから落ちたら何かも忘れられるのかしら?」

善子「もうかんがえるのがいやになった・・・。」

善子「かぜがきもちい・・・。」

善子「ようさんさようなら。」グラッ

善子「せかいでいちばんあいしてるわ・・・。」


27: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/14(水) 21:42:53.91 ID:q0VBvNut

―――
――


善子「~~~っ!」ガバッ

善子「はぁはぁはぁ・・・。」キョロキョロ

善子「夢だったの・・・?」ヘタァ

善子「なんて夢をみてるのよ・・・。」ガタガタッ

善子「怖いっ・・・怖いっ・・・。」ガタガタッ

善子「(この世の誰に嫌われるよりも曜さんに拒絶されたことが一番悲しかった・・・。)」


28: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/14(水) 21:43:23.72 ID:q0VBvNut

善子「(あれは夢だと分かった今でもその恐怖は消えてくれない。)」

善子「(それどころか増していく感じさえしていた。)」

ピロン♪

善子「!?」ビクッ

善子「通知?」スマホ ピッ

善子「こんなに通知がいっぱい来てたんだ・・・。」

善子「って、もう夕方!?」

善子「1日中眠ってたってこと・・・?」ノソッ

善子「これは・・・、ママからの置手紙か・・・。」


29: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/14(水) 21:43:40.05 ID:q0VBvNut

―善子へ

朝起こしに来たんだけど、なんだかうなされてたから起こすのをやめました。

昨日も体調悪そうだったから今日は学校お休みしなさい。

連絡は私から入れておきます。

お昼ご飯と夕ご飯は作って机の上に置いてるから、起きたらたべてね。

無理そうだったらそのままにしておいていいから。

※軽めのにしたから多分食べられると思うわ。

どうしてもダメそうだったら電話ちょうだい。

すぐに戻るようにするわ。


30: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/14(水) 21:44:41.08 ID:q0VBvNut

それじゃお大事に。

P.S.

何があったかは聞かないけれど私はあなたの味方よ。

それだけは忘れないでね。



善子「ママ・・・。」ポロポロ

善子「ありがとう・・・。」ポロポロ

善子「大好き・・・。」

ピンポーン♪


31: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/14(水) 21:44:59.28 ID:q0VBvNut

善子「!?」ビクッ

善子「誰か来たのかしら・・・。」

ピンポーン♪

善子「とりあえず覗いてみましょう。」スタスタ

善子「・・・。」ソー

善子「!?」

ガチャッ

善子「曜さん!?」

曜「あっ、善子ちゃん♪」


32: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/14(水) 21:46:14.13 ID:q0VBvNut

曜「身体の具合はどう?」

曜「ってダメだよ起きてたら!!」

曜「早く家に入って休まないと!」グイグイ

善子「・・・っヒック・・・。」ポロポロ

曜「善子ちゃん?」

善子「・・・曜さん!!。」ダキッ

善子「曜さん曜さん曜さん!」ポロポロ

曜「・・・どうしたの?」ナデナデ

善子「わたしっ・・・っグス・・・わたしっ!」ポロポロ


33: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/14(水) 21:46:47.03 ID:q0VBvNut

曜「とりあえず中に入ろっか?」ナデナデ

曜「私は何処にも行かないよ?」

善子「・・・。」コクリ

―――
――


カチカチカチ

善子「・・・。」ダキッ

曜「・・・。」ナデナデ


34: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/14(水) 21:47:46.55 ID:q0VBvNut

曜「・・・何かあったのかな?」

善子「・・・。」ギュ~

曜「私には言えないこと?」

善子「・・・。」ブンブン

曜「なら話をしてほしいな。」

善子「・・・私ね?」

曜「うん。」

善子「私、生まれてきてずっと運が悪かったの。」

善子「イベントごとはいっつも雨、物を落としたり、何でもないところで転ぶ・・・。」


35: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/14(水) 21:48:10.91 ID:q0VBvNut

善子「ほんとっそんな毎日だったわ。」

善子「もう慣れたから気にはしてないんだけどね・・・。」

曜「善子ちゃん・・・。」

善子「でも最近は違うの!」

善子「曜さんと付き合ってからは毎日が幸せ!」

善子「不幸なことが起こっても曜さんが全部幸せな気分に変えてくれるから。」

善子「曜さんが私の隣にいてくれるそれだけで幸せなの・・・。」

善子「でもね・・・、それって世間的には異常なことなのよね・・・。」


36: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/14(水) 21:49:22.69 ID:q0VBvNut

曜「善子ちゃん?」

善子「女の私が女の曜さんを好きになる・・・。」

善子「私たちの中では当たり前のことだったけど、違うのよね・・・。」

善子「そんなこと考え始めたらどんどん悪い方向に考えちゃって・・・。」

善子「もう何がなんだがわけがわからなくなって・・・。」

善子「こんなに・・・っグスッ・・・愛してるのにっ。」ポロポロ

善子「こんっ・・・なに・・・っ・・・苦しいの!」ポロポロ

善子「ねえ?・・・わたし・・・ヒック・・・どうしたらいいの?」ギュ~

曜「善子ちゃんそんなこと考えてたんだ・・・。」ナデナデ


37: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/14(水) 21:49:50.70 ID:q0VBvNut

曜「・・・。」ナデナデ

曜「今から言うのは私の想い・・・。」

曜「私の言葉・・・。」

曜「聞いてくれるかな?」ギュッ

善子「・・・。」コクン

曜「私もね。ちょっと前までは善子ちゃんと付き合ってるってことを周りに知られるのが少し怖かったんだ。」

曜「理由は善子ちゃんと同じ。」

曜「普通じゃないって自分で決めつけてたから。」

曜「私はどうなっても構わないって思ってても実際その時にならないと分からないしね・・・。」


39: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/14(水) 21:51:02.61 ID:q0VBvNut

曜「今思ったら情けないよね・・・。」

善子「ううん、そんなことない・・・。」

善子「私も同じだから・・・。」

曜「でもね。」ホホニテヲソエ

曜「今は違うんだ!」

曜「胸張って善子ちゃんと付き合ってるってみんなに言える!」

曜「いや、言いたい!」

曜「そんな気持ちでいっぱいだよ!」

善子「・・・なんで?」


40: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/14(水) 21:51:32.03 ID:q0VBvNut

善子「なんでそんな気持ちになったの?」

曜「う~ん・・・、一言では言えないんだけど・・・。」

曜「善子ちゃんっていう存在が私の中でいっぱいになっちゃったからかな?」

曜「みんなに嫌われるよりも善子ちゃんのそばにいられなくなるほうがつらいから・・・。」

曜「堂々と私たち付き合ってます!っていったほうがこの際すっきりするって考えたんだ!」

善子「・・・バカ。」

善子「みんなから嫌われるかもしれないのよ?」

善子「気持ち悪いって言われるかもしれない。」

善子「どんな敵意を向けられるかわからない。」


41: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/14(水) 21:52:57.45 ID:q0VBvNut

善子「曜さんそれでも私のそばにいてくれるの?」

曜「もちろん♪」

曜「善子ちゃんが離れて行っちゃってもぜぇ~ったいに見つけ出してそばにいるよ!」ギュッ

善子「本当に?本当に本当?」

曜「本当だよ!」

曜「この言葉と想いに嘘偽りはないよ!」

曜「善子ちゃんはどう?」

善子「まだ正直怖いわ・・・。」

善子「それでも、曜さんのそばにいられなくなるほうが私だって嫌よ!」


42: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/14(水) 21:53:22.71 ID:q0VBvNut

曜「私たち似たもの同士なのかもしれないね。」ナデナデ

善子「そうかもしれないわ・・・。」ギュ~

善子「ねえ曜さん?」

曜「なぁに善子ちゃん?」

善子「私ね、すっごくネガティブなの。」

善子「またこんなことになるかもしれない・・・。」

善子「それでも私を見捨てないでくれる?」

曜「もちろんだよ!」


43: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/14(水) 21:54:01.51 ID:q0VBvNut

曜「善子ちゃんがどんな深い暗闇の中で彷徨っていても私が救い出してあげるよ!」

善子「迷惑じゃない?」

曜「全然!」

曜「むしろ毎日善子ちゃんと一緒にいられない方が不安になっちゃうよ!」

善子「ありがとう・・・。」

曜「今度から何があっても私に相談してね?」

曜「いつでもどんなときでもいいから。」

曜「この曜ちゃんがすぐに駆けつけてぎゅ~ってしてあげるであります!」

善子「ふふふ、それは頼もしいわね。」


44: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/14(水) 21:54:18.32 ID:q0VBvNut

善子「それじゃあお願いできるかしら?」

曜「任せてよ!」ドンッ

曜「そうだ!この際Aqoursのみんなには私たちが付き合ってること言っちゃう?」

善子「・・・ううん。やめておきましょう。」

善子「私は今のままの方がいい。」

曜「・・・、そっか・・・。」

曜「善子ちゃんがそういうなら私は何も言わないよ。」ナデナデ

曜「あっ、でもママには言っちゃったよ・・・。」

善子「ええええ!?曜さんのお母さんに言ったの!?」


46: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/14(水) 21:55:17.37 ID:q0VBvNut

曜「だって、善子ちゃんのママさんにはばれてるんだしいいかなって♪」テヘッ

善子「・・・それで何って言われたの?」

曜「すっごく喜んでくれたよ!」

曜「今度是非連れていらっしゃいだって!」

曜「すぐにパパにも電話してたなぁ~。」

曜「可愛いお嫁さんもらえるかもしれないって♪」

曜「何故かその日のご飯はお赤飯だったよ・・・。」ニガワライ

善子「・・・そう、良かったわ・・・。」

曜「お互い理解のある親で良かったね。」


47: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/14(水) 21:56:44.67 ID:q0VBvNut

善子「そうね・・・、本当に自慢の両親だわ。」

曜「私もだよ!」

善子「そろそろ遅くなるから帰らなくても大丈夫?」

曜「え?ああ本当だ!」

曜「ちょっと遅くなるって電話してくる!」

ガチャッ

善子「(・・・本当に曜さんには一生敵わないかもしれないわね///)

善子「(堕天使の私がいうのもおかしいけど、最高の女神様だわ///)」

ガチャッ


48: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/14(水) 21:57:09.18 ID:q0VBvNut

曜「ただいま~♪」

曜「あのね善子ちゃん♪」ダキッ

善子「うん。」ギュッ

曜「ママがね善子ちゃんが落ち込んでるんなら一緒にいてあげなさいだって♪」

曜「それが曜の仕事でしょ?って言ってくれたんだ♪」

曜「善子ちゃんさえよければ泊まっていってもいいかな?」

善子「もちろんよ!」

善子「今日はずっと一緒にいたい気分だったから///」

善子「とっても嬉しいわ♪」


49: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/14(水) 21:57:26.39 ID:q0VBvNut

曜「わ~い!今日は善子ちゃんの家にお泊まりするであります!」

善子「それじゃあご飯も用意しないとね///」ギュッ

曜「あっ、その前に!」

曜「善子ちゃんはい!」

善子「これって・・・?」

曜「バレンタインチョコレートだよ!」

曜「今日バレンタインデーでしょ!」

曜「大切な恋人である善子ちゃんには特別に曜ちゃんの手作りチョコレートをあげる♪」

善子「ありがとう///」


51: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/14(水) 21:58:50.44 ID:q0VBvNut

善子「でもごめんなさい・・・。」

善子「私用意できてないの・・・。」シュン

善子「今日がバレンタインデーだってわかってたんだけど・・・。」

曜「別にいいよ♪」

善子「でも・・・。」ウルウル

曜「う~ん・・・。そうだ!!」ピコンッ

曜「善子ちゃん?」

善子「何?」

曜「今すぐ用意できるバレンタインの贈り物があるけど、善子ちゃんはそれを私に贈ってくれたらいいよ♪」


52: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/14(水) 22:00:10.51 ID:q0VBvNut

善子「今すぐに?」

曜「そ・れ・は・ねぇ~♪」

曜「善子ちゃん自身だよ♪」オシタオシッ

善子「ちょっ/// 曜さん///!!」カオマッカ

曜「今からあま~いあま~い善子ちゃんの身体を隅々まで味見していいかな?」ユカドン

善子「うぅ・・・///」

善子「私昨日お風呂に入れてないから・・・///」

曜「それはそれで興奮するから大丈夫!!」

善子「私が良くないわよ///!!!」


53: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/14(水) 22:00:38.86 ID:q0VBvNut

曜「あれ?それじゃあ今年のバレンタインのプレゼントは無しなの?」

善子「うぐぅ///」

曜「悲しいなぁ・・・、私昨日頑張って作ったのに・・・。」チラッ

曜「朝早く起きてラッピングもしたのになぁ・・・。」チラッチラッ

曜「大好きな彼女からバレンタインにチョコレートももらえない寂しい曜ちゃんになっちゃうのか・・・。」

曜「シクシクシク・・・。」

善子「わかったわよ///!!」


54: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/14(水) 22:01:26.43 ID:q0VBvNut

善子「私のこと好きにしていいわよ///!!」ウデヒロゲ

曜「善子ちゃん分かってる~♪」ダキツキッ

善子「はぁ・・・、明日も学校だしママがいつ帰ってくるかわからないからお手柔らかにお願いね///?」

曜「了解であります!」

曜「バレンタインデーに良い贈り物もらっちゃったよ♪」

善子「おいしく食べてね///」

曜「いただきます♪」

Fin


55: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/14(水) 22:02:50.39 ID:q0VBvNut

スレタイに謎の17が入ってしまいました・・・
すみません
とにかく間に合わせようと思って何故か暗めの話になりました
甘々なのを書きたかったんですけどね・・・

ご覧頂ありがとうございました


56: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/14(水) 22:06:05.15 ID:pWzkYyTQ

こういうのすごい好き


57: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/14(水) 22:26:20.27 ID:Wucfma+A

やっぱり障害は愛を強くするな
ようよしたこやきいつもありがとう!


59: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2018/02/14(水) 22:58:05.09 ID:xd2IU5Lv

乙です
太陽のよう明るくて暖かい曜ちゃんの優しさで善子ちゃんを包み込んでるのがたまらなくいいです……


引用元: ・http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1518611103/

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連おすすめ記事
      
オススメ記事

この記事へのコメント

  1. 名無しのラブライバー:2018/02/18(日) 23:21:47

    謝罪も釈明もなしにだんまりを決め込む「ラブライブ通信」管理人

    問題の記事はこちら↓
    ttps://i.imgur.com/eHpWVGE.jpg


  2. 名無しのラブライバー:2018/02/18(日) 23:40:11

    ダメだ、一瞬 聖戦士ダンバインに見えた…orz


  3. 名無しのラブライバー:2018/02/19(月) 01:12:41

    SSとかくだらねぇんだよ早くサイト閉鎖しろ


  4. 名無しのラブライバー:2018/02/19(月) 02:35:47

    ※2、無理にボケなくていいから


プロフィール

ラブライブ!通信管理人

ラブライブ!の速報や面白い話を毎日まとめています!
更新情報はこちらでツイートしているので、是非フォローしてください(^ω^)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
オススメ
週間人気記事ランキング
逆アクセスランキング
アクセスカウンタ
相互リンク
アンテナサイト