【ラブライブ!】善子「我らの手で生み出そうぞ! 闇に蠢く奇怪な絵画を!!」【お絵描きSS】

9jMIQSq.jpg


1: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/10/20(金) 18:15:16.87 ID:H0Spj33N

 
ゆるい絵しか描いてませんのであしからず

no title

 



2: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/10/20(金) 18:15:57.20 ID:H0Spj33N

千歌「やっとおわったぁ~~~」グデー

曜「お疲れ様っ♪」

千歌「ほんと疲れたよー。……わぁもう外真っ暗」

曜「最近日が沈むの早くなってきたもんね。早いとこ帰ろっか」


  ガラガラガラッ!!

善子「きゃっ!」

ようちか「「うわっ!?」」

善子「び、びっくりし……してないし!」


千歌「なんだ善子ちゃんか」

善子「なんだって何よ!? てゆーか勢いよくドア開けすぎっ!!」

曜「ごめん、まさか外に人が居るなんて思わなくって。驚かせちゃったね」

善子「だから驚いてないってば! 堕天使ヨハネがこの程度のことでビビるわけないでしょ!」


3: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/10/20(金) 18:17:07.19 ID:H0Spj33N

曜「アハハ。で、こんな時間にどうしたの?」

善子「忘れ物しちゃって。よりによって部室に携帯置き忘れるなんて不幸だわ」

曜「不幸というか……」

千歌「ただのミス。だよね」

善子「うぅっ。そ、そんなことより、2人こそこんな遅くまで何してたの?」

千歌「聞いてよ! 梨子ちゃんってば酷いんだよ!?」

善子「はい?」

千歌「どうせ家では中々集中しないんだから、歌詞書き終わるまで帰っちゃダメーとか言って!!」

善子「あぁ。また作詞遅れてたのね」

千歌「部室にカンヅメなんて人生初だよ。しかも当の本人は先に帰っちゃうし」

曜「まあまあ。梨子ちゃんも暇じゃないだろうし仕方ないって」


4: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/10/20(金) 18:18:00.97 ID:H0Spj33N

千歌「でもさ、明日は土曜日だよ? 学校はもちろん部活までお休みだよ? なら今日居残りさせなくたって明日頑張れば良くない?」

曜「今日中に歌詞が完成してれば明日は丸一日曲作りに専念できるわけだしね。日曜は部活だし、その前に作曲時間を確保しときたいんだよ。きっと」

千歌「そんなこと言って、またあっという間に凄い曲生み出してくれるんでしょ? 曜ちゃんだって私が作詞してる間にサラサラっとデザイン画描いちゃうしさー」

善子「もう衣装案できたわけ? 見せてもらっていいかしら」

曜「うんいいよ~。まだどんな曲調になるか分からないし、詞のイメージだけで描いた仮デザインだけど」

善子「ふむふむ……流石、相変わらずハイレベルね。バリバリ体育会系のくせして、どうしてイラストや裁縫がこんな得意なのよ」

曜「まぁ趣味の延長みたいなものだし、好きこそ物の上手なれってね!」ドヤッ!

千歌「フンッ。どうせ曜ちゃんや梨子ちゃんみたいな天才肌には、毎回どうにか歌詞を絞り出してる私の気持ちなんて分かりませんよーっだ」プイッ


5: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/10/20(金) 18:19:35.30 ID:H0Spj33N

善子「なに子供みたいに拗ねてんのよ」

曜「まあまあ。お疲れ気味でご機嫌斜めなだけだから気にしないであげて」

善子「気にするなって言われてもねぇ……千歌さんは千歌さんで充分凄いと思けど」パラッ…パラッ…

千歌「わぁーーー!!! 勝手に歌詞ノート見ないでよ!!」

善子「別に良いじゃない。いずれ全員目を通すことになるんだから。それにホントに凄いと思うし」パラッ…パラッ…

千歌「……ほんとう?」

善子「えぇ。この絵とか特に」パラッ…

千歌「は?」

曜「絵??」

善子「ほら。この梨子さんを描いたやつなんてかなり特徴捉えてると思うし」
no title


千歌「凄いって言ってくれたの詞じゃなくてそっち!?」


6: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/10/20(金) 18:20:43.03 ID:H0Spj33N

善子「パラパラめくった時の動きも躍動感あって良い感じよね」




千歌「……あぁうんありがとう」

善子「案外才能あるんじゃない?」

曜「そうなのっ! 実は千歌ちゃん絵を描くのかなり上手なんだよ!!」

善子「ふぅん」

曜「昔から器用で習字とかすんごく達筆だし、卓球やソフトボールもコントロール抜群なんだ~」

善子「スポーツの器用さと習字の器用さって、画力とはまるで関係無いんじゃ」

曜「そうかな? 手先が不器用な人って絵や字も下手っぴなことが多いし、逆もまた然りな気がするけど」


善子(またサラッとそういうことを……)

千歌(曜ちゃんは何やっても器用だもんね……)


7: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/10/20(金) 18:21:32.49 ID:H0Spj33N

曜「それに部員募集のポスターも私と千歌ちゃんの合作だしね」

善子「へぇ。てっきりそういうのは曜さんが一人で作ってるのかと思ってたわ」

千歌「ふっふーん! 凄いでしょ。私のこと見直しちゃった? もっと崇めてくれてもいいんだよ??」

善子「はいはい見直した見直した」

千歌「むぅ~……」

善子「まっ、この絵をただのパラパラ漫画で終わらせるのは勿体ないと結構本気で思ってるけどね」

千歌「どゆこと?」

善子「せっかくだからヨハネの自立稼働魔法で動かしてみたいなーって」

千歌「自立稼働魔法って……絵が勝手に動くわけないじゃん」

善子「なんで? テレビやゲームだってオートでイラストが動くじゃない」

曜「あぁなるほど。そういうことか」

千歌「んんん? 私の絵がアニメーションみたいに動いてくれるわけなくない?」


9: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/10/20(金) 18:22:46.97 ID:H0Spj33N

善子「アニメだって紐解けば単なる高速紙芝居。ハイレベルなパラパラ漫画の様なもの」

善子「つまりパラパラ漫画を描ける人なら、アニメーションだって絶対に作れるはずなの。クオリティーは置いといての話だけどね」

千歌「うぅ~ん。いまいち納得できないんだけど」

善子「そうねぇ。例えば拡張子でドット・ジー・アイ・エフって見たことない?」

千歌「G…I…F……ぎふ? 岐阜県?」

曜「たしか読み方はギフじゃなくてジフだったような」

千歌「知らないよぉ。そもそもかくちょーしとか難しいと言われてもチンプンカンプンだし!」

曜「あ~。たしかに千歌ちゃん、あんま自分でPC使わないもんね。動画なんかもケータイで見てばっかだし」

善子「なら画像データを保存するファイル形式……って言ってもピンとこないか。簡単に説明すれば、音の出ない簡易的な動画ってところかしら」

曜「誰でも簡単に作れる動画って感じかな?」

千歌「分かったような分からないような」


10: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/10/20(金) 18:23:41.08 ID:H0Spj33N

善子「実際にやって見せた方が早そうね。ちょっとパソコン貸してもらえる?」

曜「はいどーぞ」

善子「…………」カキカキ

善子「………………」カチッ カチッ

善子「…………ぐぬぬ」カキ…カキ…

千歌「何してるの?」

善子「リトルデーモン描いてんのよ! ハイ出来たッ!!」

no title



千歌「なんていうか……丸歪んでるし下手じゃない?」

善子「ハァ!?? ペイントとマウスでこんだけ描ければ上等でしょ!?」

曜「マウスで描くの難しいもんねー」



 ※実際にペイントツール&マウスで描いた画像を使用しております


11: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/10/20(金) 18:25:32.02 ID:H0Spj33N

善子「そんでもって……クッ……中々骨の折れる奴等ね」カキ…カキ…

善子「…………リトルデーモン量産完了っ!!」

no title



曜「これを動かすの?」

善子「えぇ。今からヨハネの魔法でこの絵画に命を吹き込むから、暫し待ちなさい」カチッ カチッ

善子「……この……えいっ……」カチッ カチッ カチャカチャ…ッターン!!


千歌(善子ちゃん必至だなー)

曜(随分プラグマティックな魔法だこと)


12: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/10/20(金) 18:26:51.85 ID:H0Spj33N

善子「……待たせたわね」ハァ…ハァ…


善子「堕天使ヨハネの名の下に命じる。顕現せよ、我が身を喰らいて力と成せ──リトルデーモン、召喚ッッッ!!!」シュバッ!!

no title



善子「フッ、ざっとこんなモノね」ギラン!

千歌「おぉぉーーー動いたっ!!!」パァァァアアア!

曜「わぁカワイイ。さすが善子ちゃん、動画編集得意なだけのことはあるね」

善子「だからヨハネよ」

千歌「凄い! 凄いよコレ!!」キラキラッ

善子「フフン。そうでしょう? しかしこの程度で満足してはいけないわ」シュバッ!!

善子「我らの手で生み出そうぞ! 闇に蠢く奇怪な絵画を!!」

千歌「ふぇ?」

善子「だ・か・ら! あなたが描いた絵をGIFにするのよ!! まっ、2人の画力とヨハネの編集魔法があれば簡単に出来るだろうし」

曜「2人の画力って……もしかして私も手伝う流れ!?」


29: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/10/20(金) 19:05:38.59 ID:Q9gSF+p4

>>12
雑に書いときながら普通にかわいくて草


14: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/10/20(金) 18:28:51.81 ID:H0Spj33N

善子「そりゃもちろん。今日はもう遅いし、明日曜さんの家にでも集まってやりましょっか」

曜「えぇー、そんな勝手に決めないでよ……」

善子「あら? この前ペンタブに興味があるって言ってなかったっけ?」

曜「持ってきてくれるの!?」

善子「えぇ。特別に使わせてあげるわ」

曜「やったーー!!」

千歌「ぺんたぶってなぁに?」

善子「ペンタブレット。パソコンで絵を描く時に用いる魔道具の一種といったところかしら」

曜「私はいつも紙に描いたデザイン画をPCに取り込んでデータ管理してるから、直接PCで描くパターンにも挑戦してみたかったんだよねっ」

善子「じゃ、決定ってことで。明日は3人で頑張るわよ!」


ようちか「「おぉーーー!!!」」


15: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/10/20(金) 18:31:50.93 ID:H0Spj33N

 
   *   *   *


  ~翌日、渡辺宅~


曜「へぇ~。これがペンタブかー」ワクワク

千歌「ただのプラスチックのペンと板にしか見えないや」

善子「よし。曜さんのパソコンにイラストソフトやペンタブ対応ドライバのインストールも終わったし、これで準備OK」

善子「タブレットからペンを少し浮かした状態で動かしてごらんなさい」

曜「浮かせて? 板の上を直接滑らせなきゃ意味なくない?」

善子「いいからいいから」


16: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/10/20(金) 18:32:33.02 ID:H0Spj33N

曜「…………」ソォー…

曜「わっ! カーソルが動いた! 板からペンが離れてても反応してくれるんだ……」

善子「そのままペンを動かして、さっきインストールしたイラストソフトのアイコンの上までカーソルを移動。そしたらペンでタブレットをつついてみて」

曜「えい」ツンツン

千歌「おぉ、お絵かきソフトが開いた! マウスで普通にクリックしたのと同じってこと?」

善子「そーゆーこと。つつく=クリックよ」

曜「凄い……ペンタブって絵を描けるだけじゃなくて、マウスの代わりにもなってくれるんだ」

善子「まぁ代わりとしては使いにくいし好き好んで代替品にする意味はないけど、マウスが壊れたりした緊急時にはあると便利かもね」


17: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/10/20(金) 18:34:35.62 ID:H0Spj33N

善子「とまぁ、ペンタブの使い方講座はこんなところかしら」

千歌「早くない?」

曜「まるで絵の描き方を教わってないんだけど」

善子「だからマウスで絵を描く時と同じだってば。クリックしたままカーソルを動かせば線が引けるわ」

善子「あとは筆圧っていって、ペンを強く押すと線が太くなったり軽く押すと線が細くなったりするけど……その辺は教わるより使いながら慣れるしかないんじゃない?」

曜「なるほど。でも何描けばいいの? 千歌ちゃんのパラパラ漫画をスキャナで取り込んで画像繋ぎ合わせれば、それだけでGIF完成だよね?」

善子「それじゃつまらないでしょ。鉛筆で描いた絵とパソコンで描いた絵じゃまるで違ってくるし、せっかくだからデジタルで頑張らないと」


18: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/10/20(金) 18:35:46.59 ID:H0Spj33N

千歌「じゃあパラパラ漫画と同じ感じで梨子ちゃんを描けばいいのかな?」

善子「えぇ。やってみて」

千歌「よぉし。描くぞ描くぞー」


千歌「…………」カキカキ

千歌「………………」カキ…カキ…


曜「あらら。線がグチャグチャ」

千歌「描きにくすぎるよっ!!」

曜「やっぱり初めてのペンタブは使い難い?」

千歌「んー。マウスよりは全然描きやすいけど、このお絵かきソフトがなんか合わないかも」

善子「このイラストソフト、一番メジャーで使いやすいものなはずなんだけど……」


19: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/10/20(金) 18:36:36.69 ID:H0Spj33N

千歌「もう遊びで使ったことあるペイントでいーや」

善子「せっかくペンタブ使ってるのに、ペイントじゃ筆圧感知してくれないわよ?」

千歌「え? 線の強弱ならブラシの設定でどうにかなるよ?」

千歌「このブラシを選んで~とりあえず試し描き~~~できたっ!」カキカキ

no title


善子「これ角度によってに斜めの線が太くなったり細くなったりしてるだけでしょ? 筆圧まったく関係ないし……」

曜「千歌ちゃんが描きやすいならなんでも良いんじゃないかな」

善子「まぁそれもそうね」


20: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/10/20(金) 18:37:42.64 ID:H0Spj33N

善子「じゃあどんどん描いちゃって」

千歌「うん!」


千歌「ふんふんふ~ん♪」カキカキ カキカキ

千歌「よし、何枚か梨子ちゃん描けたよ!」


no title


no title


21: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/10/20(金) 18:39:48.71 ID:H0Spj33N

曜「……うわぁ」

善子「鉛筆で描いたやつより線がはっきりしてる分、よりえげつなくなったわね」

曜「これ本人が見たら絶対怒るって」

千歌「バレなきゃだいじょ~ぶっ!」

曜「えぇ……大丈夫なのかな」

千歌「気っにっしっなぁ~い♪ 小さーなこ~と~はー♪」カキカキ


曜(少しは気にしようよ……)


22: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/10/20(金) 18:41:37.24 ID:H0Spj33N

善子「じゃあイラストレイターはちょっと休憩ね」

千歌「うん?」

善子「さ、曜さん」

曜「待ってました!」

善子「これに色を塗って頂戴」

曜「色彩なら曜ちゃんにお任せあれっ!」

曜「ん~~~こんな感じかな?」ヌリヌリ カチッ カチッ ヌリヌリ

千歌「おー。もうお絵かきソフトもペンタブも使いこなしてる」

善子「流石器用ね」

曜「はいできた!」


no title



曜「とりあえず千歌ちゃんの描いた線画と、色塗り2パターン並べてみたよ」


23: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/10/20(金) 18:43:22.88 ID:H0Spj33N

曜「ベタ塗りと淡い塗りどっちが好き?」

善子「個人的な好みはベタ塗りだけど、千歌さんの画風には淡い塗りの方が合うんじゃない?」

千歌「自分でもそんな気がする。淡い感じでヨロシクぅ」

曜「了解であります!」ケーレイ!


千歌「そういえば、どうして善子ちゃんはペンタブとかお絵かきソフトを持ってたの?」

善子「えっ」

千歌「だって普段絵を描いたりしてるわけじゃないでしょ?」

善子「えっとーそれはー……ほら、イラストソフトって画像編集にも使えるし? 動画のサムネ作りとかそういう、ね?」

千歌「なるほど」

曜「千歌ちゃん。そんな簡単に騙されちゃダメだよ」ヌリヌリ

千歌「?」


24: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/10/20(金) 18:44:33.25 ID:H0Spj33N

曜「動画のサムネイル作りにペンタブは必要ないし、このSAIっていうイラストソフトも絵を描く性能に特化したものだったはず」

千歌「そうなの?」

曜「うん。たしか大した画像編集はできないんじゃないかな。ほら、文字の入力なんてペイントですらできるのにSAIじゃ無理だし」カチッ カチッ

善子(なんでそんなことまで知ってるのよ!?)


千歌「じゃあどうして……」

曜「善子ちゃんってオリジナルな堕天使として振る舞ってるけど、実はそういう系のアニメやラノベ好きだったりしそうじゃん?」

善子「ギクッ!?」

曜「あと前に『夏といえば夏コミ』とか言ってたし、多分そういうことなんじゃない?」ヌリヌリ

善子「ちょ、やめ……」


25: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/10/20(金) 18:46:06.69 ID:H0Spj33N

千歌「どゆこと?」

曜「だから例えば……同人誌作家に影響受けて自分でも描いてみたくなり道具を用意したはいいけど、すぐに挫折しちゃったとかさ」

曜「現にペンタブがほぼ新品だし」カキカキ

善子「うっさいわね!! それ以上妄言ほざいてるとペンタブ没収するわよッ!!!」

曜「ヨハネ様!! それは困るであります!! どうか御慈悲を!!」

善子「じゃあ黙って手を動かす!!」

善子「塗り終わったらとっととヨハネのノートパソコンに画像データ転送しなさい! こっちでGIF化作業進めとくから」

曜「らじゃ!」ビシッ!!


26: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/10/20(金) 18:47:33.62 ID:H0Spj33N

千歌「ねえねえ。アニメやラノベや同人誌が好きなの? そういうのに影響受けて堕天しちゃったの??」

善子「もうっ! そんなわけないでしょ!!」

千歌「アハハ、ごめんごめん♪」

善子「まったく……」


善子「さ。気を取り直して、編集作業に取り掛かりましょうか」

千歌「画像を繋ぎ合わせてジフ? っていうのにするんだよね」

善子「そうよ。でもただ画像を繋ぎ合わせるだけじゃ面白味に欠けるから、色々アレンジ加えましょ」

千歌「アレンジって例えばどんなの?」

善子「ん~。どんなのが良いかしら……そうだ、集中線って分かる?」

千歌「漫画とかでよくある表現だよね。キャラクターを中心に線がシュババってなってるアレのことでしょ?」

善子「そうソレ。そういうのなら簡単につけられるわ]

千歌「じゃあつけよう!」


27: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/10/20(金) 18:48:18.50 ID:H0Spj33N

善子「千歌さんも何か案出してよ」

千歌「…………頭にツノ生やしたら面白そうじゃない?」

善子「ぷっwww」

千歌「梨子ちゃん怒ると鬼みたいだし似合うこと間違いなし!」

曜「あの、あんま悪乗りしすぎない方が……」

善子「鬼じゃなくてリトルデーモンの角ってことにしとけば平気よ平気」


千歌「ねえねえ、炎のエフェクトとかある?」

善子「背景をメラメラさせたいってこと?」

千歌「ちっちっちっ。善子ちゃんも甘々ですな~」

善子「……あなたまさか!?」

千歌「うん! 口から火を吹かせる!!」

善子「アハハハハ。良いわねそれ! ヨハネに任せときなさい。適当に炎のフリー画像でも探して、それっぽく合成してみせるわ!!」



曜「ああもうどうなっても知らないから……」


33: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/10/20(金) 21:13:25.44 ID:H0Spj33N

 
   *   *   *


  ~翌日、学校屋上~


千歌「凄い……私のケータイの中で梨子ちゃんが動いてる……ほんとに動いてるよ!!」

曜「1度データ化しちゃえば、パソコンからでもスマフォからでも好きな時に見れるのが便利だよね」

千歌「早く誰か来ないかなー」ワクワク

善子「この最高傑作をみんなに披露したくて堪らないわね!」

曜「梨子ちゃんにだけはバレない様にやってね。頼むから」


   ガチャッ!
花丸「おはようずら~」

ルビィ「おはようございますっ」


34: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/10/20(金) 21:15:20.41 ID:H0Spj33N

曜「あ、おはヨーソロー!」

千歌「おぉ! ナイスタイミング!!」ガシッ!!

花丸「ずら!?」

善子「最初にやって来るのがあなた達2人になるとは……まさに運命の導き!」

ルビィ「わわっ、いきなりどうしたの!?」

善子「フッ、とくと目に焼き付けるがいい! 共同魔法の成果を!!」





千歌「普通怪獣りこっぴーだぞー! 火を吹くぞー!! がおー!!!」アハハハ


36: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/10/20(金) 21:20:37.00 ID:H0Spj33N

花丸「み、未来ずらー! 超未来ずらーー!!」

ルビィ「ツノ生えてる……炎がぶわって……うゆぅ……怖いよぉ」

善子「フフン、この火炎はヨハネが錬成したのよ? 凄いでしょ?」

花丸「すごいずらwww 傑作ずらwwwww」

ルビィ「たしかに凄いけど……えっと、わざわざ作ったの?」

千歌「もっちろん!」

ルビィ「えぇ……」


曜(そりゃいきなりこんなの見せつけられたらどん引くに決まってるんだよなぁ……)


  「たしかに凄い力作ね」

千歌「でしょでしょ? 梨子ちゃんの恐ろしさを表現するために全力を注いだのだ!!」

  「……ふぅん」ユラリ…

ルビィ「ぴぎぃ!?!!??」


39: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/10/20(金) 21:36:51.49 ID:H0Spj33N

千歌「ルビィちゃん? どうしたの?」

ルビィ「ひぃぃぃいいいい」ガクブル

曜「ち、千歌ちゃん……うしろうしろ……」



梨子「……フフ、おはよう」ニッコリ


 


40: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/10/20(金) 21:37:17.59 ID:H0Spj33N

千歌「うげっ」

善子(ピーーーンチッ!!)

曜「梨子ちゃん……一体いつから……」

梨子「ん? ついさっきだけど?」


曜(まだ助かる! それならまだ助かる!!)スッ

善子(ここは全ての咎を千歌さんに押し付け戦略的撤退よっ!!)ササッ


梨子「待ちなさい」ガシッ

ようよし「「!!!」」


41: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/10/20(金) 21:39:54.27 ID:H0Spj33N

梨子「どうして立ち去ろうとしたの?」

曜「だってほら、あれでしょ? 千歌ちゃんをお説教する流れでしょ? 千歌ちゃんが怒られてる姿とかあんまり見たくないし」アセアセ

善子「私と曜さんは別に居なくても構わないかなーって……あはははー……」

千歌「うそっ!? 私を見捨てて逃げるつもりだったの!? もう私達運命共同体でしょ!?」

梨子「そもそも千歌ちゃん1人でこんなの作れるわけないし……共犯は誰? ここに居る全員?」

花丸「違うずら違うずら違うずら!!」

ルビィ「ルビィ達は関係ありません~~~っっっ」


42: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/10/20(金) 21:45:57.79 ID:H0Spj33N

善子「そうよ! 1年は全員無実だわ!! 曜さんが手伝ったに決まっているじゃない!!」

曜「うえぇええ!???!? 私は着色しただけだからね!? GIFを作ったという意味では善子ちゃん1人の犯行でしょ!??」

善子「なんでよ!! GIF作り自体は悪くもなんともないでしょ!! 角生やすのも火を吹かせるのも全部千歌さんのアイディアなんだからヨハネは関係ないしっ!!!」

梨子「へぇー。そっかー。こっちは1日中作曲を頑張っていた間、3人仲良く私を馬鹿にして遊んでたってわけね……」ゴゴゴゴゴ…


曜(GIFより実物の方がよっぽど怖いんですけど!?)

千歌(ヤバイ……本当にツノ生えそう……火を吹きそう)

善子(業火滅却される……紅蓮の渦の中へ消されるッ!!)


43: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/10/20(金) 21:48:09.30 ID:H0Spj33N

善子「ちょっとどうにかしなさいよっ」ヒソヒソ

曜「うえぇ!? えぇと……そ、そうだ! 梨子ちゃんが作ってきて下さった曲を聞いてみたいなーって……」

千歌「うんうん! 是非聞きたい!! 今すぐ聞こうそうしよう!!」

梨子「えぇ聞かせてあげるわ。……あなた達を葬り去ってからね」ギロリ

ようちかよし「「「ぎゃぁぁぁあああーーー!?!!??!?」」」


花丸「この後3人は梨子ちゃんにたっぷり絞られましたとさ」

花丸「めでたしめでたし♡」


    お  し  ま  い


45: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/10/20(金) 21:50:11.71 ID:ha6LeXt6


かわいかった


46: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/10/20(金) 22:35:11.04 ID:L8wbcdby

メイ*^ ᴗ ^リ ニコニコ


48: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/10/20(金) 22:45:14.21 ID:3LFx5lOp

正直好き
またやってくれ


49: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/10/20(金) 23:22:05.69 ID:dQUpM3Qw

いつもの人かしら
さりげにりきゃこのつぶやきオマージュまで入れたやろw
おっつ!


50: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/10/20(金) 23:29:20.70 ID:H0Spj33N

変な像とかツイートオマージュに気がついてくれる人いてくれて嬉しい


引用元: ・http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1508490916/

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連おすすめ記事
オススメ記事

この記事へのコメント

  1. 名無しのラブライバー:2017/10/22(日) 03:05:43

    謝罪も釈明もなしにだんまりを決め込む「ラブライブ通信」管理人

    問題の記事はこちら↓
    ttp://imgur.com/LlucUBq.jpg


  2. 名無しのラブライバー:2017/10/22(日) 04:23:12

    炎の中に見えてはいけない物が見えた気がする


  3. 名無しのラブライバー:2017/10/22(日) 07:07:59

    SSとかくだらねぇんだよ早くサイト閉鎖しろや


プロフィール

ラブライブ!通信管理人

ラブライブ!の速報や面白い話を毎日まとめています!
更新情報はこちらでツイートしているので、是非フォローしてください(^ω^)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
オススメ
週間人気記事ランキング
逆アクセスランキング
アクセスカウンタ
相互リンク
アンテナサイト