【ラブライブ!】梨子「果南さんは鈍感でずるい」

C7F9kgjV4AQk7Aa.jpg


1: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/09/25(月) 16:37:18.47 ID:aoGVdtyb

ガララッ

梨子「すみません、まだダイビングって間に合いますか?」

果南「あ、梨子ちゃん
ごめんね?もう夜になっちゃうから今から店閉めする所だったんだ」

梨子「そう…ですか…」

果南「ごめんね…えーっと、せっかく来てくれてなんだけど、家まで送っていくよ」

梨子「はい…ありがとうございます」



4: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/09/25(月) 16:39:51.98 ID:aoGVdtyb

ブロロロロ

果南「でも梨子ちゃんがダイビングなんて珍しいね、何かあったの?」

梨子「えぇっと…実は作曲に行き詰まってて…また海の音が聞ければ、って思ったんですけど…」

果南「そっか、梨子ちゃんにばっかり作曲の役目背負わせちゃってごめんね?」

梨子「あ、大丈夫です!好きでやってますし、それに果南さんも振り付け考えてくれてますし!」

果南「まぁでも振り付けは他のみんなも考えてくれるから…その点梨子ちゃんは凄いよ」


5: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/09/25(月) 16:42:53.22 ID:aoGVdtyb

梨子「へ?」

果南「ほら、作曲ってAqoursメンバーで他にできる子がいないからさ
全部梨子ちゃんがひとりでやってるんだもん、凄いよ」ナデナデ

梨子「そ、そうですかね…///」

果南「誇りに思っていいと思うよ
あ、ほら見て?」

梨子「?
わぁ…綺麗な星…」

果南「作曲に行き詰まった時にダイビングするのもいいけど、夜には綺麗な星空が見えるから
それを見ながら作曲するのもいいんじゃないかな?」

梨子「こんなに綺麗な星が見れるなんて…今まで知りませんでした」


6: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/09/25(月) 16:46:54.21 ID:aoGVdtyb

果南「私、結構星空眺めるの好きなんだよね~」

梨子「果南さんって以外とロマンチックなんですね」

果南「むっ、以外とは失礼な…
まぁ千歌とかにもよく言われるけど…
っと、はい梨子ちゃんの近くにとーちゃくっと」

梨子「すみません、わざわざ送ってもらって」

果南「平気だよ、もしまた時間があったらいつでも来てね
ダイビングの事色々と教えてあげるからさ♪」


7: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/09/25(月) 16:47:47.82 ID:aoGVdtyb

梨子「はい♪
それじゃあ、おやすみなさい」

果南「ん、おやすみ~♪」

ブロロロロ

梨子 (ダイビングが出来なかったのはちょっぴり残念だけど、果南さんとお話出来てよかったかも?)


8: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/09/25(月) 16:49:57.50 ID:aoGVdtyb

次の日

ガララッ

梨子「おじゃまします」

果南「あ、梨子ちゃん
ダイビングしに来てくれたんだ?」

梨子「はい♪
昨日は残念でしたけど今日は出来ますよね?」

果南「もちろん♪
じゃあダイビングスーツに着替えよう!」

梨子「ありがとうございます♪」


9: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/09/25(月) 16:52:17.22 ID:aoGVdtyb

果南「着替えれた?」

梨子「はい♪」

果南「じゃあ行こっか」

ブロロロロ

梨子「そういえば果南さんはいつからダイビングを始めたんですか?」

果南「う~ん、いつからだろ…物心ついた時にはやってたような…」

梨子「ふふっ、本当に海が好きなんですね」

果南「もちろん♪
私から海を取ったらなにも無くなっちゃうよ」

梨子「そんなにですか?」

果南「うん、梨子ちゃんにとってのピアノぐらい大切なものかな?」


10: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/09/25(月) 16:54:10.71 ID:aoGVdtyb

梨子「あ、そうだ」

果南「ん?」

梨子「まだお昼ご飯食べてないですか?」

果南「うん、食べてないよ?
どうして?」

梨子「もし良かったらサンドウィッチ作ってきたんで食べてくれませんか?」

果南「わぁ…凄い美味しそう!」

梨子「お口に合うか分かりませんが、よかったら…」

果南「タマゴサンドかぁ~
美味しそう♪」


11: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/09/25(月) 16:55:44.98 ID:aoGVdtyb

パクッ

果南「ん、おいしい♪」

梨子「よかったです♪」

果南「凄いなぁ梨子ちゃんは」

梨子「へ?」

果南「料理もできて、ピアノも出来て、絵も上手…完璧じゃん
それに引き換え私なんて…」

梨子「そんなことないですよ!
果南さんもカッコよくて素敵だと思いますよ?」


12: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/09/25(月) 16:58:32.75 ID:aoGVdtyb

果南「カッコいい、かぁ…」

梨子「?」

果南「その、さ
私ってあんまり可愛いって言われないからさ…カッコいいとは言われるんだけど…」

梨子「もしかして果南さん可愛いって言われたいんですか?」

ピクッ

果南「い、いやそんな事は…」

梨子「へ~」ニヤニヤ


13: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/09/25(月) 17:00:42.53 ID:aoGVdtyb

果南「な、なにさ…」

梨子「果南さんって可愛いですよね」

果南「なっ…///」

梨子「そう言われてすぐ顔赤くなっちゃうところも可愛いです」

果南「かっ、からかうの禁止!///」

梨子「え~…」

果南「あんまりするとダイビング教えてあげないからね!」

梨子「そ、それは困ります!」

果南「だったら禁止!」

梨子「は~い」


14: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/09/25(月) 17:02:23.83 ID:aoGVdtyb

果南「もう…でもありがとね、サンドウィッチ凄い美味しかったよ」

梨子「はい♪食べてる時の果南さんの顔すごく幸せそうでした!」

果南「もう!怒るよ~?」

梨子「きゃ~っ♪」

果南「コホン…えーっと、じゃあとりあえず潜ってみよっか」

梨子「はい♪」


15: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/09/25(月) 17:04:43.54 ID:aoGVdtyb

果南「もし危なかったらすぐ助けるけど、あんまり深く潜っちゃダメだよ?」

梨子「わかりました!」

果南「じゃあ、行ってらっしゃい♪」

ザプーン

梨子 (わぁ…前の時もそうだったけどやっぱり綺麗だなぁ…)

梨子 (それにしても果南さん意外と照れ屋で可愛かったかも♪)

梨子 (っ…!
ウソ…!足つっちゃった…!?)


16: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/09/25(月) 17:07:23.45 ID:aoGVdtyb

梨子 (あ、足が…動かない…っ!
果南さ…助け…っ!)

果南「梨子ちゃん!?」

ザプーン

スィーッ

果南「梨子ちゃん!大丈夫?」

梨子「……」

果南「結構水飲んじゃってる…ごめんね、梨子ちゃん…」

グッ グッ グッ フゥーッ

果南「多分ファーストキスだろうけど…そんな事言ってられないし…!」

フゥーッ グッ グッ

梨子「ん……?」


17: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/09/25(月) 17:09:11.77 ID:aoGVdtyb

果南「よかった…気が付いた?」

梨子「あの…?」

果南「覚えてない?梨子ちゃん溺れかけてて…」

梨子「そうだ…私さっき足がつっちゃって…」

果南「ちょっと気を失ってたから…その、ごめんね?」

梨子「へ?」

果南「たぶんその…梨子ちゃんのファーストキス…貰っちゃって」

梨子「あっ…///
い、いいんですよ!緊急事態ですし!」


18: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/09/25(月) 17:11:24.59 ID:aoGVdtyb

果南「でも…」

梨子「果南さんが人工呼吸してくれ無かったら私助かってなかったかも知れませんし!
それに人工呼吸はファーストキスとしてノーカンですよ!多分!///」

果南「そ、そっか…それなら良かったよ」

梨子 (とは言うものの…か、果南さんとキス…しちゃったんだ…///
果南さんは…ファーストキスなのかな…って何考えてるんだろ私…///)

果南「どうしたの?私の顔になにかついてる?」


19: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/09/25(月) 17:12:57.42 ID:aoGVdtyb

梨子「あ、いえ…っ!」

果南「相談なら乗るよ?」

梨子「あ、いえ…相談といいますかその…」

果南「?」

梨子「か、果南さんは…ファーストキスだったのかなー…みたいな…///」

果南「へ?///」

梨子「わ、私はファーストキスでしたけど果南さんはどうなのかな…へ、変ですよね私こんな事聞くなんて…///」


20: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/09/25(月) 17:14:17.43 ID:aoGVdtyb

果南「…っ…///
ふ、ファーストキス…だよ…///」

梨子「なっ…///」

果南「で、でも!ノーカンだよね!
うんノーカンだからまだファーストキスしてないよ!」

梨子「そ、そ、そうですよね!
ノーカンですもんね!」

果南「……///」

梨子「……///」


21: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/09/25(月) 17:16:39.35 ID:aoGVdtyb

果南「そ、そういえばさ…梨子ちゃんは…す、好きな人とかいるの?///」

梨子「ど、どうしてそんな事…///」

果南「ほら…その~…キスしちゃったからもし好きな人がいたら…っていなくても駄目なんだけどさ…///」

梨子「そ、そんな…っ
果南さんのはキスじゃないから気にしなくていいんですよ…!
好きな人…ですか…多分?います…」

梨子 (多分私は果南さんの事が…好き、なのかな)

果南「そ、そうなんだ…!
へ~っ!」


22: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/09/25(月) 17:18:59.67 ID:aoGVdtyb

梨子 (もし果南さんに好きな人がいて、その人が鞠莉さんやダイヤさん、千歌ちゃんだったら嫌だな…)

果南「梨子ちゃんは…告白しないの?」

梨子「こ、こ、告白!?」

果南「うん」

梨子「う~ん、どうなんですかね…
本当に好きって思えるようになったらするかも…です…///」

果南「そうなんだね…うん、その恋応援するよ!」

梨子「ほんとですか?」


26: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/09/25(月) 18:41:30.41 ID:KEJbUL3u

ダイビングで人工呼吸とかCFRとレスキューダイバー講習を思い出した

一人で潜っちゃだめだよ
ちょっとした事故で死ぬから


27: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/09/25(月) 19:05:49.49 ID:aoGVdtyb

梨子 (…って言っても相手は目の前にいるんだけどね…)

果南「まだ足痛む?」

梨子「はい…少し…」

果南「そっか…これで良くなるか分からないけど…」ナデナデ

梨子「なんだか恥ずかしいです…///」

果南「そうだよね…///」


28: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/09/25(月) 19:08:20.71 ID:aoGVdtyb

梨子「あの…」

果南「ん?」

梨子「今度果南さんとショッピングとかしてみたいんですけど…いいですか?」

果南「私?別にいいけど…たぶん楽しくないよ?
服とかそんなに詳しくないし…そもそもあんまり沼津の方行かないから…」

梨子「大丈夫です!私がエスコートしますから!」

果南「ほんと?じゃあお願いしよっかな?」


30: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/09/25(月) 19:20:51.82 ID:aoGVdtyb

果南「足つっちゃったし、今日は無理しない方がいいよね」

梨子「で、でも…!」

果南「無理してまたつっちゃったら危ないでしょ?
それに、ダイビングはいつでもできるし!」

梨子「果南さんがそう言うなら…」

果南「よし!じゃあちょっと潜ってくるから待っててね?」

ザプーン


31: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/09/25(月) 19:24:03.33 ID:aoGVdtyb

梨子「果南さんとキス…しちゃった…///」

梨子「あー…顔がにやけちゃう…果南さんと話してる時変な顔になってなかったかな…?」

ザプーン

果南「梨子ちゃん!見て~」

梨子「わっ、凄い!」

果南「でしょ?」

梨子「魚とってたんですね♪」

果南「うん♪サンドウィッチのお礼…と言ってはなんだけど新鮮な刺身でもどうかなって」


32: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/09/25(月) 19:28:01.87 ID:aoGVdtyb

梨子「楽しみです♪」

果南「よかった♪
じゃあ捌いちゃうね」

㌧㌧

果南「はい、どうぞ♪」

梨子「ん、おいしい~♪
こんなに美味しい魚初めて食べました!」

果南「喜んでくれて良かった♪」

梨子「果南さんが捌いてくれた魚だから美味しいんだと思います」

果南「そ、そんな…誰が捌いても同じだよ…///」


33: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/09/25(月) 19:31:28.55 ID:aoGVdtyb

梨子「あれ?照れてます?」

果南「うぅ…うるさいな…///
千歌や鞠莉じゃないのにこんなに弄られるなんて…///」

梨子「っ…」ズキッ

果南「ん?どうかした?」

梨子 (果南さんがほかの女の子の名前出しただけで胸が痛むなんて…やっぱり私果南さんのことが好き…なのかな)


34: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/09/25(月) 19:41:22.49 ID:EZ+dYPRU

|c||^.- ^||


36: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/09/25(月) 19:58:00.36 ID:aoGVdtyb

果南「おーい、梨子ちゃん?」

梨子「はっ、な、何でもないです」

果南「そっか、じゃあそろそろ戻ろっか」

梨子「そうですね」

ブロロロロ


果南「よし、っと
明日のショッピングどこ集合にする?」

梨子「ん~そうですね…」

果南「もし良かったら明日迎えに行ってもいいかな?」

梨子「へ?私の家に、ですか?」

果南「うん、わざわざ淡島に来てもらうのも悪いし迎えにいくよ」

梨子「じゃあお言葉に甘えて…」

果南「うん♪じゃあ明日楽しみにしておくね!」

梨子「はい♪」


37: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/09/25(月) 20:00:55.47 ID:aoGVdtyb

テクテクテク

??「ん?おーい!」

梨子「あ、千歌ちゃん」

千歌「海の方から来たけど何してたの?」

梨子「ん~と、果南さんと一緒にダイビングしてたんだよ」

千歌「へ~っ、二人で?」

梨子「そうだよ」

千歌「そうなんだ!
誘ってくれればよかったのに~」

梨子「そう、だね
次からそうするよ」

千歌「約束だよ!」

梨子「あ、そうだ
ちょっと相談があるんだけどいいかな?」


38: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/09/25(月) 20:04:45.37 ID:aoGVdtyb

千歌「ん?どうしたの?」

梨子「その…え~っと…///」

千歌「?」

梨子「果南さんって…何が好きなのかな?」

千歌「果南ちゃんが好きな物?
ワカメとか?」

梨子「そ、そうじゃなくて
え~っと…」

千歌「もしかして梨子ちゃん…果南ちゃんの事好きなの?」

梨子「なっ…///」


39: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/09/25(月) 20:06:32.90 ID:aoGVdtyb

千歌「あ、顔が赤くなった」

梨子「うぅ~///」

千歌「そうだったんだ~!知らなかったなぁ…なるほどね~」ニヤニヤ

梨子「ニヤニヤしないで!
もう…///」

千歌「それなら梨子ちゃんに協力してあげるよ!」

梨子「ありがとう!
それで…明日デート行くんだけど…」

千歌「あぁ!それで果南ちゃんの好きな物を気にしてたんだ」


40: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/09/25(月) 20:09:29.93 ID:aoGVdtyb

千歌「それならとびっきり可愛い格好していけばいいんじゃないかな?
きっと果南ちゃんも梨子ちゃんの可愛い私服見たらメロメロだよ!」

梨子「そうかなぁ…」

千歌「うん!きっとダイジョブ!」

梨子「うん♪私頑張るね!」

千歌「頑張って!」


41: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/09/25(月) 20:12:59.08 ID:aoGVdtyb

次の日

梨子 (…はぁ…なんだか緊張してきた…)

梨子ママ「あら?出かけるの?」

梨子「う、うん…ちょっとね」

梨子ママ「そんなにおめかしして…もしかしてデート?」

梨子「そ、そんなんじゃないよ!///」

梨子ママ「あらあら…」

ピンポーン

果南「梨子ちゃ~ん」

梨子ママ「相手の子が来たみたいね、お母さんちょっと挨拶してくるわ♪」

梨子「ちょっ…!」


42: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/09/25(月) 20:16:11.57 ID:aoGVdtyb

ガチャ

梨子ママ「こんにちは~♪」

果南「こ、こんにちは…!」

梨子ママ「ふぅん…なるほどね…」

果南「あ、あの…梨子ちゃんのお母さんですか?」

梨子ママ「えぇ、そうよ?」

梨子「ちょっと!お母さん!」

果南「あ、梨子ちゃん」

梨子「す、すみません果南さん…
ほら、お母さん早く行ってよ!」

梨子ママ「デート、頑張るのよ!」

梨子「もうっ!///」


43: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/09/25(月) 20:19:58.72 ID:aoGVdtyb

果南「デート??」

梨子「あーもう!気にしなくていいです!」

果南「うん…?
…梨子ちゃん、綺麗だね…」

梨子「へっ…///」

果南「ほら、いつも制服ばっかり見てたし、そんなに私服見てなかったから…///」

梨子「あ、ありがとうございます…///
果南さんの私服も可愛いですよ?」

果南「へ、変じゃないかな?」

梨子「全然!すごいお洒落です!」


44: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/09/25(月) 20:22:37.58 ID:aoGVdtyb

果南「ありがとう…///」

梨子「じ、じゃあ行きましょう!」

果南「うん、そうだね」

梨子「果南さんはどこか行きたいとこあります?」

果南「んー私は特にないかな、梨子ちゃんはどこか行きたいところある?」

梨子「とりあえず喫茶店行って目的地決めましょうか」

果南「うん、そうしようか」


45: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/09/25(月) 20:30:39.74 ID:aoGVdtyb

カランカラン

果南「あんまりこういう店来ないから何だか緊張するなぁ」

梨子「そんなに緊張します?」

果南「う、うん…」

梨子「そうだ、果南さん何頼みます?」

果南「とりあえずコーヒーと…えーっと…ん~…」

梨子「?」

果南「その…パフェとか頼んだら変、じゃないかな?」

梨子「ぜ、全然変じゃないですよ!」

果南「ホント?バカにしない?」

梨子「しないです!」

果南「じ、じゃあこのチョコレートサンデー…で」


梨子「もし良かったらパフェ食べあいっこしません?」

果南「へ?///」


46: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/09/25(月) 22:10:13.46 ID:uH8yFxg5

ぐいぐいくる梨子ちゃん好き


50: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/09/26(火) 01:59:58.59 ID:7Dlaa4Zr

果南「む、無理だよ!
って言うかそれはカップルがやることでしょ!?」

梨子「カップルかぁ…」

果南「そ、そうだよ!
梨子ちゃん好きな人いるんでしょ?
その人とやりなよ!」

梨子「……」

梨子 (果南さん…鈍感だなぁ)

果南「梨子ちゃん?」


51: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/09/26(火) 02:01:43.51 ID:7Dlaa4Zr

梨子「じゃあ…予行練習、という事で
どうでしょう」

果南「どうでしょう…って言われてもなぁ…///」

梨子「じ、じゃあ!代わりに私が果南さんの願いなんでも聞きますから!」

果南「お、女の子が何でもするとか行っちゃダメだよ?」

梨子「うぅ……」ジワァ

果南「え、あ…」アセアセ


52: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/09/26(火) 02:03:08.38 ID:7Dlaa4Zr

果南「こ、今回だけだよ?」

梨子「やった~♪」

果南「あ、もしかして嘘泣き?」

梨子「バレました?」クスッ

果南「もー梨子ちゃん!」

梨子「ごめんなさ~い」

果南「もう…ほら…あ~ん…///」

梨子「ん……///」


53: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/09/26(火) 02:05:02.80 ID:7Dlaa4Zr

梨子「今度は果南さんの番ですよ♪
はい、あ~ん」

果南「あ…あ~ん…///」

梨子「ん、美味し♪」パクッ

果南「ちょ、ちょっと!食べさせてくれるんじゃないの?」

梨子「イタズラしちゃいました♪
ほら…これで私と間接キス、ですね///」

果南「ちょっ…んっ…///」


54: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/09/26(火) 02:06:23.11 ID:7Dlaa4Zr

果南「い、意識するような事言わないでよ!」

梨子「どうしてです?
間接どころか直接キスだってしたのに…」

果南「そ、それは無かったことに…」

梨子「果南さん、私果南さんの事…好き、です…///」

果南「なっ…///」


55: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/09/26(火) 02:07:58.19 ID:7Dlaa4Zr

梨子「私…一生懸命果南さんのために色々頑張ってみたんです
でも…果南さん鈍感で気付いてくれないから…」

果南「えっ、じゃあ梨子ちゃんの好きな人って…///」

梨子「果南さん…です…///」

果南「っ……///」

梨子「果南さんは…私の事…好き、ですか?」


56: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/09/26(火) 02:09:50.24 ID:7Dlaa4Zr

果南「こ、ここじゃアレだから場所を移そ?///」

梨子「…はい」

果南「ここなら…」

梨子「それで…答えは…」

果南「その、ね
私って鈍感だから梨子ちゃんの気持ちに気付かなくてゴメン…」

梨子「大丈夫ですよ、その…私も少しバレないようにしてたところもありますし」


57: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/09/26(火) 02:11:29.08 ID:7Dlaa4Zr

果南「その、ね…こういうのは恥ずかしいんだけど…え~っと…///」

梨子「…?」

チュッ

梨子「あっ……///」

果南「その…私で良ければ…///」

梨子「果南さんっ!」ギュッ

果南「わっ…」

梨子「えへへ、私からハグしちゃいました♪」


58: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/09/26(火) 02:13:31.51 ID:7Dlaa4Zr

果南「その…さ、やっぱりあの時のファーストキスはノーカンだよ…///
やっぱり反応ないと…キスじゃない、よね?」

梨子「確かに…そうかもしれませんね♪」チュッ

果南「なっ……///」

梨子「果南さん、私のお願い、ひとつ聞いてくれますか?」

果南「何、かな?」

梨子「私を…千歌ちゃんや曜ちゃんみたいに呼び捨てで…呼んでくれませんか?」


59: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/09/26(火) 02:15:08.30 ID:7Dlaa4Zr

果南「えと…梨子…でいいのかな?」

梨子「はい♡」

果南「梨子も、私の事果南さんじゃなくて…果南ちゃんって呼んでくれるかな?」

梨子「果南…ちゃん…///」

果南「なんだか恥ずかしいね…///」

梨子「はい…///」


60: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/09/26(火) 02:17:22.87 ID:7Dlaa4Zr

梨子「果南ちゃん…好きです…」

果南「私も梨子の事、好きだよ」

梨子「この事は二人だけの秘密にしませんか?」

果南「うん、私もそれがいいと思う」

梨子「じゃあ約束のキスで…///」

果南「ん…///」チュッ

梨子「えへへ…♡これからよろしくね、果南ちゃん♪」

果南「うん、こちらこそ宜しくね梨子♪」


おしまい


62: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/09/26(火) 03:18:44.02 ID:FwKi+bpM

乙! 続いてくれー


64: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/09/26(火) 07:44:16.82 ID:YT3FiQZw

素晴らしい
後日談はよ


65: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/09/26(火) 08:47:51.90 ID:BE9mIvdC

|c||^.- ^||


67: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/09/26(火) 13:28:11.67 ID:y6ziP6Rt

|c||^.- ^||乙ですわ


68: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/09/26(火) 13:51:22.04 ID:L7XEen6L

かなりこ初めて読んだけどいいね


66: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/09/26(火) 13:04:57.89 ID:INoF5WpE

|c||^.- ^|| 浄化力される…ますわ…


引用元: ・http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1506325038/

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連おすすめ記事
オススメ記事

この記事へのコメント

  1. 名無しのラブライバー:2017/09/27(水) 02:54:24

    かなりこって、いいよね……


  2. 名無しのラブライバー:2017/09/27(水) 07:16:18

    いい…


  3. 名無しのラブライバー:2017/09/27(水) 07:16:20

    なげぇしくだらねぇんだよ早くサイト閉鎖しろ


  4. 名無しのラブライバー:2017/09/27(水) 07:54:14

    謝罪も釈明もなしにだんまりを決め込む「ラブライブ通信」管理人

    問題の記事はこちら↓
    ttp://i.imgur.com/5qJWgHf.jpg


プロフィール

ラブライブ!通信管理人

ラブライブ!の速報や面白い話を毎日まとめています!
更新情報はこちらでツイートしているので、是非フォローしてください(^ω^)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
オススメ
週間人気記事ランキング
逆アクセスランキング
アクセスカウンタ
相互リンク
アンテナサイト