【ラブライブ!】大正浪漫りこルビなんてどうかな?

1495759523-5812ff6e95c09908af61bf37e5445321.jpg


365: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/07/11(火) 11:30:12.43 ID:3OBY14f1

|c||σ.-σ|| 大正浪漫りこルビが欲しい……


366: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/07/11(火) 14:57:14.34 ID:lmW0dhX6

勝手にお嬢様とメイドな関係を妄想してるんだけど
りこルビじゃないけど他のカプの大正浪漫みてると
店で働く看板娘なのが多いね……

まぁ、気にせず俺は好きな方で妄想していくよ


368: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/07/11(火) 16:20:23.70 ID:3OBY14f1

>>366
お嬢善子「お邪魔するわね」

お嬢梨子「いらっしゃい。今日は美味しいお茶とお菓子用意してあるからゆっくりしていってね」ニコッ

善子「フフッ楽しみ♡」

メイドルビィ「あっ。善子お嬢様、いらっしゃいませ」ペコリ

善子「あらルビィ。こんにちは。今日も可愛らしいわね♡」

ルビィ「そ、そんな///」テレテレ

梨子「……」

善子「でーも、善子じゃなくてヨハネでしょう?」ムー

ルビィ「ハッ!失礼致しました……!いらっしゃいませ。ヨハネお嬢様」

善子「ハイ。よろしい♡」

梨子「……。ルビィちゃん。用意は済んでるの?」

ルビィ「はいっ!今すぐにお出し出来ます」

梨子「そっか。偉い偉い♡」ナデナデ

ルビィ「あっ……///えへへ……///」

善子「はぁ……。いいわねぇ。ヨハネもルビィみたいな可愛くて頑張り屋さんなメイド欲しーい!」

梨子「ダメよ」キッ

よしルビ「!?」

梨子「あっ……。えっと、ルビィちゃんは私にとって大切なメイドさんだから……いくらよっちゃんでも……その……」

善子「だ、大丈夫よぉ!ちょっと願望を言っただけだってば!」アセアセ

梨子「そっか……」ホッ

ルビィ「―――梨子さんは歳も近くて、一緒にお出かけに連れて貰った時には姉妹のようって言われることも多くて……。ルビィにとってもご主人様であると同時に、大切なお姉様のような存在です♡」

梨子「る、ルビィちゃん……♡」ギュウウ-

ルビィ「はぅ/// 梨子お嬢様ぁぁ……///」

善子「(あらら。まだお菓子頂いてないのに甘ったるいわね……。あー!やっぱり羨ましーい!)」

|c||σ.-σ|| 姉妹のような主従関係になる大正浪漫りこルビが好きですわ


367: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/07/11(火) 15:20:39.48 ID:CeTPXmMG

この時代に高等学校に通うお嬢様梨子ちゃんが
喫茶店の看板娘として日夜働いてるルビィちゃんと出会い
いつしか行きつけの喫茶店になり毎日交流を深める

ある日
梨子『ルビィちゃん…もし良ければ、ウチの専属の給仕さんにならない? 毎日私だけにお茶を淹れてほしいの…』

と誘われる。密かに梨子にお慕えしていたルビィは突然の誘いにドキドキするが、この喫茶店のみんなと別れるのも寂しい…
悩むルビィだが、同僚の花丸ちゃんや千歌ちゃんが、梨子ちゃんと仲良くしているのを見てさらに悶々としちゃって…



みたいのをですね… |c||σ.-σ||


369: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/07/11(火) 16:57:29.29 ID:3OBY14f1

>>367
カランコロン

ルビィ「いらっしゃいませ。あっ、こんにちは♡」

梨子「こんにちは♡ 今日も桜の紅茶とサンドイッチをお願いします」

ルビィ「はい!かしこまりました。お席にご案内致しますね」

梨子「はい♡」

ルビィ「いつもお越しいただきまして、ありがとうございます」

梨子「このお店、美味しいからすっかり虜になっちゃって……」

梨子「(本当は、あなたの一生懸命働く姿を見て、元気を貰いたいから……なんて、言えないけどね―――)」

ルビィ「ありがとうございますっ!美味しく作って参りますので少々お待ちくださいませ!」

梨子「はぁい♡」

======

梨子「ごちそうさまでした」

ルビィ「あ、こちらのお皿だけお下げ致しますね」

梨子「ありがとう。フフ、今日はいつにも増して美味しかったかも♡」

ルビィ「本当ですか!?それならよかったですっ」

ルビィ「(お客様に喜んでもらえた……!やった、やったぁ……♡)」

梨子「うちのお手伝いさんが作ってくれるものより、美味しいかも?」

ルビィ「えぇっ?!そ、それは言い過ぎではないでしょうか……」

梨子「ふふふ、そう思っちゃうくらい美味しかったの。次もまたあなたに作ってもらいたいな♡」

ルビィ「……はい。分かりました///」

梨子「約束ね♡ んん、これでまた勉強も頑張れそう。それじゃあまたね、店員さん♡」

ルビィ「はい。ありがとうございました。またお越しくださいませ……///」ポー

ルビィ「(あのお客様のお手伝いさん、か……。ちょっと憧れるなぁ……)」


370: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/07/11(火) 16:59:17.90 ID:3OBY14f1

別の日

ルビィ「あの……。今日はどうかされたのでしょうか……。あまりお元気が無いようです……」

梨子「うん……。ちょっと学校で上手くいかないことがあって」

ルビィ「そうだったんですか」

梨子「それで、元気貰いに来ちゃった……」

ルビィ「分かりました。真心込めてお作り致しますね!」

梨子「店員さん……。うんっ……」

~~~~~~

花丸「ルビィちゃん、とっても丁寧に作ってるずら」

千歌「最近仲良しさんのお客さんへのお料理だよね?真剣な表情だ……!」

ちかまる「ルビィちゃん、頑張って!がんばルビィ!」

ルビィ「―――!うんっ。ありがとう2人とも!」


371: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/07/11(火) 17:02:42.95 ID:3OBY14f1

~~~~~~

ルビィ「お待たせ致しました」

梨子「ありがとう。頂きます―――」モグ

梨子「……」ポロッ

ルビィ「えっ!?あ、あのっ……ご、ごめんなさい!お口に合いませんでしたか!?」

梨子「ううんっ……!美味しいよ。美味しいよぉ……」ポロポロ

ルビィ「そう、ですか……」

梨子「あのね。さっき遠目からお料理を作っているあなたの姿を眺めていたの」

ルビィ「えっ」

梨子「いつも一生懸命働くあなたの姿に元気を貰ってて。このサンドイッチも、頂いているうちにあなたの思いが伝わって、何だか涙が溢れてきちゃった……」

ルビィ「そうでしたか……。ありがとうございます……///」

ルビィ「(どうしよう。ルビィも泣いちゃいそうになるくらい、嬉しい……)」

梨子「(―――決めた。)」

梨子「私、桜内梨子って言います。店員さん。お名前を教えてくれますか?」

ルビィ「は、はいっ。黒澤ルビィと言います」

梨子「ルビィちゃん……。もし良ければ、うちの専属の給仕さんになってくれませんか? 毎日私だけにお茶を淹れてほしいの」

ルビィ「えっ―――」


|c||>.-<|| こうですか分かりませんわぁ。こちらばかり長くなってしまって申し訳ないので頭を冷やしてきますわぁ


373: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/07/11(火) 17:34:58.55 ID:CeTPXmMG

ありがたや…ありがたや…


374: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/07/11(火) 22:02:20.77 ID:P2GQKr53

今日も良く眠れそうだ


375: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/07/11(火) 22:08:49.61 ID:IuWogW4N

う~ん…ここは地上の楽園かな?


377: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/07/12(水) 03:02:23.12 ID:TUEeLaNJ

梨子「……」ジッ

ルビィ「あぅ……ぅゅ……///」カァァ

ルビィ「ご、ごめんなさい……」

梨子「―――っ」

ルビィ「ちょっとビックリしちゃって……。今すぐにお返事は出来ません。すっ、少しお時間を頂けないでしょうか?」ドキンドキン

梨子「えっ。考えて、くれるの……?」

ルビィ「……///」コクン

梨子「―――!(パァッ) あ、ありがとう……」

~~~~~~

梨子「今日は色々本当にありがとう。お返事、待ってるね♡」

ルビィ「はい……///」

ルビィ「(ど、どうしよう……///)」


378: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/07/12(水) 03:03:46.60 ID:TUEeLaNJ

ルビィ「(取り敢えずお皿下げなきゃ……)って、わあああ!」ツルッ

千歌「そぉい!」パシッ

ルビィ「あわわ、千歌ちゃ……!」

千歌「だ、大丈夫ルビィちゃん!?いやぁ危なかったぁ~。久しぶりにルビィちゃんのドジっ子フォローしたよぉ……!」

ルビィ「うぅ、ごめんなさい……」

千歌「大丈夫だよ!見ての通りお皿も割れてないし!気にしないで!」

ルビィ「うん。ありがとう―――」

ルビィ「(そうだよね。梨子さんのお誘いを受けたら、ずっと一緒に働いてた千歌ちゃんや、マルちゃんとお別れになっちゃうんだ……)」


379: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/07/12(水) 03:04:50.83 ID:TUEeLaNJ

カランコロン

梨子「こ、こんにちは……」ソロー

花丸「あっ、ルビィちゃん。あの美人な学生のお客様いらしたずら。いつも通りお任せするね♡」

ルビィ「えっ、あっ……。ま、マルちゃんゴメン。代わりにお願いしていい?」

花丸「えぇっ!?」

ルビィ「ルビィ、あのお客様にお返事しなきゃいけないことがあるのだけど、まだ答えが出なくて……」

花丸「……。分かった。今日はマルと千歌ちゃんで対応するね」タッ

ルビィ「うん……」


花丸「お待たせいたしました。お1人様でしょうか?」

梨子「は、はい。―――あの、ルビィちゃんは」

花丸「えっと、まだお返事が出来ないそうです」

梨子「そう、ですか……」

花丸「ですので本日はオラ、じゃなくてマル……でもなくてわたくし目がご案内致しますずら……あぁっ!ずらまで出ちゃったずらぁ~……」

梨子「……フフッ。ルビィちゃんとはまた違った可愛らしい店員さんね」クスクス

花丸「失礼いたしました///」

梨子「気にしないで。ここのお店のそういう雰囲気が好きなの」

花丸「お心遣い、ありがとうございます///」カァァ~

梨子「フフッ―――」ニコッ

ルビィ「(あっ、梨子さん。とってもいい笑顔……)」


380: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/07/12(水) 03:06:10.32 ID:TUEeLaNJ

千歌「お待たせいたしました!みかんのムースケーキとハーブティーでございます!」

梨子「ありがとう。いただきます」

千歌「いいなぁ~美味しそう~(はい!どうぞ、ごゆっくり)」

梨子「えっ!?」

千歌「……あれっ!?」

花丸「千歌ちゃん!逆ゥー!ずらぁぁ~!!」タタター

千歌「あ、アハハ~。しっつれい致しましたぁぁ……!」フカブカペコリ~

梨子「プッ……フフフ。もう、こっちの店員さんは面白い人ね……」クスクス

ルビィ「(梨子さん……。楽しそうだなぁ……)」


381: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/07/12(水) 03:07:49.45 ID:TUEeLaNJ

千歌「いやぁ、今日は失敗しちゃったなぁ~」フキフキ

花丸「オラも失敗したから強くは言えないけど千歌さんはもう少し気を付けて欲しいずら~!」ゴシゴシ

ルビィ「(もし、いつも通りルビィが対応していたら梨子さんはルビィにあの素敵な笑顔を向けてくれたのかな……)」

ルビィ「(何、考えてるんだろ……。ルビィが逃げちゃったからこうなっちゃったのに……)」モンモン

花丸「ルビィちゃん」

ルビィ「っ!マルちゃん……」

花丸「あのお客様―――梨子さんからね、ルビィちゃんに伝言」

ルビィ「えっ」

花丸「『突然あんなこと言ってしまって、ごめんね。いつになってもいいから、待ってるから。でも、もしも、あなたの姿をもっと近くで見ることが出来るなら、私はそれ以外何も要らないって思ってるよ……!』って」

ルビィ「梨子さん……」

花丸「何となく話は見えちゃったけど……。ルビィちゃんは、どうしたいの?」

ルビィ「あのね……マルちゃあん……」ポロポロ

花丸「うん……」ギュッ


382: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/07/12(水) 03:10:03.56 ID:TUEeLaNJ

千歌「なるほど……。すっごく良いお誘いじゃないの?」

ルビィ「うんっ……。そうなんだけど……っ。本当は今すぐにでもお返事したいよ……!でも……マルちゃんや、千歌ちゃんとお別れになっちゃうって思うと……寂しいよぉ……」

ルビィ「なのに、今日……梨子さんと楽しそうにしてる2人を見て、勝手にヤキモチ妬いて……」

ルビィ「ルビィ。どうすればいいか、分からなくなっちゃった……」

千歌「そっかぁ……」

花丸「……。ルビィちゃんは、優しいね」

ルビィ「(フルフル)そんなことないよ……。2人に嫉妬するルビィなんて―――」

花丸「それは、梨子さんへのルビィちゃんの想いがそれだけ大きいってことずら。さっきも言ったでしょう?今すぐにも返事をしたいって。梨子さんにお仕えしたいんだよね?」

ルビィ「……。うんっ……!!」

花丸「それなら答えは1つだよ」

ルビィ「で、でもっ……!」

千歌「このお店にはいつだって来られるし、会えなくなるなんてこと無いよ!ねっ!」

花丸「見習いの頃から一緒に頑張ってきたずら。オラ達3人の絆は、そう簡単には色褪せないよ」

ルビィ「マルちゃん、千歌ちゃん……!」グスッ

花丸「よしよし。もう泣かないで。今度梨子さんが来て下さった時に、きちんとお返事出来るように準備するずら♡」

ルビィ「―――うんっ!」


|c||σ.-σ|| 保守SSとは。長くなってしまって申し訳ありませんわ


386: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/07/12(水) 15:11:21.43 ID:zb+zEK3t

癒される


387: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/07/12(水) 20:40:39.12 ID:TUEeLaNJ

数日後。お店の前―――

梨子「(何か、入りづらくなっちゃったな……。ルビィちゃん、困らせちゃったよね……)」

梨子「(なのにルビィちゃんに会いたくて、結局ここまで来ちゃった―――)」

カランコロン!

ルビィ「梨子さんっ!こんにちは!」

梨子「る、ルビィちゃん!?」

ルビィ「えへへ。お一人様でしょうか♡」ニコッ

梨子「―――はいっ♡」

~~~~~~

梨子「ごちそうさまでした……♡」

ルビィ「お皿、お下げ致しますね♡」

梨子「ありがとう♡」

千歌「花丸ちゃん。何か、あの席だけ空気が桃色に見えるよ」

花丸「もう2人の気持ちは同じってことずら」

ルビィ「マルちゃん!お皿お願い」タタッ

花丸「はぁい。それじゃ、ルビィちゃん。きちんとお返事してきてね」

千歌「がんばルビィ!」

ルビィ「うんっ!」


388: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/07/12(水) 20:42:45.88 ID:TUEeLaNJ

ルビィ「―――梨子さん。お話があります。お席、よろしいでしょうか」

梨子「……はい」

ルビィ「まず、先日はせっかくいらして下さったのに、お顔も見せずにすみませんでした」ペコリ

梨子「ううん、そんな……。私が突然あんなこと言ってしまったから」

ルビィ「ルビィ。以前から梨子さんのこと、とっても素敵なお客様だとお慕いしておりました。だから、梨子さんの給仕にお誘いいただいた時は凄く驚いてしまって……」

梨子「……」

ルビィ「驚きと、嬉しさと―――ドキドキした気持ちが入り混じって……」

ルビィ「その一方でこのお店と、一緒に働いていた皆のことを考えてしまって……。気持ちに整理がつけられなくて、お返事が遅くなってしまいました。ごめんなさい」

梨子「うん……。私の方こそ、困らせてしまってごめんね―――」

ルビィ「いいえ」フルフル

梨子「前にも言っちゃったけど、私もルビィちゃんの一生懸命働く姿に沢山の元気を貰っていたの。難しい学校の勉強も、頑張ることが出来たの」

梨子「でもね、もうこうしてお店に通ってあなたの姿を眺めているだけじゃ、我慢できなくなっちゃった……」

ルビィ「……」

梨子「私の傍に居て欲しいの……!」

梨子「―――ごめんね、こんなこと言って。私のはただのワガママなのにね」

ルビィ「そんなことないですっ。凄く、すっごく嬉しかったです!」

ルビィ「だから―――!」

ルビィ「ルビィを梨子さんのお、お傍に……置いて頂けますか?」


389: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/07/12(水) 20:44:26.59 ID:TUEeLaNJ

千歌「あっという間に出発の日だね~。晴れてよかったよかった」

花丸「……。本音を言うとね、やっぱり寂しいんだ」グスッ

千歌「うん……。梨子さんに、ルビィちゃんを連れていつでも来て下さいねってお願いしておこうね」ナデナデ

花丸「うん……っ」

ルビィ「マルちゃん、千歌ちゃん」

千歌「あ―――もう準備万端みたいだね」

ルビィ「うんっ」

花丸「ルビィちゃん。これはマル達2人からの餞別ずら」

ルビィ「エプロン……!」

花丸「ルビィちゃんなら絶対に大丈夫。しっかりね!」

ルビィ「マルちゃん。ありがとう……」

カランコロン

梨子「こんにちは―――」

千歌「あっ、いらっしゃいませ!―――って、今日は違いますね」アハハ

梨子「フフ/// 千歌ちゃんは今日も面白いね」

千歌「梨子さん。ルビィちゃんをよろしくお願いします!それと、たまにでいいのでルビィちゃんを連れてまたお店に来て下さいね。歓迎します!」

梨子「はい、是非!」

ルビィ「―――梨子さん。では……」

梨子「うん。もう、いいの?」

ルビィ「はい」

ルビィ「それでは、マルちゃん。千歌ちゃん。さy―――行ってきます!」

ちかまる「行ってらっしゃい!!」


390: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/07/12(水) 20:46:02.04 ID:TUEeLaNJ

桜内邸

梨子「ここがルビィちゃんのお部屋だよ」

ルビィ「し、失礼します」

梨子「お疲れ様。早速だけどお仕事のお話です」

ルビィ「は、はいっ!」

梨子「フフ♡ そんなに畏まらないで。家のことより、私の身辺についてがルビィちゃんのお仕事だから」

ルビィ「梨子さんの身の回り……///」

梨子「うん♡ はぁ……。ルビィちゃんに食事の用意してもらったり、通学の送り迎えも一緒なんて……どうしよう。幸せ……♡」

ルビィ「一生懸命、頑張りますねっ!」

梨子「うんっ♡」

梨子「あとは……そうだ。背中流して貰いたいから、お風呂は一緒に入ろうね♡」

ルビィ「え。えええええぇぇぇっ!??!?///」

梨子「フフフ♡」

梨子「夜も、お喋りしたいから一緒に寝て欲しいなぁ……なんて♡」

ルビィ「へっ……///」カァァァッ

梨子「フフッ♡ ルビィちゃん。改めて、よろしくね♡」ギュー

ルビィ「ぅゅ……///」ギュゥ


マルちゃん。千歌ちゃん。ルビィの給仕としての新たな生活は、大変なことになってしまうかもしれません……。
だけど、お慕いするご主人様のため。ルビィ、頑張ります―――♡


391: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/07/12(水) 20:47:18.13 ID:TUEeLaNJ

|c||;.-;|| こんなに長くなるのならスレ立てSSにすべきでした本当に申し訳ないですわああ
堕長文失礼しましたずらああ


392: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/07/12(水) 20:55:38.00 ID:dU0t+RMI

最高です


394: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/07/12(水) 21:27:26.71 ID:061Icz2H

映像化を切にお願いしたいレベル


396: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/07/12(水) 23:43:34.38 ID:ANODA7M7

よかったよ


397: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/07/13(木) 01:41:29.17 ID:JqXv3bwQ

う~んこの桃色空間
やっぱりこルビやねんなって


398: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/07/13(木) 07:37:40.07 ID:mPMFwzre

⌒°( ・ω・)° ⌒ 叫べ青春!
メイ*> _ <リ さくらうちー!


399: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/07/13(木) 09:10:04.48 ID:PFmjfNrS

可愛すぎない?


402: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/07/13(木) 20:26:48.03 ID:hWoqqmfb

|c||^.- ^||キュンキュンですわ~


404: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/07/13(木) 22:56:55.23 ID:TR5ekxLI

荒んだ心が浄化されていく
これが、りこルビか


引用元: ・http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1495179169/

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連おすすめ記事
オススメ記事

この記事へのコメント

  1. 名無しのラブライバー:2017/07/19(水) 02:43:11

    そんなことより謝罪しろ


  2. 名無しのラブライバー:2017/07/19(水) 02:47:09

    謝罪も釈明もなしにだんまりを決め込む「ラブライブ通信」管理人

    問題の記事はこちら↓
    ttp://i.imgur.com/5qJWgHf.jpg


  3. 名無しのラブライバー:2017/07/19(水) 03:48:49

    ちかマルビィの3人が可愛すぎんねん


  4. 名無しのラブライバー:2017/07/19(水) 10:06:26

    【ラブライブ!】沼津市に不穏な空気…聖地利権団体(?)について : ラブライブ!通信〜ラブライブ!まとめサイト〜

    ttp://i.imgur.com/5qJWgHf.jpg


プロフィール

ラブライブ!通信管理人

ラブライブ!の速報や面白い話を毎日まとめています!
更新情報はこちらでツイートしているので、是非フォローしてください(^ω^)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
オススメ
週間人気記事ランキング
逆アクセスランキング
アクセスカウンタ
相互リンク
アンテナサイト