【ラブライブ!】梨子 「コワレヤスキ」 善子・鞠莉 「コワレモノよ」

DCy6gC2UwAADdFq.jpg


1: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 22:09:08.02 ID:CzzhEvUF

梨子 「……また、壊れちゃった」



2: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 22:09:39.50 ID:CzzhEvUF

善子 「何よリリー、また壊したの?」

鞠莉 「ふふっ、梨子ったら悪いコねぇ。この前も“壊した” ばかりでしょ?」

梨子 「…曜ちゃんが悪いのよ。あんなに簡単に壊れちゃうんだもん」


梨子 「ねっ、千歌ちゃん」


千歌 「うっ…うぅぅ…嫌だ…捨てないでよぉ…梨子ちゃん…嫌だよぉ…!」


3: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 22:10:06.03 ID:CzzhEvUF

梨子 「えー、でも私、壊れちゃったモノにはもう興味ないし…」

千歌 「…! 嫌だ、お願い捨てないでっ! なんでもするから! 梨子ちゃんが望むこと、なんでもしてあげるからっ!!」

梨子 「へぇ…なんでも、ねぇ」


鞠莉 「うふっ、梨子ったら悪い顔」

善子 「やっぱりいいわぁ…壊れかけの人って、やっぱり最高よね…」


梨子 「…じゃあ千歌ちゃん」


4: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 22:10:38.27 ID:CzzhEvUF

梨子 「そこで裸になって?」

千歌 「えっ…!?」

梨子 「出来ないの?」

千歌 「えっ…だって…梨子ちゃんはいいけど、善子ちゃんも鞠莉さんもいるし…」

梨子 「…………。」


梨子 「出 来 な い の ?」

千歌 「…っ!! ご、ごめんなさい…今脱ぐから…! だからぁっ…!」ビクビク


6: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 22:12:19.32 ID:CzzhEvUF

千歌 「こ、これで…いい…?///」

鞠莉 「あらぁ、やっぱりナイスバディね千歌っち♡」

善子 「へぇ…そんな子どもっぽい顔して、そんな体…」

千歌 「うっ…うぅぅ……」


梨子 「…千歌ちゃん、そのまましいたけの真似して」

千歌 「へっ!?」

梨子 「ほら、早く」

千歌 「ううぅ…///」


7: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 22:12:50.36 ID:CzzhEvUF

千歌 「…わ、わん…わんわん…」

鞠莉 「梨子のために四つん這いにまでなるなんて従順ねぇ」


梨子 「…しいたけだったら、私を見たらすぐに飛びかかってくるんだけどなぁ」

千歌 「…っ!! わ、わんわんわん!!♡」ガバッ!

梨子 「…苦しい、千歌ちゃん」

千歌 「わんわんわんわん!!♡♡」


善子 「これは相当ね…」


8: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 22:13:18.68 ID:CzzhEvUF

ピリリリリ! ピリリリリ!


鞠莉 「…? 善子、電話よ」

善子 「あぁ…どうせずら丸からよ」

梨子 「出てあげないの?」ナデナデ

千歌 「わふぅ~ん…♡」スリスリ


善子 「もうちょっとなのよ…もう少し放置すれば、ずら丸もそろそろ…」


ピリリリリ! ピリリ……


梨子 「…切れたわね」


9: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 22:13:56.62 ID:CzzhEvUF

ドンドンドン!


梨子 「…? 誰かしら。千歌ちゃん、出てあげて」

千歌 「はぁーい。誰ですかー?」トテテ


花丸 「善子ちゃんっ!!!」バンッ!


善子 「あら、ずら丸」

花丸 「なんで電話出てくれないずら!? もう何回も…何十回も何百回もかけてるのにっ!!」

善子 「ごめんってば。それはそうと、よくここが分かったわね」


10: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 22:14:40.27 ID:CzzhEvUF

花丸 「じーぴーえす? っていうのを善子ちゃんの携帯につけちゃったずら!」

善子 「えぇっ!? も、もしかしてずら丸にプレゼントされたイヤホンジャックに…?」

花丸 「うんっ! そうすればいつでも会いに行けるって鞠莉さんが教えてくれたずらっ!」

善子 「…っ!!」ギロッ

鞠莉 「Oh、そんな怖い目で睨まないでよ!」

善子 「…ふんっ、まぁいいわ」

花丸 「善子ちゃん? 話は終わってないずら…」


11: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 22:15:19.35 ID:CzzhEvUF

花丸 「なんで最近無視ばっかりするずら!? マル、こんなに苦しんでるのに…」

善子 「ずら丸…」

花丸 「もう…善子ちゃん無しじゃ生きられない体になっちゃったんだよっ!? 責任とってよっ…善子ちゃんっ!」

善子 「……。聞いて、ずら丸」


善子 「これは全部、アンタの為なのよ」

花丸 「へ…?」


梨子 「……。」


12: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 22:16:19.03 ID:CzzhEvUF

善子 「最近、アンタは私に頼りすぎていた。このままじゃ、アンタの将来のために良くない。そう思ったの」

花丸 「でもっ…でもでもっ…!」

善子 「分かってる。今回で、よく分かったわ」

花丸 「分かった…って、何が?」


善子 「……こういう、ことよ」 ぎゅっ

花丸 「ず、ずらぁっ…!?///」


13: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 22:16:58.66 ID:CzzhEvUF

善子 「私も同じだった。アンタがいないと私、ダメになっちゃいそうだった」

花丸 「善子ちゃん…」

善子 「だから、もういいの。もう、我慢しなくていいのよ」

花丸 「うっ…うぅぅ…」

善子 「アンタの嫌われたくないって気持ち、十分伝わった。それだけで、私は十分」


善子 「アンタを分かってあげられるのは、私だけ。そうでしょ?」

花丸 「うん…その通りだよ、善子ちゃん」


14: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 22:17:31.88 ID:CzzhEvUF

善子 「私が、アンタを守ってあげる。だから…」

花丸 「だから…何?」

善子 「私だけを頼って…私だけを信頼して。いい?」

花丸 「…………うんっ! 大好きずら、善子ちゃん」

善子 「私もよ、ずら丸」


鞠莉 「あらあら、上手くやったわね」

梨子 「よっちゃんもやるようになったわね」

千歌 「私はあぁはなりたくないなぁ♡」スリスリ


15: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 22:18:38.42 ID:CzzhEvUF

ドンドンドン!


梨子 「あら、また来客? 今日は多いわね」

鞠莉 「ハーイ、今出てあげるわよ!」


ガチャ


曜 「鞠莉ちゃぁぁんっ!!!」

鞠莉 「わわっ! よく来たわね、曜」

曜 「うんっ! 鞠莉ちゃんに呼ばれたら、どこにでも行くよ!」


17: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 22:19:11.33 ID:CzzhEvUF

曜 「でもなんで急にこんな所に呼び出……し…」

梨子 「…………。」ジーッ

曜 「ひっ…ひぁぁ……あぁぁぁ…っ!!!」ジャー

梨子 「あら、お漏らしなんて悪い子ね」

曜 「こ、来ないで…っ!」

梨子 「来ないで? 元々愛し合ってた仲なのに、そんなこと言うんだ」

曜 「だ、だって……!」


梨子 「………浮気者」

曜 「……ご、ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい!」


18: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 22:19:55.51 ID:CzzhEvUF

鞠莉 「もー、梨子ったら。その辺にしておきなよ」

梨子 「曜ちゃん、私に捨てられたからって、鞠莉ちゃんに懐いたんだ」

曜 「ち、違うの…私はただぁっ…!」


善子 (鞠莉…なんで梨子がいるところに曜を呼び出したのよ)

鞠莉 (もちろん、これが見たかったからに決まってるじゃなぁい♡)

善子 (悪質ね…)


19: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 22:20:22.97 ID:CzzhEvUF

曜 「うぅ…ううぅぅ…ぐすっ…」

鞠莉 「曜ー? もう大丈夫よ」

曜 「鞠莉ちゃん…」

鞠莉 「ちょっといたずらが過ぎたわよね、ごめんね?」

曜 「…なんでこんなことしたの? 私、鞠莉ちゃんのこと信じてたのに…」

鞠莉 「私はね…ただ、曜に諦めて欲しかったの」

曜 「諦める…?」


20: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 22:21:09.70 ID:CzzhEvUF

鞠莉 「あの日、曜が梨子に捨てられたって私に泣きついてきた時…まだ諦めてなかったでしょ?」

鞠莉 「そして、今も」

曜 「…っ!」

鞠莉 「でも今のでわかったでしょ? もう曜は梨子とはいられない」

曜 「そっ…そんなことっ…!」

鞠莉 「曜、こっちを向いて」クイッ

曜 「っ!///」ドキッ


21: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 22:21:49.26 ID:CzzhEvUF

鞠莉 「ねぇ、なんでそんなに梨子にこだわるの? 私じゃダメなの?」

曜 「へっ?」

鞠莉 「そろそろ気付いてよ…私だけを見てよっ!」

曜 「鞠莉ちゃん…」

鞠莉 「…曜は優しいからね。あんなことをされても、まだ梨子のこと諦められない気持ちもわかる」


鞠莉 「でももう、無理しなくていいのよ」


23: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 22:22:23.38 ID:CzzhEvUF

曜 「べ、別に私、無理なんか…」

鞠莉 「…色々考えすぎちゃったよね、疲れたよね、ごめんね」

曜 「…………うん」

鞠莉 「大丈夫、私は曜の味方だから」

曜 「で、でも……っ」チラッ


梨子 「…………。」ジーッ


曜 「ひぃっ…」


24: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 22:23:13.57 ID:CzzhEvUF

梨子 「…好きにすれば?」

曜 「えっ?」

梨子 「…お似合いだと思うよ」

曜 「梨子ちゃん……わわっ!?」

鞠莉 「曜っ…曜っ!!!」ギュッ!


鞠莉 「もう…離さないから。ね?」

曜 「鞠莉ちゃん…! ありがとう…」

鞠莉 「……………ふふっ♡」


25: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 22:23:46.36 ID:CzzhEvUF

善子 「あーぁ、見てられんないわ」

花丸 「曜さん、遊ばれてるって気付いてないずら?」

善子 「あら、アンタも私にとっては遊びかもよ?」

花丸 「そっ、そんなっ!」

善子 「……冗談よ」


梨子 「……ねぇ、2人とも」


26: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 22:24:11.88 ID:CzzhEvUF

鞠莉 「何かしら、梨子」

梨子 「…もうこんなこと、やめにしない?」

善子 「……えっ?」


梨子 「こんなの、やっぱりおかしい。本当の愛なんかじゃない」

善子 「い、今更何言ってんのよ!」

鞠莉 「そうよ! 梨子だって散々…」

梨子 「私気付いたの、自分の過ちに」


27: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 22:24:53.77 ID:CzzhEvUF

善子 「過ち…? 私たちのやってることは、間違いだって言うの?」

梨子 「えぇ。現によっちゃん、あなた本当に花丸ちゃんのこと愛してるの? 本当は、自分に固執してくれる人が欲しいだけなんじゃないの?」

善子 「そ、そんな…ことっ…!」

梨子 「あなただってそうよ、鞠莉さん。あなたは人を助けるふりをして、自尊心を満たしたいだけ」

鞠莉 「梨子…」


梨子 「そして、私もそう。人が壊れるのを見たいだけ」


29: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 22:27:01.44 ID:CzzhEvUF

善子 「嫌よ…嫌よ嫌よ嫌よっ!!」

梨子 「……。」

善子 「私、リリーだけは分かってくれるって思ってた…!」

鞠莉 「私だって! 梨子は私のこと、認めてくれたわよねっ!? 私がダイヤをモノにした時だって、あなたは…!」


梨子 「……そう、だったわね」


30: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 22:27:28.73 ID:CzzhEvUF

梨子 「今の2人の支えは、唯一理解してくれる私だけだったものね」

鞠莉 「そうよ…!」

梨子 「…ごめんなさい、変な事言って。忘れて」

善子 「全く…驚かせないでよ」


梨子 「私だけは、あなた達を分かってあげられる。そうでしょ?」

善子 「うんっ、うんっ!」

鞠莉 「やっぱりそうでなくっちゃね!」


梨子 「…………ふん」


31: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 22:28:03.13 ID:CzzhEvUF

千歌 「…2人とも、気付いてないんだね」

梨子 「何に?」

千歌 「もう、すっかり梨子ちゃん無しじゃダメな体になってること。もう、壊れてること」

梨子 「…そうね、みんな壊れやすいもの」


梨子 「だから、私が守ってあげなくちゃいけないのよ。こうして私が、抱きしめてあげなくちゃいけないの」ギュッ

千歌 「はぁぁ…♡」


33: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 22:30:06.65 ID:CzzhEvUF

梨子 「…ねぇ、千歌ちゃん」

千歌 「何?」

梨子 「果南さんが泣くところ、見たくない?」

千歌 「……出来るの?」

梨子 「大丈夫よ。だってあの人もきっと…」


梨子 「壊れ者だもの…♡」

ーー


34: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 22:30:35.02 ID:CzzhEvUF

タイトル通り、『コワレヤスキ』をコンセプトに書きました。ごめんなさい、こういう梨子ちゃんが曲を聴いてたら浮かんできたんです

読んでいただきありがとうございました
過去作も宜しくお願いします


ことり 「悪魔のゲームソフト」

千歌 「す、スクールアイドルが!?」 雪穂 「全国的に禁止!?」

ことり 「糸」


36: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/07/03(月) 23:34:12.55 ID:/KVrvqX3

おつでした


37: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/07/04(火) 12:47:19.70 ID:pWLOTvPU


俺も壊されたい


引用元: ・http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1499087348

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連おすすめ記事
オススメ記事

この記事へのコメント

  1. 名無しのラブライバー:2017/07/05(水) 12:59:58

    コレスキヤワ。


プロフィール

ラブライブ!通信管理人

ラブライブ!の速報や面白い話を毎日まとめています!
更新情報はこちらでツイートしているので、是非フォローしてください(^ω^)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
オススメ
週間人気記事ランキング
逆アクセスランキング
アクセスカウンタ
相互リンク
アンテナサイト