【ラブライブ!】海未「恋……とは、どの様な感情なのでしょう」

1426341750-2493736c3035dd8765c95fad79842a8e_20170607161301e12.jpg


1: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/15(月) 18:57:30.57ID:dGTw4cUi.net

ことり「……いきなりどうしたの?」

海未「あ、いえ。ふと、気になったもので」

ことり「珍しいね、海未ちゃんがそんなこと気にするなんて」

海未「そうでしょうか?」

ことり「そうだよ、だって普段の海未ちゃんなら破廉恥です!って言ってるよ?」

海未「それは……確かにその通りですね」

ことり「でしょ?」クスッ

海未「ですが、本当にふと気になったのですから仕方ないです。それに、もしかすると何処かで作詞の役に立つかも知れませんし」



3: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/15(月) 18:59:22.22ID:dGTw4cUi.net

海未「因みに、ことりは恋をした事はありますか?」

ことり「ふぇ!?こ、ことり!?」ビクッ

海未「その反応……ありそうですね?」ジッ

ことり「そっ、そそそそんなこと無いよっ!?」ブンブン

海未「怪しいです……」ジト-

ことり「~~」フヒュ-フヒュ-

海未「口笛吹けてませんよ」

ことり「……」

海未「……」

ことり「……無いからね?」

海未「その間は何ですか?」

ことり「……もしあったとしても、海未ちゃんには教えてあげません!」ダッ

海未「あっ、ことり!……もうっ」

――――――


4: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/15(月) 19:01:14.96ID:dGTw4cUi.net

タッタッタ……


ことり「あぶなかったぁ……///」ハァ

絵里「何が危なかったのかしら?」

ことり「ぴいっ!?って、え、絵里ちゃん……」

絵里「あら、私はお呼びじゃなかった?」

ことり「あ、ううん!そんな事ないよ!」

絵里「それで?何が危なかったの?」

ことり「ん、んっと……」

絵里「言いにくいことなら、別に無理して言わなくていいわよ?」

ことり「……でも、ちょっと相談にも乗ってもらいたいから」

絵里「そう?それなら私でよければ、相談に乗るけど」

ことり「えっとね……」


カクカクシカジカ……


6: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/15(月) 19:02:35.07ID:dGTw4cUi.net

ことり「……なんてことがあったんだけど」

絵里「え、待って……ことりって海未の事が好きなの?」

ことり「う、うん……///」コクッ

絵里「はあ……そうなのね……」

ことり「意外だったりした?」

絵里「いや、そうね……意外というか予想通りと言うか」

ことり「よ、予想通り!?海未ちゃんにバレてたりしないよね……?」ドキドキ

絵里「大丈夫でしょ、海未は鈍感さの塊みたいな娘だし」

ことり「……そ、そんな事ないよ!海未ちゃんはことり達が気づかないような小さな事にも気が付いてくれるもん!」


9: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/15(月) 19:04:06.15ID:dGTw4cUi.net

絵里「あ、ごめんなさい……海未を貶すつもりは無かったのだけれど……」

ことり「わあぁ!ことりこそいきなりごめんなさ~い!」

絵里「いえいえ、それだけ普段から海未の事を良く見てるって証拠よね」クスッ

ことり「うぅ……///」

絵里「で、ことりはこれからどうしたいの?」

ことり「これから?」

絵里「そう、これから。海未と付き合いたいとかこのままでいいとか」


ことり「つ、付き合う!?う、うう海未ちゃんがことりと!?」

絵里「その反応だと、付き合いたいみたいね」

ことり「海未ちゃんが……ことりと……」ボ-


10: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/15(月) 19:05:33.09ID:dGTw4cUi.net

海未『ことり、手を繋ぎたいのですか?ふふっ、甘えん坊ですね』ギュッ

海未『今日のことりも可愛いですね、まるで天使のようです』ニコッ

海未『ことり、目を閉じてください……』スッ



ことり「……」フラッ

絵里「ちょ、ちょっとことり!」ガシッ

ことり「……///」ボ-

絵里「大丈夫……?」

ことり「こ、ことり……海未ちゃんと付き合ったら死んじゃうかも///」

絵里「はぁ……」

――――――


11: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/15(月) 19:06:51.17ID:dGTw4cUi.net

海未「ことりに逃げられてしまいましたね……折角、恋とはどんな物なのか聞けるチャンスだったのですが……」

海未「他に、μ'sでそういう事に詳しそうな方は……」


ガチャ


花陽「お、おはよう……」

凛「おっはよーだにゃー!」

海未「おや、花陽に凛。おはようございます」

花陽「海未ちゃん一人?」

海未「ええ、今の所はそうですね」

凛「じゃあ皆来るまでゆっくり待ってよっか、かよちん」

花陽「うんっ」


12: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/15(月) 19:08:30.77ID:dGTw4cUi.net

海未「あ、すみません……それなら、いきなりですけど私から一つ質問よろしいですか?」

凛「え?海未ちゃんが凛達に質問?」

海未「はい、どうしても気になる事がありますので」

花陽「私達でよかったら……」

海未「ありがとうございます。では、花陽と凛に質問です」

海未「二人は、恋をした事はありますか?」

花陽「えぇっ!?」

凛「……恋?」

海未「恋です」

花陽「こ、恋かぁ……花陽はちょっと無い、かなぁ?」


14: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/15(月) 19:10:01.41ID:dGTw4cUi.net

海未「そうですか……凛は?」

凛「にゃ!?り、凛は全然だよ!そういうの、全くわかんないから……」ブンブン

海未「二人とも、私と同じですね」

凛「でも海未ちゃん、急にどうしたの?」

海未「恋をする……という物は一体どの様な感じなのか気になりまして」

凛「そっか……力になれなくてごめんね?」

海未「私こそ突然変な質問をしてすみませんでした。では、この話はこれで終わりに――」

花陽「あ、ちょっと待って海未ちゃん」

海未「……何でしょう?」

花陽「あの、私もそんなに詳しい事は分からないけど……恋をするとね、とっても幸せな気持ちになるんだって」

海未「……幸せな気持ちですか」


15: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/15(月) 19:11:36.68ID:dGTw4cUi.net

花陽「って言っても、テレビや本で仕入れた知識だから本当かどうかは……」

海未「いえ、貴重な情報をありがとうございます」

凛「ん?じゃあ、凛がかよちんといる時にいっつも幸せになってるのは恋してるって事?」

花陽「えぇっ!?///そ、それはわかんないけど……」

海未「凛のそれはまた別の物でしょう。おそらく私と同じようなものだと思います」

凛「海未ちゃんも誰かと一緒にいると、幸せになる時あるの?」

海未「勿論ありますよ?穂乃果やことりといる時はとても幸せな気持ちになります」

海未「ですが、だからといってこれが恋かと聞かれると違うとも思っていますね」


16: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/15(月) 19:13:14.30ID:dGTw4cUi.net

海未「なので、私や凛のこの気持ちは恋のような好きではなく、幼なじみに対する好きなのではないかと……多分ですけど」

凛「ほぉ……何言ってるかあんまり分かんないけど、とにかくかよちんの事は好きだからそれでいいにゃ!」

花陽「り、凛ちゃん……///」カアァ

海未「そうですね、仲がよろしいのはいいことです」

凛「へへっ、そうでしょ~!」ギュ-

花陽「も、もうっ凛ちゃん!苦しいよぉ……」

海未「二人の邪魔をする訳にはいきませんね。では、私はまたことりを探しに行ってきます」フフッ

花陽「あ、うん!頑張ってね!」

凛「練習までには帰ってきてね~!」

海未「ええ、遅れないようにします」


ガチャ…


18: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/15(月) 19:14:51.41ID:dGTw4cUi.net

海未「さて、ことりは一体何処に……」キョロキョロ

「ん?海未じゃない」

海未「ああ、にこ。おはようございます」

にこ「おはよ。てか、どこ行ってんの?そろそろ部活始まるわよ?」

海未「いえ、少しことりを探しに」

にこ「ことり?まだ来てないの?」

海未「そうですね、少し……」

にこ「ふーん、まあ何でもいいけど遅くなるとか来られないなら、ちゃんと連絡しなさいよ」

海未「あ、はいなるべく間に合う様にはするつもりですけど」

にこ「そっ、まあ今日は元々ミーティングだけのつもりだったし無理しなくていいわ。何かワケありっぽいし」


19: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/15(月) 19:16:34.88ID:dGTw4cUi.net

海未「そんなに訳ありという程でもないのですが……すみません、それでは行かせていただきます」

にこ「はいはい、お礼はいいから早く行きなさい」

海未「……」ペコッ


タッタッタ……


にこ「しかし、実際何があったのかしら……喧嘩とか?」

凛「あ、にこちゃんだにゃ~!」ヒョコ

にこ「ああ凛、もう来てたの」

凛「ねえねえ、にこちゃん!一個聞いていい?」

にこ「はあ?いきなり何よ?」


20: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/15(月) 19:17:23.08ID:dGTw4cUi.net

凛「にこちゃんってさ、恋したことある?」

にこ「無いに決まってんでしょ」

凛「おお、即答だにゃ……」

にこ「当たり前じゃない、にこはアイドルなんだから。恋愛なんてしないわよ」

凛「……なるほど、流石にこちゃん!」

にこ「ほら、馬鹿な事言ってないでさっさと部室に戻る!」グイッ

凛「はいはーい!了解だにゃ!」

――――――


21: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/15(月) 19:18:39.84ID:dGTw4cUi.net

絵里「それにしても……恋、ねぇ」

ことり「絵里ちゃん?」

絵里「楽しい?」

ことり「楽しいって……恋が?」

絵里「ええ」

ことり「楽しい……まあ、楽しいは楽しい、かな?」

絵里「何だかハッキリしない返事ね」

ことり「だって、海未ちゃん全然ことりの気持ちに気付いてくれないんだもん!」プクゥ

絵里「ああ……そういう事」クスッ

ことり「ことり、色々アプローチしてるんだよ?」

絵里「例えば?」


22: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/15(月) 19:20:05.82ID:dGTw4cUi.net

ことり「登下校の時、さり気なく海未ちゃんの隣を歩いたり」

絵里「あら、いいじゃない。他には?」

ことり「些細なことでも、一応毎日連絡取るようにはしたり」

絵里「そういう小さな努力は大切ね」

ことり「後は、海未ちゃんが他の娘に取られないように、弓道の練習の時に見学に行ったりしてるよ!」

絵里「なるほどねぇ……」

ことり「でも、海未ちゃんは全然気付いてくれなくて……だから、ちょっぴり悲しいかも」

絵里「まあ、海未の事だから……ことりのアプローチも全部、幼なじみだから普通って思ってるんでしょうね」

絵里「あら?でも、ことりは海未に好きだって事は気付かれたくないんじゃなかったの?」

ことり「そうだけど……でも、気付いて欲しいの!」


24: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/15(月) 19:21:33.26ID:dGTw4cUi.net

絵里「複雑な乙女心ってやつね……でもまあ、気付いて欲しいんだったら、もっと積極的になればいいじゃない」

ことり「それが出来たら苦労しないよぉ……」

絵里「苦労の一つや二つから逃げてるようだと、結ばれるものも結ばれないわよ?」

ことり「うっ……」グサッ

絵里「もし、ことりが本気で海未と付き合いたいと思うんだったら……勇気を出して頑張りなさい」

ことり「……うん。ことり、頑張ってみるよ!」コクッ

絵里「ん、よろしい♪大丈夫、ことりならきっと出来るわよ」ニコッ

――――――


25: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/15(月) 19:23:16.49ID:dGTw4cUi.net

海未「いませんね……」キョロキョロ



ことり「あ、海未ちゃん!」

海未「やっと見つけました……何処へ行ってたんですか?」

ことり「う~ん……ちょっとね、内緒♪」

海未「まあ、教えてもらえるとは思ってませんでしたけど」

ことり「ねえ、海未ちゃん」

海未「はい、何でしょう?」

ことり「ことりが恋したことあるかどうか、知りたい?」

海未「先程、私には教えないと言っていたばかりではありませんか」

ことり「教えてあげてもいいよ?」


26: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/15(月) 19:24:45.93ID:dGTw4cUi.net

海未「……ただでは教えてくれそうにはありませんね」

ことり「流石海未ちゃん♪」

海未「一体何をお望みですか?」

ことり「う、うん……あのね……」モジモジ

海未「変な事でなければ大体は聞きますよ」

ことり「今週の土曜日……」

海未「今週の……ああ、そういえば練習も休みでしたね。それがどうかしましたか?」

ことり「その……予定空いてる?」

海未「予定ですか?そうですね、午前中は家での稽古がありますので午後からでしたら」

ことり「それなら……ことりと遊ばない?……二人で」ボソッ


27: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/15(月) 19:26:09.21ID:dGTw4cUi.net

海未「二人?」

ことり「ことりと……海未ちゃん……///」

海未「はあ……しかし、何故私達だけなのですか?」

ことり「そ、そんなのみんなの前で恋したことあるかなんて……言えないよ///」カアァ

海未「っ!」ハッ

海未「そ、それもそうですね!私とした事が……失礼しました!」

ことり「それじゃ海未ちゃん、絶対空けておいてね?」

海未「え?あ、はい……」


28: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/15(月) 19:27:41.65ID:dGTw4cUi.net

ことり「や、約束だよ?絶対だよ?」ギュッ

海未「な、何故そんなに近付いてくるのですか!?」

ことり「海未ちゃんが約束してくれないから!」

海未「し、します!しますから///少し離れて下さい」

ことり「……それなら」スッ

ことり(や、やったぁ!今度のお休みに海未ちゃんと二人きり……頑張らなくっちゃ!)グッ

海未「ことり?何がそんなに嬉しいのですか?」

ことり「ふふ~、ひ・み・つ♡」

ことり(さて!それまでに海未ちゃんにいっぱいアピールしなきゃ!)

海未「?」

――――――


45: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/15(月) 22:38:59.36ID:+GjjIPc7.net

穂乃果「海未ちゃーん!おっはよ~!」

海未「おはようございます、穂乃果」

穂乃果「あれ?ことりちゃんは?」

海未「それが、まだ来ていないんです」

穂乃果「へぇー、ことりちゃんが……珍しいこともあるもんだねぇ」

海未「どうしたのでしょう……まさか、体調が優れないのでは……」

ことり「おはよ~……」

穂乃果「あっ!ことりちゃんおはよ……ってうわぁ!?」

海未「こ、ことり?その目の下の隈は……?」

ことり「えへへ~……ちょっとね~……」


46: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/15(月) 22:40:25.20ID:+GjjIPc7.net

穂乃果「だ、大丈夫?すっごい眠そうだけど」

ことり「平気だよ~……わわっ!」フラッ


ガシッ


海未「全く、危ないですよ……」

ことり「あ、海未ちゃん……ありがと~」ニコッ

海未「ありがとうじゃありません。何故、隈を作るほどに夜更しをしていたのですか?」

ことり「……」

海未「ことり?」

ことり「海未ちゃんには関係ないもん……」プイッ


47: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/15(月) 22:41:37.66ID:+GjjIPc7.net

海未「えっ?あの、私何かしましたか……?」

穂乃果「んー、どうしたんだろうねー?」

ことり「海未ちゃんには教えてあげない!」

海未「な、何故です!?」

ことり「行こっ、穂乃果ちゃん」

穂乃果「へ?あ、うん……」タタッ





海未「……状況が全く飲み込めません」ポツ-ン


48: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/15(月) 22:43:24.25ID:+GjjIPc7.net

穂乃果「ありゃ、海未ちゃんと随分離れちゃったねー」

ことり「そ、そうだね」

穂乃果「で?一体どうしたのことりちゃん?海未ちゃんと何かあった?」

ことり「何かあったっていうか、これからあると言うか……」

穂乃果「?」

ことり「穂乃果ちゃん、ことりが海未ちゃんのこと好きなの知ってる……よね?」

穂乃果「うん!昔からだよね、知ってるよ!けど、それが何か関係あるの?」

ことり「じ、実は……」モジモジ

穂乃果「実は?」


49: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/15(月) 22:45:22.30ID:+GjjIPc7.net

ことり「今度、海未ちゃんに……その……こ、告白しようかなぁ……って///」カアァ

穂乃果「!」パアァ

穂乃果「おおおぉ!遂にしちゃうんだ、ことりちゃん!」

ことり「で、でも!まだ、考えてるだけだから……」

ことり「それで、その……いざ告白しようって思ってから海未ちゃんを見ちゃうと……やぁん///」

穂乃果「……ああー、なるほどね」ポンッ

ことり「ホントは今日から色々アプローチかけていくつもりだったんだけど……」

穂乃果「もしかして、寝不足だったのはそれについて考えてたから?」

ことり「う、うん……///」

穂乃果「なるほどなるほどー、色々繋がってきた」


50: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/15(月) 22:47:16.04ID:+GjjIPc7.net

ことり「そ、そういえば、勢いで海未ちゃん置いて来ちゃったけど怒ってないかな……?」

穂乃果「大丈夫じゃないかな?怒るっていうより、驚いてたし」

ことり「そうだよね……海未ちゃんごめんなさぁい……」

海未「何に対するごめんなさいですか?」

穂乃果「え?」クルッ

ことり「ふぇ?」クルッ

海未「ん?」キョトン

ことり「ひゃあああぁ!?海未ちゃん!?」

海未「そんなに驚かれるほどのことですか……」


51: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/15(月) 22:49:54.31ID:+GjjIPc7.net

穂乃果「早かったねぇ、もう追いついたんだ」

海未「流石に立ち止まって会話をしていれば、追いつきもしますよ」

ことり「う、海未ちゃん!ことりたちの話、聞いてた!?」バッ

海未「いえ、別に――」

ことり「聞いてたの!?」ズイッ

海未「で、ですから!って、近い!近いですことり///」

ことり「うぅ~、穂乃果ちゃぁん……」グスッ

穂乃果「ことりちゃん落ち着いて……大丈夫だよ、海未ちゃん聞いてないってさ」

ことり「……ホント?」

海未「先程から何度もそう言ってます」

ことり「……よかったぁ~」ホッ


52: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/15(月) 22:52:33.77ID:+GjjIPc7.net

海未「何か私に聞かれては不味いことでも?」

ことり「ぜ、全然そんな事ないよ!?」アセアセ

海未「怪しいですね……」ジ-

穂乃果「まあまあ、そう気にしないで?別に海未ちゃんの事、悪く言ったりしてるわけじゃないから」

海未「それは私も疑ってはいませんけど……」

穂乃果「ほら、それより急がないと!そろそろ時間危ないよ?」

海未「上手くはぐらかされたような気もしますが……まあ、時間が無いのも事実です。ことり、急ぎますよ」

ことり「ふぇ?う、うん……」

穂乃果「あははっ、もし遅れたら絵里ちゃんに怒られちゃうね~」

海未「それだけは御免です……」

――――――


53: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/15(月) 22:54:48.63ID:+GjjIPc7.net

穂乃果「っと……ギリギリセーフ……!」ハァハァ…

海未「本当にギリギリでしたね。危うく遅刻かと思いましたよ」

穂乃果「いやー、でもほら!間に合ったから万事オッケーって事で!」

海未「全く……」




ことり「う、うみちゃぁ……ほのかちゃぁ……」ゼェゼェ

穂乃果「うわあぁ!?ことりちゃん大丈夫!?」

ことり「ちょ……ちょっと……けほっ……」

海未「す、すみませんことり!少し急ぎすぎました!」


54: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/15(月) 22:57:19.21ID:+GjjIPc7.net

ことり「う、ううん……海未ちゃん達は悪く……ないよ……」ハァハァ…

海未「……」

穂乃果「ことりちゃん、立てる?」

ことり「今は……無理、かも……」

穂乃果「じゃあ保健室行く?」

海未「それでしたら、私が連れていきます」

ことり「さ、さすがにそこまでしなくても大丈夫……」

海未「本当に大丈夫なんですか?私にはそうは見えませんけど」

ことり「うっ……」

穂乃果「ことりちゃん、辛いなら無理しなくていいんだよ?」

ことり「……」

海未「ことり」


55: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/15(月) 22:59:41.30ID:+GjjIPc7.net

ことり「……じゃあお願いしてもいいかな?」

海未「ええ、お安い御用ですよ。それでは穂乃果、私はことりを保健室へ」

穂乃果「うんっ!先生には穂乃果から言っとくね!」

海未「ほらことり、私の手に捕まってください」

ことり「は、はぁい……」

穂乃果「行ってらっしゃーい!」ブンブン




海未「ことり、もう少しゆっくり歩きましょうか?」

ことり「ちょっとだけ休んだから普通に歩くぐらいなら……もう平気だよ……えへへ」

海未「そうですか……しかし、本当に申し訳ありません。ことりが寝不足だった事を失念していました」

ことり「さっきも言ったけど……海未ちゃん達は悪くないよ……悪いのは夜更かししちゃったことりだもん」


56: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/15(月) 23:02:02.34ID:+GjjIPc7.net

海未「まあ、確かに夜更かしはあまり褒められた事ではありませんけど」

ことり「うん、海未ちゃんの言う通りだよ。ごめんなさい……」

海未「ただ、今はそんな事はどうだっていいんです。とにかく、ことりはまず体をゆっくり休めてください」

海未「お説教はまあ……するかどうかは分かりませんが、それからです」

ことり「海未ちゃん……うんっ」

海未「……何故そこで笑うのですか」

ことり「……秘密だよ♪」

海未「最近のことりは隠し事が多いですね」

ことり「だって女の子だもん」ニコッ

海未「全く……」クスッ


57: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/15(月) 23:04:07.20ID:+GjjIPc7.net

海未「さあ、着きましたよ。ゆっくり休んでください」

ことり「海未ちゃんはもう帰っちゃうの?」

海未「ええ、授業をサボってしまうわけにもいきませんので」

ことり「だけど、もう一限目は始まっちゃってるよ」

海未「ですが、途中からでも授業には出た方が――」

ことり「……だめ?」ウルッ

海未「……っ」

ことり「海未ちゃん……」ジ-

海未「だ……駄目、です……やはり、学生である以上理由も無しに授業を放棄することは出来ません……」


58: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/15(月) 23:06:15.76ID:+GjjIPc7.net

ことり「理由なら、ことりの看病って言えば――」

海未「もうすぐ先生が戻って来るはずです。そうなれば、私がいる理由もありませんから」

ことり「じゃ、じゃあ先生が戻ってくるまで一緒にいて……?」

海未「……」

ことり「海未ちゃん……お願い?」ギュッ

海未「て、手……!」ビクッ

ことり「お願い聞いてくれるまで話さないから……」

海未「もう、ことりは……ことりは本当に卑怯です……」

ことり「それって……」

海未「先生が戻って来たら、私は直ぐに教室に帰りますからね?」

ことり「……うんっ!」

海未(はぁ……私は何故こんなにことりに対して甘いのでしょう)

――――――


64: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/16(火) 17:41:09.11ID:smFxHxSi.net

ことり「……」

海未「……」

ことり「先生、中々来ないね……」

海未「来ませんね……」

ことり「……」ギュッ

海未「な、何ですか?」

ことり「ねぇ、海未ちゃん……ちょっと質問してもいいかな?」

海未「また突然ですね。ええ、構いませんよ」

ことり「海未ちゃんって、好きな人とか……いるの?」


65: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/16(火) 17:43:18.52ID:smFxHxSi.net

海未「いませんよ。いるわけないじゃないですか、恋という物がどんな物なのかさえ分かっていないんですよ」

ことり「じゃあ、海未ちゃんは初恋もまだなんだ……」

海未「まあ、そういう事になりますね」

ことり「海未ちゃんはまだまだお子様だね」クスッ

海未「むっ……し、仕方ないじゃないですか。私はただでさえ人見知りで、まともに友人と呼べる人なんてこれまでことりと穂乃果ぐらいでしたし……」

ことり「うん、お稽古も忙しかったもんね?」

海未「そう!そうなんです!だから決して私がお子様などという事はありません!」

ことり「ふふっ……やっぱり海未ちゃんお子様だよ」クスクス

海未「笑わないでくださいよ……///」カアァ


66: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/16(火) 17:46:43.30ID:smFxHxSi.net

海未「……ただいま戻りました」ガラッ

穂乃果「お、海未ちゃんお帰り~。ことりちゃんは大丈夫だった?」

海未「ええ、先生が言うにはやはり寝不足だろうとの事でした」

穂乃果「そっかぁ、じゃあ少し休めば大丈夫そうだね!……にしても、海未ちゃん結構遅かったよね~何してたの?」

海未「まあ、色々と……」

穂乃果「もしかして~……ことりちゃんとなんかいかがわしいことしてたり~」ニヤニヤ

海未「なっ……!?そ、そんなわけないでしょう!///」カアァ

穂乃果「あははっ!赤くなった~!」

海未「これは穂乃果が変な事を言うからで……!」

穂乃果「そんなに必死に言わなくても分かってるって♪」


67: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/16(火) 17:49:36.84ID:smFxHxSi.net

海未「お、遅くなったのは、ことりに先生が来るまで一緒にいて欲しいと頼まれたからであって、ただそれだけです!」

穂乃果「それで海未ちゃんは授業をサボってたわけだ!」ポンッ

海未「私がことりの頼みを断れないのは穂乃果も知っているでしょう……」

穂乃果「ことりちゃんのお願いは一撃必殺だもんね~」

海未「どんなに断る気でいても、いざことりにお願いされるとどうしても……何故なのでしょう」

穂乃果「何でなんだろうね~♪まあ、あんまり気にしないでいいんじゃない? 」

海未「……それもそうですね。気にした所で、私はことりには勝てないでしょうし」

穂乃果「うんうん、それぐらいの潔さが大切だよ!」

――――――


68: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/16(火) 17:52:22.70ID:smFxHxSi.net

チュンチュン……チュンチュン……


海未「……朝ですか」ムクッ

海未「さて、今日はことりと遊ぶ約束をしていましたが、まずは稽古を……」グゥ…

海未「……」

海未「……の前に朝ごはんを頂くとしましょう」スタスタ

ガラッ……

ことり「おはよ、海未ちゃんっ♡」

海未「はい、おはようございますことり。……ことり?」

ことり「どうしたの?」

海未「……」ゴシゴシ

ことり「ことりはちゃんと本物だよ?」


69: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/16(火) 17:53:15.49ID:smFxHxSi.net

海未「いや、あの……本物の方が問題あるんですけど……」

ことり「午後まで待ちきれなくて来ちゃった♪」

海未「来ちゃったって……先に言っておいた様に私、これから稽古が――」

ことり「海未ちゃんのお母さんが良かったら見学していったらどう?って言ってくれたよ」

海未「お母様……」ガクッ

ことり「やっぱり、迷惑だったかな?だったら、ことり一旦帰って……」

海未「いいえ、迷惑だなんて思いませんよ。見られて困るものでもありませんので」


70: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/16(火) 17:55:25.58ID:smFxHxSi.net

ことり「じゃあ、一緒にいてもいい?」

海未「全然構いませんけど、ことりが見ても面白くないと思いますよ?」

ことり「そんなことないよ?最近は可愛いアイドルの海未ちゃんを見ることが多いから、久しぶりに真面目でかっこいい海未ちゃんが見られるもん♪」

海未「う……き、緊張するような事言わないでください……」

ことり「ふふっ、楽しみ♡」


――――


71: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/16(火) 17:58:41.61ID:smFxHxSi.net

海未母「……では少し休憩にしましょうか」

海未「はい!」

ことり「……」ボ-

海未「ふぅ……ことり?そんなにボーッとしてどうかしました?」

ことり「へっ!?あ、ううん!海未ちゃんやっぱり凄いなぁ……って見とれちゃった♡」エヘヘ

海未「見とれる程のものでもないかと……ですが、そう言って頂けるのはとても嬉しいです。ありがとうございます」ニコッ

ことり「……ど、どういたしまして///」カアァ

海未「隣、失礼しますね」スッ

ことり「何だか……海未ちゃんのお稽古風景見たの久しぶりな気がするなぁ」


72: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/16(火) 18:01:10.84ID:smFxHxSi.net

海未「ええ、昔は穂乃果と何度か見に来ていた事もありましたけど……」

ことり「けど?」

海未「その時の、二人の退屈そうで眠気が混じった表情は今でも覚えていますよ」クスッ

ことり「え……ことり達、そんなに失礼な顔してたの!?」

海未「ああ、勘違いしないでくださいね?怒っている訳ではありませんので」

ことり「……ごめんなさい」ペコッ

海未「いえいえ、普通は退屈で当たり前ですから、気にしないでください」

ことり「その代わり?……っていうわけでもないけど、今はちゃんと海未ちゃんのこと見てるから!」ギュッ

海未「あ、は、はい……ありがとうございます///」


73: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/16(火) 18:03:31.45ID:smFxHxSi.net

ことり「……ひゃああぁ!?つい勢いで手握っちゃった!ご、ごめんね!?///」パッ

海未「少し驚きました……///」ドキドキ

ことり(こ、ことりもびっくりしすぎて心臓が飛び出るかと思っちゃったよぉ~!)

海未「……///」

ことり「うぅ……///」




海未母「……海未さん、そろそろ再開しても?」

ことうみ『!?』ビクッ

海未「お、おおお母様!?いつからそこに!?」

海未母「海未さん、今が何の時間かお忘れですか?」


74: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/16(火) 18:06:33.69ID:smFxHxSi.net

ことり「う、海未ちゃん!今はお稽古中でしょ!?」ヒソヒソ

海未「はっ!そ、そうでしたすみません!」バッ

海未母「いえ、思い出していただけたのならそれで構いません。それで、再開してもよろしいでしょうか?」

海未「は、はい!もう充分休ませて頂いので!」

ことり「頑張ってね、海未ちゃん♪」

海未母「邪魔してしまってごめんなさいね?もうすぐで終わりますので、後少しだけ海未さんをお借りします」

ことり「え!?べ、別にことりはそんな……///」ブンブン

海未母「ふふっ……」

――――――


76: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/16(火) 18:58:28.51ID:smFxHxSi.net

ガラッ……


ことり「お邪魔しま~す♡はぁ~、やっぱり海未ちゃんの部屋は落ち着く~」タタッ

海未「随分とお待たせしてしまいましたね、すみません」

ことり「ううん、勝手に早く来ちゃったのはことりだから海未ちゃんが謝ることないよ」

海未「それでは、本題に入りましょうか」

ことり「本題ってなんだったっけ?」

海未「……」ガクッ

海未「ことり、貴方から誘ってきておいてそれは無いでしょう……」

ことり「えへへ、冗談だよ♪ちゃんと覚えてるから」


77: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/16(火) 19:00:09.33ID:smFxHxSi.net

海未「まあ、それならいいですけど」

ことり「じゃ、じゃあ今度こそ本題に入ろっか……」

海未「ええ。ことりは恋をした事があるのかどうか、でしたね」

ことり「んー……」

海未「ことり?」

ことり「やっぱり……言わなきゃダメかな?」

海未「駄目です」キッパリ

ことり「うぅ……だよね」

海未「さあ、ズバリ聞きます。ことりは恋をしたことがありますか?」

ことり「……」モジモジ

海未「……」ゴクッ

ことり「……よ」

海未「え?」


78: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/16(火) 19:02:11.50ID:smFxHxSi.net

ことり「……るよ」ボソッ

海未「すみません、聞き取れなかったのでもう――」





ことり「あるよっ!」

海未「1回言っていただいても……はい?」

ことり「だ、だから……あるってばぁ///」カアァ

海未「!?」

海未「……あ、ああああるのですか!?」ズザザザ

ことり「……///」コクッ

海未「な、何ということです……ことりが、私の知らぬ間に遥か遠くへ……」クラッ

ことり「う、海未ちゃん大丈夫!?」ガシッ


79: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/16(火) 19:04:34.01ID:smFxHxSi.net

海未「……すみません、あまりの衝撃で目眩が」

ことり「でも、恋したことあるっていうだけだよ?付き合ったりしたことあるわけじゃ……」

海未「つ、付き合うだなんて……破廉恥ですぅ!///」カアァ

ことり「海未ちゃん!ちょっと落ち着いて!?」

海未「だ、大丈夫です……私は元より落ち着いております……」フラフラ

ことり「本当かなぁ……」

海未「してことり、その貴方がこ、恋をした事がある人物とは?……あ、いえ、こんな質問は失礼でしたね!忘れてください!」

ことり「えっと……あのね?正確には、恋をしたことがあるっていうか、今も恋をしてる……っていうか///」モジモジ

海未「現在進行形で!?流石に破廉恥が過ぎますよ!?破廉恥ことりですっ!」

ことり「い、意味わかんないよぉ……」


80: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/16(火) 19:06:59.03ID:smFxHxSi.net

海未「大体分かっているのですか!?私達は今、アイドルとして活動しているのですよ!?」

ことり「そ、それは……うん、ことりもわかってるけど……」

海未「いけない事だと分かっていながらも、諦めるつもりは無い……そういう事ですか?」

ことり「だって諦めたくないもん……初恋、なんだから」

海未「初恋……なんですか?」

ことり「うん、初めて……」

海未「……」

ことり「海未ちゃんもね、知ってる人なんだよ」

海未「わ、私も……?そんなに身近な人だったなんて……」

ことり「気付かなかった?」

海未「ええ、全く……」

ことり「そっか」クスッ


81: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/16(火) 19:09:05.27ID:smFxHxSi.net

海未「あの、ことりはその人の事……」

ことり「好きだよ。……とっても大好き」

海未「どんな所に惹かれたんですか?」

ことり「海未ちゃん、興味津々だね」フフッ

海未「あ、すみませんつい……///」カアァ

ことり「ことりがその人に惹かれた所はね……格好良いとか可愛い一面もあるとか、色々あるんだけど……一番はね、とにかく優しいの」

ことり「ことりが困ってると、いつも一番に気付いて助けてくれて」

海未「優しいですか、それは良い事ですね」

ことり「怒られたことなんて、数えるぐらいしかなくてね?あ、でもちょっとしたことでならそこそこあるかも……?」

海未「怒られてるじゃないですか」クスッ


82: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/16(火) 19:11:24.38ID:smFxHxSi.net

ことり「で、でもでも!本気で怒ってるわけじゃなくって……それに、ことりのお願いなんでも聞いてくれるんだよ?」

海未「聞いてくれる、では無く半ば強制的に聞いてもらっている、の間違いでは?」

ことり「そ、そんなことないよ……?」

海未「……その方の心中をお察しします」ハァ…

ことり「だからそんなことないって~!」

海未「まあしかし、ことりにそこまで思っていただけるなんて、その方が少し羨ましいです」

ことり「もちろん、海未ちゃんのことも大好きだからね?」

海未「そういうつもりで言ったわけでは無いのですが……」

海未「それで言うなら、私だってことりの事大好きですよ」


83: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/16(火) 19:13:36.78ID:smFxHxSi.net

ことり「ホントに?」

海未「はい、本当です」

ことり「……」スッ

海未「?」

ことり「好き、ことりも大好きだよ……海未ちゃん……」ギュッ

海未「はっ……?え、いや、えっと、あの……こ、ことり?」

ことり「……好きなの」

海未「え、ええ……ですから、私も好きですよ……?」

ことり「……やっぱり海未ちゃんだなぁ」フフッ

海未「何がですか……?」


85: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/16(火) 19:16:04.35ID:smFxHxSi.net

ことり「ううん、何でもない!」サッ

海未「ことり、さっきのは一体――」

ことり「今日は帰るね!」ニコッ

海未「えっ!?」

ことり「またね海未ちゃん、ばいば~い♡」フリフリ

海未「ちょ、ちょっと、ことり!?」


タッタッタ……


海未「……何がなにやら」ポツ-ン

――――――


93: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/17(水) 16:23:55.28ID:TFRTOiV+.net

海未「という事が先日あったのですが……」

穂乃果「ほぇー……」

海未「流石にこんな話、穂乃果以外に相談出来なくて……いきなりすみません……」

穂乃果「いやー、全然大丈夫だよ!」

穂乃果(知らない間に何だか話がややこしくなってるー……)

海未「ことりに想い人がいただなんて……穂乃果は知っていましたか?」

穂乃果「うぇ!?う、うーん……まあ、ね……」アハハ…

海未「そ、そうですか……穂乃果には既に伝えていたのですね。何故、私には隠していたのでしょう……?」


94: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/17(水) 16:25:24.33ID:TFRTOiV+.net

穂乃果(そりゃまあ……言えるわけないよねぇ……)

穂乃果「それは……ほら!海未ちゃんはそういうのに疎いから、ことりちゃんなりに気を使って黙ってたんじゃないかな?」

海未「なるほど……それは有り得ますね」

穂乃果「で、でしょ?」

海未「では、穂乃果は相手の方についても知っているのですか?」

穂乃果「一応はねー」

海未「どんな方です?」

穂乃果「海未ちゃん、何でそんなに色々聞いてくるの?」

海未「ことりが選んだ方なので大丈夫だとは思っているのですが、気になってしまい……」


95: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/17(水) 16:27:17.90ID:TFRTOiV+.net

穂乃果「ことりちゃんの事が心配なんだ?」

海未「穂乃果は心配ではないのですか……って、もう知っているのでしたね」

穂乃果「そうそうっ。それにね、そんなに心配しなくても全然大丈夫だよ!海未ちゃんもよく知ってる人だからさ!」

海未「ことりもそのようなことを言っていましたが、本当に私も知っている方なのでしょうか……」

穂乃果「ふふっ、知ってる知ってる」

海未「まあ、それなら……それより、先日の事でもう一つ気になることがあったんです」

穂乃果「海未ちゃんが何を聞きたいか、何となくわかるような……」

海未「ことりは何故いきなり帰ってしまったと思います?」

穂乃果「……だよねぇ」


96: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/17(水) 16:29:43.91ID:TFRTOiV+.net

海未「元々遊ぶ約束をしていたのに、すぐに帰ってしまったんですよ?まあ、厳密にはすぐではないですけど」

穂乃果「それはねー、うーん……」

海未「やはり、穂乃果も分かりませんか?私にはさっぱりで……何度考えても理由が浮かばないんです」

穂乃果「わかんない……事も無い、かも」

海未「分かるのですか!?」

穂乃果「あ、で、でもこれはことりちゃんに直接聞いた方がいいかも!」

海未「もう何度か聞いています。ただ、ことりは答えてくれなくて……」

穂乃果「そうなの?」

海未「はい……」


海未『あの、ことり……先日すぐに帰ってしまった件につきまして少しお話が――』

ことり『こ、ことりはお話ありませーん!』ダッ


97: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/17(水) 16:31:57.11ID:TFRTOiV+.net

海未「……といった感じで」

穂乃果「完全に逃げられてるね」

海未「逃げられるような事をした覚えは無いはずですけど……知らず知らずの内にという事もありますもんね」

穂乃果「そっか、ことりちゃん話してくれないのかぁ……」

海未「ですので、もし宜しければ穂乃果からことりに一言言っていただいても?」

穂乃果(うーん……まあ、ここまで来たらもうちょっとだもんね!穂乃果が手助けしてあげなくちゃ!)

穂乃果「了解!任せておいて!」

海未「やはり、こういう時の穂乃果は頼りになりますね。とても頼もしいです」

穂乃果「それだと普段の穂乃果は頼りないって言われてるみたいなんだけど~?」

海未「事実、その通りではありませんか」

穂乃果「海未ちゃん酷い!」

海未「ふふっ、冗談ですよ」クスッ

――――――


98: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/17(水) 16:34:12.81ID:TFRTOiV+.net

穂乃果「……とまあ、そんな話を海未ちゃんから聞いたんだけど」

ことり「うん……」

穂乃果「海未ちゃんにどんどんアピールするんじゃなかったの?逃げちゃったら、進まないよ?」

ことり「そうは言うけどぉ……普通ならこの間ので気付いてくれるはずだよ!」

穂乃果「ことりちゃんが怒りたくなる気持ちもわからなくもないけどさー、海未ちゃんなんだからしょうがないじゃん」

穂乃果「それに、海未ちゃんはこの間の事についてちゃんと知ろうとしてくれてるんだから、ね?」

ことり「……」

穂乃果「本当はさ、海未ちゃんに怒ってるから避けてるわけじゃないんでしょ?」

ことり「……」コクッ


99: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/17(水) 16:36:24.91ID:TFRTOiV+.net

穂乃果「だよね、ことりちゃんがそんな理由で避けるわけないもん!……で、本当の所は?」

ことり「な、なんて言うのかな……ことり的にはこの間ので一応気持ちは伝えたつもりだったの。だから、もう一回あれについて説明してって言われても……///」カアァ

穂乃果「えー……つまり、恥ずかしいって事?」

ことり「……はい///」

穂乃果「そっかー、でも恥ずかしさに打ち勝ってこそだよ!」

ことり「ええぇ!?無理、無理だよぉ!///」ブンブン

穂乃果「いけるって!一応は告白?したわけなんだからさ!」

ことり「あれはその、流れでそのまま……みたいな感じだから」

穂乃果「流れか……ふむふむ」


100: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/17(水) 16:38:27.38ID:TFRTOiV+.net

ことり「あの、ことりもう帰っても……?」

穂乃果「穂乃果からも逃げる気だねー?それはダメ!」

ことり「だ、だってこのままだと穂乃果ちゃんに強引に進められそうで……」

穂乃果「強引になんてしないよ?ただほら、ちょっと今から海未ちゃんに電話するだけだから」ニコニコ

ことり「穂乃果ちゃん!?」

穂乃果「あ、もしもし海未ちゃん?やっほー。……え?違うよー!宿題ならちゃんとやったって!」

穂乃果「今日はそうじゃなくって!……もう、まあいいや!」

スッ


ことり「ふぇ?」


102: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/17(水) 20:03:11.31ID:TFRTOiV+.net

穂乃果「はい、ことりちゃん。海未ちゃんだよ」ニコッ

『はいっ!?こ、ことり!?』

穂乃果「あちゃー、海未ちゃん聞こえてた?」

『聞こえていましたけど……ことりがそこにいるのですか?』

ことり「!」ブンブン

穂乃果「うん、いるよー」

ことり「ほ、ほのかちゃぁん……」グスッ

『その声は……ことりですね』

ことり「あ……う、うん」

『すみません穂乃果、私もこれからそちらへ行っても?』

穂乃果「んー?それならことりちゃんが今からそっち行くってさ~」


103: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/17(水) 20:04:11.39ID:TFRTOiV+.net

ことり「こ、ことりそんなこと一言も……」

『そうですか、ではお待ちしております。あ、それとことり』

ことり「な、なに?」

『絶対に逃げないでくださいね?』


プツッ…


ことり「……」

穂乃果「うわぁ、何かホラー映画みたいな切り方だったねー……」

ことり「ほ、穂乃果ちゃぁん!」

穂乃果「これはもう、覚悟決めるしかないよね!」


104: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/17(水) 20:04:57.32ID:TFRTOiV+.net

ことり「か、覚悟って……」

穂乃果「だってさ、これってアピールとかそんなんすっ飛ばしてドカーン!といける大チャンスだよ!」

ことり「ええぇっ!?で、でもまだ全然進めてないよ!?」

穂乃果「そこは……ほら、ことりちゃんの甘くてセクシーな色気で、ね?」

ことり「そんなの出来るわけないでしょ~!」

穂乃果「そんなにワガママ言っても、海未ちゃんには行くって言っちゃったし……」

ことり「急病……とか?」


105: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/17(水) 20:08:04.11ID:TFRTOiV+.net

穂乃果「じゃあ海未ちゃんにはそう連絡するねー」スッ

ことり「ああっ、待って待って~!」ガシッ

穂乃果「じゃあ行くしかないよね♪」ニコッ

ことり「うぅ……穂乃果ちゃん酷い……」ウルッ

穂乃果「上手くいったらちゃんと教えてね!盛大にお祝いするから!」

ことり「上手くいくかなぁ……」

穂乃果「大丈夫!もしダメだったら慰めてあげる!」グッ

ことり「う、海未ちゃんに振られたら…………ぐすっ」

穂乃果「うわぁ!うそうそ!ことりちゃんなら心配する事ないってばぁ~!」

――――――


106: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/17(水) 20:09:41.58ID:TFRTOiV+.net

ことり「来ちゃった……」ハァ…

ことり「でも、ここから進みたくないよ~。帰ろっかな――」

海未「何を一人で言っているのですか?」ガラガラ

ことり「きゃっ!?」ビクッ

海未「丁度良かったです。あまりに遅かったのでこれから迎えに行こうと思っていました」

ことり「海未ちゃん……」

海未「一先ず上がってください。話はそれからにしましょう」

ことり「お、お邪魔します……」オソルオソル




ことり「……」モジモジ

海未「……」


107: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/17(水) 20:12:03.31ID:TFRTOiV+.net

海未「さて、面倒なのは嫌いなので聞かせていただきます。先日、なぜ突然帰ってしまわれたのですか?」

ことり「……」

海未「私が原因ですか?」

ことり「それは……うん」

海未「そ、そうですか……私が……」

ことり「あの、でも誤解しないでね?悪い意味じゃないから」

海未「……と言いますと?」

ことり「ことりの好きな人の事について、海未ちゃんに色々話したでしょ?」

海未「はい、話してくれましたね」

ことり「でも海未ちゃん、全然全く気付いてくれなかった……」


108: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/17(水) 20:13:37.27ID:TFRTOiV+.net

海未「……何にでしょうか?」

ことり「ことりの好きな人」

海未「そうは言われましても、私には皆目見当が……」

ことり「どうしても?」

海未「ええ、申し訳ありませんが。ですが、ことりの好きな方と私がその方を分からない事に何か関係があるのですか?」

ことり「あるもん……」シュン

ことり(……やっぱり、穂乃果ちゃんが言ってたみたいに覚悟を決めるしかないのかなぁ)

海未「……すみません」

ことり「海未ちゃんは何にも悪くないよ、気にしないで」ニコッ


109: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/17(水) 20:16:13.56ID:TFRTOiV+.net

ことり(そうだよ、海未ちゃんは何にも悪くないの。悪いのはいつまで経っても踏み出せないことり)

ことり(折角巡ってきたこのチャンス、やっぱり無駄にしちゃダメだよね!据え膳食わぬは乙女の恥!……なんか違うような?ま、まあいっか!)


ことり「……」グッ

海未「ことり?」





ことり「……か、格好いいところが好き!」

海未「……はい?」


110: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/17(水) 20:18:37.38ID:TFRTOiV+.net

ことり「真面目な所が好き!」

海未「あの、ことり?」

ことり「でも本当はとっても可愛い所が好き!」

海未「急に何を――」

ことり「誰よりも優しいところが好き!」

海未「そ、そんなに大声で変な事を言わないでください!お母様達に聞こえてしまいます!///」

ことり「どんなワガママ言っても、結局はお願い聞いてくれるところも好き!」

海未「ことり、お願いですから一度落ち着いて……」

ことり「~~!」

ことり「もうっ!海未ちゃんの馬鹿ぁ!」ジワッ

海未「……えっ?」


111: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/17(水) 20:21:27.10ID:TFRTOiV+.net

ことり「大馬鹿!いい加減気付いてよぉ!」グスッ

海未「で、ですから私には意味が――」







ことり「優しくて!格好良くて!でも本当はとっても可愛くて!ことりのワガママなお願い何でも聞いてくれる海未ちゃんの馬鹿ぁ!」ポロポロ

海未「……そ、それって!?」

ことり「うっ……ふぇ……」グスグス

海未「ことり!泣かないでくださ――ああいえ、待ってくださいそれよりも///」カアァ

ことり「海未ちゃんの鈍感!頭でっかち!」

海未「ぐっ……」グサッ


112: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/17(水) 20:23:33.02ID:TFRTOiV+.net

ことり「好きなの……ことりは海未ちゃんが好き、なの……」ギュッ

海未「ちょ、ちょっと待ってください……頭が混乱しすぎて何がなにやら……///」

ことり「……」ギュ-!!

海未「あの……取り敢えず、ありがとうございます……」

ことり「……///」ギュ-!!

海未「そ、そろそろ私から離れてきちんとお話しませんか?」

ことり「返事聞きたくないからやだ……」

海未「あ、確かにお返事はしないとですね……」

ことり「し、しなくていいから!///」ポフッ


113: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/17(水) 20:26:12.22ID:TFRTOiV+.net

海未「いえ!そういうわけには!今までお気持ちを伝えてくれた方には全てお返事していますし」

ことり「ことりはいいの!」

海未「何故ですか!」

ことり「だって、聞かなくてもわかるよ……」

海未「わ、分からないじゃないですか」

ことり「海未ちゃん、好きな人なんかいないし、恋だってしたことないって言ってたよね?」

海未「……」

ことり「それって、もうそういう事だもん……」

海未「……た、確かに」

ことり「?」

海未「確かに……私は今まで恋なんてした事ないです。だから、ことりの言う通り好きな方だっていません」

ことり「……うん」


114: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/17(水) 20:29:16.96ID:TFRTOiV+.net

海未「ですが、それがこれからもずっと続くとは限りません。……まあ、どれぐらい先になるかは私にも分かりませんけど」

ことり「けど、ことりがその相手になれるかどうかは……」

海未「ただ、ことりは私に一番近い所にいますから、可能性で言えば一番高いのではないかと」

ことり「海未ちゃん何でそんなに冷静に話せるの……」ムスッ

海未「いえ、冷静と言いますか……まだ完全に理解しきれていなくて何処か離れた所から見ている感じと言いますか……そんなに怒った目で見ないでください」

ことり「怒ってない……」

海未「ま、まあとにかくそれまで待っていただけると――」

ことり「じゃあその代わり、海未ちゃんに好きな人が出来るまでことりが近くで監視してあげるね?」


115: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/17(水) 20:31:55.24ID:TFRTOiV+.net

海未「監視って……」

ことり「文句は受け付けないよ?ことりは本気だもん!」

海未「文句は別にありませんけど、ことりはそれで良いのですか?」

ことり「ホントは全然良くないよ!」

海未「で、ですよね……すみません」

ことり「でも……うん!」


ギュッ


ことり「海未ちゃんも言ったけど、ことりは海未ちゃんの一番近くにいるんだから今はそれで」

海未「ことり……それでは、これからに備えてお聞きしたいのですが」

ことり「なに?」


116: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/17(水) 20:34:24.97ID:TFRTOiV+.net

海未「恋をすると……人を好きになるとどのようになるのですか?」

ことり「簡単だよ?その人を見てるとね、胸がどきどきーっして、ぎゅーって苦しくなるの」

海未「え……だ、大丈夫なんですかそれ……」

ことり「ふふっ、そんなに怖がる様なことじゃないよ。後はね、もうその人しか見えない!ってなっちゃうかなぁ」

海未「目が釘付けというやつですね」

ことり「他は……あ、もちろんやっぱりね?幸せな気持ちになるんだ♡」

海未「そういえば、そんな事を花陽が言っていたような……」フム

ことり「ここから先は、海未ちゃん自身で見つけて下さい♪」


117: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/17(水) 20:37:19.18ID:TFRTOiV+.net

海未「分かりました。では、ことりもこれからの私を見守っていてください」

ことり「ずっと隣で見ててもいい?」

海未「と、隣ですか……少し恥ずかしいですが、ええ構いませんよ」

ことり「やった♪……あ、あのね、海未ちゃん」

海未「どうしました?」

ことり「海未ちゃんにもし、好きな人が出来た時……それがことりだったら、とっても嬉しいなぁって思っちゃったり……なんて」ギュッ

海未「っ」

ことり「海未ちゃん?」

海未「あ、は、はい!私もそうなる様祈ってます!」

ことり「……ありがと♡」

海未「……」


118: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/17(水) 20:38:59.85ID:TFRTOiV+.net

海未(な、何故か分かりませんが今一瞬危なかった気がします……)ドキドキ

海未(まさか、これが恋……は流石に無いですよね。意識しすぎただけですよ……)アハハ…

ことり「明日から楽しみだなぁ~♡」ウキウキ

海未「え、ええ……そうですね……」

海未(ただ、本当は私が気付いていないだけで……もしかすると、もうとっくに……)

海未(思えば、私はことりによく心を乱される事が多いような気がします。それがことりの言っていた胸がドキドキする、に該当するのであれば……)

海未(私がそれを自覚するのもそう遠くないのかもしれません……あくまで可能性の話ですが)

海未(もしそうなった時、私の視線の先にいるのは……)

ことり「ん?……えへへっ♡」ニコッ

海未(一体……誰なのでしょうね)クスッ


119: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/17(水) 20:39:40.08ID:TFRTOiV+.net

おわり


120: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/17(水) 20:44:16.33ID:k/wD7cjU.net

おっつん


121: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/17(水) 20:46:02.31ID:Y0aG4Ezw.net

かつお様お疲れさんです。


122: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/17(水) 21:04:52.48ID:jVuejtuZ.net

これにはサザエや波平もご満悦


123: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/17(水) 21:26:12.85ID:zpGDqicp.net


良い雰囲気


124: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/17(水) 21:29:31.57ID:lpR78I0z.net

結構好き


129: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/17(水) 23:08:54.34ID:MbpLcl9W.net

いいと思います


130: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/18(木) 01:30:37.66ID:DvGn7QLI.net

はぁ
たまらん


133: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/05/18(木) 11:25:19.22ID:lVRPkclG.net

とても癒されることうみでした。
ありがとうございます!


引用元: ・http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1494842250

このエントリーをはてなブックマークに追加
オススメ記事

この記事へのコメント

  1. 名無しのラブライバー:2017/06/08(木) 07:52:04

    やっぱりかつお君のことうみSSを・・・最高やな(ニッコリ)


  2. 名無しのラブライバー:2017/06/08(木) 21:00:16

    妄想スレ


プロフィール

ラブライブ!通信管理人

ラブライブ!の速報や面白い話を毎日まとめています!
更新情報はこちらでツイートしているので、是非フォローしてください(^ω^)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
オススメ
週間人気記事ランキング
逆アクセスランキング
アクセスカウンタ
相互リンク
アンテナサイト