【ラブライブ!】/cVσ_VσV 「今日は数学の歴史について勉強しましょう」

wpid-5b2438d69b346cc2f379bf1dee4d1ce36cc398a814098210623.jpg


1: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/04/17(月) 23:54:52.05 ID:CodswG1q.net

/cVσ_VσV 「今日は『カルダノ』という人物について勉強します」

リ`・ヮ・) 「誰?」

/cVσ_VσV 「一般的にはあまり名前が知られていないかもしれませんが、今の数学界は彼のおかげという面もあるほどの大人物です」

リ`・ヮ・) 「へぇー、すごい人なんだ」

/cVσ_VσV 「……凄い人物かどうかは穂乃果の判断に任せます」

リ`・ヮ・) 「?」



2: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/04/17(月) 23:55:28.94 ID:CodswG1q.net

/cVσ_VσV 「穂乃果、2次方程式の公式は覚えていますよね?」

リ`・ヮ・) 「えっ」

/cVσ_VσV 「……」

リ´・-・)「えーっと……」

/cVσ_VσV 「……これですね」
no title


リ`・ヮ・) 「あっ、そうそう、こんな感じ!」

/cVσ_VσV 「この公式を使えば、xが何か、一瞬で割り出すことができますね?」

リ`・ヮ・) 「…うん」


3: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/04/17(月) 23:56:08.91 ID:CodswG1q.net

/cVσ_VσV 「話を続けますよ、こういった公式は今でこそ教科書に載っていますが」

リ`・ヮ・) 「うん」

/cVσ_VσV 「昔……500年ほど前は『発見した人が秘密にしていた』んです」

リ`・ヮ・) 「?」

/cVσ_VσV 「と言うのも、当時はテレビも無いですし、『発表して有名になる』という事は難しかったのです」

リ`・ヮ・) 「うん」

/cVσ_VσV 「なので、数学者の人は有名になるために『数学大会』に出場しました」

リ`・ヮ・) 「すうがくたいかい?」

/cVσ_VσV 「数学の問題を、どちらが早く、もしくは多く解くことができるか競った大会です」

リ`・ヮ・) 「へぇー」


4: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/04/17(月) 23:56:53.80 ID:CodswG1q.net

/cVσ_VσV 「そこで……例えば2次方程式の問題が出たとしましょう」

リ´・-・)「にじ……?」

/cVσ_VσV 「…2次方程式の問題は、実は公式を使わなくても時間をかけて計算すれば、誰でも解く事が出来ます」

リ´・-・)「へー」

/cVσ_VσV 「ですが、公式を知っていればもっと簡単に、そして早く答えが出せます」

/cVσ_VσV 「つまり『必殺技』として、見つけた人は秘密にしていたんです」

リ`・ヮ・) 「ほほー」

/cVσ_VσV 「その公式は師匠から一番弟子にだけ伝えられて行った…まさに『秘伝の奥義』です」

リ`・ヮ・) 「かっこいい!」


5: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/04/17(月) 23:57:31.22 ID:CodswG1q.net

/cVσ_VσV 「…そこで、カルダノという人物の話に戻ります」

リ`・ヮ・) 「うん」

/cVσ_VσV 「彼は医者であり、哲学者であり、発明家であり、呪術師であり、詐欺師であり、前科持ちの数学者でした」

リ´・-・)「えぇ…」

/cVσ_VσV 「彼が現れた時代は、数学大会で『3次方程式』の問題が多く出された時代でした」

リ`・ヮ・) 「うん」

/cVσ_VσV 「そこではたった一人、完全な3次方程式の公式を知っている『ニコロ』という人物がチャンピオンでした」

 

ニコロ
no title


6: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/04/17(月) 23:58:44.29 ID:CodswG1q.net

リ`・ヮ・) 「ふんふん、それで?」

/cVσ_VσV 「そんな彼の前に、カルダノが現れ、こういいます」


カルダノ
no title

/cVσ_VσV 「当然、ニコロは断ります」

リ´・-・)「うん」
no title


8: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/04/17(月) 23:59:56.97 ID:CodswG1q.net

/cVσ_VσV 「ですが、カルダノは粘りに粘り、時に脅し、時にすかし……」
no title


9: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/04/18(火) 00:01:21.40 ID:+maYURCV.net

no title
/cVσ_VσV 「……とうとう、ニコロは『3次方程式の公式』を、カルダノに教えてしまいます」


10: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/04/18(火) 00:02:55.14 ID:+maYURCV.net

no title
 

/cVσ_VσV 「当然、ニコロはカルダノに強く釘をさしておくのですが……」

リ`・ヮ・) 「うん」

/cVσ_VσV 「カルダノは、あっという間に聞いた事を本にして出版してしまいます」

リ`・ヮ・) 「えっ!?」


11: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/04/18(火) 00:04:57.42 ID:3jrkSXMf.net

カルダノの公式ほんと好き


12: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/04/18(火) 00:05:12.22 ID:IennF55c.net

続きはよ


13: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/04/18(火) 00:07:59.73 ID:+maYURCV.net

no title
/cVσ_VσV 「ニコロは激怒し、カルダノを問い詰めますが……」


14: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/04/18(火) 00:09:39.40 ID:+maYURCV.net

no title
/cVσ_VσV 「カルダノは『ニコロから聞いた物ではない』の一点張りで」

/cVσ_VσV 「ニコロはその公式を『秘伝』として誰にも話さなかったわけですから、証拠もありませんでした」

リ´・-・)「なんか可愛そうだね」

/cVσ_VσV 「…ですが、話はこれだけでは終わりません」


15: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/04/18(火) 00:10:50.74 ID:+maYURCV.net

no title

/cVσ_VσV 「復讐の為にそう考えたニコロは、カルダノに挑戦状を叩き付けます」


16: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/04/18(火) 00:11:46.86 ID:+maYURCV.net

/cVσ_VσV 「ところが決戦の場にやって来たのは、フェラーリという、カルダノの弟子を名乗る人物でした」
no title


17: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/04/18(火) 00:12:37.32 ID:+maYURCV.net

/cVσ_VσV 「そして、いざ対決が始まるのですが」

/cVσ_VσV 「3次方程式の公式をカルダノがばらしてしまったので、問題は全て『4次方程式』で行われました」

リ`・ヮ・) 「あ、そっか」

/cVσ_VσV 「これにはニコロも大苦戦していたのですが……」


18: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/04/18(火) 00:18:34.33 ID:+maYURCV.net

no title


19: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/04/18(火) 00:22:06.43 ID:+maYURCV.net

/cVσ_VσV 「実は、このフェラーリという人物は、すでに『4次方程式の公式』を発見していたのです」



/cVσ_VσV 「当然ニコロは惨敗し、数学者としての地位は失墜しました」

/cVσ_VσV 「そんな彼の言う事を聞く者は居なくなり、全てはカルダノの大勝利ですべては終わります」


20: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/04/18(火) 00:23:15.78 ID:79JdbLUC.net

策士やんけ


21: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/04/18(火) 00:24:16.49 ID:+maYURCV.net

リ´・-・)「…なんか酷いね」

/cVσ_VσV 「そうかもしれません…ですが」

/cVσ_VσV 「彼が居なければ、数学の発展は大いに遅れただろうとも言われており、一概に、彼を悪人だと決めつける事は出来ません」

リ´・-・)「…うーん」

/cVσ_VσV 「そもそも、カルダノの話では『(発表した3次方程式の公式は)ニコロの物ではなく、先にフェラーリの師匠が発見していたので出版した』とも伝えられていますしね」

リ`・ヮ・) 「あ、そうなんだ」

/cVσ_VσV 「500年前の話ですからね、真相は分かりませんが……」


23: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/04/18(火) 00:33:33.36 ID:+maYURCV.net

/cVσ_VσV 「事の真意はともあれ、今現在、私達が数学の公式を学べているのはカルダノの功績とも言われています」

リ´・-・)「へぇー」

/cVσ_VσV 「どうです?穂乃果も、こういった話を聞けば数学を頑張りたくなるでしょう?」

リ´・-・)「え?」

/cVσ_VσV 「?」

リ´・-・)「そういう話だったの?」

/cVσ_VσV 「はい」

リ´・-・)「……」

/cVσ_VσV 「……」

リ´・-・)「……数学できなくても生きていけるもん」

  

おわり


24: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/04/18(火) 00:38:05.95 ID:79JdbLUC.net

オチがいい


25: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/04/18(火) 00:43:57.29 ID:MqRua7N3.net

よかった また頼む


26: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/04/18(火) 01:16:02.87 ID:29eZjehD.net

良スレ
でもオイラーとかフェルマーとかまだまだ色々あるやん?


27: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/04/18(火) 01:26:27.72 ID:5hQG4BR5.net

別に数学を学びたくなる話ではないな......


28: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/04/18(火) 03:11:20.72 ID:C2F7id7J.net

ニコロさんが可哀想だったにこ……


引用元: ・http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1492440892

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連おすすめ記事
オススメ記事

この記事へのコメント

  1. 名無しのラブライバー:2017/04/27(木) 07:34:30

    ええやん!


  2. 名無しのラブライバー:2017/04/27(木) 08:31:15

    リ`・ヮ・)がはやっぱり可愛いなって思いましたあ


  3. 名無しのラブライバー:2017/04/27(木) 09:24:56

    ウッミの顔を見るとすぐにトッリの顔を探してしまう自分がいる・・・
    ホッノをめぐる二人のプロレスが好きなんや!でも普通にわかりやすくて面白かったです(掌返し)


  4. 名無しのラブライバー:2017/04/27(木) 10:58:49

    ニコロさん養ってあげたいくらい可愛いな


  5. 名無しのラブライバー:2017/04/27(木) 18:04:55

    高2で解の公式分からないってマズくないか?


  6. 名無しのラブライバー:2017/04/28(金) 23:10:06

    面白かったわ


プロフィール

ラブライブ!通信管理人

ラブライブ!の速報や面白い話を毎日まとめています!
更新情報はこちらでツイートしているので、是非フォローしてください(^ω^)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
オススメ
週間人気記事ランキング
逆アクセスランキング
アクセスカウンタ
相互リンク
アンテナサイト