【ラブライブ!】梨子「最近、曜ちゃんの様子がおかしい」

160914_16.jpg


1: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/04/17(月) 00:09:34.64 ID:wRz/B4q8

梨子「もう、私も三年生かー」

梨子「内浦に越してきた時はアイドルになるなんて思ってなかったけど、とっても楽しかった……」

梨子「三年生になっても最高の一年になるといいな」

曜「……」ボー

梨子「あ!曜ちゃんおはよう!」

曜「り、梨子ちゃん!?お、おはヨーソロー」

梨子「ねえ、曜ちゃん、最近さ……」

曜「わわ!そういえば私先生に呼び出されてた気がするのであります!」

梨子「……へ?」

曜「と、と言うわけで!梨子ちゃんまた後で!」タタッ

梨子「あ、曜ちゃん!」イッチャッタ…

梨子「なんだか、曜ちゃんの様子がおかしい……気がする……」

梨子(なんというか、避けられてる?)

梨子(……気のせい、かな?)



2: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/04/17(月) 00:10:18.02 ID:wRz/B4q8

千歌「りーこちゃん!」バッ

梨子「ち、千歌ちゃん!?……もう!驚かせないで!」

千歌「ごめん、ごめん、……それよりさ、曜ちゃんの誕生日プレゼント考えた?」

梨子「ううん、まだ決まらなくて……どれを渡せばいいのか、全然わかんないの……」

千歌「梨子ちゃん、去年のこの頃は、曜ちゃんの誕生日知らなかったもんね」

梨子「うん、私から曜ちゃんを祝う初めての誕生日だから悩んじゃって……」

千歌「うーん、曜ちゃんならなんでも喜んでくれると思うけど……」

梨子「千歌ちゃんに言われてもなんか説得力ない」

千歌「えーー!これでも幼馴染だよー!……あ!そうだ思いついた!」

梨子「え?」


3: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/04/17(月) 00:11:26.07 ID:wRz/B4q8

千歌「ピアノだよ!ピアノ!梨子ちゃんにしかできないプレゼント!」

梨子「ピアノをあげるの?」

千歌「そうじゃなくて!弾くの!ピアノを演奏して、曜ちゃんに歌をプレゼントしてあげるんだよ!」

梨子「えええええ!歌!?、そ、そんなの無理無理無理!恥ずかしいし、何より、私の歌なんて曜ちゃん喜んでくれないって!」

千歌「そんなことないって!曜ちゃん、梨子ちゃんのピアノと歌、大好きだし」

梨子「………………ほんとに?」

千歌「ほんと、ほんと」

梨子「……」

千歌「……」

梨子「…………じゃあ、やってみる」

千歌「わーい!決定だー!曜ちゃんおめでとう!」

梨子「もう!まだはやいよ!」


4: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/04/17(月) 00:12:25.22 ID:wRz/B4q8

梨子「私の演奏をプレゼントかぁ……がんばろう!」

梨子(……それまでに曜ちゃんの様子が治ってるといいんだけど……)


5: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/04/17(月) 00:12:53.95 ID:wRz/B4q8

音楽室

梨子「……」

梨子「な、何を弾こう……」

梨子「無難に誕生日の歌が良いとは思うけど、それじゃ地味、だよね……」

梨子「……ラブ、ソングとか?」

梨子「……」ボンッ

梨子「無難無理無理!そんなの絶対できない!」

梨子「だいたい私は、曜ちゃんのことが好きとかそういうわけじゃ……ここは友達への歌にしよう、うん」

梨子「……ん?、窓に誰かいるって、曜ちゃん?」

曜「……」ジー


6: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/04/17(月) 00:13:32.44 ID:wRz/B4q8

梨子「曜ちゃん?」

曜「り、梨子ちゃん!?」ビクッ

梨子「どうしたの?こんなところにわざわざ?」

曜「ええっと、実は今日ふでばこ忘れてきちゃってさ、取りに来たんだけど……梨子ちゃんなんだか真剣だったから……」

梨子「え!そう!?そんなこと……あ!ふでばこでしょ!?それならここに……はい!」

曜「あ、うん、ありがとう」

梨子「そうだ、曜ちゃんこれから水泳部の練習でしょ?がんばってね、私、曜ちゃんが飛び込んでるのすっごく好きだから……」

曜「……梨子ちゃん、ありがとう」

曜「それに、私も好きだよ、梨子ちゃんがピアノ弾いてるの」

曜「何ていうか、私、ピアノって普通眠くなるものだと思ってたけど、梨子ちゃんのピアノは特別で、聴いてるとドキドキするというか……」

梨子「よ、曜ちゃん」/////


8: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/04/17(月) 00:14:14.21 ID:wRz/B4q8

曜「あっ、いや、その、これには深い意味とかなくて、その、梨子ちゃんのピアノはヨーソローみたいな、えっと」

梨子「ふふっ、変な曜ちゃん」

曜「もう!梨子ちゃん!!」

梨子「ふふっ、だって曜ちゃんがすごい慌ててるから……」

曜「そんなこと……」

梨子「……あっ、曜ちゃん、タイが曲がって……」スッ

曜「!!」ビクッ

梨子「……あっ」

曜「ご、ごめん!こ、これはその……」

梨子(そっか、私、曜ちゃんに避けられてるんだった……)

曜「あ、私、ふでばことったし、そろそろいくね!それじゃ……」

梨子「まって!曜ちゃん!」


9: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/04/17(月) 00:15:08.39 ID:wRz/B4q8

曜「……なに?」

梨子「ごめんね、引き止めて……その、聞きたいことがあって、勘違いだったら申し訳ないんだけど……」

梨子「その、私なにかしちゃったかな?」

曜「……」

梨子「この前からちょっと、気になってて……」

梨子(もしかしたら、私が知らないうちに何かしたのかもしれないし……)

梨子「もし、何かあるなら、ちゃんと言ってくれれば私もーー」

曜「なんでもないから!」

梨子「っ……」ビクッ

曜「あ、いや、何ていうか、自分自身の問題……というか……」

梨子「……」

梨子「…そっか」

曜「へ?」

梨子「わかった!変なこと言ってごめんね!」

梨子「それじゃ!また明日!」タタッ

曜「あっ、梨子ちゃ……」


10: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/04/17(月) 00:15:36.72 ID:wRz/B4q8

梨子「……なんでもないかぁ、」

梨子(なんでもない訳ないよね、私に対しておかしいんだから……)

梨子(でも、こういう時の『なんでもない』は、『これ以上詮索しないで』ってことだ……)

梨子「そっか」

梨子「………そっかぁ……」グスッ


11: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/04/17(月) 00:16:34.45 ID:wRz/B4q8

曜「……」

曜「何やってんだろ私……」ハァ

曜「あーーーーー!もう!」グシャグシャ


12: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/04/17(月) 00:17:15.89 ID:wRz/B4q8

翌日

千歌「あれ?梨子ちゃん、なんだか寝不足?くまできてるよ?」

梨子「え?ああ、うん、昨日ちょっと寝れなくて……」

千歌「ダメだよ、梨子ちゃん!ちゃんと寝なきゃ!寝不足はお肌の大敵……」

曜「おはよー……あれどうしたの?」

千歌「あ!曜ちゃん!なんか梨子ちゃん寝れないみたいで……」

曜「そうなの?大丈夫?眠くて辛かったら保健室に連れて……」

梨子「……」

曜「…………あ、あんまりひどいようだったら先生に言った方がいいかも」

梨子「………」

梨子(なんでもないって言われたんだから、私も、いつも通りにしなくちゃ……)

梨子「う、うん!そうするね!」

千歌「……」


13: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/04/17(月) 00:17:48.52 ID:wRz/B4q8

千歌「梨子ちゃん」

梨子「ち、千歌ちゃん?」

千歌「もしかして、梨子ちゃん、曜ちゃんと何かあった?」

梨子「!!……千歌ちゃんは鋭いね……」


14: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/04/17(月) 00:18:24.30 ID:wRz/B4q8

梨子「……私ね、曜ちゃんの気持ちが分からないの……」

梨子「きっと、私が曜ちゃんに何かしちゃったんだと思うんだけど……全然分かんなくて」

梨子「ダメだよね、こんなのじゃ……曜ちゃんの気持ちが分からないのに歌を送るなんて……」

千歌「……いいんじゃないかな?別に、曜ちゃんの気持ちが分からなくても」

梨子「ダメだよ、相手の気持ちが分からないのに歌っても意味なんか……」

千歌「ねえ、梨子ちゃん、Aqoursに入って、アイドルになってみて、何を思って表現してた?」

梨子「え?」


15: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/04/17(月) 00:18:49.76 ID:wRz/B4q8

千歌「アイドルっていうのはね、人に気持ちを伝える事と一緒だから」

千歌「何かを想って曲を書いて、歌詞を書いて、」

千歌「何かを想ってダンスして、何かを想って歌ってたよね」

梨子「うん」

千歌「今、梨子ちゃんが曜ちゃんにピアノを演奏することと、一緒だと思うよ」

千歌「だからね、梨子ちゃん、曜ちゃんの気持ちじゃなくて、梨子ちゃんは、どう想うの?」

梨子「私の……想い?」


16: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/04/17(月) 00:19:23.96 ID:wRz/B4q8

ーーー
ーー


一年前
電車

ガタンゴトン……ガタンゴトン

梨子「……」

曜「スースー」zzz

梨子(どどど、どうしよう!曜ちゃん、私にもたれかかったまま寝ちゃった!)

曜「スピースピー」zzz

梨子(うぅぅ……曜ちゃん起きてよぉ、気まずいぃぃ……)

梨子(……って、なんだか視線を感じる?)


17: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/04/17(月) 00:19:53.58 ID:wRz/B4q8

鞠莉「……」ジー

梨子(鞠莉さん!?ちょっ、見ないで下さい!……って、)

鞠莉「……」ニヤニヤ

梨子(すごいニヤニヤしてる!?……もう!果南さんとダイヤさん助けてって……」

ダイヤ「……」ニコニコ

果南「……」ニコニコ

梨子(すごく微笑ましく見てるーー!)

鞠莉「……」good!

梨子(ちょ、鞠莉さんはなんでgoodサイン!?)

梨子「ちょっと!曜ちゃん!起き……」

曜「スースースー」zzz

梨子「っ……」

梨子(……こうなったら、奥の手!)

梨子(私も寝たふり!これで恥ずかしくない)ドンッ

梨子(……とはいっても、私と曜ちゃんの気まずさは消えないけど……)ドキドキ


18: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/04/17(月) 00:20:23.01 ID:wRz/B4q8

梨子「……」

梨子(人って、意外と重いな……それであったかい)

梨子(心臓、すごいドキドキしてる……)

梨子(私、何に、ドキドキしてたんだっけ?)

曜「スースー」

梨子(あぁ、でも、私の心臓と曜ちゃんの寝息が一定のリズムで重なって……)

梨子(なんだか、とても……心地良いかも……)

曜「スースー」

梨子「スースー」

ガタンゴトン……ガタンゴトン


ーー
ーーー


19: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/04/17(月) 00:20:54.54 ID:wRz/B4q8

梨子「最初はお互い気まずくて……、分からないことばっかで……」

梨子「でも……二人でいる時間は心地よくて……ドキドキして……知りたくて……だから……私は!もっと、もっと曜ちゃんと……」

梨子「近づきたいと想ってる!!」

梨子(そう想ってる!)

千歌「!!」

千歌「なんだ!大丈夫そうじゃん!」

梨子「うん!ありがとう!千歌ちゃん!」

千歌「ほら!急いで!梨子ちゃん!曜ちゃんは教室にいるよ!」

梨子「うん!いってくる!」タッ


20: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/04/17(月) 00:21:21.70 ID:wRz/B4q8

教室

曜「……」

梨子「曜ちゃん!」ガラッ

曜「梨子ちゃん!?」

梨子「曜ちゃん!!来て!!」ガシッ

曜「えっ、ちょ、まっ、どこ行くの!?」

梨子「いいから!」

梨子(そうだ、私、曜ちゃんの気持ちは分からなくたって……私の気持ちくらいわかる!)

梨子(自分の気持ちを伝える事ぐらいできる!)


21: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/04/17(月) 00:21:52.66 ID:wRz/B4q8

音楽室

ガラッ

曜「はぁっ、はぁっ、梨子ちゃん?」

梨子「曜ちゃん!!」

曜「は、はい!」

梨子「私、今から弾くから、聞いててね」

曜「!!」


22: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/04/17(月) 00:22:37.76 ID:wRz/B4q8

ピアノ「♪~…♪」

梨子(あ、この歌……ラブソングだ……)

梨子(今までは、友情の歌だと思ってたけど……)

梨子(このかけがえのない友人への感謝の歌は……)

梨子(その友人を愛おしく思う、愛の歌なんだ……)

梨子(今まで、全然気づかなかった……)

梨子(今、私が歌ってる、この歌もラブソングなんだ)

梨子(ようやく気づいたよ、私、曜ちゃんへの伝えたい気持ち!)

梨子(曜ちゃんへのラブソング!)

ピアノ「♪……♪………」ポロン

梨子「はぁっ……はぁっ」

曜「……梨子ちゃん」


23: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/04/17(月) 00:23:46.26 ID:wRz/B4q8

梨子「曜ちゃん、私は!曜ちゃんのこと、クラスメイトで、友達で、Aqoursのメンバーで!大切な仲間だと思ってる!」

梨子「曜ちゃんは困るかもだけど、何か思ってることがあるなら、ちゃんといってほしいし」

梨子「それが、もし嫌なことだとしても」

梨子「分かりあっていきたい」

梨子「曜ちゃんともっと仲良くなりたい!」

梨子(人として、いつまでも、つながっていたい!)

曜「……」


24: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/04/17(月) 00:24:32.35 ID:wRz/B4q8

梨子「そ、それじゃ、また今度……」

曜「待って!」

梨子「……」ビクッ

曜「……私もそう思う」

梨子「えっ」

曜「だから……別に、今までの行動は、梨子ちゃんに、嫌な所があるとかじゃなくて……」

梨子「そ、そうなの!?」

曜「うん、……ただ、その、私が………緊張してて……」////

梨子「……そっか」

梨子「あの、じゃあ……私、曜ちゃんに嫌われてるとかじゃなくて……」

曜「……うん、というかむしろ、好き……だよ」

梨子「……う、うん、私も……曜ちゃんが好き……」////

曜「そっ、そっか」////

梨子「……」///

曜「……」///


25: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/04/17(月) 00:24:58.80 ID:wRz/B4q8

曜「あっ、梨子ちゃん!歌すっごく良かったよ!なんか気持ちが伝わってくるというか……」

梨子「あ、ありがとう!……でもね、本当はそれ、曜ちゃんの誕生日に贈るはずだったの」

曜「え!そうなの?なら一足先にお誕生日プレンゼントをいただいて……」

梨子「ううん、違うの、この歌は曜ちゃんに、私の気持ちを伝えたいと思ったから送ったの」

梨子「だから……また、誕生日に私の気持ち受け取ってくれる?」

曜「!!」

曜「うん!楽しみしてるよ、梨子ちゃん!」

終わり


26: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/04/17(月) 00:25:32.54 ID:wRz/B4q8

曜ちゃんハピバ


27: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/04/17(月) 00:26:57.50 ID:aNLtX83g

ハッピーヨーソロー


28: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/04/17(月) 00:27:13.75 ID:Body/KSX

やっぱりようりこなんだよーそろーなぁ…


31: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/04/17(月) 00:39:47.15 ID:v3Bb3/+6

よーそろーよーそろー


32: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/04/17(月) 01:00:37.06 ID:ivbqkZVD

ようりこラブソングが奏でる旋律大好きです
ありがとう!


36: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/04/17(月) 13:37:04.58 ID:uWpfAKBF

はぁぁぁあ…先が気になる終わり方! 梨子ちゃんのピアノはいろんな展開が広げられていいね! 乙!


33: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/04/17(月) 01:45:01.42 ID:5aHNlwxN


すごく青春よーそろーしてますねぇ…


引用元: ・http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1492355374

このエントリーをはてなブックマークに追加
オススメ記事

この記事へのコメント

  1. 名無しのラブライバー:2017/04/17(月) 23:11:54

    ようりこいいよな


  2. 名無しのラブライバー:2017/04/18(火) 01:06:19

    やっぱりようりこなんだよーそろーなぁ…


プロフィール

ラブライブ!通信管理人

ラブライブ!の速報や面白い話を毎日まとめています!
更新情報はこちらでツイートしているので、是非フォローしてください(^ω^)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
オススメ
週間人気記事ランキング
逆アクセスランキング
アクセスカウンタ
相互リンク
アンテナサイト