【ラブライブ!】花陽「コシヒカリに捨てられました…」」ポロポロ

a_201702161403070a8.jpg


1: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/02/16(木) 01:55:18.05 ID:QZDHFNeo.net

花陽宅 食卓


                 0

それにしても別れた直後に別のお米なんて…大人しい見た目からは全然想像つかないよね。もしかして、こういうの慣れてたり?

花陽「………私、コシヒカリ以外のお米の米とは初めてなんだけどなぁ…」ジトッ


                   🍚    ムクムクッ

はは、ごめんごめん。冗談だって。そんな子の相手をできるなんて思うと、改めて興奮してきちゃって


花陽「…!!凄いです…こんなにも盛り上がって…大きくて、ずっしりと重そうですぅ…//」チラチラッ


                   🍚    ムラァ

…そんなに気になるんなら好きにしていいんだよ?ほら、召し上がれ…


花陽「はぁ…はぁ…い、いただきますぅ♡」パクッ

花陽「んむっ…ふぅ…ふわぁ//」ジュプッ...



2: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/02/16(木) 01:56:38.75 ID:QZDHFNeo.net

                    🍚     ホカホカァ

     おおぅ…ずいぶん幸せそうな顔だねぇ…


花陽「はぁ…♡あきたこまちさん…熱くてぇ…お口の中で匂いが広がってぇ♡…でも、本当に美味しいれすぅ♡」ハムハム


                    🍚     ムラッ

…花陽のその顔堪らないよ…ほら、もっと美味しそうにしゃぶれって

花陽「は、はい…♡」ジュボッ ジュボッ


                    🍚     ビクビクッ

      くっ…花陽…も、もうそろそろ…

花陽「だひてぇ♡花陽の小っちゃいお口に♡あきたこまちさん♡いっぱいだひれぇ♡」ジュボッ ジュボッ


                    🍚     ビクンッ

        うぐっ…花陽ぉ……あ゛っ!


花陽「~~~!!」ゴクッゴクッ


                    0     シナシナ

            …ふぅ…ふぅ……

花陽「…えへへ♡あきたこまちさんの…甘くて美味し♡…んぐっ……ごちそうさまでしたぁ♡」ニコッ


                    🍚   ムクムクッ//

                …!!

花陽「あっ…//ま、また大きくなっちゃいましたね…//」モジモジ


 

花陽「えと…その…//ごちそうさましちゃったんですけど…お、おかわり…とかいいですか…?//」カァァ

……………


3: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/02/16(木) 01:58:35.56 ID:QZDHFNeo.net

半日前 教室


花陽「ひぐっ…えぐっ……」ポロポロ


凛「…かよちん辛かったね。凛、かよちんの話何でも聴くからね…」ナデナデ


真姫「いや、あの……コシヒカリって、その…お米よね?…捨てられたって、花陽が?どういうこと?」

凛「真姫ちゃん!かよちんは、小ちゃい頃からコシヒカリ一筋でずっと尽くしてきたんだよ!?それなのにフラれちゃって…

…そんな、かよちんが辛い状況なのに、何でそんなデリカシーのないこと聞けるの!」キッ


真姫「ヴェェ!?な、何よぉ!言ってる意味が分からないんだもの!しょうがないでしょっ!」ジワッ


凛「本当にあいつ許せない!次会ったらギッタギタにしてやるにゃ!」フシャ-ッ!


                    0

同感だよ。花陽を泣かせるなんて許せないよね!


真姫「いやいや、あんたも何言って……!?」


花陽「…ぐすっ…あきた…こまちさん…」ポロポロ


真姫「ヴェェエ!?米が喋っ…!?はぁっ!?」


4: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/02/16(木) 01:59:51.22 ID:QZDHFNeo.net

凛「? 真姫ちゃん、何をそんなに驚いてるの?」

真姫「だって!おかしいじゃない!お米が喋ってるのよ!?ほら!ほらぁ!」ユビサシッ


                   0

…花陽、もしよかったら今夜、君の家に泊まりに行っていいかな?


花陽「………え…?」ポロポロ

真姫「は?」


5: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/02/16(木) 02:01:24.61 ID:QZDHFNeo.net

                    0

たまたま花陽も僕も今はそういう相手がいない。だから…僕なんてどうかな?


花陽「いや……あの……えっと……」


…ガシッ

凛「ねぇ…あなた、かよちんに向かって何言ってるの?」ムナグラ グイッ!


                    0     !?


凛「傷心中のかよちんにつけ込むようなことしてるよね!?

どうせ、かよちんの体目当てってことだよね!?ほんとこれだからお米って最っ低!!」ギリギリギリッ


                    0

              うぐっ…


ザワザワ…ザワザワ…


真姫「凛!米粒相手に本気で怒ってたら、周りから凛が変な子って思われちゃうでしょ!落ち着きなさい!」アセアセッ

凛「かよちんのためなら、凛はどう思われようが構わないにゃ!」ギリギリッ


6: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/02/16(木) 02:03:06.74 ID:QZDHFNeo.net

                    0

花陽のためなら…?どうやら君は花陽のことを勘違いしているようだな…


凛「なっ!?あなたにかよちんの何が分かるっていうの!!」ギリギリッ

                    0

    ほら、その花陽を見てごらんよ…


花陽「え…そんな別れてすぐに別のお米なんて…// でも、折角声かけてもらったわけですし…//」ボソボソ

凛「!?」


凛「え?…か、かよちん……?」


花陽「…えと、その…今日はお父さんとお母さんが…家に居ないので…あのっ…//」モジモジ


凛「か、かよちん!?な、何を言ってるの!騙されちゃダメ!あいつもどうせかよちんの体のことしか考えてないんだよ!」ガシッ


花陽「………それでもいいの」


凛「………え?」


花陽「花陽ね、好きなお米と…とかじゃなくてもね、もうお米が私の傍に居てくれるんだったら誰でもいいのかな…って。」



凛「そんなぁ…かよちん…」ポロポロ


 

真姫「何よこれ」


……………………


7: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/02/16(木) 02:04:12.38 ID:QZDHFNeo.net

夕食後

花陽「…その、とっても凄かったです…// 最高の炊き心地でした…//」


                  0

花陽も最高だよ。花陽の中で一つになれて…幸せだなぁって。

花陽「も、もう!何恥ずかしいこと言ってるんですかっ//」カァア


                    0

…いや、僕は本気だよ。こんなにお米を勃てて炊いてくれる女の子なんて他にいない。最高の子だって思ったよ。


花陽「そ、そんな…//」


                   0

僕は花陽を大切にしたい。必ず君を守るから…よかったら、明日も…いや、これからも一緒にいていいかな?


花陽「…………………」



花陽(…い、良いんですよね?花陽は、大好きなあのお米とじゃなくても…いつでも炊かせてくれて、寂しさを紛らわしてくれるなら…本当にそれで…)


………ピンポーン


8: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/02/16(木) 02:05:17.52 ID:QZDHFNeo.net

花陽「あっ、ごめんなさい。ちょっと、待っててもらえますか?」スタッ


花陽(どうして即答できなかったんだろう…あきたこまちさん、良いお米なのに…どうして…)タタタッ ガチャッ


花陽「どちら様です…か……」


 


              ✨🍙✨

   こ、こんばんは。…今、大丈夫かな?


花陽「……う、魚沼さん!?ど、どうして…」プルプル


9: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/02/16(木) 02:06:50.31 ID:QZDHFNeo.net

              ✨🍙✨

      花陽に謝りたいことがあって…


花陽「えっ……?」


                ✨🍙✨

ごめん!…自分が全国で有名になって、調子に乗って…自分に釣り合うのは、それ相応の裕福な人だって…本当に身勝手な話でフってしまって、花陽をすごく傷付けた。

花陽「………………………」


               ✨🍙✨

でも、今さらだけど、ようやく気付いたんだ!大事なのはお金なんかじゃなかった!

僕のことを大事に思ってくれて!誰よりも丁寧に炊いてくれて!

美味しそうに!本当に幸せそうに食べてくれる…そんな花陽が何よりも大切なんだってことに…


花陽「うぅっ……」


                ✨🍙✨

もう絶対に花陽を泣かせない!悲しませない!…だから、もう一度だけチャンスをください!これから花陽の傍にいさせてください!

 

花陽「……ずるい...」


花陽「…そんなの、私…『はい』としか言えないよぉ…」ポロポロ


10: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/02/16(木) 02:08:32.57 ID:cU3xelHw.net

あきたこまちは美味しいからね、しょうがないね(ダイマ)


11: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/02/16(木) 02:09:34.73 ID:QZDHFNeo.net

花陽「本当に怒ってるのに…復縁なんて…うぅ…したくもないって…思ってるのにぃ」ポロポロ

花陽「でもっ…小ちゃい頃からずっと一緒だったがらぁ…私のそばから居なぐなる…なんてぇ…花陽ざびじいよぉ…」ポロポロ


               ✨🍙✨    ダキッ

     すまない…本当にすまなかった…

花陽「うぅっ…うぅ…」ボロボロ



                  0     ハァ

    僕の出る幕なんて無かったわけか…

 

こうして花陽は、コシヒカリとのよりを戻したのであった

………


12: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/02/16(木) 02:10:08.04 ID:2FF0fmW3.net

斬新すぎるにゃ


13: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/02/16(木) 02:10:43.32 ID:QZDHFNeo.net

後日 教室


                  🍙    ブワッ

            うぐっ…えぐっ……


真姫「……えと、このおにぎりは何よ?…お米のとぎ汁みたいなのが溢れてるんだけど?」

                    🍙     ポタポタ

        涙が…止まらないんです…

真姫「知らないわよ…」


凛「ふんっ!ざまぁないにゃ!あなたがかよちんに酷いことしたから、当然の報いにゃ!」


14: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/02/16(木) 02:12:43.31 ID:QZDHFNeo.net

                    🍙    ポタポタ

そ、そうです…僕が悪いんです…。僕のせいでこんな風になってしまったので…。

真姫「もうっ!メソメソと鬱陶しいわね!言いたいことがあるならハッキリ言わないと分からないでしょ!」

                    🍙     ポタポタ
 
…ぐすっ…実は、先日の件で花陽に誠心誠意謝罪をして…なんとかヨリを戻してもらえたのですが……その日に、初めて僕以外のお米を炊いてしまってたそうで…

凛「は?それが気に入らないってこと?」イラッ


                    🍙    ポタポタ

いえ…自分のせいなので、そこを責めるつもりは一切ないのですが…

…その時に、他のお米の良さというか…味を占めたといいますか…


真姫「…要領を得ないわね。結局、何が言いたいのよ?」

                    🍙    ポタポタ

                つまり…

………………………


15: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/02/16(木) 02:14:35.77 ID:QZDHFNeo.net

花陽宅

                  🍚    ホカホカァ

  はぁ…もう出るっ!出ちゃう!…ゔっ!

花陽「~~~♡」ゴクンッゴクンッ


                    0    シナシナッ

はぁ…はぁ…8杯って、久々に張り切っちゃったよ…。明日も早いし、この辺で…


花陽「…ゆめぴりかさん?その…花陽、まだおかわりしたいなぁって…//」モジモジ


                    0    アセアセッ

へっ!?あ、あはは…いやぁ、気持ちは嬉しいんだけどね?そろそろ打ち止めと言いますか…一晩置いた方が美味しくなると言いますか…

花陽「だぁめ♡」ハムッ

                    0    ビクンッ

              はうっ!?

花陽「今夜は…寝かしてあげませんから…ね?」ジュブッ ジュボッ


                   🍚     ムクムクッ//

あっ、ああああああああああああーっ!…




こうして、花陽は全国にたくさんの米フレを作っていき、どのお米も美味しく炊いていきましたとさ

おしまい


16: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/02/16(木) 02:16:24.67 ID:2/LM12Yf.net

なんだこれは……たまげたなぁ


17: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/02/16(木) 02:16:25.96 ID:2FF0fmW3.net

おコメなら浮気も許すにゃ~😺


18: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/02/16(木) 02:17:00.52 ID:QZDHFNeo.net

ご覧いただきありがとうございました!


19: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/02/16(木) 02:18:27.82 ID:TXyVLxn8.net

えぇ………


20: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/02/16(木) 02:26:52.07 ID:Ell1Dwty.net

頭おかしい……


21: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/02/16(木) 02:27:43.22 ID:MrZJfUgp.net

🥐<所詮愚民の浅知恵だ
🍞<まったく、米は危機管理能力が無さすぎる
🥖<パンの本当の力を見せてやる


22: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/02/16(木) 02:31:51.73 ID:/d+q8j1n.net

ほのかちゃんとほむまんのアレを思い出す


引用元: ・http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1487177718

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連おすすめ記事
オススメ記事

この記事へのコメント

  1. 名無しのラブライバー:2017/02/16(木) 19:59:32

    どういうことなの……


  2. 名無しのラブライバー:2017/02/16(木) 21:35:25

    頭おかしい(いい意味で


  3. 名無しのラブライバー:2017/02/16(木) 22:00:30

    えっと・・・とりあえず、
    お米の胸倉ってどこだよ!?
    そして凛ちゃんはどうやって掴んでるんだよ!?


  4. 名無しのラブライバー:2017/02/16(木) 23:27:52

    絶滅危惧のササニシキさんを救ってあげて
    かつてはコシとササ、二大横綱なんていわれたのに

    私見ではあきたこまち、はえぬきがおにぎりに最適


  5. 名無しのラブライバー:2017/02/17(金) 08:00:42

    作者は病気シリーズ


プロフィール

ラブライブ!通信管理人

ラブライブ!の速報や面白い話を毎日まとめています!
更新情報はこちらでツイートしているので、是非フォローしてください(^ω^)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
オススメ
週間人気記事ランキング
逆アクセスランキング
アクセスカウンタ
相互リンク
アンテナサイト