【ラブライブ!】花丸「おら、ほんとは……れずなんだ……///」モジモジ  善子「えっろ」

maxresdefault_20170215202815939.jpg


1: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/02/08(水) 21:32:15.74 ID:yQs4LnR6

花丸「え?」 

善子「あ、間違えた」 

善子「コホン。……えっ!?」

花丸「だから、その……おらは、同性にしか……興味を持てない、みたいなの……///」

善子「へ、へえ……そ、そうなんだ……」

花丸「このこと……今まで誰にも相談できなくて……」

善子「わ……私に言っちゃってるけど……いいの?」

花丸「善子ちゃんになら……いや、善子ちゃんには……言っておきたくて……」

善子「そ、そう……」



3: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/02/08(水) 21:35:03.98 ID:yQs4LnR6

善子「あ、安心しなさいよ! 花丸」

善子「このことは誰にも言わないし……」

花丸「善子ちゃん……」

善子「それから……このことで、アンタのことを気持ち悪がったり、引いたりなんかしないから」

花丸「……ありがとう、善子ちゃん」

花丸「善子ちゃんなら、そう言ってくれるって……おら、信じてたずら」

善子「こちらこそ……私のことを信じて、そんな大事なことを相談してくれて……ありがとね」

花丸「そんな……お礼を言うのはこっちの方だよ……」

善子「……ねえ」


5: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/02/08(水) 21:38:52.35 ID:yQs4LnR6

善子「同性が……好きなのよね……あなた」

花丸「……うん」

善子「実際、どうなの……? 今まで、誰か……女の子に……」

善子「恋したことって……ある?」

花丸「…………」

花丸「恋……初恋なのか、分からないけど……」

善子「!!」

花丸「好きだった子は……いるかも」

善子「……っ」


6: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/02/08(水) 21:42:57.66 ID:yQs4LnR6

花丸「あ……やっぱり過去形じゃないね……」

善子「え……?」

花丸「ほんとはね……今も好き……その子が」

花丸「多分、この『好き』は……友情だけじゃ、ない……恋愛感情が籠ってる」

善子「…………そう」

善子「……その子は……アンタのことが好きかどうか以前に……異性が好きかもしれないから……」

花丸「……うん……」

善子「思い切って告白しなさいよ! ……というアドバイスもできないわね……」

花丸「そうだね……」


8: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/02/08(水) 21:47:15.81 ID:yQs4LnR6

善子「その子って……この学校に通ってたり、する?」

花丸「……うん」

善子「そっか……。やっぱ、1年生?」

花丸「……うん」

善子「あー……やっぱりそっかぁ……」

善子「そうよね……あの子かぁ……」

花丸「ルビィちゃんはおらの大切な大切な親友だけど、ルビィちゃんじゃないよ」

善子「…………え?」


11: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/02/08(水) 21:52:05.27 ID:yQs4LnR6

花丸「ルビィちゃんのことも大好きだけどね……これは、間違いなく友情」

花丸「恋愛感情とは違うかな」

善子「へえ……意外ね」

花丸「ルビィちゃんと中学で知り合えたことはマルにとって、とても幸せな出来事ずら」

善子「…………」

花丸「ルビィちゃんは友達のいなかったマルの心に光を灯してくれた……」

花丸「でも……もっと昔に知り合った子と長らく会ってなくて……」

花丸「ちょっとだけ、心に穴が開いてたかも」

善子「なるほど……その子がアンタの好きな子ね! どっかに転校しちゃった小学校の同級生とか!」


14: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/02/08(水) 21:56:12.11 ID:yQs4LnR6

花丸「もっと前」

善子「…………」

善子「そ、そう。そっかぁ……あの頃か~……」

善子「い、一体誰なんだろうなぁ……」

花丸「これ以上は話せないずら」

善子「……大丈夫よ。もう聞かないから」

善子「今度は私の悩み、アンタに相談させてよ」

花丸「え、善子ちゃんの悩み? うん、もちろん聞くよ!」


16: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/02/08(水) 22:00:23.51 ID:yQs4LnR6

善子「私……私、は……」

善子「……そうね。私ももしかしたら、同性愛者なのかもね」

花丸「え?」

善子「そういうの、あんまり気にしてなかったけど。私にも実は、好きな子がいるのよ」

花丸「…………っ」

花丸「そっか……」

善子「その子、女の子なの。きっと、私の好きな子がたまたま女の子だったんだわ。多分」

花丸「……そう」

善子「初恋は幼稚園の時ね。……アンタと同じね」

花丸「…………」


19: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/02/08(水) 22:03:23.77 ID:yQs4LnR6

善子「それから長いことその子と会うことはなくて……」

善子「この高校で再会したんだけど……」

善子「また、その子のことを好きになったのよ」

善子「これって、初恋が継続している状態、とも言えるのかしらね?」

花丸「…………さぁ」

花丸「マルには、分からないずら……」

善子「でもその子、すでに好きな子がいるらしいのよ……」

善子「私、一体どうすればいいんだろう……」


22: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/02/08(水) 22:07:19.45 ID:yQs4LnR6

花丸「…………」

花丸「マルも……」

花丸「マルもね……マルの好きな子は……ね……」

花丸「とっくの昔に……誰かのことを好きになってたみたい……」

花丸「どうしよう……場合によっては泣いちゃうかも……」

善子「…………」

善子「私も、場合によっては泣くわ」

善子「ねえ、花丸」

花丸「……何? 善子ちゃん」


24: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/02/08(水) 22:11:11.09 ID:yQs4LnR6

善子「あなたの好きな子が、さ……」

花丸「うん……」

善子「すでに誰かのことを好きになってたって知ったのって……」

善子「いつ……?」

花丸「…………!!」

花丸「そ、それは……」

花丸「それは……」

善子「お願い。答えて」

花丸「…………」


25: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/02/08(水) 22:14:57.13 ID:yQs4LnR6

花丸「さ……さっき……」

善子「!!!」

花丸「……っ」

花丸「善子ちゃん!!」

善子「花丸!!」

花丸・善子「「好きですっっ!!!!」」

花丸・善子「「…………え……?」」

善子「ほ……」

花丸「……ほんとに……?」


27: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/02/08(水) 22:19:08.16 ID:yQs4LnR6

善子「花……丸……」フラ…フラ…

花丸「善子……ちゃん……」ヨロ…ヨロ…

善子「花丸っ!!」ダッ ギュッ

花丸「善子ちゃん!!」ギュウッ

善子「よ……よかった……」

善子「あなたが……同性が好きって知って、内心嬉しかった……」

花丸「ま、マルも……」

花丸「善子ちゃんが、おらの秘密を打ち明けても引かないでいてくれたことが、嬉しかった……」

善子「それから……」

花丸「それから……」

善子「あなたが、私のことを……」ウルッ

花丸「善子ちゃんが、おらのことを……」ウルッ

善子・花丸「「好きでいてくれてよかった……!!」」ウルウル ギュウ


28: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/02/08(水) 22:22:39.00 ID:yQs4LnR6

~数週間後・津島家~

善子「…………」ペラ…ペラ…

花丸「…………」ペラ…ペラ…

善子「…………」ペラ…ペラ…

花丸「……ふう」パタン

善子「…………」ペラ…ペラ…

花丸「善子ちゃん……その本、ずいぶん分厚いね」

善子「……そうかもね」

花丸(タイトルは……『魔界と地獄の関係性とその深淵』……か。相変わらずだね、善子ちゃん)

善子「アンタだってこのぐらいの厚さの本、ホイホイ読んでるじゃない」


29: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/02/08(水) 22:26:11.05 ID:yQs4LnR6

花丸「まあ、そうだけどさ」

花丸「…………」

花丸「善子ちゃ~ん♡」ギュウッ

善子「ずら丸……読書の邪魔よ」

花丸「持参してきた本、読み終わっちゃったずら」

善子「じゃあ本棚にある私の本、好きなの読んでいいから」

花丸「……なんかおかしくない?」

善子「何が?」

花丸「なんでせっかく遊びに来たのに、2人して読書してるの?」


30: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/02/08(水) 22:29:48.62 ID:yQs4LnR6

善子「アンタが本読むの好きだからでしょ」

花丸「そんな、気を使ってもらわなくても」

善子「別に気なんて使ってないわよ。……それとも不満?」

花丸「えーと……不満と言うか……」

善子「お互い同じこと、好きなことをしながら一緒の時間を過ごす……」

善子「いいでしょ? こういうの。たまには」

花丸「う、うん。分かるよ。分かる……けど……///」

花丸「あの……こういうのって普通……図書館とか、学校の図書室とかでいいんじゃないかと……」

善子「う、うるさい! /// それじゃ2人っきりの空間にならないじゃない! ///」


32: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/02/08(水) 22:33:54.59 ID:yQs4LnR6

花丸「ふ、2人っきり……///」

善子「そこ! 今更その程度で照れない! ///」

花丸「善子ちゃんには言われたくないずら! ///」

善子「な、何ですって~~~!! ///」

善子「ずら丸のくせに~~! この、このっ!」コチョコチョ

花丸「はひゃあ!? うひゃっ、あはっ、あははっ!」クネクネ

花丸「よっ、善子ちゃん!!」ドンッ

善子「きゃあっ!?」ドサッ

花丸「うわっ!?」ドサッ


34: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/02/08(水) 22:36:38.81 ID:yQs4LnR6

善子「…………」

花丸「…………」

花丸(まずい……善子ちゃんを押し倒しちゃう形になっちゃった……///)

花丸「ご、ごめんね、すぐ退くから……///」アセアセ

善子「待ちなさいよ」ガシッ

花丸「え?」

善子「せっかくだからキスしなさい……アンタから」

花丸「ええっ!? ///」


35: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/02/08(水) 22:39:24.78 ID:yQs4LnR6

善子「今更照れない、といいたいところだけど。照れてる顔も可愛いわね、花丸」

花丸「うぅ……///」

善子「…………」ジーー

花丸「…………///」ドキドキ

善子「…………」ジーー

花丸(よ……よし! じゃあ……///)

善子「そういえば今朝、ちょうどこんな夢を見たのよね」

花丸「え?」


36: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/02/08(水) 22:43:18.39 ID:yQs4LnR6

――
――――
――――――――――――


花丸「善子ちゃん、大好きずら……♡」

善子「私も大好きよ、花丸……♡」

花丸「チューしてもいい? ///」

善子「いいわよ♡/// しましょう♡」

花丸「善子ちゃん♡」チュッ

善子「花丸♡」チュッチュ

花丸「善子ちゃん♡ 善子ちゃん♡」チュッチュッ

善子「花丸♡ 花丸♡」チュッチュッ


37: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/02/08(水) 22:45:26.16 ID:yQs4LnR6

――――――――――――
――――
――

善子「……こんな感じの」

花丸「よ……」

花丸「善子ちゃんのバカーーー!! /////」ベシベシベシ

善子「ちょ、ちょっと!! 何度もチョップするなぁ!!」ガシッ

花丸「せっかくしようと思ったのに、なんてこと言うずらぁぁ!!! ///」ググッ

善子「見ちゃったんだからしょうがないじゃない!!」グググ

花丸「見ても話さないで心の中に留めておいてよ! ///」ググググ

善子「これでもずっと我慢してたのよ!! 今日一日ずっと意識しないようにしてたんだからね!!」ググググ


39: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/02/08(水) 22:59:38.17 ID:yQs4LnR6

花丸「はぁ……もうマルは本の世界に籠ることにするずら。善子ちゃん、手を放して」

善子「はい」パッ

花丸「……ありがと」

善子「でも、キスしてくれなきゃ私の本は貸さない」

花丸「…………」

善子「さーて、ヨハネは本の世界に戻ろっと」パラッ

花丸(……はぁ)

花丸(今日は休日だけど、一応勉強道具をちょっとだけ持ってきてるんだよね)

花丸(とはいえ、宿題はもう終わらせてあるし……)

花丸「じゃあおらは、数学の苦手なところの復習でもやろうっと」


40: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/02/08(水) 23:02:56.81 ID:yQs4LnR6

~10分後~

善子(ああもう、何意地張ってるの! 花丸!)

善子(いや……悪いのは私ね。強要するのは悪かったわ)

善子「ずら丸……ごめんね。もう私の本、自由に読んで……」

花丸「大発見ずらぁぁぁーーーー!!!」キラキラ

善子「!?」ビクッ

善子「な、何? ど、どうしたの?」

花丸「善子ちゃん善子ちゃん! 大発見だよ!!」

善子「大発見って……一体何を発見したの?」


41: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/02/08(水) 23:06:08.76 ID:yQs4LnR6

花丸「【善子ちゃん+善子ちゃんのシニヨン+1=花丸】だよ!!

善子「はぁ!? 何よその公式!?」

花丸「善子ちゃんは445ずら」

善子「え? ま、まあ……私もそういうことは考えたことあるし……って! 私は善子じゃなくてヨハネ!」

花丸「それで、善子ちゃんの頭のお団子……シニヨンは424」

善子「ふーん……まあそうね」

花丸「マルは0! だから花丸は870!!」

善子「ああはいはい、そうね」

花丸「そこで! 興味本位で計算してみたらこうなったずら!!」

善子「いや、数学の復習はどうしたのよずら丸!? 何してんの!?」


43: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/02/08(水) 23:08:38.97 ID:yQs4LnR6

花丸「善子(445)ちゃんの頭にはシニヨン(424)が1つ……」

花丸「これを全部足すと!」

花丸「【445+424+1=870】!! なんと! 花丸になります!!」

善子「お、おお~~」パチパチパチ

善子「へ、へえ。まあ、くだらないとも思うけど……でも、よく見つけたわね。すごいわ」

花丸「え、えへへ……///」

善子「でも……1つ言わせてもらうなら……」

善子「+1ってのがね……ちょっと無理やりすぎじゃない?」

善子「まあ、それで870になるのはすごいとは思うけどね」


44: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/02/08(水) 23:11:16.40 ID:yQs4LnR6

花丸「さっきも言ったけど、シニヨンが1個という意味の+1ずら」

花丸「頭にお団子を2つ付けてる人だっているずら。善子ちゃんは1個だから+1」

善子「まあ分からなくもないけど、そこは424×1=424でしょ」

花丸「じゃあ、この世にたった1人の善子ちゃん!」

善子「だから変わらないわよ! 445×1=445よ! いや、だから私は善子じゃなくてヨハネよ!」

花丸「むぅ……じゃあ……。じゃあね、えっとね……」

善子(必死に考えてる……可愛い)

花丸「! そうだ!! 絆! 絆だよ!!」

善子「絆……」

花丸「おらと、善子ちゃんとの間にある、絆の分だよ」


45: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/02/08(水) 23:14:18.29 ID:yQs4LnR6

善子「絆、か……」

善子「私と花丸の、2人の間に生まれる絆の数はただ1つ……まあそうね。それならいいかもね」クスッ

花丸「やったずら! よかったぁ♪ ふふっ」ニコッ

花丸「というわけで!」

花丸「【善子ちゃん+善子ちゃんのシニヨン+2人の絆=花丸】だよ!!」

善子「うん……まあ、なかなかいい公式じゃない」

花丸「世紀の大発見ずら!!」キラキラ

善子「大げさなんだから……でも、そういうことにしといてあげる♪」


46: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/02/08(水) 23:17:46.03 ID:yQs4LnR6

~~~~~~

善子「……すぅ……すぅ……」

花丸「…………」ペラ…ペラ…

花丸(善子ちゃん……本、読み疲れちゃったのかな? 眠っちゃってる……)

花丸「…………」パタン

善子「……すぅ……すぅ……」

花丸(善子ちゃん……可愛くて……とっても綺麗……)

花丸(幼稚園の頃も可愛かったけど……今や、綺麗さも加わって、見違えるよう……)

善子「……すぅ……すぅ……」

花丸(……さっきから善子ちゃんの唇ばかり目に入って来る……引き込まれそう……)


47: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/02/08(水) 23:22:08.06 ID:yQs4LnR6

善子「……すぅ……すぅ……」

花丸(いいよね? さっきはできなかったけど、今なら……)スッ

花丸「…………///」チュッ

善子「………………」

花丸「しちゃった///」ガシッ

花丸「……えっ? んむっ!?」チュッ

善子「お返しよ♡」

花丸「善子ちゃん! 寝たふりなんてずるいずら~! ///」ポカ ポカ ポカ

善子「ちょっ、何叩いてんのよずら丸っ!」パシッ パシッ パシッ


48: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/02/08(水) 23:25:14.72 ID:yQs4LnR6

善子「寝てる隙にキスしようとする方が絶対にずるい~!」ガバッ ギュウウッ

花丸「うう~! 放ぁ……///」ジタバタ

善子「はい」パッ

花丸「……さなくていいです……///」

善子「……我儘」ギュウッ

花丸「おらが我儘なのは、善子ちゃんに対してだけずら……///」ギュウ

善子「はいはい」クスッ

善子(知ってるわよ、それくらい……ふふっ)




おわり


50: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/02/08(水) 23:53:21.65 ID:WHBSo8m0

未来じゅら~


51: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/02/09(木) 00:08:36.72 ID:DRxZ1x+T

|c||^.- ^||


52: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/02/09(木) 00:32:56.18 ID:V0FTijcY

最高にかわいい

天使と堕天使(天使)


56: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/02/09(木) 04:40:33.78 ID:ZMmItb8/

可愛かった
乙です


54: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/02/09(木) 02:17:12.11 ID:VZF+IT+f

これがときめき分類学か…


引用元: ・http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1486557135

このエントリーをはてなブックマークに追加
オススメ記事

この記事へのコメント

  1. 名無しのラブライバー:2017/02/15(水) 23:47:04

    ありがたや……ありがたや……


  2. 名無しのラブライバー:2017/02/16(木) 00:01:16

    この前なんかのスレで出てた公式を使ったんだな


  3. 名無しのラブライバー:2017/02/16(木) 00:34:18

    そこまで思ってたんだとしたら冒頭で反射的に「えっろ」とか言っちゃうのはどうかと思うよよっちゃん


  4. 名無しのラブライバー:2017/02/16(木) 11:36:01

    ⌒°( ;ω;)°⌒なんでいつもハブられルビィなんだろう・・・


プロフィール

ラブライブ!通信管理人

ラブライブ!の速報や面白い話を毎日まとめています!
更新情報はこちらでツイートしているので、是非フォローしてください(^ω^)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
オススメ
週間人気記事ランキング
逆アクセスランキング
アクセスカウンタ
相互リンク
アンテナサイト