【ラブライブ!】ことり「私の好きなかわいい後輩」

wpid-bqgH2UM1_2017012819092633e.jpg


1: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 22:10:21.80 ID:MY5gpqHk
ことり「うーみちゃん♪今から弓道の練習?」

海未「そうですね」

ことり「最近ずっと頑張ってるね」

海未「ええ、大会が近いものでして」

海未「アイドルの活動とは別になりますが、弓道部の方でも結果を出せば学校の宣伝にもなりますし」

海未「今回の大会はいい成績で終われるようにしたいですね」

海未「そういうことなのであまり練習に参加できずすみません…」

ことり「大丈夫だよ!それよりも、海未ちゃん弓道の練習頑張ってね♪」

海未「はい、ありがとうございます」

ことり「次の大会で優勝できるように、いっぱい応援するからね?」

海未「気持ちは嬉しいですが、会場ではあまり騒がないようにしてくださいね?」

ことり「大丈夫だよっ♪」

海未「それでは、練習の方に行きますね」

ことり「いってらっしゃい!」


2: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 22:11:03.73 ID:MY5gpqHk
ことり(今回の大会はいつも以上に力が入ってるみたい)クスッ

ことり(ことりもアイドルの活動以外に学校の為にできることってあるのかな…?)

ことり(うーん…正直思いつかないなあ…)

ことり(だから、海未ちゃんの事頑張って応援しよっ!)

ことり「海未ちゃん、次の大会優勝できるといいなあ…」

ことり(あれ?あそこにいるのはかよちゃんかな?)

ことり(こっそり驚かせちゃおっ♪)

3: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 22:11:39.98 ID:MY5gpqHk
ことり「かーよちゃん♪」

花陽「ひゃあっ!?こ…ことりちゃん!?」

ことり「ふふっ、驚いた?」

花陽「う…うん…ちょっと…」

ことり「こんなところで何してたの?」

花陽「えっ…あの…」

4: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 22:12:09.64 ID:MY5gpqHk
ことり(答えにくいって事はやっぱり海未ちゃんの事かな…)

ことり(最近のかよちゃん、海未ちゃんの事ばっかり見てるんだもん…)

ことり(こんな事聞きたくないけど…聞くチャンスは今しかなさそうだし…)

ことり「もしかして…海未ちゃんの事見てたの?」

花陽「ええっ!?」

ことり「やっぱりそうだったんだ…」

ことり(当然ことりの事なんか目に入らないよね…)

ことり(でも、かよちゃんの為なら…ことりできるよ…)

5: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 22:13:07.71 ID:MY5gpqHk
ことり「そっか…そういう事ならことりが応援してあげるね♪」

花陽「…えっ?」

ことり「かよちゃんの恋が叶うようにことりが応援してあげますっ!」

花陽「え…ええっ!?」

花陽「…///」オロオロ

ことり「かよちゃん?」

ことり(照れてるかよちゃん…かわいい…)

6: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 22:13:36.37 ID:MY5gpqHk
花陽「えっ!?あっ…えっと…その…」

ことり「恥ずかしがらなくても大丈夫だよっ」

ことり「ことりはこう見えて口が堅いからね♪」

花陽「う…うん…」

ことり(うんって事は…やっぱりかよちゃんは海未ちゃんの事好きなんだ…)

7: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 22:14:28.18 ID:MY5gpqHk
ことり「そっか…海未ちゃんは、やっぱり後輩に人気があるもんね」

花陽「うん…」

ことり「かよちゃんは海未ちゃんのどんなところが好きなの?」

ことり(こんな事聞いてもどうにもならないし、ことりがどう頑張っても海未ちゃんみたいになれないのは分かってるよ)

ことり(でも…かよちゃんが海未ちゃんのどういうところが好きなのかは気になるよ…)

ことり(少しでもかよちゃんの好みの人に近づけるなら…ってどうしても考えちゃうもん…)

8: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 22:14:56.78 ID:MY5gpqHk
花陽「…///」

ことり「やっぱり、恥ずかしかったかな?」

花陽「う…うん…」

ことり「それじゃあ、今度教えてねっ♪」

花陽「えっ…あの…うん…」

ことり(はぁ…でも、答えてくれなくて良かったかな…)

ことり(かよちゃんが海未ちゃんの好きなところを話している姿を見たら辛くて泣いちゃいそうだもん…)

9: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 22:15:24.45 ID:MY5gpqHk
ことり「でも、そっか…」

ことり「最近のかよちゃんがいつも以上に可愛く見えてたのはそういうことだったんだね」

花陽「か…かわっ!?」

ことり「やっぱり恋する女の子はかわいいもん♪」

花陽「ううっ…やめてよ…ことりちゃん…///」

ことり「ふふっ、照れてるかよちゃんも可愛いよっ」

花陽「も…もう…からかわないで…///」

ことり「そんな事無いよ、かよちゃんが可愛い事は事実だもん♪」

ことり(そうだよ、そんなかよちゃんの事がことりは…)

花陽「ううっ…///」

10: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 22:16:01.64 ID:MY5gpqHk
ことり(だから、ことりは決めたの。かよちゃんが幸せになってくれた方がいいから…)

ことり(海未ちゃんの事を一番知ってることりが、かよちゃんの恋を応援してあげるって…)

ことり「やっぱり…その…かよちゃんは海未ちゃんとお付き合いしたいのかな?」

花陽「だ…だから…花陽は…その…」

ことり「ふふっ、そんなに照れなくてもいいのに」クスッ

花陽「~///」

ことり「今日は二人で衣装作りの予定だったし、色々聞いてあげるね?」

花陽「えっ…うん…ありがとう…」

12: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 22:17:19.03 ID:MY5gpqHk
ことり「せっかくだから、かよちゃんに海未ちゃんの衣装を作ってもらえればって思ったんだけど」

ことり「残念な事に、もう完成しちゃったの」

花陽「そ…そうなんだ…」

ことり(そんなの嘘…海未ちゃんの衣装はまだ完成してないよ…)

ことり(ことりは…かよちゃんに海未ちゃんの衣装を作って欲しくないの)

ことり(こんな嫉妬深い子がかよちゃんに好きになってもらえるわけないよね…)

ことり(でも、これぐらいの嘘なら神様も許してくれるよね…)

14: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 22:18:22.77 ID:MY5gpqHk
ことり「後は…穂乃果ちゃんの衣装とことりの衣装なんだけど…」

ことり「穂乃果ちゃんの衣装はことりが作ろうかな?」

花陽「それじゃあ、花陽がことりちゃんの衣装を?」

ことり「うん!お願いしていいかな?」

花陽「頑張るね!」

ことり(良かった…かよちゃんがことりの衣装を作ってくれるんだ…)

ことり(今からステージに立つのが楽しみ…)

15: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 22:19:08.91 ID:MY5gpqHk
ことり「それじゃあ、型紙はできてるから、切ってもらっていいかな?」

花陽「はいっ!」

ことり「ふふっ、かよちゃん元気いっぱいだね」

花陽「そ…そうかな?」

ことり「それじゃあ、よろしくね」

ことり(張り切ってるって、ことりの事じゃなくて海未ちゃんの事を考えて作るんだろうな…)

ことり(ことり…自分の事が嫌いになりそう…)

ことり(海未ちゃんは大切な友達なのに、こんなに嫉妬して…最低…)

16: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 22:21:15.58 ID:MY5gpqHk
花陽「…」ジーッ

ことり「かよちゃん?」

花陽「な…何でもないよ?」

ことり(やっぱりかよちゃんはいつも丁寧に作業してくれるから嬉しいな)

ことり(しかも、ことりの衣装を…)

ことり(でも、これ以上は考えないようにしなくちゃ!)

花陽「あっ…もしかして何か間違えてたかな?」

ことり「ううん、かよちゃんはいつも丁寧に作業してくれるから、ことり助かってるなって」

花陽「そ…そうかな?」

ことり「うん♪」

17: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 22:21:52.28 ID:MY5gpqHk
ことり「そろそろ休憩しよっか」

花陽「そうだね」

ことり「今日はお菓子持ってきたから一緒に食べよう?」

花陽「美味しそう…でも…」

ことり「どうしたの?」

花陽「今ダイエット中なの…」

ことり「そうなの?この前サイズ測った時は全然問題なかったけど…」

花陽「だから…ごめんね」

ことり(そっか…ダイエット中なんだ…海未ちゃんに見てもらいたいから…)

18: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 22:22:37.24 ID:MY5gpqHk
ことり(でもね、このクッキー)

ことり「ことりの手作りだったんだけど…」

花陽「えっ!?」

ことり「でも、かよちゃんがダイエットしてるならしょうがないよね…」

ことり(ことりはダメだなあ…かよちゃんは優しいから、こんな言い方したら断わらないに決まってるもん…)

19: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 22:23:26.36 ID:MY5gpqHk
花陽「た…食べますっ!」

ことり「えっ…?」

花陽「ことりちゃんの手作りだし…食べたいな…」

花陽「だから、貰っていい…?」

ことり(やっぱりかよちゃんは優しいよ…)

ことり(だから、そんなかよちゃんに時々イジワルしたくなっちゃうの)

ことり「…いやです」プイ

花陽「え…ええっ!?そんなぁ…」

ことり(やっぱり、慌てるかよちゃんかわいいなあ…)

ことり(でも、あんまりからかっちゃうのも良くないから…)

20: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 22:23:53.57 ID:MY5gpqHk
ことり「ふふっ、冗談だよっ♪」

花陽「えっ?」

ことり「ことりは優しいから、ちゃーんとあげますよ?」

花陽「ほ…本当?」

ことり「うん♪」

21: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 22:24:31.87 ID:MY5gpqHk
ことり「それに、かよちゃんはダイエットしなくても十分可愛いもん♪」

花陽「…!?」

ことり「だから、海未ちゃんも、かよちゃんの魅力に気が付いてくれるよ?」

花陽「う…うん…////」

花陽「それじゃあ、いただきます!」

ことり(でも…ただ食べてもらうだけじゃなくて、ことりがやってあげたいのは…)

22: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 22:25:02.28 ID:MY5gpqHk
ことり「やっぱりダメっ!」

花陽「ま…また!?」

ことり「うん…あのね…」

ことり「海未ちゃんって…好きな人にあーんってしてあげたいんだって」

ことり(そんなの嘘…ことりがかよちゃんにしてあげたいだけなのに…)

花陽「そ…そうなんだ」クスッ

ことり「…!」

ことり(かよちゃん、海未ちゃんにあーんってして貰うことを考えたのかな…)

ことり(そうだよね…好きな人とそんな事できたら嬉しいもん…)

23: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 22:25:36.93 ID:MY5gpqHk
ことり「…」

ことり(も…もう知らない!だってことりがかよちゃんにしてあげたい事なんだもん!)

ことり(ちょっと強引かもしれないけど…でも、こんな事できるチャンスなんてないもん!!)

ことり「だ…だからね」

ことり「かよちゃんも、食べる練習した方がいいと思うの!」

花陽「…えっ?」

24: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 22:26:06.45 ID:MY5gpqHk
ことり「だから…ことりが食べさせてあげる!」

花陽「え…ええっ!?どういう事!?」

ことり「可愛くあーんって食べてあげれば海未ちゃんも喜ぶと思うの!」

ことり「だから、その練習!!」

ことり(ああ…もう何言ってるの!?)

ことり(もうめちゃくちゃ…)

25: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 22:26:37.96 ID:MY5gpqHk
花陽「そ…それじゃあ…いただきます」

ことり(た…食べてくれるんだ!?嬉しいな…)

ことり「ど…どうかな?美味しい?」

花陽「うん!とても美味しいよっ!」

ことり「…」ドキッ

ことり「本当?嬉しいな♪」

ことり(かよちゃんの笑顔…本当にかわいいよ…)

ことり(でも…こうして練習している間しか、かよちゃんの笑顔見られないんだ…)

ことり(そんなのイヤ…だけど、かよちゃんに協力するって決めたんだもん!)

26: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 22:27:06.86 ID:MY5gpqHk
ことり(だけど…もう一回ぐらいなら…)

ことり「かよちゃん…もう一回練習…する…?」

花陽「う…うん…」

ことり「それじゃあ…あーん…」

花陽「あーん…」

絵里「ことりいる?衣装の事で相談……が…」

ことり・花陽・絵里「……」

27: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 22:27:52.94 ID:MY5gpqHk
ことり(え…絵里ちゃん!?どうしてここに!?)

絵里「あら、私はお邪魔だったみたいね」クスッ

絵里「もう少ししたらまた来るから、もうちょっと楽しんでもいいわよ」クスクス

絵里「それじゃあ、また後でね」

花陽・ことり「…」

ことり(絵里ちゃんに見られちゃった…)

ことり(でも…)

ことり(ことりとかよちゃんが、そういう関係に見えたって事なのかな)

ことり(えへへ…ちょっと嬉しい…)

28: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 22:29:04.31 ID:MY5gpqHk
ことり(ってそうじゃないの!これじゃあかよちゃんに迷惑が…)

ことり「か…かよちゃん!」

花陽「は…はい!」

ことり「そ…そろそろ、休憩終わりにしよっか!」

花陽「そ…そうだね!」

花陽・ことり「…」

ことり(ううっ…ちょっと気まずいな…)

ことり(でも、今は衣装作りに集中しないと!)

29: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 22:29:42.79 ID:MY5gpqHk
ことり「終わったー!」

花陽「もう終わったの?」

ことり「うん!」

花陽「やっぱりことりちゃんは早いなあ…」

ことり「でも、かよちゃんももう少しで終わりそうだよ?」

花陽「そ…そうかな?」

ことり「後ちょっとだし、ことりも手伝ってあげる!」

花陽「ありがとう」

30: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 22:30:23.37 ID:MY5gpqHk
ことり「今日はこのぐらいにしておこうか」

花陽「そうだね」

ことり「クッキーの残りもあるし、もう少しお話しよっ」

花陽「うん」

ことり(練習だからもう一つお願いしても罰は当たらないよね…?)

ことり(だって…かよちゃんにこんな事してもらえるなんて、最初で最後かもしれないから…)

31: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 22:31:06.08 ID:MY5gpqHk
ことり「かよちゃんは、その…好きな人にしてあげたい事…とかあるのかな?」

花陽「ええっ!?」

ことり「よ…良かったら…ことりで練習してもいいんだよ?」

ことり「いきなり、海未ちゃんにしてあげるのは恥ずかしいと思うし」

花陽「う…うん…」

花陽「…」

32: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 22:31:58.80 ID:MY5gpqHk
ことり「かよちゃん、ことりになら何をしても…いいよ?」

花陽「えっ…?」

ことり「あっ!もちろん変な意味じゃないよ!」

花陽「わ…分かってるよ!変な事なんてしないもん!」

ことり「う…うん…」

ことり(ちょっと恥ずかしいけど…否定されるのも寂しいな…)

33: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 22:33:10.72 ID:MY5gpqHk
花陽「あのね…ことりちゃん」

ことり「う…うん」

ことり(本当に変な事要求されたらどうしよう…)

ことり(でも、かよちゃんの為なら何でもできるもん!)

花陽「手を繋いで…一緒にお出かけしたいな」

ことり「…本当?」

花陽「だ…ダメかな?」

ことり「いいよっ!」

ことり「でも…手を繋いでお出かけなんてデートみたいだね♪」

34: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 22:34:14.77 ID:MY5gpqHk
花陽「で…デート!?」

ことり「だって…手を繋いでお出かけって…」

ことり(えへへ…嬉しいな…かよちゃんとデート…)

ことり(練習だけど、二人っきりでお出かけなのは一緒だもん!)

ことり(しかも、手を繋いでなんて…)

ことり(はぁ…今から楽しみだよぉ…)

35: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 22:35:20.90 ID:MY5gpqHk
ことり「かよちゃんはどんなところに行きたいの?」

花陽「服屋さんとか雑貨屋さんがいいな」

ことり(一緒にお話ししながらショッピングって事かな?)

ことり(かよちゃんの好きな物とか色々分かるといいなあ)

ことり(分かったところで…ううん、今はそんな事考えないようにしなくちゃ!)

ことり(だってかよちゃんとデートなんだもん♪)

36: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 22:35:51.80 ID:MY5gpqHk
ことり「それじゃあ、早速行こうか」

花陽「うん!」

ことり(でもその前に…手を繋がないといけないんだよね…)

ことり(ああっ!もう緊張と嬉しさと色々ごちゃまぜになって訳が分からないよ!)

ことり(ことりの手、汗かいてないかな…洗ってきてから誘えばよかったよ…)

ことり(でも、早くかよちゃんと手繋いでお出かけしたいよっ!)

ことり(だから…)

ことり「かよちゃん…手出して?」ドキドキ

花陽「…うん」

ことり(かよちゃんの手、柔らかくてあったかい…)

37: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 22:36:21.43 ID:MY5gpqHk
ことり「えへへ…それじゃあ行こうか」

花陽「うん!」

絵里「ことり、そろそろいい…かしら…」

ことり「え…絵里ちゃん!?」

花陽「どうしてここに!?」

絵里「どうしてって…さっき、また来るって言ったじゃない」

38: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 22:36:51.36 ID:MY5gpqHk
絵里「それにしても、二人ってそういう関係なのね」

花陽「そ…そんな事…」

絵里「私はとってもお似合いだと思うわよ」クスッ

花陽「えっ…?」

絵里「でも、酷いわ二人とも」

39: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 22:38:02.67 ID:MY5gpqHk
絵里「私がまた来るって言ったのに、忘れてデートに行こうとしたなんて」

花陽「で…でーとなんて…そんな…」

ことり「ご…ごめんね」

絵里「と言いつつも、手は繋いだままなのね」クスクス

ことり「えっ…あっ!?」

ことり(驚いて手離しちゃった…本当は、もっとこうしていたいのに…)

ことり(好きな人と手を繋ぐのはこんなにも幸せな事なんだって知っちゃったから…)

40: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 22:38:43.41 ID:MY5gpqHk
絵里「ま、今日は見逃してあげるわ」

絵里「ことり、明日はちゃんと私の衣装見てもらうわよ」

絵里「なんだかサイズが合わないのよ、最近ちょっと痩せたからかしら?」

ことり「そうなんだ…明日直すね」

ことり(しっかりしないと…かよちゃんの事も大切だけど、μ’sの活動もしっかりしなくちゃ!)

絵里「よろしく頼むわ、あっ」

ことり「どうしたの?」

絵里「こういう時、日本じゃ、後は若いお二人でって言うのかしら?」

絵里「二人とも、デート楽しんできてね」

41: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 22:41:42.70 ID:MY5gpqHk
花陽・ことり「…///」

ことり「じゃ…じゃあ、行こうか」

ことり「そ…その…かよちゃんのデートの練習に…」

ことり(これは…かよちゃんにとってただの練習かもしれないけど…ことりにとっては大切な本番なの…)

花陽「う…うん…」

42: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 22:42:34.51 ID:MY5gpqHk
ことり「ねえ、かよちゃん」

ことり「良かったら、ことりが服選んであげようか?」

花陽「いいの?」

ことり「海未ちゃんが好きな服…ことりは知ってるから」

ことり(また嘘ついちゃった…デートするなら相手の服を選んであげたいって思ってたのはことりなのに…)

花陽「じゃあ、お願いしてもいい?」

ことり(かよちゃん嬉しそう…海未ちゃん好みの女の子になれるならそうなるよね…)

ことり(でも、暗い表情を見せたらダメ!今は二人だけの時間なんだから…)

ことり「ことりに任せて!」

43: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 22:43:08.83 ID:MY5gpqHk
花陽「って、こんなに!?」

ことり「かよちゃんに似合いそうな服を選んでたらまだ足りないぐらい!」

ことり(このお店…いや日本…世界中の服を集めても足りないよ)

ことり(かよちゃんにはそれだけ魅力があるんだもん!)

花陽「そ…そうかな?」

ことり「うんっ!」

44: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 22:44:02.16 ID:MY5gpqHk
花陽「ど…どうかな…?」

ことり「かわいい…」

花陽「あ…ありがとう…///」

ことり「でも、そのスカートならこっちのニットの方が…」

花陽「それじゃあ、着替えてみるね」

ことり(どの服着てもかわいいよ…こんな時間がずっと続けばいいのに…)

45: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 22:44:34.83 ID:MY5gpqHk
花陽「つ…疲れたぁ…」

ことり「ご…ごめんね。かよちゃん」

ことり(かよちゃん何を着ても似合うから、いっぱい着てもらい過ぎちゃった)

ことり「でも、その服とてもかよちゃんに似合ってると思うよっ♪」

ことり「だから…海未ちゃんも喜ぶと思う…」

ことり(だって…今のかよちゃん今までで一番魅力的に見えるから…)

花陽「本当…?」

ことり「うん♪」

46: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 22:45:02.31 ID:MY5gpqHk
花陽「こ…ことりちゃんは…こういう服を着てる人の事…どう思う?」

ことり「えっ…?」

花陽「ことりちゃんは…好きかな?」

ことり「か…かよちゃん…///」

ことり(ど…どうしたの?いきなりこんな事聞かれたら困っちゃうよ…///)

花陽「あっ、ごめんね…変な事聞いて…///」

ことり(本当、変な事聞かないでよ…答えなんて一つしかないもん…)

ことり(だって、ことりが好きな人に来てもらいたい服を真剣に選んだんだから…)

47: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 22:45:29.08 ID:MY5gpqHk
ことり「ことりは…かよちゃんの…服装好き…だよ…」

花陽「えっ…?」

ことり「う…うん…だから…」

ことり「とっても似合ってて…すごくかわいい…と思います…」

花陽「あ…ありがとう…///」

48: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 22:46:49.51 ID:MY5gpqHk
ことり(い…言っちゃった…///)

ことり(ことり、かよちゃんの事…好きだって…///)

ことり(本当は服装だけじゃなくて、かよちゃんの事全部好きだって伝えたいけど)

ことり(そんな事できないよ…ことりはこうして二人でいるだけで十分だから…)

49: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 22:48:25.27 ID:MY5gpqHk
花陽「こ…ことりちゃん!」

ことり「は…はいっ!」

花陽「この後…一緒に晩御飯食べない?」

花陽「デートの…練習だから…」

ことり(そ…そうだよね…かよちゃんにしたらこれはただの練習なんだもん)

ことり(ことり一人で舞い上がってバカみたい…)

ことり(一瞬でも、本当にデートしてるみたいなんて思っちゃって…)

ことり(もう、心が痛いよ…)

ことり(でも、折角だから…)

50: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 22:49:11.85 ID:MY5gpqHk
ことり「うん、それじゃあ行こう?」

花陽「…」オロオロ

ことり「か…かよちゃん?」

花陽「ことりちゃんは、どんなお店が良いと思う?」

ことり「ことりは…かよちゃんの好きなお店に行きたいな」

花陽「え…でも…」

ことり「かよちゃんが美味しそうにご飯食べてる姿って、とってもかわいくて魅力的だから」

ことり「きっと海未ちゃんも喜ぶと思うの」

ことり(そう…海未ちゃんだってあの笑顔を好きになるって決まってるもん…)

ことり「だから、かよちゃんが一番好きなお店に行こう?」

花陽「わ…分かった」

51: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 22:50:01.98 ID:MY5gpqHk
花陽「ここなんだ」

ことり「こんなところにお店があったんだね」

花陽「ここの中華料理は、どれもご飯に合ってとても美味しいんだよっ」

ことり「…」

ことり(ここの名物料理は炒飯なんだ…やっぱりそういう事も考えてるんだね…)

ことり(二人で一緒にいられるのは嬉しいけど、やっぱり辛いよ…)

花陽「ことりちゃん?」

52: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 22:51:02.42 ID:MY5gpqHk
ことり「何でもないよ。それじゃあ行こうか」

花陽「うん!」

ことり「色々なメニューがあるんだ…」

花陽「ラーメンもあるから、凛ちゃんと良く来るんだ」

ことり「そうなんだ、おすすめは何かな?」

花陽「どれも美味しいから、定食メニューからことりちゃんの好きな物を選ぶといいかも」

ことり「それじゃあ…かよちゃんが二番目に好きな物がいいな」

ことり(ことりは何を食べてもいいから…)

ことり(せめて、最後にかよちゃんが喜んで食べる姿を見ることが出来ればそれでいいよ…)

53: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 22:51:43.37 ID:MY5gpqHk
花陽「えっ?」

ことり「その方がかよちゃんと一緒に分けることが出来て良いでしょ?」

花陽「そ…そうだけど…」

ことり「かよちゃんが美味しそうにご飯食べてる姿好きだから、ことりはそうしたいな」

ことり(また言っちゃった…けど)

ことり(かよちゃんの事を好きって気持ちはもう抑えられないよ…!)

花陽「あ…ありがとう…///」

花陽「それじゃあ…これお願いしてもいいかな?」

ことり「うんっ♪」

54: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 22:52:34.16 ID:MY5gpqHk
花陽「はぁ…美味しいよぉ…」

ことり「ふふっ、かよちゃんは本当に幸せそうにご飯を食べるね」

花陽「ううっ…あんまり見ないで…///」

ことり「だから…きっと海未ちゃんも振り向いて…くれるよ」

ことり(だって…こんなに素敵な笑顔でご飯を食べてるんだもん…)

ことり(もし、ことりが作ったご飯をこんな風に食べてくれたら…ことりは…)

ことり(でも、これ以上は絶対に望んじゃダメ…)

ことり(余計な事を言ったら、かよちゃんに迷惑かけちゃうから…)

花陽「う…うん…」

ことり「だから、その調子で頑張って?」

ことり「でも、ご飯を食べる事を頑張るっていうのも変な話だね」クスッ

花陽「そうだね」クスッ

55: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 22:53:02.76 ID:MY5gpqHk
花陽「今日は楽しかったね」

ことり「うん!」

ことり(これでデートも終わり…)

ことり(楽しかったけど…やっぱり好きな人の恋を応援するなんて辛すぎるよ…)

56: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 22:56:32.80 ID:MY5gpqHk
ことり「そろそろ帰ろうか」

ことり「かよちゃんが良かったら、また練習付き合ってあげるね?」

ことり(本当はもうこんな事したくないのに…)

ことり(でも、かよちゃんとまたデートできるならって考えると、ことりは…)

花陽「待って!ことりちゃん」

ことり「えっ…?」

花陽「まだ、デートは終わってないの…」

花陽「最後に一つだけ…一番大切な事…」

花陽「だから、もう少しだけ付き合ってもらっていい?」

ことり「いいけど…」

57: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 22:57:29.72 ID:MY5gpqHk
花陽「ねえ、ことりちゃん」

花陽「これは、練習じゃなくて…花陽の本当の気持ちなの」

花陽「聞いてもらえるかな…?」

ことり(本当の気持ち…?)

花陽「花陽が、海未ちゃんの事を見てたのは事実だよ」

ことり「うん…」

ことり(そんな事…言われなくても分かってるよ…)

ことり(だから、それ以上言わないで…)

ことり(こんな辛い事、かよちゃんに言われたら耐えられなくなっちゃうから…)

58: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 22:58:09.69 ID:MY5gpqHk
花陽「でも、本当に見てたのは、ことりちゃんの事なの」

ことり「えっ…?」

花陽「だって、花陽が本当に好きなのは、ことりちゃんだから…」

ことり「…」

59: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 22:58:35.95 ID:MY5gpqHk
私は、ことりちゃんの事が好きです

かよちゃん…

だから私と……

待って!!!

私も…かよちゃんの事ずっと…





はいっ♪


おわり

60: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 23:00:40.06 ID:CZlNICYH
乙です
相変わらず良い

63: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 23:03:26.46 ID:i9vPrnTH
素晴らしい
ありがとう

64: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 23:09:40.20 ID:eoG4LHfs
乙乙
ことぱないいぞ^~

62: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 23:02:01.05 ID:4y4T0lUA
あぁ^~
なんて素晴らしい名作ことぱなを書きやがるんだ
乙乙

引用元: ・http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1485436221

このエントリーをはてなブックマークに追加
オススメ記事

この記事へのコメント

  1. 名無しのラブライバー:2017/01/30(月) 10:13:58

    はい、で終わるところが良かった


プロフィール

ラブライブ!通信管理人

ラブライブ!の速報や面白い話を毎日まとめています!
更新情報はこちらでツイートしているので、是非フォローしてください(^ω^)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
オススメ
週間人気記事ランキング
逆アクセスランキング
アクセスカウンタ
相互リンク
アンテナサイト