【ラブライブ!】花陽「私の好きなかわいい先輩」

a81e288b_20170128190123054.jpg


1: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/25(水) 23:35:45.78 ID:0qrQdh9B

ことり「海未ちゃん、弓道の練習頑張ってね♪」

海未「はい、ありがとうございます」

ことり「次の大会で優勝できるように、いっぱい応援するからね?」

海未「気持ちは嬉しいですが、会場ではあまり騒がないようにしてくださいね?」

ことり「大丈夫だよっ♪」

海未「それでは、練習の方に行きますね」

ことり「いってらっしゃい」

ことり「海未ちゃん、次の大会優勝できるといいなあ…」

花陽(…)



2: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/25(水) 23:36:17.62 ID:0qrQdh9B

花陽(やっぱり、ことりちゃんって海未ちゃんの事好きなのかな…)

花陽(海未ちゃんは花陽と違ってかっこいいし、美人だし、一年生の間でも人気だし)

花陽(それに、ずっと一緒にいるんだもん、もしかしたらことりちゃん、海未ちゃんと…)

ことり「かーよちゃん♪」

花陽「ひゃあっ!?こ…ことりちゃん!?」


3: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/25(水) 23:36:44.82 ID:0qrQdh9B

ことり「ふふっ、驚いた?」

花陽「う…うん…ちょっと…」

ことり「こんなところで何してたの?」

花陽「えっ…あの…」

花陽(ことりちゃんの事見てたなんて言えないし…)


4: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/25(水) 23:37:36.35 ID:0qrQdh9B

ことり「もしかして…」

花陽(ことりちゃんの事を見てたのバレちゃったのかな……どうしよう…)

ことり「海未ちゃんの事見てたの?」

花陽「ええっ!?」

ことり「やっぱりそうだったんだ…」

花陽(た…確かに海未ちゃんの事は見てたけど…)

花陽(正確には、海未ちゃんと一緒にいることりちゃんの事を見てたんだよ…)


5: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/25(水) 23:38:34.18 ID:0qrQdh9B

ことり「そっか…」

花陽(もしかして…ことりちゃん怒っちゃったかな…)

花陽(ことりちゃん…海未ちゃんの事がきっと好きなのに…)

ことり「ことりが応援してあげるね♪」

花陽「…えっ?」

ことり「かよちゃんの恋が叶うようにことりが応援してあげますっ!」

花陽「え…ええっ!?」


6: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/25(水) 23:39:30.57 ID:0qrQdh9B

花陽(ど…どうしよう!大変な事になっちゃった!!)

花陽(でも、応援してくれるって事はそういう好きとかじゃないのかな?)

花陽(そっか…良かった…)

花陽(って、そうじゃなくて!!)

花陽(今のままじゃ花陽は海未ちゃんの事が好きって事になっちゃうよ…)

花陽(でも…それを否定しちゃったら、花陽がことりちゃんの事をずっと見てたってバレちゃうかもしれないし…)

花陽(どうしたらいいの…誰か助けて…)


7: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/25(水) 23:40:04.63 ID:0qrQdh9B

ことり「かよちゃん?」

花陽「えっ!?あっ…えっと…その…」

ことり「恥ずかしがらなくても大丈夫だよっ」

ことり「ことりはこう見えて口が堅いからね♪」

花陽「う…うん…」

花陽(どうしよう…うんって返事しちゃった…)

花陽(これじゃあ、ことりちゃんの中じゃ花陽は海未ちゃんの事が好きって事に…)


8: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/25(水) 23:41:05.51 ID:0qrQdh9B

ことり「そっか…海未ちゃんは、やっぱり後輩に人気があるもんね」

花陽「うん…」

ことり「かよちゃんは海未ちゃんのどんなところが好きなの?」

花陽(海未ちゃんの事も好きだけど、それは先輩として好きなだけで…)

花陽(海未ちゃんに感じてる好きと、ことりちゃんに感じてる好きは全く別物の…)

ことり「やっぱり、恥ずかしかったかな?」

花陽「う…うん…」

ことり「それじゃあ、今度教えてねっ♪」

花陽「えっ…あの…うん…」


9: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/25(水) 23:41:41.11 ID:0qrQdh9B

ことり「でも、そっか…」

ことり「最近のかよちゃんがいつも以上に可愛く見えてたのはそういうことだったんだね」

花陽「か…かわっ!?」

ことり「やっぱり恋する女の子はかわいいもん♪」

花陽「ううっ…やめてよ…ことりちゃん…///」

花陽(そんな事言われたら…花陽…)


10: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/25(水) 23:42:22.13 ID:0qrQdh9B

ことり「ふふっ、照れてるかよちゃんも可愛いよっ」

花陽「も…もう…からかわないで…///」

ことり「そんな事無いよ、かよちゃんが可愛い事は事実だもん♪」

花陽「ううっ…///」

花陽(ことりちゃんはいつも花陽の事褒めてくれて、とても嬉しいんだけど…)

花陽(気持ちをストレートに伝えてくれるから、恥ずかしいよ…)

花陽(でも…ことりちゃんのそんなところが…花陽は…////)


11: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/25(水) 23:43:09.48 ID:0qrQdh9B

花陽(こんな事考えるなんて良くないけど…)

花陽(相談に乗ってもらえればことりちゃんと一緒にいる時間が増えるって事かな…)

花陽(それに、ことりちゃんと話す時間が増えれば、ことりちゃんの好みとか色々分かるかもしれないし…)

花陽(ちょっと動機は不純だけど、このままでもいいかな…)

花陽(こんなことしてたら神様に怒られちゃいそうだけど…)


12: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/25(水) 23:43:45.50 ID:0qrQdh9B

ことり「やっぱり…その…かよちゃんは海未ちゃんとお付き合いしたいのかな?」

花陽「だ…だから…花陽は…その…」

ことり「ふふっ、そんなに照れなくてもいいのに」クスッ

花陽「~///」

ことり「今日は二人で衣装作りの予定だったし、色々聞いてあげるね?」

花陽「えっ…うん…ありがとう…」

花陽(なんだかややこしい事になっちゃったけど…ことりちゃんと二人っきりになれるならいいかな…)


13: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/25(水) 23:44:33.26 ID:0qrQdh9B

ことり「せっかくだから、かよちゃんに海未ちゃんの衣装を作ってもらえればって思ったんだけど」

ことり「残念な事に、もう完成しちゃったの」

花陽「そ…そうなんだ…」

ことり「後は…穂乃果ちゃんの衣装とことりの衣装なんだけど…」

ことり「穂乃果ちゃんの衣装はことりが作ろうかな?」

花陽「それじゃあ、花陽がことりちゃんの衣装を?」

ことり「うん!お願いしていいかな?」

花陽「頑張るね!」

花陽(そっか…花陽がことりちゃんの衣装を作ってあげられるんだ…)

花陽(えへへ…嬉しいな…)

花陽(ことりちゃんに喜んでもらえるように頑張らないと!)


14: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/25(水) 23:45:06.47 ID:0qrQdh9B

ことり「それじゃあ、型紙はできてるから、布を切ってもらっていいかな?」

花陽「はいっ!」

ことり「ふふっ、かよちゃん元気いっぱいだね」

花陽「そ…そうかな?」

花陽(だって、ことりちゃんの衣装なんだもん。張り切っちゃうよ)

ことり「それじゃあ、よろしくね」


15: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/25(水) 23:45:58.65 ID:0qrQdh9B

花陽「…」

花陽(やっぱり、ことりちゃんは凄いなあ)

花陽(作業は早いし正確なんだもん…)

花陽(それに比べて花陽は…)

ことり「かよちゃん?」

花陽「な…何でもないよ」

ことり「…」ジーッ

花陽「あっ…もしかして何か間違えてたかな?」

ことり「ううん、かよちゃんはいつも丁寧に作業してくれるから、ことり助かってるなって」

花陽「そ…そうかな?」

ことり「うん♪」

花陽(やった…ことりちゃんに褒めてもらえちゃった)

花陽(この調子で頑張ろうっと!)


16: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/25(水) 23:46:43.28 ID:0qrQdh9B

ことり「そろそろ休憩しよっか」

花陽「そうだね」

ことり「今日はお菓子持ってきたから一緒に食べよう?」

花陽「美味しそう…でも…」

ことり「どうしたの?」

花陽「今ダイエット中なの…」


17: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/25(水) 23:47:13.24 ID:0qrQdh9B

ことり「そうなの?この前サイズ測った時は全然問題なかったけど…」

花陽(だって…今の体型より、もう少し痩せた方がきっといいに決まってるもん!)

花陽「だから…ごめんね」

ことり「そっか…ことりの手作りだったんだけど…」

花陽「えっ!?」

ことり「でも、かよちゃんがダイエットしてるならしょうがないよね…」


18: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/25(水) 23:47:49.19 ID:0qrQdh9B

花陽(このクッキー、ことりちゃんの手作りだったんだ…見た目も包装も綺麗だからお店の物かと思った…)

花陽(やっぱりことりちゃんってすごいなあ…こんな美味しそうなお菓子も作れるんだもん…)

花陽(…)

花陽(…本当に美味しそう)

花陽(そ…それなら…食べてもいいよね…というかことりちゃんの手作りクッキー食べたいですっ!)

花陽(それに…ことりちゃんの落ち込む顔…見たくないし…)

花陽(ダイエット生活とは少しお別れです…!)


19: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/25(水) 23:48:26.29 ID:0qrQdh9B

花陽「た…食べますっ!」

ことり「えっ…?」

花陽「ことりちゃんの手作りだし…食べたいな…」

花陽「だから、貰っていい…?」

ことり「…いやです」プイ


21: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/25(水) 23:49:34.02 ID:0qrQdh9B

花陽「え…ええっ!?そんなぁ…」

ことり「かよちゃんがダイエットしてるなら、あげませんっ♪」

花陽「ううっ…分かったよ」

花陽(はぁ…素直に食べるって言えばよかった…)

花陽(こんなに美味しそうなクッキーだし…なにより…)

花陽(ことりちゃんの…手作りなんだもん…食べたいに決まってるよ…)

花陽「…」


22: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/25(水) 23:50:06.49 ID:0qrQdh9B

ことり「ふふっ、冗談だよっ♪」

花陽「えっ?」

ことり「ことりは優しいから、ちゃーんとあげますよ?」

花陽「ほ…本当?」

ことり「うん♪」

花陽(よ…良かった…クッキー楽しみだな…)


23: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/25(水) 23:50:45.72 ID:0qrQdh9B

ことり「それに、かよちゃんはダイエットしなくても十分可愛いもん♪」

花陽「…!?」

ことり「だから、海未ちゃんも、かよちゃんの魅力に気が付いてくれるよ?」

花陽「う…うん…////」

花陽(そっか…ことりちゃんは今の花陽でもかわいいって思ってくれてるんだ…)

花陽「それじゃあ、いただきます!」

ことり「やっぱりダメっ!」

花陽「ま…また!?」

ことり「うん…あのね…」


24: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/25(水) 23:51:31.81 ID:0qrQdh9B

ことり「海未ちゃんって…好きな人にあーんってしてあげたいんだって」

花陽「そ…そうなんだ…」

花陽(海未ちゃんってこっそりポージングの練習したり、意外とかわいいところあるよね)クスッ

ことり「…」

ことり「だ…だからね」

ことり「かよちゃんも、食べる練習した方がいいと思うの!」

花陽「…えっ?」


25: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/25(水) 23:52:09.97 ID:0qrQdh9B

ことり「だから…ことりが食べさせてあげる!」

花陽「え…ええっ!?どういう事!?」

ことり「可愛くあーんって食べてあげれば海未ちゃんも喜ぶと思うの!」

ことり「だから、その練習!!」

花陽(よ…良く分からないけど、ことりちゃんが食べさせてくれるって事!?)

花陽(すっごく恥ずかしいけど…うん!)


27: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/25(水) 23:53:52.39 ID:0qrQdh9B

花陽(そ…それじゃあ…いただきます)

ことり「ど…どうかな?美味しい?」

花陽「うん!とても美味しいよっ!」

ことり「本当?嬉しいな♪」

花陽「…っ」ドキッ

花陽(ことりちゃんの笑顔…かわいい…)


28: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/25(水) 23:54:46.32 ID:0qrQdh9B

ことり「かよちゃん…もう一回練習…する…?」

花陽「う…うん…」

ことり「それじゃあ…あーん…」

花陽「あーん…」

絵里「ことりいる?衣装の事で相談……が…」

花陽・ことり・絵里「……」


29: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/25(水) 23:55:41.74 ID:0qrQdh9B

絵里「あら、私はお邪魔だったみたいね」クスッ

絵里「もう少ししたらまた来るから、もうちょっと楽しんでもいいわよ」クスクス

絵里「それじゃあ、また後でね」

花陽・ことり「…」

花陽(え…絵里ちゃんに見られちゃった!!?)

花陽(は…恥ずかしすぎるよ…///)

花陽(でも…お邪魔だったって事は、ことりちゃんとそういう関係に見えたって事なのかな…?)

花陽(そういう事なら嬉しいな…)

花陽(絵里ちゃんの事だから、からかってただけかもしれないけど…)


30: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/25(水) 23:56:27.88 ID:0qrQdh9B

ことり「か…かよちゃん!」

花陽「は…はい!」

ことり「そ…そろそろ、休憩終わりにしよっか!」

花陽「そ…そうだね!」

花陽・ことり「…」

花陽(ど…どうしよう…恥ずかしくてことりちゃんとお話しどころじゃないよ…)

花陽(なんだか気まずいな…)

花陽(でも…クッキー…とても美味しかった…)

花陽(だって…好きな人にしてもらったんだもん…もっと好きになっちゃうよ…)


31: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/25(水) 23:56:57.19 ID:0qrQdh9B

ことり「終わったー!」

花陽「もう終わったの?」

ことり「うん!」

花陽「やっぱりことりちゃんは早いなあ…」

ことり「でも、かよちゃんももう少しで終わりそうだよ?」

花陽「そ…そうかな?」

ことり「後ちょっとだし、ことりも手伝ってあげる!」

花陽「ありがとう」


32: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/25(水) 23:57:36.53 ID:0qrQdh9B

ことり「今日はこのぐらいにしておこうか」

花陽「そうだね」

ことり「クッキーの残りもあるし、もう少しお話しよっ」

花陽「うん」


33: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/25(水) 23:58:21.27 ID:0qrQdh9B

ことり「かよちゃんは、その…好きな人にしてあげたい事…とかあるのかな?」

花陽「ええっ!?」

ことり「よ…良かったら…ことりで練習してもいいんだよ?」

ことり「いきなり、海未ちゃんにしてあげるのは恥ずかしいと思うし」

花陽「う…うん…」


34: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 00:01:02.75 ID:MY5gpqHk

花陽(花陽が…ことりちゃんとしたい事…)

花陽(そんな事…考えたことも無かった…)

花陽(ただ、側にいたいって思った事しかないから…)

ことり「かよちゃん、ことりになら何をしても…いいよ?」

花陽「えっ…?」ドキッ

ことり「あっ!もちろん変な意味じゃないよ!」

花陽「わ…分かってるよ!変な事なんてしないもん!」

ことり「う…うん…」


35: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 00:01:57.20 ID:MY5gpqHk

花陽(ことりちゃんと…ってことは…ちゅ…ちゅーとかかな?)

花陽(そ…そんな事考えただけで恥ずかしくて死んじゃうよぉ…)

花陽(でも、手を繋いでお出かけとかできたらいいなあ…)

花陽(うん…!勇気を出してみないと…)


36: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 00:04:31.26 ID:MY5gpqHk

花陽「あのね…ことりちゃん」

ことり「う…うん」

花陽「手を繋いで…一緒にお出かけしたいな」

ことり「…本当?」

花陽「だ…ダメかな?」

ことり「いいよっ!」

ことり「でも…手を繋いでお出かけなんて…」

花陽(こんなことがしたいなんて…子供みたいかな…)

ことり「デートみたいだね」


37: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 00:05:02.99 ID:MY5gpqHk

花陽「で…デート!?」

ことり「だって…手を繋いでお出かけって…」

花陽(そ…そうだよね…これじゃあデートだよね…)

花陽(でも、ことりちゃんとデート…)

花陽(えへへ…嬉しいなあ…)

花陽(それに、ことりちゃんが嫌がらないでくれたし…勇気を出して良かった♪)


38: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 00:05:26.56 ID:MY5gpqHk

ことり「かよちゃんはどんなところに行きたいの?」

花陽(ことりちゃんと…デートするなら…)

花陽「服屋さんとか雑貨屋さんがいいな」

花陽(だって…ことりちゃんが可愛いって言ってる瞬間が一番好きなんだもん)

花陽(可愛い物を見てる時のことりちゃん…とてもかわいいから…)


39: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 00:07:30.56 ID:MY5gpqHk

ことり「それじゃあ、早速行こうか」

花陽「うん!」

ことり「かよちゃん…手出して?」

花陽「…うん」ドキドキ

花陽(ことりちゃんの手、すらっとしてて綺麗…)

花陽(それに、温かくて、ドキドキする…)


40: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 00:08:13.53 ID:MY5gpqHk

ことり「えへへ…それじゃあ行こうか」

花陽「うん!」

絵里「ことり、そろそろいい…かしら…」

ことり「え…絵里ちゃん!?」

花陽「どうしてここに!?」

絵里「どうしてって…さっき、また来るって言ったじゃない」


41: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 00:08:54.72 ID:MY5gpqHk

絵里「それにしても、二人ってそういう関係なのね」

花陽「そ…そんな事…」

絵里「私はとってもお似合いだと思うわよ」クスッ

花陽「えっ…?」

絵里「でも、酷いわ二人とも」


42: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 00:09:16.74 ID:MY5gpqHk

絵里「私がまた来るって言ったのに、忘れてデートに行こうとしたなんて」

花陽「で…でーとなんて…そんな…」

ことり「ご…ごめんね」

絵里「と言いつつも、手は繋いだままなのね」クスクス

ことり「えっ…あっ!?」

花陽(手離しちゃった…ちょっと寂しいな…)


43: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 00:09:42.32 ID:MY5gpqHk

絵里「ま、今日は見逃してあげるわ」

絵里「ことり、明日はちゃんと私の衣装見てもらうわよ」

絵里「なんだかサイズが合わないのよ、最近ちょっと痩せたからかしら?」

ことり「そうなんだ…明日直すね」

絵里「よろしく頼むわ、あっ」

ことり「どうしたの?」

絵里「こういう時日本じゃ、後は若いお二人でって言うのかしら?」

絵里「二人とも、デート楽しんできてね」


44: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 00:10:20.40 ID:MY5gpqHk

花陽・ことり「…///」

ことり「じゃ…じゃあ、行こうか」

ことり「そ…その…かよちゃんのデートの練習に…」

花陽「う…うん…」

花陽(そ…そうだよね…ことりちゃんはあくまでも、海未ちゃんが好きな花陽の事を応援してくれてるだけで)

花陽(ことりちゃんからしたら、ただのお出かけだもんね…)

花陽(でも、花陽にとっては好きな人との初めてのデートなわけで…)


45: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 00:11:05.16 ID:MY5gpqHk

ことり「ねえ、かよちゃん」

ことり「良かったら、ことりが服選んであげようか?」

花陽「いいの?」

ことり「海未ちゃんが好きな服…ことりは知ってるから」

花陽(本当は、ことりちゃんの好きな服を着たいけど、選んでもらえるだけでも嬉しいな)

花陽「じゃあ、お願いしてもいい?」

ことり「ことりに任せて!」


47: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 00:11:46.17 ID:MY5gpqHk

花陽「って、こんなに!?」

ことり「かよちゃんに似合いそうな服を選んでたらまだ足りないぐらい!」

花陽「そ…そうかな?」

ことり「うんっ!」

花陽(ことりちゃんに服を選んでもらえるのは嬉しいけど…この量を着るのは大変かな…)

花陽(でも、ことりちゃんが喜んでくれるなら…)

花陽「ど…どうかな…?」

ことり「かわいい…」

花陽「あ…ありがとう…///」

ことり「でも、そのスカートならこっちのニットの方が…」

花陽「それじゃあ、着替えてみるね」


48: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 00:12:14.96 ID:MY5gpqHk

花陽「つ…疲れたぁ…」

ことり「ご…ごめんね。かよちゃん」

ことり「でも、その服とてもかよちゃんに似合ってると思うよっ♪」

ことり「だから…海未ちゃんも喜ぶと思う…」

花陽「本当…?」

ことり「うん♪」

花陽(自分で言うのもおかしいけど、なんだかいつもの花陽じゃないみたいで新鮮…)

花陽(アイドルの衣装来た時とはまた違った感じで変身できたみたい)

花陽(でも、一番喜んで欲しいのは、海未ちゃんじゃなくてことりちゃんなんだよ…)

花陽(さっきも少し勇気を出したら、こうやってデートできることになったわけだし)

花陽(もう一回勇気を出して…)


49: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 00:12:44.07 ID:MY5gpqHk

花陽「こ…ことりちゃんは…こういう服を着てる人の事…どう思う?」

ことり「えっ…?」

花陽「ことりちゃんは…好きかな?」

ことり「か…かよちゃん…///」

花陽「あっ、ごめんね…変な事聞いて…///」


50: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 00:13:09.22 ID:MY5gpqHk

ことり「ことりは…かよちゃんの…服装好き…だよ…」

花陽「えっ…?」

ことり「う…うん…だから…」

ことり「とっても似合ってて…すごくかわいい…と思います…」

花陽「あ…ありがとう…///」

花陽(ことりちゃん、花陽の服装褒めてくれたんだ…)

花陽(それに…好きって言って貰っちゃったし…すごくかわいいって言って貰っちゃったし…)

花陽(花陽…これ以上ないぐらい幸せかも…)


51: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 00:13:40.82 ID:MY5gpqHk

ことり「…」

花陽「…」

花陽(ま…また…言葉が出てこないよ…)

花陽(でも…今勇気を出さないと意味が無いから…)


52: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 00:14:13.98 ID:MY5gpqHk

花陽「こ…ことりちゃん!」

ことり「は…はいっ!」

花陽「この後…一緒に晩御飯食べない?」

花陽「デートの…練習だから…」

花陽(花陽のバカ…余計な事なんて言わなくてもいいのに…)

花陽(でも…こういう名目があれば、ことりちゃんの事誘えていいかも…)


53: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 00:14:45.11 ID:MY5gpqHk

ことり「うん、それじゃあ行こう?」

花陽(でも。勢いで誘ったのはいいけどどうしよう!?)

花陽(花陽がいつも行くお店って定食屋さんとか、凛ちゃんと行くラーメン屋さんがばっかりで)

花陽(ことりちゃんが好きそうなおしゃれなお店なんてしらないよぉ…)

ことり「か…かよちゃん?」

花陽(で…でも、練習だから…)

花陽「ことりちゃんは、どんなお店が良いと思う?」

花陽(って違うよ!ことりちゃんの行きたいお店じゃなくて、海未ちゃんの行きたいお店を聞かないと!)

花陽(これは…練習なんだから…)


54: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 00:15:27.78 ID:MY5gpqHk

ことり「ことりは…かよちゃんの好きなお店に行きたいな」

花陽「え…でも…」

ことり「かよちゃんが美味しそうにご飯食べてる姿って、とってもかわいくて魅力的だから」

ことり「きっと海未ちゃんも喜ぶと思うの」

ことり「だから、かよちゃんが一番好きなお店に行こう?」

花陽「わ…分かった」

花陽(そっか…ことりちゃん、花陽の事魅力的だって思ってくれたんだ…)

花陽(ご飯を食べている姿っていうのはちょっと恥ずかしいけど…///)

花陽「それじゃあ、行こう?」

ことり「うん♪」


55: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 00:15:55.62 ID:MY5gpqHk

花陽「ここなんだ」

ことり「こんなところにお店があったんだね」

花陽「ここの中華料理は、どれもご飯に合ってとても美味しいんだよっ」

ことり「…」

花陽「ことりちゃん?」

花陽(や…やっぱり、ことりちゃんはこういうお店には来ないよね…)

花陽(おしゃれなカフェとか、そういうところの方が良かったかな)


56: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 00:17:15.00 ID:MY5gpqHk

ことり「何でもないよ。それじゃあ行こうか」

花陽「うん!」

ことり「色々なメニューがあるんだ…」

花陽「ラーメンもあるから、凛ちゃんと良く来るんだ」

ことり「そうなんだ、おすすめは何かな?」

花陽「どれも美味しいから、定食メニューからことりちゃんの好きな物を選ぶといいかも」

ことり「それじゃあ…かよちゃんが二番目に好きな物がいいな」

花陽「えっ?」


57: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 00:17:47.89 ID:MY5gpqHk

ことり「その方がかよちゃんと一緒に分けることが出来て良いでしょ?」

花陽「そ…そうだけど…」

ことり「かよちゃんが美味しそうにご飯食べてる姿好きだから、ことりはそうしたいな」

花陽「あ…ありがとう…///」

花陽「それじゃあ…これお願いしてもいいかな?」

ことり「うんっ♪」


58: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 00:18:14.68 ID:MY5gpqHk

花陽「はぁ…美味しいよぉ…」

ことり「ふふっ、かよちゃんは本当に幸せそうにご飯を食べるね」

花陽「ううっ…あんまり見ないで…///」

ことり「だから…きっと海未ちゃんも振り向いて…くれるよ」

花陽「う…うん…」

ことり「だから、その調子で頑張って?」

ことり「でも、ご飯を食べる事を頑張るっていうのも変な話だね」クスッ

花陽「そうだね」クスッ


60: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 00:18:44.17 ID:MY5gpqHk

花陽「今日は楽しかったね」

ことり「うん!」

花陽(楽しかったけど…練習が終わったら、もう二人でこんな事できないのかな…)

花陽(そんなの寂しいし…いやだよ…)

花陽(…)

花陽(デートの最後にすることと言えば……一つだよね…)

花陽(…告白)

花陽(そんな事をしたらことりちゃんと一緒にいることが出来なくなっちゃうかもしれないけど)

花陽(最後に、もう一度勇気を出して)


61: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 00:19:17.37 ID:MY5gpqHk

ことり「そろそろ帰ろうか」

ことり「かよちゃんが良かったら、また練習付き合ってあげるね?」

花陽「待って!ことりちゃん」

ことり「えっ…?」

花陽「まだ、デートは終わってないの…」

花陽「最後に一つだけ…一番大切な事…」

花陽「だから、もう少しだけ付き合ってもらっていい?」

ことり「いいけど…」


62: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 00:19:36.33 ID:MY5gpqHk

花陽「ねえ、ことりちゃん」

花陽「これは、練習じゃなくて…花陽の本当の気持ちなの」

花陽「聞いてもらえるかな…?」

花陽「花陽が、海未ちゃんの事を見てたのは事実だよ」

ことり「うん…」

花陽「でも、本当に見てたのは、ことりちゃんの事なの」

ことり「えっ…?」

花陽「だって、花陽が本当に好きなのは、ことりちゃんだから…」

ことり「…」


63: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 00:20:27.78 ID:MY5gpqHk

私は、ことりちゃんの事が好きです

かよちゃん…

だから私と……





はいっ♪



おわり


64: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 00:27:17.22 ID:+BHpQn6l

うおおおおおおおお!!!!


65: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 00:28:15.75 ID:B4v40X7z

すごくいいじゃない!


68: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 00:42:09.19 ID:LDYQiNpH

ありがとう


69: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 00:43:27.03 ID:/DjkQCJz

ことぱなだいすき


引用元: ・http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1485354945

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連おすすめ記事
オススメ記事

この記事へのコメント

  1. 名無しのラブライバー:2017/01/29(日) 21:03:22

    すばらしい


  2. 名無しのラブライバー:2017/01/29(日) 21:37:18

    最近ことぱな多くない?というわけでうみりんも増えろまだあまり開拓されてない金山だぞ


  3. 名無しのラブライバー:2017/01/31(火) 20:16:21

    そして、怖いくらいにおもしろくないんだなあ


プロフィール

ラブライブ!通信管理人

ラブライブ!の速報や面白い話を毎日まとめています!
更新情報はこちらでツイートしているので、是非フォローしてください(^ω^)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
オススメ
週間人気記事ランキング
逆アクセスランキング
アクセスカウンタ
相互リンク
アンテナサイト