【ラブライブ!】花陽「私の先輩は天使」

48238469_20170112124219c38.jpeg


1: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 21:30:10.66 ID:01BWylds

花陽「えへへ…完成したね!ことりちゃん!」

ことり「うん♪かよちゃんが沢山お手伝いしてくれたからね」

ことり「天使さんをイメージした衣装を提案してくれたのもかよちゃんだよね」

花陽「うん…」

ことり「何か理由あったのかな?」

花陽「えっ?あの…その…」



2: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 21:30:46.17 ID:01BWylds

ことり「もしかして…海未ちゃんかな?」

花陽「ええっ!?そ…そんな事ないよっ!!」

ことり「ふふっ、そんなに慌てたら誰でもわかっちゃうよ」

花陽「ううっ…////」

ことり「だって最近のかよちゃん、ずっと海未ちゃんの事を見てるんだもん」

花陽「き…気づいてたんだ…もしかしてみんなも気が付いてるのかな…」

ことり「そんな事無いと思うけど、希ちゃんは鋭いから気が付いてるかも…」

花陽「///」


4: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 21:31:41.37 ID:01BWylds

ことり「でも大丈夫!ことり先輩は口が堅いのですっ!」

花陽「ことりちゃん…」

ことり「海未ちゃんもかよちゃんも大好きだから色々相談に乗ってあげるね」

花陽「あ…ありがとう…」

ことり「でも、素敵だなあ…好きな人を思って衣装を考えるなんて…」

花陽「花陽はイメージしか考えてないから…形にしてくれたのはことりちゃんだし」


5: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 21:32:11.96 ID:01BWylds

ことり「ううん、かよちゃんが海未ちゃんの事をイメージしたんでしょ?」

ことり「天使みたいだって」

花陽「…っ///」

ことり「かよちゃん、照れちゃって可愛い♪」

花陽「や…やめてよぉ…///」


7: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 21:32:49.10 ID:01BWylds

ことり「でも、なんで天使さんなの?」

花陽「えっ…?」

ことり「せっかくだし、教えて欲しいな?」

花陽「恥ずかしいからイヤですっ」プイ

ことり「そんなぁ…かよちゃん、おねがぁい…」

花陽「ううっ…ずるいよ、ことりちゃん…」


8: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 21:33:30.36 ID:01BWylds

花陽「あのね…海未ちゃんって厳しいけど、優しいでしょ」

ことり「そうだね」

花陽「それに、普段は凛々しくてかっこいいでしょ」

ことり「うんうん」

花陽「でも、海未ちゃんの一番好きな姿は…弓を弾いてる時なの」

花陽「海未ちゃんの周りの空気が一気に変わった気がして…それに…」

花陽「綺麗な翼が生えたようにみえて…それで、思いついたの…」

花陽「海未ちゃんには天使さんの衣装が似合うんじゃないかって…」


9: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 21:34:03.67 ID:01BWylds

花陽「…///」

ことり「かよちゃん…」

ことり「かよちゃんかわいいいいいい!!!」ギュー

花陽「えっ!!?こ…ことりちゃん!?」

ことり「やっぱり、恋する女の子ってかわいい♪」

花陽「ことりちゃん…苦しい…」


10: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 21:34:50.54 ID:01BWylds

ことり「あっ!?ご…ごめんね…」

花陽「うん…大丈夫…」

ことり「でも、そうなんだ…かよちゃんは海未ちゃんの事が大好きなんだね♪」

ことり「はぁ…かよちゃんかわいいよぉ…」

花陽「や…やめてよ…///」


12: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 21:35:44.50 ID:01BWylds

ことり「そうだよね。かよちゃんは海未ちゃんにかわいいって言ってもらいたいもんえ」クスッ

花陽「海未ちゃんにかわいい…」

花陽「…っ///」

ことり「ふふっ、やっぱりかよちゃんかわいい♪海未ちゃんにもこの可愛さを知ってもらえればいいのにね」

花陽「あんまりからかわないで…ことりちゃん…///」

花陽「花陽が一方的に好きだって話だし、花陽は可愛くなんてないよ…」


13: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 21:36:27.91 ID:01BWylds

ことり「じゃあ、かよちゃんは片思いし続けるだけでいいの?」

花陽「…」

ことり「ちょっとイジワルな事聞いちゃったね」

花陽「ううん…ことりちゃんの言う通りだと思う…このままじゃイヤ…」

ことり「それならことりに任せて!」

花陽「えっ!?な…何をかな?」


16: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 21:37:42.21 ID:01BWylds

ことり「いつも衣装を作った時はペアで撮影してるでしょ?」

ことり「今回は海未ちゃんと二人で撮っちゃいましょう!」

花陽「そ…そんなの恥ずかしいよぉ…」

花陽「それに、勝手に決めていいの?」

ことり「その点は任せてね♪」

ことり「そんな事よりも、かよちゃんは海未ちゃんの事だけ考えていれば大丈夫!」


17: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 21:38:27.21 ID:01BWylds

花陽「ことりちゃん…」

ことり「えへへ…ことり頑張っちゃいますっ!」

花陽「ありがとう…ことりちゃんも優しいから天使さんみたい…」

ことり「そうかな?嬉しいよ♪」


18: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 21:39:18.86 ID:01BWylds

ことり「それじゃあ、海未ちゃんとお話しする時のコツを教えますっ!」

花陽「コツ…?」

ことり「海未ちゃんは人の好意には全く気が付かないニブちんさんなので、積極的にお話ししましょう!」

花陽「ニブちん…?」

ことり「海未ちゃんはラブレターを読んでも、中身を理解できないほど恋愛には疎いの」

花陽「な…なるほど…」


19: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 21:40:00.12 ID:01BWylds

花陽「それならどうしたらいいかな…?」

花陽「直接好きっていうのは恥ずかしいし…」

ことり「大丈夫!かよちゃんはとってもかわいいから普段通りで良いと思うよっ♪」

花陽「でも…」

ことり「いつもよりちょっと笑顔で、沢山話しかければ海未ちゃんもきっと気が付いてくれるよ!」

ことり「かよちゃんの魅力にね♪」

花陽「そうかな…ちょっと不安かも…」


22: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 21:43:50.83 ID:01BWylds

ことり「大丈夫!自信もって!かよちゃんはかわいいから!」

花陽「ありがとう…ことりちゃん…」

ことり「お礼はまだいいよ。海未ちゃんがかよちゃんに振り向いてもらった時にね?」

花陽「うん…花陽頑張る!」

ことり「ことりが精一杯サポートしちゃいますっ♪」


23: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 21:44:28.82 ID:01BWylds

花陽(海未ちゃん、まだかな…)

花陽(とりあえず、ことりちゃんに言われた通りに、笑顔で話しかければ…)

花陽(でも、海未ちゃんと一緒に撮影…楽しみだな…)

花陽(天使さんの姿をした海未ちゃんを見るの楽しみ…)

花陽(…来た!)

花陽(元気よく挨拶から…頑張りますっ!)


24: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 21:45:15.52 ID:01BWylds

花陽「おはようっ!海未ちゃん!」

海未「おはようございます、花陽。朝から元気ですね」

花陽「明日の新しい衣装の撮影、私と海未ちゃんなんだって」

花陽「だから今日は衣装合わせをするんみたいなんだ」

海未「衣装合わせは聞いてましたが花陽と撮影とは知りませんでした」

花陽「えへへ…海未ちゃんと二人って久しぶりかも」

花陽(元気って言ってくれた…この調子かも…)


25: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 21:45:46.32 ID:01BWylds

海未「考えてみれば、二人で活動というのはあまり無かったかもしれませんね」

花陽「そうだね…」

花陽「アイドルの活動じゃないけど、初めて二人になったのは穂乃果ちゃんの家かな?」

海未「そ…その事は忘れてください…」

花陽「でも、あの時の海未ちゃんかわいかったよ?」

花陽(私…何言ってるの!?でも、ここでおじけづいちゃダメ!)


26: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 21:46:44.41 ID:01BWylds

海未「なっ…///」

海未「花陽!あまり変な事を言わないでください!」

花陽「ごめんね、海未ちゃん…」

花陽「でも、印象的だったから覚えてるの」

海未「印象的…ですか?」

花陽「1年生の間では、弓道部の園田先輩は真面目なかっこいい先輩で有名だったから」

花陽「そんな海未ちゃんが、アイドル始めたことも、ポージングの練習してる事も意外で」

花陽「ちょっとびっくりしちゃったから覚えてるのかな?」

花陽「その後雪穂ちゃんも来て怖かったって事もあるけど」アハハ

海未「花陽…」


27: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 21:47:21.58 ID:01BWylds

海未「私は一年生の間で有名だったのですか?」

花陽「うん。海未ちゃんにお手紙渡したって子もいたみたいで…」

花陽(その話を聞いた時は…辛かったけど…)

海未「そんな事まで…」

花陽「私達、一クラスしかないから噂話はすぐ広まるんだ」

海未「…来年は新入生をもっと獲得しなければいけませんね」

花陽「あはは…」

花陽「でも、そんな一面を知ってるのは花陽がアイドルを始めたおかげかも」

花陽「ってそろそろ教室行かないと!海未ちゃん放課後にね!」

海未「はい、また後で」


28: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 21:47:53.76 ID:01BWylds

花陽(えへへ…海未ちゃんと沢山おしゃべりできちゃった)

花陽(ちょっと照れてる海未ちゃんもかわいかったなあ…)

ことり「かーよちゃん♪」

花陽「あっ、ことりちゃん」

ことり「海未ちゃんと沢山お話しできてたね」

花陽「み…見てたの…?」


29: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 21:48:25.36 ID:01BWylds

ことり「うん♪かよちゃんいつもより笑顔でとっても可愛かったよ!」

花陽「そ…そうかな?」

ことり「その調子で頑張って♪」

花陽「ありがとう…ことりちゃん…」

ことり「ふふっ、じゃあ教室行かないとね」

花陽「うん、それじゃあ放課後に」


30: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 21:49:08.17 ID:01BWylds

花陽(私、笑顔でお話しできてたんだ…)

花陽(ことりちゃんに海未ちゃんが好きって気づかれちゃった時はどうしようと思ったけど)

花陽(お話聞いてもらってよかったかな?)

花陽(この調子でもっともっと海未ちゃんとお話ししたいな…)


31: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 21:49:49.59 ID:01BWylds

――放課後――

花陽「はぁ…はぁ…遅くなってごめんね」

ことり「大丈夫だよ。海未ちゃんはもう着替え始めてるけど」

花陽「うん、分かった」

ことり「きっと驚くと思うよ?だってかよちゃんがイメージした海未ちゃんを見られるんだから」

花陽「そうだよね…天使の姿をした海未ちゃん…///」


32: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 21:50:34.37 ID:01BWylds

ことり「それじゃあ、海未ちゃんのところへレッツゴー!」

花陽「うん…」

ことり「かよちゃん頑張ってね!」

花陽「え…?ことりちゃんは一緒に来てくれないの…?」

ことり「当然ですっ♪最初は若いお二人さんで…」ニコニコ

花陽「そんなぁ…」

ことり「大丈夫、自信もって…ね?」

花陽「わ…分かった…」


33: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 21:51:16.87 ID:01BWylds

花陽「この先に海未ちゃんが…緊張するなあ…」ドキドキ

花陽「でも、改めて衣装を見るとことりちゃんって凄いって思う…」

花陽「花陽はイメージしか伝えてなかったのにここまで形にしてくれて…」

花陽「普段の衣装も好きだけど」

花陽「今回の衣装もかわいい……な……」

海未「恋の事は良く分かりませんが、私もキューピットになれた……気分です…」

花陽「…」

海未「…」


34: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 21:51:58.56 ID:01BWylds

花陽(ま…またやっちゃった…)

花陽(でも…やっぱり海未ちゃん…綺麗…)

花陽(本物の天使さんみたい…)ドキドキ

花陽(弓を弾くポーズって事は…キューピットさんかな…?)

花陽(かわいいし綺麗…どうしよう…こんなに魅力的な海未ちゃん初めて見たよ…///)


35: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 21:52:33.53 ID:01BWylds

花陽(って海未ちゃんの顔がどんどん赤くなって…)

花陽「海未ちゃん…花陽は何も見てないよ…」

海未「…」

海未「花陽、私はこの翼で空を飛ぶことが出来たらいいなと思っています」

花陽「えっ?」

海未「だから、止めないでください」

花陽「ええっ!?海未ちゃん早まっちゃダメ!」


36: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 21:53:06.41 ID:01BWylds

花陽「ふぅ…海未ちゃん落ち着いた?」

海未「…はい」

花陽「もうあんなことしちゃダメだよ」

海未「すみません…」

花陽「でも、また見ちゃったね」クスッ

海未「ううっ…」


37: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 21:53:37.59 ID:01BWylds

花陽(はぁ…本当にびっくりした…)

花陽(でも…こうなったら自分の気持ちに正直になるしかないよね)

花陽「海未ちゃん、本当の天使さんみたいでかわいいなあ」

海未「そんな事ありません…」

花陽「さっきの弓を打つポーズはキューピットさんみたいでかわいかったよ」

海未「そ…その事は忘れてください…///」

花陽「ふふっ、頑張るね」

海未「全く…最近、花陽がことりに似てきたような気がします」

花陽(ことりちゃんに…?嬉しいな…)

花陽(ことりちゃんは、私が思う中で一番かわいい女の子だと思うもん…///)


38: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 21:54:13.21 ID:01BWylds

花陽「ことりちゃんとは一緒に曲を歌ったり、衣装作りのお手伝いをしてるからかな」

海未「困ったものです…本当に…」

花陽「ごめんね、海未ちゃん」

花陽「あっ、花陽もそろそろ着替えないと」

海未「分かりました…」


39: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 21:54:49.32 ID:01BWylds

花陽(ふぅ…緊張する…)

花陽(海未ちゃん…この衣装を着た私を見てなんて言ってくれるかな…)

花陽(ただ一言…かわいいって言ってくれたら…花陽はそれで…)

花陽「ど…どうかな?似合ってる?」

海未「…」

花陽「う…海未ちゃん…?」

海未「あ…その…いえ…」

花陽(海未ちゃん黙っちゃった…やっぱり…)

花陽「花陽には天使さんの衣装なんて似合わないよね…」


40: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 21:55:35.40 ID:01BWylds

海未「そんな事ありません!」

花陽「!?」

海未「あ…すみません…大きい声を出して…」

花陽「花陽は大丈夫だけど…」

海未「その…本物の天使のようで…とても似合っていると思います…」

花陽「本当…?」

海未「はい…」

花陽「えへへ…海未ちゃんにそういってもらえると嬉しいな…」


41: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 21:56:23.48 ID:01BWylds

海未「そうですか…?」

花陽「うん。だって最初に海未ちゃんを見た時、天使さんだって思ったから」

花陽「花陽も海未ちゃんみたいになれたのかなって思ったの…」

花陽「だから嬉しくて…つい…///」

花陽(花陽が天使さん…)

花陽(かわいいって言われるより何倍も嬉しいよぉ…////)

花陽(ことりちゃんにかわいいって言われるのも嬉しいけど)

花陽(海未ちゃんに褒めてもらえる方が…やっぱり…///)

花陽・海未「…///」


42: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 21:56:59.45 ID:01BWylds

花陽(あ…あれ…?嬉しすぎて次の言葉が上手く出てこないよ…)

花陽(それに、海未ちゃん、私の方じっと見つめてて恥ずかしいよぉ…それに…)

花陽「あ…あの…海未ちゃん…?」

海未「は…はい!」

花陽「あまり、胸元ばかり見られると恥ずかしいかな…///」

海未「す…すみません…///」

花陽「う…うん…///」

花陽(き…気まずいよぉ…ことりちゃん助けてぇ…)


43: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 21:57:34.52 ID:01BWylds

ことり「二人とも着替えおわ…った?」

花陽・海未「…///」

ことり「見つめあってどうしたの?」

海未「な…何でもありませんよ!」

花陽「う…うん!何でもないの!」

花陽(た…助かったぁ…)

ことり「そ…そう?ならいいけど…」


44: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 21:58:24.89 ID:01BWylds

ことり「二人とも本物の天使さんみたいでかわいい♪」

海未「そ…そうですか…///」

花陽「あ…ありがとう…///」

ことり「…?」

ことり「サイズは問題なさそう?」

海未「大丈夫ですね」

花陽「私も大丈夫かな?」

ことり「良かった♪でも…」

海未「どうしましたか?」

ことり「もう少し小物があると良いかも…」


45: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 21:59:09.65 ID:01BWylds

ことり「この後二人は時間ある?」

海未「私は大丈夫ですが」

花陽「私も大丈夫だよ?」

ことり「それじゃあ、二人で選んできてもらってもいいかな?」

海未「二人でですか?ことりも一緒に来ては…」

ことり「本当はことりも行きたいんだけど、これから用事があって」

花陽(ふ…二人…もしかしてことりちゃん気を使ってくれたのかな…?)

花陽(本当に優しいなあ…)


46: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 22:00:04.80 ID:01BWylds

花陽「どんなものを選べばいいの?」

ことり「衣装に合った髪飾りがいいかな…」

海未「む…難しいですね…」

ことり「今、二人で衣装見せあいっこしたんだし、お互いに似合うと思ったものを選べばいいと思うよっ!」

海未「分かりました」

花陽「頑張ってみるね!」

ことり「そろそろ、ことり行かなくちゃ!ごめんね二人とも」

海未「ええ、用事があるなら急いだほうが良いと思うので」

花陽「お疲れ様、ことりちゃん」

花陽(それと、ありがとう♪)


47: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 22:00:58.91 ID:01BWylds

花陽(海未ちゃんと二人っきりになれたのは嬉しいけど…ちょっと気まずいよ…)

海未・花陽「…」

海未・花陽「あ…あの!」

花陽「う…海未ちゃんからでいいよ…」

海未「と…とりあえず着替えて行きましょうか…」

花陽「そうだね…」


48: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 22:01:43.70 ID:01BWylds

花陽(ことりちゃんからメールだ)

花陽(海未ちゃんとのデート楽しんできてね?)

花陽(…)

花陽(海未ちゃんとデート…////)

花陽(どどどどどうしよう…まさかこんなことになるなんて…)

花陽(でも…ことりちゃんの言う通り楽しんでこないと…)

花陽(うん!折角の二人っきりなんだもん精一杯アピールしなくちゃ!)


49: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 22:02:41.70 ID:01BWylds

花陽(といっても、やっぱり緊張するわけで…)

海未「は…花陽、そろそろ行きましょうか」

花陽「う…うん…」

海未・花陽「…」

海未「ことりからメール…?」

海未「おすすめのお店一覧をリストアップしてくれたみたいですね」

花陽「それじゃあ、その通りに行く?」

海未「そうしましょうか」

花陽(本当に、ことりちゃんにはお世話になりっぱなしだなあ…)


50: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 22:04:07.23 ID:01BWylds

海未「まずはこのお店ですね」

花陽「ううっ…」

海未「どうしましたか?」

花陽「なんだか花陽にはハードルが高いような…」

海未「ことりが好きそうないかにも女の子らしいお店ですもんね…」

花陽「う…海未ちゃんは平気なの?」

海未「昔からこういう店に何度も付き合わされたので慣れました」

花陽「あはは…ことりちゃんらしいね…」

海未「ですが大丈夫です」

花陽「?」


51: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 22:05:28.20 ID:01BWylds

海未「花陽もとても女の子らしくて、こういうお店も似合っていると思いますよ」

花陽「う…海未ちゃん…///」

花陽(は…花陽が女の子らしい…///)

花陽(そっか…海未ちゃん…私の事そういうふうに見てくれたんだ…)

花陽(海未ちゃんとお出かけできて、こんな嬉しい事を言ってもらえるなんて)

花陽(少し勇気を出してみてよかった…)


52: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 22:06:21.71 ID:01BWylds

海未「あっ…い…いえ…変な意味ではないんですよ?」

海未「ただ…先ほどの衣装の印象がとても残っていて…天使のような花陽を見てしまうと…その…」

花陽「…っ/////」

花陽(とても嬉しいんだけど…それ以上に…恥ずかしい…///)

花陽(今日の海未ちゃん…なんでこんなに花陽が喜ぶような事ばかり言ってくれるの…?)

花陽(これじゃあ、もっともっと好きになっちゃうよ…)


53: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 22:07:59.74 ID:01BWylds

海未「あ…あの…とりあえず中に…」

花陽「う…うん…///」

海未「各自で自由に回ってお互いに良いものを選ぶというのはどうでしょうか?」

花陽「それでいいよ」

海未「それでは…10分後に」

花陽「うん」


55: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 22:08:41.99 ID:01BWylds

花陽「すごい…可愛いものいっぱい…」

花陽「どれも海未ちゃんに似合いそうだな…」

花陽「あっ…この白い花の髪飾りかわいいな…海未ちゃんの髪の色によく合いそう…」

花陽「それに青のリボンまでついてるし…これで決まりかな?」


56: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 22:09:13.64 ID:01BWylds

海未「花陽、何かいいものは見つかりましたか?」

花陽「うん…この髪飾り、海未ちゃんにとても似合うと思うんだ…///」

花陽「青のリボンもついてて海未ちゃんのイメージカラーとも合ってるし…」

海未「あっ…」

花陽「気に入らなかった…?それじゃあ別の物を…」

花陽(とても似合うと思ったけど…海未ちゃんの好みじゃないならしょうがないよね…)


57: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 22:10:16.81 ID:01BWylds

海未「そ…その…これ…」

花陽「あ…色違いの…緑のリボンが付いた…」

海未「この髪飾りは花陽にとても似合うと思って…」

花陽「あ…ありがとう…///」

海未「…///」

海未「これで決まり…でいいですね…」

花陽「うん…」

花陽(そっか…海未ちゃんも、この髪飾りを花陽に似合うって思ってくれたんだ…嬉しいな…)

花陽(もう、心臓が張り裂けそうなぐらいドキドキしてて…苦しいよ…)


58: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 22:10:49.85 ID:01BWylds

花陽(一件目で買い物が終わったって事はもう解散…?)

花陽(せっかく二人っきりなのに…そんなのイヤ…)

花陽(もっともっと二人で一緒にいたいよ…)

花陽(だから少しだけ勇気を振り絞って……)

花陽「あのね…海未ちゃん…」

海未「どうしました?」

花陽「買い物、おわっちゃったね…」

海未「そうですね…」

花陽「海未ちゃんが良かったら、このあと…ご飯食べに行かない?」

海未「…!」

花陽(や…やっぱりダメ…だよね…)

花陽「ご…ごめんね…お家の人が用意してるよね…」


59: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 22:11:26.24 ID:01BWylds

海未「行きますよ」

花陽「えっ?」

海未「せっかくの花陽のお誘いですから」

花陽「よ…良かったぁ…それじゃあ…」

花陽(せっかくのデートだから…おしゃれなお店に行った方がいいのかな…)

花陽(でも、そんなお店知らないし…)

花陽(何より海未ちゃんに喜んで欲しいもん…それならやっぱり…)


60: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 22:12:03.09 ID:01BWylds

花陽「海未ちゃんって確かチャーハンが好きだよね」

海未「ええ」

花陽「おいしいチャーハンのお店知ってるから一緒に行かない?」

海未「分かりました。それでは行きましょう!」

花陽「う…うん!」

花陽(良かった…海未ちゃん喜んでくれたみたい…)


61: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 22:12:39.99 ID:01BWylds

海未「こうして二人でお揃いの物を買ってお互いの好きな物を食べる…デートみたいです」ボソッ

花陽「えっ!?で…デート…!?」

海未「えっ…あっ…その…///」

花陽「ち…違うよね?花陽が聞き間違えただけで…デートじゃないよね…?」

海未「…///」

花陽「ご…ごめんね?変な事言って…」

海未「い…いえ…こちらこそ…すみません…///」

花陽「えへへ…海未ちゃんとデート…」ボソッ

花陽(今の聞き間違えじゃなかったら…海未ちゃんもデートって思ってくれたんだ…嬉しいな…)


62: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 22:13:12.27 ID:01BWylds

花陽「着きました!」

海未「ここは…ラーメン屋さんでは…?」

花陽「ここのチャーハンとても美味しいの!だから大丈夫!」

海未「な…なるほど…」

海未「おお…確かに美味しそうです…」

花陽「でしょ?冷めないうちに食べよ?」

海未「それでは、いただきます」

花陽「いただきます」

海未「…」


64: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 22:13:43.13 ID:01BWylds

花陽「…」

花陽「う~~ん!!やっぱりここのチャーハンはお米の良さをうまく生かしてて美味しいですっ!!!」

花陽「はぁ…幸せ…」

海未「…っ」

花陽「どうしたの?」

海未「いえ、とても美味しいですよ」ニコッ

花陽「だよねっ!本当に幸せ…」

花陽(海未ちゃんと美味しいごはんを食べられるなんて…本当に幸せ…)


65: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 22:14:38.95 ID:01BWylds

花陽「ふぅ…美味しかった」

海未「そうですね」

海未「花陽、大事な話があるので少し歩きながらいいですか?」

花陽「大事な話…?」

海未「ええ、とても大切です」

花陽「…」

花陽(大事な話ってなんだろう…もしかして…いや…そんな訳ないもん…)

花陽(でも…期待するぐらいはしてもいいよね…)

花陽(もしも違う話だったら…花陽から…告白…します…!)


66: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 22:15:03.12 ID:01BWylds

花陽、聞いてください

は…はいっ!

私はあなたの事が…

待って!

私は海未ちゃんの事が…

………

……




???「おめでとう♪海未ちゃん♪かよちゃん♪」


おわり


68: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 22:17:36.92 ID:3vfHuiZI

もこりん大好き


69: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 22:19:40.90 ID:UqhIkjhg


やっぱり最高だった


引用元: ・http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1484137810

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連おすすめ記事
オススメ記事

この記事へのコメント

  1. 名無し:2017/01/12(木) 23:47:08

    ぱなよは りんぱな以外認めん


  2. 名無しのラブライバー:2017/01/13(金) 00:19:12

    ※1
    九人もいて、どんな組み合わせも違う味があるのがラブライブのいい所だろ。自分が好きなカプ以外はミトメラレナイワァは良くないぞ


  3. 名無しのラブライバー:2017/01/13(金) 00:52:49

    皆違ってみんないい。
    だが、この展開だとことりは穂乃果を独り占め・・?


  4. 名無しのラブライバー:2017/01/13(金) 01:39:57

    そういや最近りんぱなのss見ないよな…


プロフィール

ラブライブ!通信管理人

ラブライブ!の速報や面白い話を毎日まとめています!
更新情報はこちらでツイートしているので、是非フォローしてください(^ω^)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
オススメ
週間人気記事ランキング
逆アクセスランキング
アクセスカウンタ
相互リンク
アンテナサイト