【ラブライブ!】善子「ずら丸、キスの練習相手になってくれない?」

a_201612241418500ed.jpg


2: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/22(木) 21:40:24.75 ID:TbYC+xfi0

花丸(目の前に立っているのは、マルの好きな人です)

花丸(その人から、耳を疑うような言葉が発せられた気がしました)

花丸「よ……善子ちゃん……、今、なんて?」

善子「キスの練習相手になってほしいって言ってるのよ」

花丸「な……! なんで……!?」

善子「私、好きな人がいるの。その人のために、キスの練習をしておきたくって」

花丸「よ、善子ちゃんの……好きな人……」

花丸(マルの恋は、善子ちゃんの一言で、一瞬にして終わりを迎えました)

花丸「そ、そんなのオラがOKするわけないずら!」

善子「…………」



3: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/22(木) 21:40:58.64 ID:TbYC+xfi0

花丸「善子ちゃんがその人のことを好きなら、キスは、その好きな人にしてあげるべきだよ!!」

花丸「好きでもない人とするなんて、練習するなんて、そんなのおかしいずら!!」

善子「ずら丸……確かにこんなの間違ってるかもしれない……」

善子「でも! 私は失敗したくないの! 失敗するのが怖いの!」

善子「お願い、ずら丸……こんなこと頼めるの、あんたしかいなくって……!」

花丸「善子ちゃん……」

花丸(善子ちゃんが頭を下げた……ど、どうしよう……)

花丸「……ねえ、キスの練習をしたいってことは……」

花丸「今まで、誰ともキス……したこと……ないの?」

善子「ええ……もちろん、その通りよ……」

花丸「……そっか…………」


4: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/22(木) 21:41:48.58 ID:TbYC+xfi0

花丸(じゃあ、今オラが善子ちゃんとすれば……)

花丸(お互い……ファーストキス…………)

花丸(…………)

花丸「……っ、いっ……、いいよ……」

善子「!」

花丸「キ、キスの練習……付き合ってあげても……いいよ」

善子「ほ、ほんと?」

花丸「うん……」

善子「あ、ありがとうずら丸……! 持つべきものは親友ね!」

花丸「し……親友……、うん……」ズキッ


5: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/22(木) 21:43:03.52 ID:TbYC+xfi0

花丸(欲に負けたマルは、胸の痛みとモヤモヤ感を感じながら)

花丸(それでも、善子ちゃんとキスすることを選んでしまいました)

善子「じゃあ、さっそくお願い」

花丸「う、うん……」ゴクリ

善子「……ん? どうしたの? 来ないの?」

花丸「…………は?」

善子「いや、できれば早くしてくれないかなーって」

花丸「……へ? 善子ちゃんがするんでしょ?」

善子「いやいや、私はされる側だから。される方の扱いだから」

花丸「はあ!? そうなの!?」

善子「そうよ」


6: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/22(木) 21:48:56.62 ID:TbYC+xfi0

花丸「いやいやいや! じゃあ練習なんて必要ないずらよ!?」

花丸「その、す……好きな人に、されるがままにされればいいずら!」

善子「いやいやいや、される側としてもやっぱり練習しておきたくって」

花丸「えええええ……」

花丸(いや、絶対おかしいずら。相手に全てを委ねればいい話のはずずら)

花丸(なんでキスされる方の練習が必要なんだろう……)

花丸(それにしても、好きな人にされるがまま……全てを委ねる、か……)ズキッ

善子「ずら丸ー? ず……花丸ー?」

花丸(…………)チラッ

花丸(よ、善子ちゃんがやれって言ってるんだからオラは何も悪くないずら!)


9: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/22(木) 21:49:58.23 ID:TbYC+xfi0

花丸「わ……分かったずら……///」トトトッ

花丸(っ! しまった、一気に近づきすぎた……! ///)

善子「来たわね。じゃあ目、瞑ってるからどうぞ」

花丸(くっ……、善子ちゃんめ、まるで照れてない……)

善子「……」

花丸「……///」ドキドキ

花丸(マ……マルは……マルは……!)プルプル

善子「あれ? ただの練習ごときにヘタレて……」

花丸(! オラは! ヘタレなんかじゃ……)

花丸(ないずらっっっ!!!)チュッ


14: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/22(木) 21:51:29.07 ID:TbYC+xfi0

善子「ん……! んっ」チュー

花丸「ん……んっ」チュパッ

花丸「はぁ……はぁ……///」

花丸「ど……どう……?」ドキドキドキ

善子「ふむ……なるほど……」

善子「まあ参考になったけど……もう一段階」

花丸「もう一段階!?」

善子「念のため、舌を絡ませる奴も練習しておきましょう」

花丸「し、舌ぁ!?」

善子「さあ、やって見せて」


17: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/22(木) 21:52:38.36 ID:TbYC+xfi0

花丸「あの……マルは……そ、そんな知識ないし……」

花丸「わ……分からないずら……」

善子「私もよく知らないんだけど……まあいいわ」

善子「仕方ない、こっちから試してみるわ」チュッ

花丸「んっ!?」

善子「あむっ、ちゅるる、じゅるっ、はむっ、じゅるるるっ」

花丸(!?!?!?!? ///////)

善子「もっと舌を伸ばしなさい、花丸……これは練習よ」

花丸「は……はひ……//////」

善子「ちゅっ、じゅるるっ、じゅぶぶっ、ちゅるっ」

花丸「ちゅるるっ、むちゅっ、あむっ、じゅるっ//////」

善子「じゅるるっ、ちゅるっ、ぷはっ……、はぁ……はぁ……」

花丸「はぁ……はぁ……はぁ……///////」


19: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/22(木) 21:53:22.59 ID:TbYC+xfi0

善子「……うん。今日の所はもういいわ」

花丸「そ、そう……///」

花丸「ん? 今日の所は?」

善子「ありがとうずら丸。勉強になったわ」

花丸「う、うん……///」

善子「練習に付き合ってくれてありがと。じゃねっ」タッタッタッタッ

花丸「じゃ、じゃあね……///」

花丸「…………///」

花丸(あああああああ!!! やってしまったあああ!!! ////////)

花丸(善子ちゃんに逆らえずにやってしまったずらぁぁぁ!! ///////)


25: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/22(木) 21:59:45.54 ID:TbYC+xfi0

花丸(キス、できたのは嬉しかったずら……幸せだったずら…………/////)ポー

花丸(でも、これじゃあ善子ちゃんの彼女さんに申し訳ないずら……)ズキッ

花丸(……はぁ……、善子ちゃんの彼女さんって、一体誰なんだろう……)ズキズキ



~放課後、部室~


花丸(スクールアイドルの恋愛ルールって……、たしか……)

花丸(①例外を除いて恋愛禁止)

花丸(②唯一の例外として……)

花丸(『メンバー内の女性同士に限り、恋愛は許される』……)

花丸(これが鉄則……絶対遵守の鋼の掟……。と、なると……)

花丸(善子ちゃんとオラを除く、7人のAqoursメンバーの誰か、か……)


26: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/22(木) 22:01:00.76 ID:TbYC+xfi0

ダイヤ「果南さん、鞠莉さん。ここのフォーメーションの再確認をしますわ」

果南「うん、いいよ」

鞠莉「私に任せて♪」

善子「天界堕天条例・第45条に乗っ取り、黒き精霊結界を構築……」ブツブツ

ダイヤ「善子さん! 少し黙っててください」

花丸(ダイヤさん……)

果南「あはは、相変わらずだね、善子は」

花丸(果南さん……)

鞠莉「善子はね、ダークでありながらシャイニーなのよ♪」

ダイヤ「鞠莉さん! あれのどこがシャイニーなのですか!)

花丸(鞠莉さん……)


27: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/22(木) 22:06:24.80 ID:TbYC+xfi0

善子「堕天の儀を開始……潜在能力の全てを向上させ……解放……」ブツブツ

千歌「善子ちゃん、楽しそうだね。全然周りの声聞こえてないね」

花丸(千歌さん……)

梨子「善子ちゃん。もう少しだけ静かに……」

花丸(梨子さん……)

曜「よーしーこー! は、今日もごきげんっ!」

花丸(曜さん……)

ルビィ「相変わらず何言ってるのかよく分かんないけど……」

ルビィ「ちょっと、かっこいい? かも……?」

ダイヤ「ルビィ? 影響されちゃ駄目ですわよ」

花丸(ルビィちゃん……)


28: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/22(木) 22:07:15.04 ID:TbYC+xfi0

花丸「…………」

ダイヤ「花丸さん? どうしたのですか?」

ルビィ「どうしたの? 花丸ちゃん」

ダイヤ「なんか元気ないですわね?」

ルビィ「というか……上の空?」

花丸「ダイヤさん、ルビィちゃん……」

ルビィ「いつものツッコミはしないの?」

ダイヤ「そうですわ。暴走しすぎないうちに止めといてくれません?」

花丸「あ、そ、そうですね……止めてきます……」


29: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/22(木) 22:08:15.13 ID:TbYC+xfi0

善子「暗黒の堕天龍と、舞い踊る鳳凰が交差する時……」ブツブツ

花丸(あ、あれ……手が、体が震える……)プルプルプル

花丸(ち、力加減は……どんなもんだったっけ……?)プルプルプル

花丸「や、やめるずら! えーいっ!!!」チョップ

ゴスッ

善子「ああああああ!! いったああああああああ!!!」

花丸「うわああああ!! 痛かった!? ごめん善子ちゃん!!」ナデナデ

善子「……冗談よ。そんなに痛くないわよ……びっくりしただけよ」

花丸「そ、それは良かったずら……」ナデナデ

善子「あと、恥ずかしいから撫でないで」

花丸「あ、ごめん……。それより……」パッ

7人「「「「「「「じーーーっ」」」」」」」

花丸「みんなの迷惑にならないように、静かにしようね?」

善子「あ、はい……」


30: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/22(木) 22:18:08.26 ID:TbYC+xfi0

~翌日、昼休み~


善子「また呼び出して悪いわね、ずら丸」

花丸「よ、善子ちゃん……な、何?」

花丸「か、彼女さん……と、上手くいった?」ズキッ

善子「ん? 彼女さん、ねえ……まだよ」

花丸「ま、まだ……そっか……」

花丸「が、頑張ってね! マルは……応援してるから!」

善子「ほんと?」

花丸「ほ、ほんとずら!」

善子「フフフ、ならよかった。じゃあ、また練習、付き合ってくれない?」

花丸「!?」


31: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/22(木) 22:19:05.50 ID:TbYC+xfi0

善子「昨日と同じように頼むわね」

花丸「いやいやいや! 待って! もう充分でしょ!?」

善子「何が?」

花丸「キスの練習! 昨日やったので充分練習できたでしょ!?」

善子「いや、私的にはまだ不安で……だから不充分なのよ」

花丸「善子ちゃん!!」

善子「な、何?」ビクッ

花丸「いい加減にするずら! 昨日付き合ったオラも悪いけど……」

善子「……」

花丸「隠れてこんなことやってちゃ、善子ちゃんの好きな人だって!」

花丸「絶対! 傷つくずら! バレなきゃいいってものじゃないずら!」


32: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/22(木) 22:24:54.00 ID:TbYC+xfi0

善子「……そう……」

善子「ずら丸……私のこと、嫌いになったのね……」

花丸「え?」

善子「あんただけは……私のことをちゃんと理解してくれる……」

善子「大切な親友だと思ってたのにっ!!」クルッ ダッ

花丸「ま!? 待って!!」アセアセ

善子「……」ピタッ

花丸「よ、善子ちゃんのこと、別に嫌いになってないずら!!」

花丸「と、友達……いや! 親友として! 善子ちゃんのことが大好きずら!」


33: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/22(木) 22:26:15.75 ID:TbYC+xfi0

善子「ほんとに?」

花丸「本当ずら! マルは絶対に嘘はつかないずら!」

善子「よかったわ……」クルッ

花丸「え、えへへ……///」

善子「じゃあ、キスの練習、付き合ってくれるわよね?」

花丸「はあ!? なんでそうなるずら!」

善子「親友でしょ?」

花丸「親友でも普通、キスはしないずら! それは恋人にするものずら!」

善子「じゃあしないの? したくないの?」

花丸「…………」


34: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/22(木) 22:32:02.00 ID:TbYC+xfi0

花丸(ぐぬぬぬぬ……、一体善子ちゃんは何考えてるずら!?)

花丸(ついに頭がクルクルパーになっちゃったずらか!?)

善子「……」ジーッ

花丸(ああ……またしても悪魔の誘いが……善子ちゃんは間違いなく、悪魔ずら……)

善子「……」ジーッ

花丸(くうっ! そんな目でオラを見つめるんじゃないずら!)

善子「一度した事実は変わらないわよ……一度も二度も関係ない……」ボソッ

善子「これはただの練習……あんただって、いい練習になるはずよ……」

善子「ね? は・な・ま・る?」

花丸「…………」


36: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/22(木) 22:33:18.73 ID:TbYC+xfi0

~~~~~~


善子「はぁ……はぁ……はぁ……」

花丸「はぁ……はぁ……はぁ……はぁ……///////」

花丸(結局オラは、善子ちゃんの悪魔のささやきに逆らえませんでした……)

善子「今日はまあ、ここまでね」

善子「なんせ、ここ学校だし。学校の昼休みだし」

花丸「そっ、そうずら! 昨日の昼休みといい、何考えてるずら!」

花丸「誰かに見られでもしたら……!」

善子「大丈夫よ。これでも、周りにも気を配っているわ。誰にも見られてないわよ」

花丸「そ、そうなの?」

善子「そうそう、だから安心しなさい。そろそろ教室に戻るわよ」ザッザッ

花丸「う、うん……」ザッザッ


37: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/22(木) 22:38:59.24 ID:TbYC+xfi0

善子「あ、そうだ」ピタッ

花丸「うわぁっ!」ドンッ

花丸「善子ちゃん! 急に止まらないで!」

善子「ごめんごめん。1つ思い出したことがあって」

花丸「な、何?」

善子「ずら丸、あんた明日はお弁当持ってこなくていいわよ」

花丸「な、なんで?」

善子「好きな人に食べてもらうお弁当を作る練習をしなくちゃいけないから」

花丸「そ、それで?」

善子「あんたはその味見役ってわけよ」


38: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/22(木) 22:40:08.73 ID:TbYC+xfi0

花丸「あ、味見役……」

善子「あーっ、そろそろ時間がヤバい!」

善子「ずら丸、急ぐわよ!」ギュッ タッタッタッタッ

花丸(あ……今、手を繋いで……)タッタッタッタッ



~さらに翌日、昼休み~


花丸「おいしいずら~♡」モグモグ

善子「そう? それならよかった」

善子「……少しは自信、ついてきたかも……」

花丸(自信、か……。まあ、マルは善子ちゃんの応援ができれば、それで……)モグモグ


39: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/22(木) 22:45:23.49 ID:TbYC+xfi0

花丸(えーい、ネガティブなことは考えちゃダメずら!!)モグモグ

花丸「とにかく、このお弁当、とってもおいしいずら!」

花丸「きっと、善子ちゃんの好きな人も喜んでくれるはずだよ!」

善子「そうかしら……それなら、私も嬉しいわね……」ニコッ

善子「ところで、一旦食べるのストップ」

花丸「え!?」モグモグ

善子「…………」ジー

善子「さすがの早食いね……。一口分しか残ってない……」

花丸「え、ごめん、全部食べちゃダメだった?」

善子「そんなことないわ」


41: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/22(木) 22:46:17.79 ID:TbYC+xfi0

善子「ただ、好きな人にあーんをしてあげる練習がしたくって」

花丸「あ、あーん……って……///」

花丸「ま、待って! マルはいいから! ぜひその好きな人に」

善子「はい、あーん」スッ

花丸(き、聞いてない~~~!!)

花丸「あ、あーん……/////」パクッ

善子「おいしい?」ニコッ

花丸「お、おいひいです……///////」モグモグ

花丸(今、全く味が分からなかったずら……)


43: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/22(木) 22:56:11.89 ID:TbYC+xfi0

善子「さて、この後キスの再練習と……」

花丸「まだやるのっ!?」

善子「あと、土日にデートの練習に付き合ってもらって……」

花丸「デートの練習っっっ!?」

花丸「いやいや待って! どう考えてもおかしいずら!」

花丸「普通キスより先にデートじゃないの!? 順番おかしくない!?」

花丸「まだデートしたことないのにキスの練習してたの!?」

善子「……古い考えね。キスが最初で、その後にデートするなんてパターンなど」

善子「この時代、いくらでもあると思うんだけど」

花丸「そ、そうですか……」


44: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/22(木) 22:57:15.03 ID:TbYC+xfi0

花丸「……ところで、キスの再練習って言ったっけ?」

善子「ええ、言ったわね」

花丸「一昨日と昨日の2回でまだ足りないっていうの!?」

善子「そうね……まだ不安だわ……」

花丸「……オラが仲介役になって相談するよ」

善子「え?」

花丸「そんなに不安なら、オラが仲介役になって、善子ちゃんの悩みを伝えるずら!」

花丸「だから善子ちゃん! 善子ちゃんの恋人が誰なのか、教えてください!」

善子「そ……それは……」

花丸「善子ちゃんが誰と付き合ってるのか、教えてくれなきゃ」

花丸「もうキスの練習なんて、絶対に協力しないずら」


46: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/22(木) 23:03:08.11 ID:TbYC+xfi0

善子「ぐっ……!」

善子「ま、まあ、そろそろいっか……。い、いいわよね……?」ブルブル

花丸「?」

善子「大丈夫よ、多分大丈夫、きっと、いや、絶対大丈夫よ……」ブルブル

花丸「よ、善子ちゃん……? ぶるぶる震えてるけど、大丈夫なの……?」

善子「だ……大丈夫じゃない……」ガタガタガタガタ

善子「不安に押しつぶされそう……」ガタガタガタガタ

花丸「善子ちゃん!」ギュッ

善子「! ず……ずら、丸……」ギュッ

花丸「しっかりするずら! 大丈夫、大丈夫だから!」

花丸「何があっても、善子ちゃんにはオラが付いてるずら!」


47: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/22(木) 23:06:51.92 ID:TbYC+xfi0

善子「ほ、ほんと……?」ブルブル

花丸「ほんとずら! どんな悩みでも不安なことでも、なんでも相談してほしいずら!」

善子「……うん……分かったわ」

花丸(善子ちゃんの震えが止まった……よかった……)

善子「ずら丸」ズィッ

花丸「え!? ち、近……」

善子「花丸」ジーッ

花丸「な、何? ///」

善子「……この様子なら大丈夫そう……今なら、きっと……」ジーッ

花丸「そ、そんなに見つめないでほしいずら……こんな至近距離で……///」


48: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/22(木) 23:13:49.66 ID:TbYC+xfi0

善子「花丸……私が誰と付き合ってるのか……教えるわ……」

花丸「……」ゴクリ

善子「…………あ、……あんたよ」

花丸「………………へ?」

善子「一昨日から、『恋人役』としてあなたに付き合ってもらってるわ」

花丸「!! …………っ」

花丸「よ、善子ちゃん!! はぐらかさないでほしいずら!!」

善子「だって他には……何もないもの……」

花丸「え?」

善子「付き合ってる人なんて……いないもの」

善子「私、そんなこと一言も言ってないわよ」


49: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/22(木) 23:14:38.94 ID:TbYC+xfi0

花丸「え!? だって、彼女さんがいるって……!」

善子「あんたが勘違いしたんじゃない」

善子「私はちゃんと否定したわよ」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


花丸「か、彼女さん……と、上手くいった?」ズキッ

善子「ん? 彼女さん、ねえ……まだよ」

花丸「ま、まだ……そっか……」

花丸「が、頑張ってね! マルは……応援してるから!」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


花丸「…………」

善子「私に彼女なんていないわ」


50: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/22(木) 23:17:51.06 ID:TbYC+xfi0

花丸「じゃあ、事あるごとに『練習』って言ってたのは……」

善子「振られるのが……死ぬほど! 死ぬほど怖すぎて!! 不安でたまらなくて……」

善子「告白する勇気が無かったから、行動で示して……」

善子「『相手の好意』を確かめる、実験をさせてもらっただけ」

花丸「……ちょっと!! その行動がアレ!? そっちの方が勇気いるでしょ!!」

善子「…………私にとっては、告白より何倍もマシだったの」

花丸「……。マルは、善子ちゃんのことはすっと見てきたつもりだったけど……」

花丸「こんな、知らない一面があったなんて……」

善子「だって、当然よ。お互い、『親友』よりも先の関係にはなってないもの……」

善子「知らないことだって、たくさんあるはずよ……」

花丸「…………」

善子「…………」


51: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/22(木) 23:27:28.29 ID:TbYC+xfi0

花丸「あの……、オラもまだ心配で不安だから、一応、1つ聞いていい?」

善子「……いいわよ」

花丸「善子ちゃんが事あるごとに言ってた……好きな人って……誰?」

善子「…………っ、あなた……あなたよ」

花丸「…………そっか……」

善子「ず……、花丸!!」

花丸「は、はい!!」

善子「私は! あなたのことが!」

善子「ずっと……ずうっと昔から好きでした!!」

善子「どうか……どうか! 私と付き合ってくださいっ!!」


53: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/22(木) 23:28:16.84 ID:TbYC+xfi0

花丸「!! ……オ……オラも!!」

花丸「善子ちゃんのことをずっと! ずうっと昔から好きでした!!」

花丸「長いこと離ればなれだったけど!! この高校で再び再会できて嬉しかったです!!」

花丸「これから……どうか……よろしくお願いします。善子ちゃん」

善子「は、花丸……」

善子「花丸うううう!!」ダキッ

花丸「善子ちゃん!」ギュッ

善子「ううっ……よかった……本当によかった……」ポロポロ

花丸「マルも本当によかったよ……よしよし」ナデナデ


54: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/22(木) 23:29:31.09 ID:TbYC+xfi0

~~~~~~


花丸「落ち着いた?」

善子「……ええ」

花丸「よかった」

善子「ねえ、花丸」

花丸「何? 善子ちゃん」

善子「キス、しない?」

花丸「善子ちゃん、ほんとそれ好きだね」

善子「むぅ……ずら丸は嫌なの?」

花丸「ううん……オラも好きだよ」スッ

花丸「んっ」チュッ

善子「ん……んっ」チュー


55: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/22(木) 23:30:12.44 ID:TbYC+xfi0

~8年後~


善子「よ・し・は~♪」

花丸「よーしーはちゃ~ん♪」

善葉「あーうー♡」

善子「今日はいつもより、とってもご機嫌ね」

花丸「そうだね♪」

花丸「……それにしても、まさか子供を授かるとは思ってなかったよ」ナデナデ

善子「知らなかった? 女性同士で5年以上キスを続けているとね」ナデナデ

善子「一定の確率で子供を授かることがあるのよ!」ナデナデ

善葉「きゃっきゃっ♡」


56: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/22(木) 23:30:49.24 ID:TbYC+xfi0

花丸「し、知らなかったずら……」

善子「これ、常識ね♪」

善葉「んー?」

花丸「神秘ずら~~!」キラキラ 

善子「ふふっ、そうね」

善子「……ねえ、花丸」

花丸「なぁに? 善子ちゃん」

善子「これからもよろしくね♡」チュッ

花丸「こちらこそ、よろしくね、善子ちゃん♡」チュッ



おしまい


57: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/22(木) 23:31:05.57 ID:bUyLKi+y0

|c||^.-^||


58: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/22(木) 23:31:08.34 ID:AhZvgVqFd

|c||^.- ^||乙ですわ


60: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/22(木) 23:32:01.03 ID:e+JYh8UN0

|c||^.-^||


63: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/22(木) 23:38:24.93 ID:YlzkbU9A0

奥手なようで大胆善子ちゃんともやもや花丸ちゃん素晴らしかった乙乙
善葉ちゃん可愛い


66: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/22(木) 23:59:22.00 ID:4NxCfsfQ0

良かった…とてもいいものだったおつおつ


67: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/23(金) 00:01:26.55 ID:6Jp2sdur0


これは善いよしまる


69: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/23(金) 01:33:52.24 ID:qbc3u8Un0

は?
なんやこれ・・・・
最高のハッピーエンドだよ!


62: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/22(木) 23:36:45.71 ID:uk4ed2AId

|乙||^.-^||


引用元: ・http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1482410392

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連おすすめ記事
オススメ記事

この記事へのコメント

  1. 名無しのラブライバー:2016/12/25(日) 03:48:20

    ラストくそ


  2. 名無しのラブライバー:2016/12/27(火) 04:43:26

    キスし続けてると 一 定 の 確 率 で子供が出来るで草


プロフィール

ラブライブ!通信管理人

ラブライブ!の速報や面白い話を毎日まとめています!
更新情報はこちらでツイートしているので、是非フォローしてください(^ω^)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
オススメ
週間人気記事ランキング
逆アクセスランキング
アクセスカウンタ
相互リンク
アンテナサイト