【ラブライブ!】ことり「ミステリアスな私の先輩」

nozomi_20150828020030070s_201612071825292ae.png


1: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/05(月) 21:16:41.13 ID:FTMnR9vN

ことり「はぁ…はぁ…」

ことり「疲れたけど、もっと頑張らないとダメ…だよね…」

ことり「最近、衣装作りが忙しくて練習できてないから、このままだとみんなに迷惑かかっちゃうし…」

ことり「うん!もう少し走ろっと!」

希「おはよう、ことりちゃん。朝から精が出るね」

ことり「希ちゃん、おはよう」



3: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/05(月) 21:17:16.16 ID:FTMnR9vN

希「今日は朝練無い日だけど、ちゃんと練習してるんやね」

ことり「うん、希ちゃんは神社のお手伝い?」

希「そうなんよ。今日は結婚式があるから、その前にお掃除して綺麗にしておかないとね」

希「本当はお休みなんやけど、人手が足りないからって朝だけお手伝いなんよ」

ことり「そうなんだ…大変だね…」

希「そんな事無いよ。結婚式をお手伝いできるって嬉しい事やもん」

希「カップルが愛を誓って、結婚して幸せになりますってことでしょ?」

希「そんな人生で大切なイベントのお手伝いをできる機会ってなかなか無いからね」

ことり「愛を…誓って…///」


4: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/05(月) 21:17:51.71 ID:FTMnR9vN

希「ふふっ、ことりちゃんは恋をしてるんかな?」

ことり「ことりが!?そ…そんな事無いよ…」

希「そうなん?」

ことり「だって…恋っていわれても、良く分からないもん…」

希「んー?別に難しく考えなくてもいいんじゃないのかな?」

ことり「そうなの…?」

希「だってLikeとLoveは違うっていうけど、半分は同じ文字なんやし」

希「好きって気持ちと恋って気持ちはきっと紙一重なんよ」

希「なーんて、自分で言ってちょっと恥ずかしくなってきたけど」アハハ


5: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/05(月) 21:18:22.37 ID:FTMnR9vN

ことり「じゃ…じゃあ、希ちゃんは…恋…してるの…?」

希「知りたい?」

ことり「え…あっ…その…」

希「例えば…練習がお休みなのに、汗だくになりながら階段ダッシュをしてる女の子とかかな?」クスッ

ことり「え…?」

希「なーんてね♪ことりちゃん、びっくりした?」

ことり「う…うん…」

希「ことりちゃんと話してたらこんな時間になっちゃった、もう少し練習するんでしょ?」

希「ウチも、もう少ししたらお掃除終わるから、一緒に学校行こう?」

ことり「うん…」

希「それじゃあ、練習頑張ってね」

ことり「あ…ありがとう…」


6: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/05(月) 21:18:53.12 ID:FTMnR9vN

ことり「…」

ことり(さっきの希ちゃんの言葉…どういう意味だったのかな…)

ことり(もしかして…希ちゃんが、ことりの事を…?)

ことり(そんな事あるわけないよ…ことりは何をやっても普通で、いいところなんてないんだから…)

ことり(ううん!そんな事より練習しないと!)

ことり(でも…希ちゃん、巫女さんの服似合ってて美人だし…)

ことり(ちょっとミステリアスなところも魅力的だし…なにより…)

ことり(困っている時にそっと手を差し伸べてくれる優しい所が…)


7: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/05(月) 21:19:59.05 ID:FTMnR9vN

ことり(もう…ことり何考えてるの…)

ことり(練習頑張らないと、みんなに置いて行かれちゃうし…)

ことり(そんな事絶対いや……だからもっと頑張らないと)

ことり(あと5往復…頑張ろう!)


8: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/05(月) 21:21:08.48 ID:FTMnR9vN

希「お疲れ様、ことりちゃん」

ことり「希ちゃんもお疲れ様!」

希「随分頑張ってたみたいやし、これあげる」

希「はい、スポーツドリンク。汗かいた後はこれを飲まないとね」

ことり「ありがとう!それじゃあいただきます」


9: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/05(月) 21:22:24.05 ID:FTMnR9vN

希「どう?おいしい?」

ことり「うん♪」

希「それじゃあ、ウチも貰おうかな」

ことり「えっ…?」

希「いただきまーす」

ことり(こ…これって…間接…キス…///)

希「お掃除、頑張ってやったからウチも疲れた…ことりちゃん?」


10: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/05(月) 21:23:10.71 ID:FTMnR9vN

希「顔赤くしてどしたん?」

ことり「えっ!な…何でもないよ!!」

希「本当…?あっ、もしかして、照れてるん?」

希「間接チューで照れるなんてことりちゃんは随分照れ屋さんやね」クスッ

希「これが、仲良しな穂乃果ちゃんや海未ちゃんやったらもっと恥ずかしいんかな」クスクス

ことり(穂乃果ちゃんと海未ちゃんと…?)

ことり(二人とペットボトル飲みまわしても、なんとも思わないけど…)


11: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/05(月) 21:24:03.85 ID:FTMnR9vN

ことり(なんで、希ちゃんとするとこんなに恥ずかしいんだろう…)

ことり(さっき希ちゃんが、変な事言うから…)

希「…ことりちゃん?」

ことり「べ…別に…恥ずかしいわけじゃないよ…」

希「本当?それじゃあ、もう少し飲もうかなぁ」

ことり「え…あ…だめっ!」

希「あら、ことりちゃんは大胆な子やね」

ことり「どうして…?」


12: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/05(月) 21:24:58.30 ID:FTMnR9vN

希「ウチがこれを飲んじゃダメって事は、残りはことりちゃんが飲むって事でしょ」

希「つまり…これを飲みたいって事はウチと間接キスしたいって事やん?」

希「ウチは構わないけど、流石に面と向かって言われると恥ずかしいかな…///」

ことり「そ…そんな事思ってないもん!」

ことり(ことりから希ちゃんと間接キスなんてそんな恥ずかしい事、できないよ…)

希「ふふっ。ごめんね、ことりちゃん」

ことり「え…?」


13: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/05(月) 21:25:34.59 ID:FTMnR9vN

希「ことりちゃんってかわいいから、ついこういう事したくなっちゃうんよ」

ことり「か…かわっ!?」

希「ちゃんと飲み口はティッシュで拭いてあげるから。これで大丈夫♪」

ことり「あっ…」

希「それじゃあ、学校行こか」

ことり「う…うん…」


14: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/05(月) 21:26:02.02 ID:FTMnR9vN

ことり「はぁ…」

海未「どうしましたか、ことり?元気がないようですが」

ことり「海未ちゃん…大丈夫だよ」

海未「本当ですか?無理に聞き出すつもりはありませんが、私に協力できることがあれば何でも言ってくださいね」

ことり「ありがとう…海未ちゃん」

ことり(でも、この事は海未ちゃんにも、穂乃果ちゃんにも相談できないよ…)


15: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/05(月) 21:28:08.06 ID:FTMnR9vN

ことり(今朝、か…間接キス、しちゃって…)

ことり(それに、希ちゃんにあんな事言われて…)

ことり(頭の中、希ちゃんの事でいっぱいなんだもん…こんな事誰にも言えないよ…)

ことり(でも…本当は今朝からじゃなくて、何かある毎に希ちゃんに目を奪われてて…)

ことり(もう、この気持ち抑えきれないよ…希ちゃん…)


16: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/05(月) 21:28:57.24 ID:FTMnR9vN

――放課後――

ことり(今日のことり、どうかしてるよ…早く家に帰ろう…)

ことり(希ちゃんに会ったらまたおかしくなっちゃう…)

ことり「穂乃果ちゃん、海未ちゃん、そろそろ帰ろう?」

穂乃果「ごめんね、これから雪穂と待ち合わせがあって」

海未「すみません。私も弓道部の方が」

ことり「そうなんだ…じゃあ、明日ね」


17: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/05(月) 21:29:25.97 ID:FTMnR9vN

ことり(そういえば、部室に忘れ物してたし、取りに行かないと)

ことり(あれ?鍵空いてるみたい…誰かいるのかな?)

希「あら?ことりちゃん?」

ことり「の…希ちゃん!?何で部室に?」

希「ウチだってアイドル研究部の一員やし、いてもおかしくないやん?」

ことり「そ…そうだよね…」


18: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/05(月) 21:29:54.13 ID:FTMnR9vN

希「ちょっとイジワルな答え方しちゃったね」

希「にこっちとお出かけしようって思ってたんだけど、補修があるみたいでここで待ってたんよ」

ことり「そうなんだ…」

希「ことりちゃんは、何か用事かな?」

ことり「忘れ物を取りにきたんだけど…」

希「そうなんや。ことりちゃん、この後ヒマかな?」

ことり「特に用事はないよ」

希「良かった。ならウチとお話ししながらにこっちの事待ってよ?」


19: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/05(月) 21:30:19.25 ID:FTMnR9vN

ことり(どうしよう…希ちゃんと二人っきりなのは嬉しいけど)

ことり(朝の事があってから、希ちゃんの顔ちゃんと見られないし…)

ことり(今日は、やめておこう…また変な事言われたら困るもん…)

ことり「希ちゃん!あのね…あれ?」

ことり「希ちゃん…どこ…?」


20: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/05(月) 21:30:58.25 ID:FTMnR9vN

希「ウチなら後ろにいるよ」

ことり「えっ!?なんで!?」

希「ことりちゃん、ずっと下向いてるから、わしわししようかなって」

ことり(わしわし…恥ずかしいけど、希ちゃんがことりの…)

ことり(って何考えてるの!?希ちゃんにあんな事されたいなんて、ことり、え…エッチな子みたいだよ…///)

ことり(やっぱり、今日のことり、どこかおかしいよ…)


21: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/05(月) 21:31:33.30 ID:FTMnR9vN

希「もしかして、ウチといるのそんなにイヤやった?」

ことり「そんな事無いよ!」

希「そ…そう?」

ことり「あ…ごめんね…大きい声出して…」

希「ううん、でも良かった。ことりちゃんに嫌われてたらウチ、ショックやもん」

ことり「ことりが希ちゃんの事キライになるなんてありえないよ…」ボソッ

希「ことりちゃん、何か言った?」

ことり「ううん!何でもないよ!」


22: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/05(月) 21:31:59.82 ID:FTMnR9vN

希「それなら、占いでもしよか。例えば恋愛運とか」

ことり「恋愛…」

ことり(目の前に希ちゃんがいるのに、恋愛運を占ってもらうなんて…)

ことり「お…お願いします…」

希「やっぱり、ことりちゃんは恋する乙女やったんね」

ことり「そ…そういうわけじゃないけど…」

希「ええよ、みんなには内緒にしてあげるからね」

ことり「だから、ことりは恋してるわけじゃ…」

希「なら、今日はそういう事にしてあげるよ」クスッ

ことり「の…希ちゃん…///」


23: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/05(月) 21:32:34.69 ID:FTMnR9vN

希「それじゃあ、占うよ」

ことり「うん…」

ことり(希ちゃんの占いは今まで何回も見たことがあるけど…絶対当たるのは間違えないし…)

ことり(叶わない恋なんて言われたらどうしよう…本人からそんな事言われるなんて耐えられないよ…)

希「終わったよ、結果聞きたい?」

ことり(でも…このまま何もしないで終わるのはもっとイヤ…)

ことり「お願いします」


24: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/05(月) 21:33:21.00 ID:FTMnR9vN

希「結末から言うと、ウチの占いでもことりちゃんの恋が叶うのかはわからなかったんよ。ごめんね」

ことり「う…うん…」

ことり(でも、少し安心したかな…)

希「でもね、相手に縁のある場所で告白すると良い結果がでるかもって出てるよ」

ことり「そうなんだ…ありがとう、希ちゃん」

希「それじゃあ、占いは終わりかな」


25: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/05(月) 21:33:47.62 ID:FTMnR9vN

にこ「はあ…やっと終わったわ…あら、ことりもいたのね」

ことり「お疲れ様、にこちゃん」

にこ「ことりも一緒に買い物行く?服でも買いに行こうって希と話してたのよ」

希「ことりちゃんはどうする?」

ことり「…ことりは大丈夫」

にこ「そう?ことりなら喜んで来てくれると思ったんだけど」

にこ「まあいいわ。また明日ね」

希「じゃあね、ことりちゃん」

ことり「二人とも、また明日ね」


26: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/05(月) 21:34:28.65 ID:FTMnR9vN

ことり(ことりも一緒に行けばよかったかな)

ことり(でも、これ以上希ちゃんといたら、もう…)

ことり(今、にこちゃんと何を話してるのかな)

ことり(もう、頭の中、希ちゃんの事でいっぱいだよ…)

ことり(それに、さっきの占い…希ちゃんに縁のある場所といえばあそこだよね)

ことり(明日、行っても会えるのか分からないけど…行ってみよう…)

ことり(成功するかどうかなんてわからないけど…)


27: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/05(月) 21:35:00.52 ID:FTMnR9vN

――翌日――

ことり「はぁ…はぁ…」

ことり「やっぱりいない…当然だよね、約束してる訳でも無いし」

ことり「一人で舞い上がってバカみたい…」

ことり「もう帰ろう…」


28: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/05(月) 21:35:26.78 ID:FTMnR9vN

希「おはよう、ことりちゃん」

ことり「希ちゃん!?」

希「ことりちゃん、神社であまり大きい声出しちゃダメだよ」

ことり「ご…ごめんね…」

希「今日も朝練かな?毎朝頑張ってて偉いね」

ことり「ありがとう」

ことり(昨日一晩考えたけど、やっぱりこの想いは抑えきれないよ…)


29: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/05(月) 21:35:53.87 ID:FTMnR9vN

ことり「あのね…希ちゃん。とっても大切なお話があるの…」

希「大切なお話?」

ことり「ことり…希ちゃんの事…す…す…」

ことり「あの…その…」

ことり(好きって二文字が…出てこないよ…)

希「ゆっくりでいいからね。ウチは待ってるから」

ことり「うん…」


30: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/05(月) 21:37:07.84 ID:FTMnR9vN

ことり「あの…私、希ちゃんの事がす…す………き…」

ことり「ご…ごめんなさい!」

希「ことりちゃん、謝らなくてええよ」

希「それに、こんなところで愛を誓おうとするなんて…いけない子やね」

ことり「ごめんなさい…」


31: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/05(月) 21:38:11.55 ID:FTMnR9vN

希「ウチの返事はこれでいいかな?」

ことり「…ん」

ことり「え…今の…」

希「それじゃあ、学校に行こか」

ことり「うん!」


おわり


32: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/05(月) 21:39:59.08 ID:YwyQab4h

ちょうどことのぞSSが読みたかったんだ


34: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/05(月) 21:45:29.83 ID:htpLAP7A

貴重なことのぞ乙


35: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/05(月) 21:48:32.54 ID:wsRRaTAx

ことのぞ初めて見たけどいいな


38: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/05(月) 22:22:15.06 ID:j44cS65v

自分もことのぞ初めて見たけどこれ最高
乙でした


39: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/12/05(月) 22:26:31.14 ID:HSdJIior

ことのぞ最高かよ。
あくまでもピュアピュア。


引用元: ・http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1480940201

このエントリーをはてなブックマークに追加
オススメ記事

この記事へのコメント

プロフィール

ラブライブ!通信管理人

ラブライブ!の速報や面白い話を毎日まとめています!
更新情報はこちらでツイートしているので、是非フォローしてください(^ω^)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
オススメ
週間人気記事ランキング
逆アクセスランキング
アクセスカウンタ
相互リンク
アンテナサイト