【ラブライブ!】曜「私と千歌ちゃんのみかんな関係」

1dRqVnk.jpg


1: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 04:42:42.16 ID:3oaI/HRr

曜「千歌ちゃん、おやつ持ってくるけど何がいい?」

千歌「みかん!」

曜「千歌ちゃんはいっつもみかんだよね…飽きないの?」

千歌「...曜ちゃんは白ご飯食べてて"飽きたなぁ"とか思ったことある?」

曜「ううん...ないけど」

千歌「それと同じことだよ。」

曜「はぁ…」



2: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 04:44:02.93 ID:3oaI/HRr

千歌「やれマカロンだ、やれトゥラミスだ」

曜「ティラミスね」

千歌「それらは確かに美味しいかも知れないけれど結局いつも食べるものは普通で地味でありきたりなものが一番なのだよ」

曜「ふーん…わかったようなわからないような…」

千歌「ふふん、曜ちゃんにも分かる日がきっと来るよ」


曜「お母さん、まだみかんあったっけー?」テテテ


3: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 04:45:52.34 ID:3oaI/HRr

千歌ちゃんはみかんを黙々とモグモグ食べる。

せわしなくみかんの皮を剥く彼女の指先は既に少し黄色くなっていて、舐めたら多分柑橘系の清涼感溢れる甘酸っぱい味がするだろう。

そんなことを思って千歌ちゃんをずっと見てたら「食べる?」と言ってみかんを一粒差し出してくれた。

あーん、と口を開けたら千歌ちゃんが手ずから食べさせてくれた。
やっぱり甘酸っぱい味がした。


4: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 04:47:57.10 ID:3oaI/HRr

千歌ちゃんはみかんが好きだ。
ずっと昔から好きだった。
もちろん私もみかんは好きだが、千歌ちゃんはいつもみかんを持ち歩いていた。
そして甘酸っぱい香りを周りに撒き散らしながらそれを美味しそうに頬張るのだ。

そういえばみかんを好きになったのは千歌ちゃんが私の隣でいっつも食べてたからだっけ。
「美味しい?」って聞くと、決まってあーんしてくれた。

それで私が「美味しい」って言うと、彼女は嬉しそうに笑うのだった。


6: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 04:50:31.01 ID:3oaI/HRr

千歌「曜ちゃん、みかん剥いて」

曜「え、どうかしたの?」

千歌「みかんを剥くと、思ってたよりささくれに沁みるの」

曜「そっか、じゃあしょうがないね」ムキムキ

曜「はい」

千歌「あーん」パクッ

曜「美味しい?」

千歌「おいしい!」

千歌「曜ちゃんもあーん」

曜「あーん」パクッ

曜「…」ジュプジュプ

千歌「あーん、指しゃぶっちゃだめ!」

曜「ああ、ごめん」


9: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 04:52:43.32 ID:3oaI/HRr

しかしスクールアイドルを始めてから、それは少しずつ変わっていった。

やはり、みかんアイドルというのはイモ過ぎる(みかんだけど)という考えなのだろうか、
彼女は何かときらびやかなものばかり好むようになった。

前々から自身を普通怪獣と形容していた千歌ちゃんのことだ。
大きく自分を変える良いチャンスだとでも感じたのかもしれない。
彼女の嗜好は大きく変化したように思えた。

それこそマカロンだのティラミスだのをことに愛するようになったのだ。
そして、私の隣で あの甘酸っぱい香りを撒き散らすこともなくなってしまった。


10: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 04:54:59.24 ID:3oaI/HRr

鞠莉「千歌っち、この前言ってた奴 手に入ったわよ」

千歌「ほんと!?」

梨子「東京のケーキ屋さんのお菓子だっけ?」

千歌「そうそう、ずっと食べたかったんだよね~!」

鞠莉「みんなの分あるから、ゆっくり食べなさい」

善子「ムシャムシャッ!ムシャッ!ムシャッ!」

花丸「モシャモシャモシャモシャズラッ!」

ルビィ「そんなに慌てて食べたら喉につっかえちゃうよぉ…!」

果南「あ、これ美味しい」

ダイヤ「お茶淹れますわね」


11: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 04:56:53.59 ID:3oaI/HRr

千歌ちゃんは変わった。

お化粧に気を遣って
お洒落に着飾って
流行りのお菓子を食べるようになった。

まぁ、健全な女子高生としてはみかんがどうこう言ってるよりかはよっぽど正しい姿なのだろう。
だけど私はなんとなく寂しかった。

(お菓子自体は物凄く美味しかったです。)


12: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 04:58:36.28 ID:3oaI/HRr

千歌ちゃんが幸せそうだし、これはこれでいいのかなって思った。
千歌ちゃんの嬉しそうな顔、楽しそうな顔を見るだけでどんなスイーツを食べるよりも甘い気持ちになった。

ただ私には、このことは今までの千歌ちゃんを、千歌ちゃん自身が否定したように思えてならなかった。


13: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 05:00:58.89 ID:3oaI/HRr

今までの『みかん千歌ちゃん』は死んで、新たなる『マカロン千歌ちゃん』が誕生した。

みかん千歌ちゃんは、マカロン千歌ちゃんになることを望んでいたのだ。

みかん千歌ちゃんと一緒に過ごしてきた自分は、それがちょっと嫌だった。
ともすれば、千歌ちゃんがあれほど力説していた自身の言葉を曲げたことがちょっとムカついたのだ。

それはすごく千歌ちゃんらしくないことだと思った。


14: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 05:02:30.47 ID:3oaI/HRr

曜「…」

みかん「…」

曜「…」

みかん(曜の裏声)「ネェ、曜ちゃん」

曜「なんだい、千歌ちゃん」

みかん(曜の裏声)「チカね、立派なアイドルになるため日々頑張ってるんダヨ」

曜「それは素晴らしいことだよ」

みかん(曜の裏声)「でもね、たまに思うの」

曜「うん?」

みかん(曜の裏声)「私って普通で地味でありきたりだから…もっとマカロンちゃんみたいになった方が良いのカナって…」

曜「な…」

曜「そんなことないよ!!!」

曜「千歌ちゃんはそのままでいいんだよっ!!」


15: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 05:05:45.54 ID:3oaI/HRr

みかん「よ、曜ちゃん…」

曜「千歌ちゃんは自分が普通怪獣だって思ってるかもしれないけど、みんなは…私はそんなありのまま千歌ちゃんが大好きなんだよ!」

曜「私の好きな千歌ちゃんを馬鹿にしないでっ!!」

みかん「曜ちゃん…ありがとう…」

曜「だから無理に自分を変えようなんて…考えないで」

みかん「うん、わかったよ…曜ちゃん」

曜「私はありのままの千歌ちゃんでいて欲しい」

みかん「曜ちゃん…うれしい…」

曜「愛してるよ…千歌ちゃん」

みかん「私もだよ、曜ちゃん…」

みかん「お願い…ありのままの私を…」

みかん「食・べ・て…♡」

曜「ガブッッ!!ムシャムシャッ!」モグモグモグモグ


16: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 05:07:25.21 ID:3oaI/HRr

別に千歌ちゃんと疎遠になったわけじゃないし、千歌ちゃんとの時間が減ったわけではない。
ただ、きらびやかなものに執心する千歌ちゃんの目はキラキラ輝いていて
私と一緒にいるときは見せなかったその表情に少しだけ嫉妬した。

だから精神的な距離を感じてしまっていたのだ。

この頃になるとみかんの香りを嗅ぐだけで胸の奥がザワザワするようになった。

どこからか柑橘系の香りが漂うと周りをキョロキョロ見渡し、千歌ちゃんがいないことを確認しては
一人がっくりと肩を落とすのだった。


17: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 05:11:49.00 ID:3oaI/HRr

-松月(喫茶店)-


鞠莉「特定の匂いや味で、昔の記憶だったり感情がフラッシュバックすること」

鞠莉「そういうのをプルースト効果って言うのよ」

曜「プルースト効果…?」

鞠莉「味覚と嗅覚は脳の大脳辺縁系に直接繋がってるから情動を想起しやすいの」

鞠莉「楽しいとか悲しいっていう気持ち」

鞠莉「あとはドキドキする気持ち」

鞠莉「ついでに…ふふ、エッチな気分も」

曜「へぇ…」


18: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 05:13:40.86 ID:3oaI/HRr

鞠莉「何悩んでるのかは大体想像つくけど、あんまり思いつめちゃダメよ?」

鞠莉「あなたはなんだかんだ言って脆いんだから」

曜「…ありがとう、鞠莉ちゃん」

鞠莉「辛い気持ちは飲んで忘れなさい」

鞠莉「マスター、彼女に飛びっきりのを一杯」パチンッ

「オレンジジュースです」コトッ

曜「…どうも」

鞠莉「じゃあ…」

鞠莉「甘酸っぱい青春に、乾杯」チンッ

曜「ん…乾杯」チンッ

オレンジジュースはやっぱり甘酸っぱくて、ちょっと泣きそうになる。
ここら辺から、私は千歌ちゃんの事が好きなんだなって気がついたのだ。

友情だけじゃなくて、もっと深い意味で。


19: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 05:15:40.37 ID:3oaI/HRr

千歌ちゃんはいつだってマイペースで、隙だらけだ。
だから私の気持ちなんて知らずに背後から抱きついてきて、
かわいい顔に似合わないおっきいものを押し付けてきたりする。

でも私は女の子だし、千歌ちゃんも女の子だし、おっぱいでエッチな気分のなるのはイケナイことだよね。

この想いは胸の奥底にしまっておこうと思った。


20: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 05:16:42.65 ID:3oaI/HRr

それでもどうしても千歌ちゃんへの想いを抑え切れずに「わああああああああ!!!!」ってなる日もやっぱりある。
(具体的には千歌ちゃんが長時間抱きついてきた日など)

そんな日は、私は決まって高飛び込みをするのだ。
重力という強大なエネルギーに身を任せて水面に吸い込まれるのは胸がすき、気持ちが良い。
いろいろな衝動に抗いまくっている自分にはピッタリに思えた。


そして今日はみかんを食べてたら急に「わああああああああ!!!!」ってなったので久し振りにプールに向かうのだった。


21: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 05:17:32.01 ID:3oaI/HRr

前逆さ宙返り3回半抱え。
この私の得意技は、自分で言うのもなんだがべらぼうに難しい。

できる様になったきっかけは千歌ちゃんが「なんかカッコいい技やってよ」と言ったため、見栄を張ってやってみたらなんかできたのだ。
その時の千歌ちゃんの驚く顔がたまらなく私の胸を打ったから、それ以来これは私の得意技となった。

好きな子の前で良い格好をするために自分の限界を超えるなんて、私は恐ろしく単純な人間なんだなって思ったけど
悪い気はしなかった。


22: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 05:19:23.03 ID:3oaI/HRr

数本の飛び込みを終え、休憩をしていると 拍手をしながら千歌ちゃんが近づいてきた。
「見てたよー!格好良かった!」
笑みをたたえながらそう言う彼女は
昔と何も変わってない様子で私は安心した。

でも、千歌ちゃんは らしくもない綺麗な髪飾りをつけていて
それだけはやっぱりちょっと嫌な気分になった。


23: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 05:20:04.52 ID:3oaI/HRr

私にタオルを差し出しながら千歌ちゃんは言う。


千歌「いや~、曜ちゃんの飛び込みはいつ見ても格好良いね」

曜「そうかな…ありがとう」

千歌「うんうん」

曜「…」

千歌「…」

曜「…」


え、終わり?


24: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 05:21:19.58 ID:3oaI/HRr

千歌「…」

曜「…」

微妙な沈黙、居た堪れない。

私と千歌ちゃんは青空の下で隣り合って座っているのに、2人の間は見えない大きな壁で隔てられているようだった。
ここ最近、私が感じていた千歌ちゃんとの距離感を千歌ちゃんもまた感じていたのだろう。

何かを言いたそうにモゾモゾとする千歌ちゃんに、申し訳ない気持ちでいっぱいになった。

何か声を掛けなくては、と言葉を探していると千歌ちゃんが先に沈黙を破った。


25: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 05:23:13.87 ID:3oaI/HRr

千歌「あの…さ」

千歌「…曜ちゃんはさ、チカとスクールアイドルやってて楽しい?」

曜「…!」

曜「な、何言ってるの 楽しいに決まってるよ…!」

千歌「ん…気を悪くしたのならごめん、謝る」

千歌「でも曜ちゃんって優しいからさ、甘え過ぎかなって思ったんだ」

千歌「最近だと水泳そっちのけでアイドルに掛かりっきりでしょ?」

千歌「…嫌になってないかなって」


26: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 05:24:12.41 ID:3oaI/HRr

曜「変なこと言わないでよ…」

曜「私がスクールアイドルのこと嫌だなんて思うわけないじゃん…!」

曜「私はずっと千歌ちゃんと一緒に何かをやりたいって思ってたんだよ!?」

千歌「ふふ、やっぱり曜ちゃんは優しいね」

千歌「チカも曜ちゃんみたいに強くて優しくてカッコよくなれたらいいな…」

千歌「じゃあ、チカもう行くから」

曜「…ちょ、ちょっと!」


そう言って背を向け足早に去っていく千歌ちゃんからは、嗅いだことのない香水の香りがした。


27: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 05:26:31.38 ID:3oaI/HRr

-また松月-


曜「…」

鞠莉「…ねぇ曜 酷い顔してるわよ?」

曜「…あのさ、鞠莉ちゃん」

鞠莉「うん?」

曜「私ってそんなに凄い奴に見えるの?」

鞠莉「う~ん、なんでも器用にこなせるってイメージはあるけれど」

曜「そんなこと…ないよ…」

曜「…本当は…どうしようもない奴なんだよ」

曜「うぅ…千歌ちゃんのばかやろう…」

鞠莉「はぁ…重症ね」

鞠莉「マスター、いつものを」パチンッ


28: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 05:27:39.16 ID:3oaI/HRr

「オレンジジュースです」コトッ

曜「私ね、ずっと千歌ちゃんに憧れてたんだ…」グビグビ

曜「いつも真っ直ぐで、自分を曲げない千歌ちゃん…」グビグビ

曜「そんな千歌ちゃんに少しでも近づける様に色んなことを頑張ってきたんだよ…」

曜「水泳もその一つなんだけど…」

鞠莉「千歌っちからしたら、そのせいでスクールアイドルをやらせることに罪悪感を覚えたってこと?」

曜「皮肉な話だね…」

曜「…私、本当になんなんだろ」

鞠莉「…」

鞠莉「曜はいったいどうしたいわけ?」

曜「え…」


30: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 05:29:55.15 ID:3oaI/HRr

鞠莉「千歌っちに理解されたいの?」

鞠莉「昔の千歌っちに戻って欲しいの?」

鞠莉「それとも千歌っちに愛されたいの?」

鞠莉「今のあなたは何がしたいのか分からなくて子供の癇癪みたいよ」

曜「そ、それはそうかもしれないけど…」

鞠莉「はっきりしなさい」

鞠莉「あなたの願いは何?」

曜「…」

鞠莉「…」

曜「えっと…」


私は…


曜「…」

曜「千歌ちゃんに、みかんをあーんしてもらいたい…」

鞠莉「は?」


31: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 05:32:32.81 ID:3oaI/HRr

曜「お互い、みかんをあーんすること…」

曜「私が千歌ちゃんにあげて、千歌ちゃんが私にくれるの…」

曜「…それが、私たちの絆だったんだよ」

鞠莉「…」

曜「私たちはずっとお互い足りないものを補ってきたんだ…」

鞠莉「ふぅん…」


32: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 05:33:16.22 ID:3oaI/HRr

曜「千歌ちゃんはずっとそのままでいて欲しい…」

曜「変に気取ったり、無理に変わったりしないで…」

曜「千歌ちゃんが好きだったみかんみたいなままでいて欲しい…!」

曜「私はそんな千歌ちゃんとずっと一緒にいたい…!」


鞠莉「…good」

鞠莉「いい関係ね」


33: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 05:34:38.74 ID:3oaI/HRr

鞠莉「曜」

曜「…」

鞠莉「なんで千歌っちは自分の言葉を曲げてまで変わろうと思ったかわかる?」

曜「え…それはアイドルとして…」

鞠莉「本人から直接聞きなさい」

鞠莉「あなたがこれからすべきことの答えは、そこにあるわ」

鞠莉「…近過ぎると見えないことって、あるのよ」


34: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 05:35:26.42 ID:3oaI/HRr

千歌ときちんと話し合うことね。

そう言い残すと、鞠莉ちゃんは私を残して店から去った。
千歌ちゃんが自分を曲げた理由。
彼女のことを思うと、また胸の奥がザワザワした。

あと、あの人お会計しないで出て行ったよ。


35: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 05:38:22.79 ID:3oaI/HRr

なんやかんやでそれから1週間が経った。

未だに千歌ちゃんとはきちんと話せていない。

というのも アレ以来、彼女との関係がぎこちなくなってしまったのが大きな原因だ。


36: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 05:39:19.72 ID:3oaI/HRr

曜「あ、あの 千歌ちゃん?」

千歌「えっ、なぁに?」

曜「衣装のここの飾り、これでいいかな…?」

千歌「わぁ、かわいい…」

千歌「うん、いいと思うよ…たぶん」

果南「…千歌、たぶんじゃ困ると思うんだけど」

千歌「…これでいいよ、うん」

曜「そ、そっか…ありがとう」

鞠莉「…」イライラ


37: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 05:40:09.06 ID:3oaI/HRr

鞠莉「…」トントントントントントントントン

果南「…ねぇ鞠莉、あの2人どうかしたの…?」ヒソヒソ

鞠莉「どうかしてるわよ、本当に…」

鞠莉「結局進展ゼロじゃない…!」

果南「はぁ…」

鞠莉「どうにかしてあの2人に話し合わせる必要があるわね…」


38: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 05:40:42.08 ID:3oaI/HRr

梨子「曜ちゃん、衣装の進捗は?」

曜「問題ないよ、間に合いそうだね」

梨子「じゃああとは千歌ちゃんの歌詞ね…」

千歌「う…」

梨子「まだ書けないの?」

千歌「ごめん、なんか最近集中できなくてさ…」

梨子「じっくり考えるのはいいことだけど…」

ダイヤ「練習もなるべく早く始めたいし、よろしくお願いしますね?」

千歌「う、うん…がんばる」

曜「…」

鞠莉「…ふぅん」


39: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 05:41:30.06 ID:3oaI/HRr

鞠莉「千歌っち、集中できないんだ?」

千歌「え、う、うん…中々言葉が出てこなくて…」

鞠莉「そうね、だったら散歩でもしてきたらいいんじゃない?」

千歌「散歩?」

鞠莉「たぶん、ぶらぶらすれば気も少しは晴れるだろうし」

ダイヤ「そうですわね、篭ってるよりかはいいかもしれませんわ」

千歌「う、うん…わかった、行ってくる」

鞠莉「じゃ、曜 千歌っちについてったげて」

千歌「!」

曜「ええ!?私?」


40: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 05:42:35.59 ID:3oaI/HRr

曜「な、なんで私が…」

鞠莉「いい加減バシっと決めなさいよ…!」ヒソヒソ

曜「で、でも私 衣装あるし…」

千歌「そ、そうだよ!曜ちゃんは衣装で忙しいから…」

鞠莉「花丸、ルビィ、善子 ケーキ買ってきてあげるから衣装やっといて」

花丸「らじゃーずら!」

ルビィ「がんばルビィ!」

善子「ふん…イチゴがのってるチョコレートケーキじゃないとヨハネは動かない」

鞠莉「ということだから…ね?」

果南「…ファイト」ボソッ

曜「う…」

千歌「…」


鞠莉ちゃんにしてやられた。
ちょっと悔しい。


41: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 05:43:28.25 ID:3oaI/HRr

-外-


曜「…」テクテク

千歌「…」テクテク

相変わらずの沈黙。
ちょっと前までは一日中べったりだったのに、どうしてこんなことになってしまったんだか。

道すがらすれ違う 仲睦まじそうなカップルに恨めしい視線を送りながら、
私は自分の不甲斐なさにウンザリした。


42: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 05:44:13.77 ID:3oaI/HRr

沈黙は続く。
今度はこっちから会話の口火を切らなくてはなるまい。
なんか話題はないか…と頭を抱えて考えていると、
鞄に入れていた(千歌ちゃんごっこ用の)みかんのことを思い出した。
これは是非とも突破口にせねば。

曜「…ち、千歌ちゃん?」

千歌「…うん」

曜「みかん、あるんだけど 食べない?」

千歌「みかん…」

千歌「…そうだね、貰おうかな」

曜「じゃあ、あっちの砂浜に座って食べようよ」


43: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 05:45:32.82 ID:3oaI/HRr

ざざーん…

波の音が心地良い。

2人砂浜に座って海を眺めるなんて、いつぶりだろう。
小さい頃は日が暮れるまでここで遊んだなぁ…。

水平線の向こうに見える夕陽は、その頃と全く変わらなくて
まるでみかんみたいだなって思った。


千歌「…」モグモグ

曜「みかん、美味しい?」モグモグ

千歌「…おいしい」


44: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 05:46:54.78 ID:3oaI/HRr

みかんの味と香りに誘われて、忘れてた想い出がたくさん溢れ出してきた。
楽しかったことも、悲しかったことも

そして千歌ちゃんへの想いも。

だから 想い出にちょっとだけ勇気を貰って、私たちの話をしようと思った。


46: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 05:48:42.94 ID:3oaI/HRr

曜「ねぇ千歌ちゃん…」

千歌「…ん」モグモグ

曜「千歌ちゃんはなんでみかんを捨てたの?」

曜「…昔は大好きで、私によくわかんない講釈垂れてたくらいなのに」

曜「みかんのこと嫌いになったの…?」


千歌「…」


47: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 05:49:57.12 ID:3oaI/HRr

千歌「みかんは、大好きだよ…」

曜「だったらなんで…」

千歌「…でも、ずっとみかんじゃ ダメなんじゃないかなって思ったんだ」

曜「…どうして」


千歌「…だって」

千歌「曜ちゃんはさ、みかん好き?」

曜「…そりゃ大好きだけど」


48: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 05:51:02.59 ID:3oaI/HRr

千歌「でもさ、ティラミスと一緒にみかんを食べたら 酸っぱくて美味しくないでしょ?」

曜「…はぁ」

千歌「だから、ティラミスにはマカロンとかの方が合うんだよ」

曜「…」

千歌「あ…牛乳の方が合うかな…」

千歌「でも花丸ちゃん牛乳苦手って言ってたしな…」

千歌「花丸ちゃん、ミルクティーは飲めたっけ?」

曜「…」

何言ってんだこの子。


49: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 05:52:01.37 ID:3oaI/HRr

曜「…ごめん、全然意味わからない」

千歌「えぇっ!? チカなりに言葉を尽くしたつもりだったんだけど…」

曜「あの、無理して比喩とか使わなくていいからはっきり言ってよ」

千歌「は、恥ずかしいから直接言わないんだよ…」

曜「大丈夫、よくわからない例えを得意げに使う方が恥ずかしいから」

千歌「ちょっと、曜ちゃんひどいよぉ!」プンスコ

曜「作詞家なんだから、そういうの頑張らないと」フフッ

千歌「う…がんばります」


千歌ちゃんの表情が砕けてきた。
ちょっといい感じかも。


51: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 05:56:11.54 ID:3oaI/HRr

千歌「…えっと」

千歌「この際だから恥を忍んではっきり言うよ?」

曜「…うん」

千歌「…正直、チカはずっと曜ちゃんにコンプレックスを感じてたの」

千歌「こんなすごいやつの隣にこんな普通怪獣がいていいのかなって」

千歌「ちょっとだけ惨めな気持ちになったりもした…」

千歌「アイドルとして活動するようになって、そんな考えは…ますます強くなったよ」


曜「…そんな」

千歌「でね、そんなチカが曜ちゃんを振り回してもいいのかなって いろいろ悩んでた…」


52: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 05:57:33.47 ID:3oaI/HRr

曜「…」

千歌「だから頑張って、曜ちゃんみたいなすごい人になろうと頑張ったんだ」

千歌「見た目に気を遣って、流行を追いかけて」

千歌「ティラミスの隣にあっても笑われないようなマカロンになろうと思ったんだ」

千歌「曜ちゃんに迷惑掛けないように」

千歌「胸を張って曜ちゃんの隣に立てるように…」

千歌「…ずっとずっと、曜ちゃんと一緒にいたいから」

曜「…」


53: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 05:58:49.70 ID:3oaI/HRr

信念を曲げてまでみかんを捨てたのは、私のためだった。
私と一緒にいるために千歌ちゃんはマカロンになろうとしてたんだ。
彼女はみかんな自分が嫌いだったのだ。


千歌「…ごめんね」

曜「…バカだなぁ」

千歌「…ごめん」

曜「…ほんと、バカ千歌だよ」

千歌「…」


54: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 06:00:46.54 ID:3oaI/HRr

曜「…」

曜「私もう一生ティラミスもマカロンも食べないでいいや」

千歌「…え?」

曜「みかんしか食べない」

千歌「…曜ちゃん?」

曜「…」

曜「私はずっと千歌ちゃんに憧れてたんだよ?」

曜「マカロンじゃなくて、みかんな千歌ちゃんに」

曜「ほんっと、千歌ちゃんって何も分かってないんだね」

千歌「…」

曜「ムカつく」


56: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 06:01:48.41 ID:3oaI/HRr

曜「…」

千歌「…」

曜「…みかんは風邪にいいんだよ」

曜「ビタミン豊富だからね!」

千歌「うん…」

千歌「…うん?」

曜「便秘、高血圧、動脈硬化の改善もする」

曜「ついでに美肌効果もある!!」

千歌「おぉ…」

曜「最近だと抗がん作用もあるって言われている!!」

曜「脂肪肝に骨粗しょう症!あと花粉症!アトピーも!!」

曜「枚挙にいとまがないよ!!」


57: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 06:05:59.86 ID:3oaI/HRr

曜「これだけ凄い効果があるのに千歌ちゃんはみかんをダメだって思うの!?」

曜「見た目の可愛さや綺麗さだけじゃない、本当に大切なものを見失なわないでよ!」

曜「私の大好きな千歌ちゃんに気付いてよ!!」

千歌「…曜ちゃん」

曜「私が好きな千歌ちゃんは…そんなみかんみたいな千歌ちゃんなんだよ…」

千歌「…」


58: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 06:07:07.38 ID:3oaI/HRr

曜「私はずっと千歌ちゃんみたいになりたいと思ってた」

曜「優しくて、暖かくて、自分を曲げないひたむきな千歌ちゃんが大好きだった…」

曜「私はそう思ってるし、みんなだってそう思ってるよ!」

曜「千歌ちゃんの魅力を知らないのは千歌ちゃんだけなの!!」

曜「だから、自分を嫌うのはもうやめて!!」

千歌「…」

曜「…ふぅ」

千歌「…」

曜「…」

千歌「…う」

千歌「…うぅ…ヒック…」ウルウル

曜「…えっ」


59: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 06:08:29.16 ID:3oaI/HRr

曜「ちょっ、ちょっと泣かないで…」

千歌「ぅう…あ"…ヒック…」

曜「ご、ごめん…言い過ぎたよ…」

千歌「…うぅん…」

千歌「…ちがうの」

千歌「あんしんしたの…」

曜「…安心?」

千歌「ずっと、ずっとなやんでた…」

千歌「このままじゃだめだって…はやくかわらなきゃって…」

曜「千歌ちゃん…」

千歌「だから…曜ちゃんのことばがうれしくて…」

千歌「あ"あ"…うぅ…ヒック……」

曜「…千歌ちゃん」


61: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 06:11:28.93 ID:3oaI/HRr

千歌「チカ、このままでいいの…?」

曜「…うん、そのままがいい」

千歌「曜ちゃんの隣にいてもいい?」

曜「私の隣にいて欲しい」

千歌「うぅ…あ"ぅ…」グスグス

曜「…」ギュゥッ


63: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 06:12:40.85 ID:3oaI/HRr

~~~


千歌「…」

曜「…落ち着いた?」

千歌「…うん」ゴシゴシ

曜「ああ、そんなに擦ったら腫れちゃうよ」

千歌「ん…」


一日の終わり、世界はみんなみかん色。
空も、海も、砂浜も、私も、千歌ちゃんも、夕陽の暖かなみかん色に包まれてなんだか甘酸っぱい心地。


千歌「…綺麗だね」

曜「うん…」


64: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 06:13:47.64 ID:3oaI/HRr

千歌「…曜ちゃん、ほんとうにありがとう」

千歌「ずっと胸の奥につっかえてたものが取れたよ」

曜「私も、言いたいこと言えてすっきりした」


千歌「…みかん、まだある?」

曜「いっぱいあるよ」

千歌「うん…えへへ、やっぱりこれだよね」モグモグ


65: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 06:14:33.43 ID:3oaI/HRr

これでひとまずは大団円だ。
私たちの絆もより一層深まった。
これからのアイドル活動にも身が入ることだろう。

ただ、私には一つ言い残してることがある。

この甘酸っぱい感情を、恋心を、千歌ちゃんに伝えたかった。


千歌「はい 曜ちゃん、あーん」

曜「…あ、あーん」パクッ

千歌「えへへ、これ なんだか懐かしいねっ!」

曜「…」


66: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 06:16:53.58 ID:3oaI/HRr

曜「…千歌ちゃん、ちょっといいかな?」

千歌「うん」

私は千歌ちゃんと向かい合った。

伝えるべきか、伝えぬべきか。
悩みに悩んだことだが、今のこの溢れんばかりの想いは、千歌ちゃんに伝えなければ折り合いがつけられそうになかった。

千歌ちゃんが好きで、大好きで
我慢できなかった。


68: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 06:20:48.01 ID:3oaI/HRr

曜「…」スーハー

千歌「…」

曜「…言いたいことが…あるんだけど」

千歌「なに?」

曜「…」

心臓がバクバクなっている。
顔はもう真っ赤だろう。
でも夕陽が赤面を隠してくれる。
波の音が心音を掻き消してくれる。

言うんだ。
「千歌ちゃん、好きです」って…


人生初めての告白。
気張れ、渡辺曜…!!


69: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 06:21:43.57 ID:3oaI/HRr

 

曜「千歌てゃん"っ!!」

舌噛んだ。

 


70: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 06:22:50.00 ID:3oaI/HRr

痛い。
口の中に血の味が広がる。

千歌ちゃんは幽霊でも見たかの様に目を白黒させていた。
そりゃそうだ、幼馴染が改まって何を言い出すのかと思えば「ちかてゃん"」という謎の単語が飛び出したのだ。

本当に何やってんだ私。

砂浜の上で私は正座した。
そしたら、戸惑いながらも千歌ちゃんも私に向き合って正座してくれた。

でも、このおかげでリラックスできた。

言うぞ。
言うぞ。
こんどこそ。


71: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 06:24:11.09 ID:3oaI/HRr

曜「…千歌ちゃん」

千歌「…はい」

曜「…」

曜「好き…です」

千歌「…え、うん…チカも曜ちゃんのこと好きだけど」

曜「違う、そういうんじゃなくて」

曜「…恋愛感情として、千歌ちゃんが好きなの」

千歌「…」

曜「…」

千歌「…」

千歌「えっ」


72: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 06:25:19.50 ID:3oaI/HRr

千歌「…なんて?」

曜「恋愛感情として千歌ちゃんが好

千歌「ちょ、ちょっと待って!」///

千歌「チカも曜ちゃんも女の子だよ!?」///

千歌「そんなのアリなの!?」

曜「アリかナシかで言うと…う~ん、アリ」

千歌「あ、アリなんだ…」///

曜「千歌ちゃんは私のことどう思うの…?」

千歌「わ、わかんないよ…///」ドキドキ


74: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 06:27:03.91 ID:3oaI/HRr

千歌「曜ちゃんのことは大好きだよ…?」

千歌「で、でもそれが恋愛感情なのかって言われると…」

曜「う…」

曜「そうだよね…いきなり言われたって困るよね…」シュン

千歌「…」

千歌「…曜ちゃんはチカと恋人になりたいって思うの?」

曜「うん…」

千歌「…それで、どんなことがしたいの?」

曜「…」


76: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 06:28:51.91 ID:3oaI/HRr

曜「千歌ちゃんに愛してるって言われたいし、千歌ちゃんに愛してるって言いたい…」

曜「ハグとかチューとかいっぱいしたい」

曜「あと、たまにはエッチなこともしたい…かも」

千歌「…」///

曜「とにかく、千歌ちゃんとずっと一緒にいたい…」

曜「ずっと私を見てて欲しい…」

千歌「…」


77: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 06:30:24.74 ID:3oaI/HRr

千歌「…ごめんね、すぐには答えられないよ」

千歌「適当に答えたくないから」

曜「…そっか」

千歌「…いつか、必ず答えるよ」

曜「…」

千歌「…」

千歌「で、でも、チカがどれくらい曜ちゃんのことが好きかは知ってもらいたい…」

曜「…うん」

千歌「だ、だからねっ、エッチなことはできないけど…」///

千歌「ありがとうって想いと、大好きって気持ちを込めて」

千歌「あーん…するね」


78: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 06:31:45.27 ID:3oaI/HRr

そう言うと千歌ちゃんはみかんの房から一粒もぎとり、口に咥えた。

真っ赤な顔をして私の瞳をじっと見つめたあと、
それを私の唇押し付けてきた。

なにが起こったのか、全く分からなかったが甘酸っぱい味が口いっぱいに広がった。
千歌ちゃんはそのまま私の身体を強く抱きしめた。
だから私も強く抱きしめ返した。

ファーストキスは、みかんの味がした。


81: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 06:36:46.32 ID:3oaI/HRr

果汁がさっき噛んだ舌の傷に沁みてヒリヒリ痛かったけどこれを含めて私の恋なんだ。

千歌ちゃんは唇を離すと、潤んだ瞳で私を見つめて
「愛してる」って言ってくれた。

「これ、キスだよね?」
消え入りそうな声で私が聞くと

「あーんだよ」って千歌ちゃんが恥ずかしそうに言った。


82: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 06:41:18.05 ID:3oaI/HRr

-翌日-


鞠莉「はぁ~、ほんとうに手のかかる後輩よ、全く」

曜「あははは…ごめんごめん」

鞠莉「ま、よかったわね 仲直り?できて」

曜「うん…ありがとう鞠莉ちゃん」

鞠莉「私も似たような経験あるから、ほっとけなかったのよ」

鞠莉「あ、今度何か奢ってよ?」

曜「じゃあ、とびっきりのオレンジジュースをご馳走しようかな」


千歌「よーうちゃんっ!」ギュッ

曜「千歌ちゃん!」

千歌「鞠莉ちゃんと何話してたの?」

鞠莉「ふふふ、なんでもないわよ」


83: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 06:42:23.44 ID:3oaI/HRr

曜「…」

曜「…ねぇ千歌ちゃん」

千歌「うん?」

曜「…またあーんしてよ」

千歌「ええっ、それは…」

曜「お願い!この通り!!」

千歌「う…」

千歌「仕方ないなぁ…」///

千歌「じゃあ、うちくる…?」

曜「うん!」

鞠莉「…」


84: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 06:43:16.13 ID:3oaI/HRr

曜「それじゃ、鞠莉ちゃんまたね!」

千歌「またねー!」

鞠莉「…うん、ばいばい」


鞠莉「…」

鞠莉「…このオレンジジュースは…ちょっと甘過ぎかも」

 

告白の答えはまだもらっていない。

私と千歌ちゃんの関係はまだまだ未完だ。


85: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 06:43:45.43 ID:3oaI/HRr

み完


86: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 06:45:23.39 ID:QmXLaad9


ようちかはいいぞ


87: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 06:48:05.67 ID:Gdybag/u


とてもいい雰囲気だった


93: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 07:12:48.43 ID:xxaoiCqz

感動した


95: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 07:17:50.61 ID:P+BOzqQI

よかった
ちょいちょい斜め上のギャグ入るのもすごい好み


96: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 07:29:39.94 ID:HCKABdwE


やっぱりようちかなんだヨーソローなぁ


102: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 08:38:51.78 ID:/SfBUgQO

はあ甘ったるいなぁこういうの大好き


107: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 09:28:52.85 ID:bejhMPZS

すごい好きなようちかだった


112: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/11/06(日) 10:09:56.15 ID:gCRm+m0S

この清涼感はまさしくみかん!
乙です


引用元: ・http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1478374962

このエントリーをはてなブックマークに追加
オススメ記事

この記事へのコメント

  1. 名無しのラブライバー:2016/11/07(月) 19:28:04

    チッカスの痛車乗りが聖地で暴走したらしい。やっぱキチガイ好きはキチガイなんやな


  2. 名無しのラブライバー:2016/11/07(月) 19:30:51

    曜ちゃん好きなもの=みかん=千歌
    公式設定始めからようちか推しやな


  3. 名無しのラブライバー:2016/11/07(月) 19:35:07

    ※1
    おまえ、ホントのアホか?


  4. 名無しのラブライバー:2016/11/07(月) 19:57:34

    たまーに口が悪くなるのはなんなんだ


  5. 名無しのラブライバー:2016/11/07(月) 20:25:12

    惹き付ける文章やね


  6. 名無しのラブライバー:2016/11/07(月) 22:17:05

    みかんの口移しちかっちエッチ


  7. 名無しのラブライバー:2016/11/10(木) 21:07:38

    はぁ〜ようちか尊い


プロフィール

ラブライブ!通信管理人

ラブライブ!の速報や面白い話を毎日まとめています!
更新情報はこちらでツイートしているので、是非フォローしてください(^ω^)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
オススメ
週間人気記事ランキング
逆アクセスランキング
アクセスカウンタ
相互リンク
アンテナサイト