【ラブライブ!】曜「雨の日は」鞠莉「同じ傘で」

images_20161019001611b37.jpg


2: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 16:03:20.28 ID:V23CL8l0

曜「最近は雨ばっかりだよね」

鞠莉「そうね、台風の影響もあるみたいだから、しばらくはrainy dayになりそうね」

曜「あー!泳ぎたい!外を走りたい!!」

鞠莉「ホント曜は身体を動かすのが好きなのね」

曜「うん、でも鞠莉ちゃんだって趣味にスポーツ上げてるし嫌いじゃないでしょ?」

鞠莉「もちろん、身体を動かすと気持ちよくてシャイニーよね」


4: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 16:06:14.44 ID:V23CL8l0

曜「ちょっと外走ってくる!」

鞠莉「馬鹿言わないで、風邪引くわ」

曜「そん時は鞠莉ちゃんにナース服着てもらって看病してもらうから大丈夫」


5: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 16:07:37.93 ID:V23CL8l0

鞠莉「…持ってるの?」

曜「大丈夫!似合うから!」

曜(ナース服着た鞠莉ちゃんが…)


鞠莉『あら、曜、風邪ひいちゃったの?』

曜『げほっゴホッ…ゴメンね、心配かけちゃって』

鞠莉『でもマリーが来たからにはもう大丈夫よ!』


6: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 16:08:53.60 ID:V23CL8l0

鞠莉『よ~う?お粥作ってきたわ、食べれる?』

曜『ゴホッ…ハァごめん…食欲ない…』

鞠莉『oh…でもダメよ?少しでも食べなきゃ』

曜『ありがと、じゃあ少しだけ』

鞠莉『よろしい』

鞠莉『じゃあ、いただきます』

曜『まりちゃんが食べるんだ…』

鞠莉『』顎クイ

曜『ふぇ?んっ…んん』

鞠莉『マリー特製のお粥はどうかしら?』

曜『おっ…美味しいです//////」


8: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 16:09:50.88 ID:V23CL8l0

鞠莉『それはよかったわ』

曜『でも口移しなんて、風邪移っちゃうよ?』

鞠莉『曜の風邪なら大歓迎よ!』

曜「//////」バシバシ

鞠莉「ちょ、なにいきなり!?」

鞠莉「膝の上で暴れないで!」

曜「口移しとか…うわぁ//////」

鞠莉「what?口移し?」

曜「あ…なんでもない、うん」


10: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 16:10:40.21 ID:V23CL8l0

ガチャ

バタン

ダイヤ「相変わらず賑やかですわね」

曜「あれ、ダイヤさん」

鞠莉「ハァイ、ダイヤ頼んでた書類できた?」

ダイヤ「できましたわ、所であなた達はここを何処だと思ってるんですの?」

鞠莉「愛の巣?」

ダイヤ「理事長室ですわよ!少しは場所を弁えなさい!」


11: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 16:11:52.76 ID:V23CL8l0

曜「まぁまぁ、ダイヤさんそう怒らないで」

ダイヤ「あなたもですわよ?」

ダイヤ「はぁ、ちゃんと書類は渡しましたから、帰りますわ」スタスタ

バタン


鞠莉「んーちゃんとできてるわね、流石ダイヤ」

曜「鞠莉ちゃーん、お仕事まだ終わらない?」

鞠莉「目は通したしもう終わりよ」

曜「じゃあ一緒に帰ろうよ」

鞠莉「ええ」


12: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 16:12:37.30 ID:V23CL8l0

//////////////////

曜「うわぁ、凄い雨」

鞠莉「曜」

曜「遅かったねどうかしたの?」

鞠莉「悪いんだけど先に帰って貰っていいかしら?」

曜「え?何かあるなら待つよ?」

鞠莉「そうじゃないの…実は…」


13: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 16:13:15.58 ID:V23CL8l0

曜「帰れない!?」

鞠莉「思ったより雨が強くて船が出せないそうなの」

鞠莉「果南みたいに泳げる訳でもないし、だからここに泊まってく事にしようと思って」

曜「そんなー…」

鞠莉「sorry、曜、気を付けて帰ってね?」

曜「……鞠莉ちゃんがよければだけどさ」

曜「家に泊まりこない?」

鞠莉「え?…そんないきなり迷惑じゃない?」

曜「全然、家帰っても今日は一人だし」

鞠莉「why?」

曜「今日、両親親戚の家行ってるから家に私だけなの」

曜「だから、鞠莉ちゃんが来てくれると嬉しいな~って」


14: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 16:13:57.81 ID:V23CL8l0

鞠莉(以前忍び込んだ時もだけど一人になる事多いのかしら?)

鞠莉「じゃあお言葉に甘えちゃおうかしら」

曜「ホント!?ありがとう鞠莉ちゃん!」

鞠莉「お礼を言うのはこっちだわthank you曜」

鞠莉「もう一つお願いなんだけど…」

曜「なに?」

鞠莉「傘にいれて☆」

曜「え、傘持ってきてるでしょ?」

鞠莉「細かい事はnothing」

曜「別にいいけどあまり大きくないよ?」

曜(来るときに壊れちゃったのかな?だとしたら学校の借りればいい話しなのに)


15: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 16:14:46.73 ID:V23CL8l0

曜「はい、じゃあ行こう」バサッ

鞠莉「thank you」

鞠莉「あっ曜、もっと寄らないと濡れちゃうわ」ダキッ

曜「鞠莉ちゃんも濡れないようにね?」

曜(ってこれよく考えたらこれ…相合傘じゃん///)チラッ

鞠莉「マリーの顔に何かついてる?」

曜(このしてやったり顔…後で崩してやるんだから)

曜「でも…」

鞠莉「?」

曜「雨の日もいいかも」

鞠莉「why?」

曜「こうやって鞠莉ちゃんとくっつけるもん」

鞠莉(…曜ってたまにこっちが恥ずかしくなるような事平然と言ってくるのよね)

鞠莉(でも、後で照れてるようをたくさん見せてもらうわ♪)


16: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 16:15:30.13 ID:V23CL8l0

ー渡辺家

曜「ただいまーって誰もいないけどね」

鞠莉「お邪魔します」

曜「部屋の場所は…分かるよね?先に行ってて」


ー曜部屋

曜「お待たせ~コーヒー淹れてきたよ」

鞠莉「thank you」ゴクッ

鞠莉「ん~コーヒー淹れるの日に日に上達してるわね」

曜「そう?、ありがとう鞠莉ちゃんのために沢山淹れ方勉強したんだ」

鞠莉「いつの間に…でもありがとう嬉しいわ」

鞠莉「そうそうポッキー持ってきたんだけど一つgameしてみない?」

曜「ゲーム?……まさか」


18: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 16:16:18.19 ID:V23CL8l0

鞠莉「Yes!ポッキーgame!」

曜「えー普通に食べない?」

鞠莉「…そうよね~いくら一線を超えたと言っても曜には無理よね」

曜「それはどういう意味?鞠莉ちゃん」ムッ

鞠莉「怒らせるつもりはないのsorry?ただ」

曜「ただ?」

鞠莉「ヘタレには変わらないものね?」

曜「…いいよ、やろうよポッキーゲーム」

鞠莉「無理はしなくていいのよ?」

曜「私もやる時はやるんだって見せてあげる」


19: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 16:17:39.67 ID:V23CL8l0

鞠莉「そう?ならついでに勝負しましょう♪」

曜「勝負?」

鞠莉「そうね…勝った方が1日なんでも言う事を聞くというのはどうかしら?」

曜「その勝負乗った!!」

曜(鞠莉ちゃんを1日好きにできる!という事は)

曜(ナース服だけじゃない、巫女、メイド、なんでも着てもらう事も…それだけじゃないあんな事やこんな事だって///)フーフー

鞠莉「……鼻息荒いわよ?」

曜「ハッ!?」

鞠莉(変な事想像してる割に何もしてこないのよね)

鞠莉(これじゃ私が何かして欲しいみたいじゃない…ダメよマリー大人の余裕を見せなくちゃ)

曜「るっルールは?」

鞠莉「third roundにしましょう」

鞠莉「シンプルに先に離したら負け、折れたら引き分けよ」

曜「いいよ、早速一回いこうか」


20: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 16:18:46.81 ID:V23CL8l0

鞠莉「snackとchocolateどっち側がいい?」

曜「スナックで」

曜(チョコ側の場合、喉が渇いて先に離す恐れがあるしね)

鞠莉「OK、じゃあ先に進む方を決めましょう」

2人「「じゃーんけーん、ぽん!!」」

曜「……よくそのチョキできるね?」

鞠莉「やらされたのよ善子に」


善子『私はヨハネ!…誰に言ってるのよ』


曜「じゃあ先行は貰うね」


21: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 16:20:08.16 ID:V23CL8l0

曜(ポッキーの長さは約13センチ…鞠莉ちゃんがどう進めて来るかわからない以上こちらから一気に仕掛ける事もできる、けど…)

曜(最初だから少しだけ)サクッ

鞠莉(チョコ側を選ばなかった所、チョコで喉が渇く事を恐れたのかしら?)

鞠莉(先手を取った辺り一気に詰めて来るかと思ったけど少しだけ…様子見といった感じね)

鞠莉(なら、こっちも)サクッ

曜(詰めて来ると思ったのに…様子見かぁ)

曜(向こうがこない以上こちらが行くしかないか…)

曜(スナック側からと言っても直ぐチョコ側に入る…けど、ずっとチョコを咥えてるのも辛い筈ならまた少しだけ)サクッ

鞠莉(少しだけなのね?なら少し進みましょうか)サクサク

曜(近づいて来たね…模倣してみようか)サクサク

鞠莉(私と同じ位しか進めてこないなんて…曜なら一直線に来ると思ってたのだけど)


22: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 16:21:05.19 ID:V23CL8l0

鞠莉(慎重なのね?…チョコを咥えてるのも辛いわね)

鞠莉(しかも変に熱いし…少しボタン外しましょう)プチッ

曜(!?///いきなり胸のボタン外してなんのつもり!?)

鞠莉(?…心なしか曜の顔が赤いわね)

鞠莉(暑いなら胸のボタン開ければいいのに)サクッ


23: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 16:21:58.18 ID:V23CL8l0

曜(集中集中…この回をとらないと後が不利になるぞ)

曜(……ダメだ惑わされるな、鞠莉ちゃんの目を見るんだ…違う胸元じゃなくて胸だ……あれ?)

パキッ

2人「あっ」

鞠莉「折れたわね」

曜「引き分けかぁ」

曜「っていうか、なにいきなり胸のボタン開けてるのさ!?」

鞠莉「湿度もあるのか少し暑くなっちゃって…曜も暑いなら開けたら?」

曜「……そうする」

曜(狙ったわけじゃなくて暑いからなんて…)

鞠莉「じゃあ次いきましょう」


24: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 16:22:56.32 ID:V23CL8l0

鞠莉(今度は私が先手よ…さっきは様子見の方が強かったけど一気にいくわよ)サクサクサク

曜(一気に詰めてきた…今回はチョコレート側だし少し食べて、少しチョコの量を減らせば)

曜(口の中もそんなに渇かないはず)サクッ

鞠莉(何を考えてるのかしら?このsecond roundに仕掛けてこないなんて)

鞠莉(こっちが来るのを待ってる?離さない限り勝負は続くけど折れたらさっき同様引き分けになるわ)

鞠莉(もし、チョコ量を最小限になんて考えてるのならそれは愚かよ曜)

鞠莉(確かにチョコの量が少なければ喉の渇きは最小限になる…でもコーティングの下は脆いのよ)

鞠莉(ダイヤの服着たルビィのような物だもの…でももし何か策があるのなら…)サクッ


25: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 16:24:03.14 ID:V23CL8l0

曜(さっきと違って進んでこない?なら最初のはなに?)

曜(チョコ量を調節してるのかな?だとしたら平行線を辿るし……進もう)サクサク

鞠莉(進んできたわね…流石にチョコの量なんて考えないか)

鞠莉(だとしたら鼻先付近まで詰めて曜が照れて離すのを待つ方針でいきましょう)サクサク

曜(くっ…一気に来られたこのままではキスすると事に…嬉しいけどね)

曜(でもこれは勝負…勝てば鞠莉ちゃんを好きにできる)

曜(喉が渇いたし少し進めて鞠莉ちゃんから来てもらおう)サクッパキッ

曜「!?」

鞠莉「…折れた?」

曜「そんな、なんで?」

鞠莉「曜、チョコの下は脆いのよ」

曜「?」

曜(…水分!?まさかダイヤさんだと思ってたらルビィちゃんだったなんて……やられた)


26: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 16:24:44.12 ID:V23CL8l0

鞠莉「さぁ曜、これがラストよ」

曜「勝負は貰うよ、鞠莉ちゃん」

鞠莉「私のセリフよ、曜」

鞠莉(これで、勝負が付くのね)

曜(泣いても笑ってもこれが最後)

鞠莉(曜を)

曜(鞠莉ちゃんを)

二人((好きにできる権利は貰う!!))


28: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 16:25:34.89 ID:V23CL8l0

鞠莉(考える事は一つ)サクサクサク

曜(求めるのは勝利のみ)サクサクサク

鞠莉・曜「」チュッ

鞠莉(いずれくる終着点)

曜(もう、ポッキーなんてない)

鞠莉(このバトルの勝利条件は)

曜(先に離さないこと)

鞠莉・曜(故に無限のkiss)

鞠莉(鼻先からの僅かな酸素と)

曜(触れ合っている唇から漏れる二酸化炭素)

鞠莉(唇の柔らかさとか)

曜(恥ずかしさとかよりも)

鞠莉・曜(……お互いを好きにできる権利)

鞠莉・曜(よりも)


29: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 16:26:42.28 ID:V23CL8l0

鞠莉・曜(……苦しい)

曜(…キスってこんなに辛いものだっけ?)

鞠莉(ダメ…曜の唇の感触よりも酸素の少なさに負けそう)

曜(…ちゃんとお願いすればコスプレくらいしてくれるんじゃないかな?)

鞠莉(…勝ったらなにしてもらうか考えてなかったわ)

鞠莉・曜(でも…負けるのは悔しい)

鞠莉(人は酸素がなくちゃ生きていけないわ)

曜(そう酸素がなくちゃ…生きることも)

鞠莉(曜に触れる事も)

曜(抱きつく事も)

鞠莉(膝枕も)

曜(舐める事も)

鞠莉・曜(できないんだから)

曜(この勝負は鞠莉ちゃんの)

鞠莉(曜の)

鞠莉・曜(勝ちよ(だよ))


30: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 16:27:51.23 ID:V23CL8l0

曜「はぁ~すぅ~はぁ~」

鞠莉「ん~~はぁ」

二人「「え!?」」

鞠莉「離しちゃったの?」

曜「鞠莉ちゃんこそ」

鞠莉「結局、引き分けなのね」

曜「そう、だね…お風呂に入る?」

鞠莉「いいの?」

曜「汗かいたし、口の周りベトベトだし」

曜「い…一緒に入ろう?」

鞠莉「もちろん!一緒に入りましょ」


31: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 16:28:42.60 ID:V23CL8l0

ーお風呂場

曜「ねぇ、鞠莉ちゃんは私に何をして欲しかったの?」チャポン

鞠莉「ん~実は何も考えてなかったのよね」

曜「そうなの?」

曜(それより背中に当たる柔らかい感触が///)

曜(向かい合わせのがまだ恥ずかしくなかったかも…)

鞠莉「曜こそ何をして欲しかったの?」

曜「……プレ」

鞠莉「sorry、よく聞こえなかったわ」

曜「こっコスプレっていったの!」

鞠莉「コスプレ?」

曜「うん」

鞠莉(曜の前だけでならいくらでもしてあげるのに)

曜「そろそろ上がろう、逆上せちゃう」

鞠莉「…そうね」


32: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 16:29:29.70 ID:V23CL8l0

ー曜部屋

曜「これからどうしよっか?」

鞠莉「そうねぇ…ねぇこれアルバム?」

曜「そうだけど」

鞠莉「見てもOK?」

曜「ちょっと恥ずかしいけど、今度鞠莉ちゃんのも見せてくれるならいいよ」

鞠莉「thank you」

鞠莉(Wow小さな頃からvery cute)ペラッ

鞠莉(この曜凄くかわいいわ~この写真欲しいくらい♪)

鞠莉「あっこの子は…」

曜「うん、千歌ちゃん」

鞠莉「じゃあ、こっちが!?」

曜「果南ちゃんだね」

鞠莉「very very cute!!」

鞠莉「私が果南達に会ったのは小学校からだから、その前は知らないのよね~」

鞠莉「うんうん、面影ある」

曜(……ねぇ?私のアルバムだよ?)

曜(……私を見てよ……ダメだ重すぎると嫌われるぞ、私)


33: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 16:30:20.70 ID:V23CL8l0

鞠莉「ねぇねぇ果南と幼馴染だったのよね?」

曜「うん、そうだけど」

鞠莉「ダイヤとは知り合わなかったの?」

曜「果南ちゃんから誰かを紹介された事はないかな」

曜「果南ちゃんと知り合ったのも両親の付き合いでだったと思うし」

鞠莉「…私もみんなと一緒なら良かったのに」

曜「鞠莉、ちゃん?」

鞠莉「あっここから小学校なのね」

曜「うん、だいたい千歌ちゃんと映るのが多いでしょ」

鞠莉「ずっと一緒だったのね」

鞠莉(少しjealousy感じちゃうわね)

曜「うん、この写真見てみて、この時千歌ちゃんがさ~」

鞠莉「なんていうか千歌っちらしいわね」

鞠莉(曜の事をもっと知ろうと思ってたのに話しが千歌になってるわね…)

曜(うぅ…千歌ちゃんより私の話ししたいのに…)

鞠莉「これは、なんの写真なの?」

曜「!、それはね私が初めて水泳で優勝した時のなんだ!」

鞠莉「Wow凄いじゃない!」

曜「えへへ」


34: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 16:30:52.87 ID:V23CL8l0

曜「ってもうこんな時間か」

鞠莉「あら、早いわね」

曜「明日も学校だし寝ようか?」

鞠莉「ええ、遅刻はできないもの」

曜「じゃあ電気けすね」パチッ


36: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 16:32:10.45 ID:V23CL8l0

鞠莉「曜、はhotね」ダキッ

曜「鞠莉ちゃんだって温かいよ」

曜「そういえばだけどさ、明日の教科書とかどうするの?」

鞠莉「ん~?果南かダイヤに見せてもらうわ」

曜「そっか」

曜(もし私も1年早ければ、鞠莉ちゃんと一緒に机を並べて勉強したり遊んだりできたのにな)

鞠莉「果南はともかくダイヤも口うるさいけどちゃんと見せてくれるしね」

曜(果南ちゃんとダイヤさんの事を信頼してるんだなぁでも私だって負けてないつもり)

曜(こんな事を聞くのは良くないと思うけど…)

曜「ねぇ、鞠莉ちゃん」

鞠莉「なにかしら?」

曜「私の事、好き?」

鞠莉「もちろん、好きよ」

曜「じゃあさ……ううん、なんでもー」

鞠莉「曜、ホンネで、話しましょう?」


37: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 16:33:18.04 ID:V23CL8l0

曜「…私、鞠莉ちゃんの事好きだよ」

曜「他の誰よりも」

鞠莉「ええ」

曜「だから、果南ちゃん達よりも私を見て欲しいんだ」

曜「……ゴメン重いよね?」

鞠莉「そんな事ないわ、sorry不安にさせちゃったかしら?」

曜「ううん、ただ私の鞠莉ちゃん愛してるって気持ちは誰にも負けてないんだって分かって欲しいんだ」

鞠莉「私だって曜を愛する気持ちは誰にも負けてないつもりよ」

曜「ありがとう」

鞠莉「言葉なんていらないでしょ?」

曜「?」

鞠莉「」チュッ

曜「まりちゃん///」


38: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 16:34:09.89 ID:V23CL8l0

曜「私からもお返し」チュッ

鞠莉「曜からなんて明日はきっとlucky dayね」

曜「鞠莉ちゃんがいればいつだって最高な日だよ」

鞠莉「///おやすみ、曜」

曜「おやすみ、鞠莉ちゃん」


39: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 16:34:46.46 ID:V23CL8l0

ーお昼

曜「鞠莉ちゃん…鞠莉ちゃん!」

鞠莉「んぅ…もう朝?」

曜「朝じゃないよもうお昼だよ!!」

鞠莉「what!?」ガバッ

鞠莉「11:30…」

曜「ゴメン、私も今起きたの」

鞠莉「ヤバイ…早くいきましょう!」

曜「うん!」


40: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 16:35:40.48 ID:V23CL8l0

二人「はぁはぁ…もう少し」

ダイヤ「…制服来てなにやってますの?」

鞠莉「ダイヤ!?何してるの?サボりはダメだよ!!」

ダイヤ「はぁ?」

曜「しかも私服で堂々とルビィちゃんが泣きますよ!?」

ダイヤ「あなた達こそなにを言ってますの?」

ダイヤ「今日は創立記念日ですわよ?」

曜「は?」

鞠莉「ダイヤjoke上手くなったね?」


41: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 16:36:26.47 ID:V23CL8l0

ダイヤ「冗談ではありませんわよ!第一理事長が知らないのはどうなんですの?」

ダイヤ「はい、携帯」

曜「あっ…」

鞠莉「…oh」

ダイヤ「分かったでしょう?わたくしはもう行きますわ」スタスタ

曜「……どうしよっか?」

鞠莉「……このままデートにしちゃう?」

曜「賛成!」

鞠莉「じゃあいきましょう♪」


42: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 16:38:13.45 ID:V23CL8l0

終わり


44: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 16:46:07.16 ID:jRhivJFc

ようまり可愛い


45: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 17:53:48.23 ID:VYD793qA


ええですな


46: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 18:12:05.81 ID:+HR9DzLI

ようまりマジ好きだわ


47: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 22:39:58.53 ID:8u4d5YJ5

おつ
良い


43: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/10/09(日) 16:40:12.94 ID:QMR7SqHm


デート編も書いて良いのよ


引用元: ・http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1475996562

このエントリーをはてなブックマークに追加
オススメ記事

この記事へのコメント

プロフィール

ラブライブ!通信管理人

ラブライブ!の速報や面白い話を毎日まとめています!
更新情報はこちらでツイートしているので、是非フォローしてください(^ω^)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
オススメ
週間人気記事ランキング
逆アクセスランキング
アクセスカウンタ
相互リンク
アンテナサイト