【ラブライブ!】千歌「今日はおうちデート!」ダイヤ「来るのは2度目……ですわね」

20160807181207_20161004132002e7a.jpg


2: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/09/12(月) 23:15:36.34 ID:K4kdk/e+0.net

千歌「どーぞどーぞ上がって下さい」

ダイヤ「この前よりは片付いてるんですのね」

千歌「そりゃ毎回汚くしませんよー」

ダイヤ「……この前よりグッズ増えてません?」

千歌「あー、この前買ったんです。Am@zonって便利ですよね」


3: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/09/12(月) 23:16:01.84 ID:K4kdk/e+0.net

ダイヤ「……貴女この前、お金が無いからと私の誘いを断りませんでしたか?」

千歌「……ぎくっ」

ダイヤ「これのせいでしたのね……」

千歌「ご、ごめんなさいっ」

ダイヤ「きちんと謝ったので許してあげますわ」


4: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/09/12(月) 23:16:29.23 ID:K4kdk/e+0.net

千歌「うー……はい」

ダイヤ「それにしても、どうして千歌さんのおうちですの?」

千歌「いや、この前呼びましたけどあまりのんびり出来なかったなー……って」

ダイヤ「宿題目的でしたものね」

千歌「だから、今日はまったりのんびり過ごしませんか?」


5: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/09/12(月) 23:16:54.34 ID:K4kdk/e+0.net

ダイヤ「……そこまで言うのなら、もちろん宿題は終わらせていますのよね?」

千歌「……ヤッテマスヨ」

ダイヤ「ノートがまっさらのようですが……」

千歌「そ、そこはまだやっていないんです!」

ダイヤ「あら、本当でしたの?」

千歌「……騙しましたね!」


6: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/09/12(月) 23:17:24.79 ID:K4kdk/e+0.net

ダイヤ「お黙らっしゃい!きちんとやっていれば何の問題もありませんわ!」

千歌「うぅ……」

ダイヤ「……まあ、今日は勘弁してさしあげますわ」

千歌「……はいっ。あ、ちょっとお菓子取ってきますね」

ダイヤ「ありがとうございます」


7: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/09/12(月) 23:17:50.59 ID:K4kdk/e+0.net

ダイヤ「……」

ダイヤ(千歌さんのお布団……)

ダイヤ(……千歌さんの匂いがしますわね)

千歌「すみません、みかんとお煎餅しかなかったですー」

ダイヤ「ぴぎゃぁぁっ!?」

千歌「うわっ、どうしたんですかいきなり」

ダイヤ「な、なんでもありませんわ!」ドキドキ


8: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/09/12(月) 23:18:21.75 ID:K4kdk/e+0.net

千歌「なんでもないなら良いですけど……あ、ダイヤさんみかん大丈夫ですか?」

ダイヤ「え、ええ……ありがとう」

千歌「私みかん好きなんですよねー」

ダイヤ「千歌さんにぴったりですわね」

千歌「えへへ、そうですか?」

ダイヤ「イメージカラーもオレンジですものね」

千歌「そこはみかん色って言って欲しかったです……」


9: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/09/12(月) 23:18:48.43 ID:K4kdk/e+0.net

ダイヤ「も、申し訳ないですわ」

千歌「みかんに免じて許してあげます」

ダイヤ「どういうことですの……?」

千歌「意味なんてありません」

ダイヤ「そうですか」

千歌「そうですよー、っと……すっぱ!」


11: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/09/12(月) 23:19:47.10 ID:K4kdk/e+0.net

ダイヤ「あらあら、外れてしまいましたのね……すっぱい!」

千歌「ダイヤさんも外れてるじゃないですか」

ダイヤ「むぅ……」

千歌「お茶です、どうぞ」

ダイヤ「気が効きますねのね、ありがとう」


12: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/09/12(月) 23:20:14.52 ID:K4kdk/e+0.net

千歌「えへへ、どういたしまして」

ダイヤ「……静かに時間が流れてますわね」

千歌「沼津行くのも良いですけど、こういうのもたまには良くないですか?」

ダイヤ「だからと言って私の誘いを断った理由にはなりませんわ」

千歌「だからそれはすみませんって!」


13: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/09/12(月) 23:20:42.45 ID:K4kdk/e+0.net

ダイヤ「ふふ、冗談ですわ」

千歌「たまに冗談に聞こえないんですよ、まったく……」

ダイヤ「千歌さんのおうちは梨子さんのおうちの隣なんですよね?」

千歌「そうですね、家族付き合いも最近多いですよ。夕飯食べに来たり」

ダイヤ「……そうですのね」


15: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/09/12(月) 23:22:34.80 ID:K4kdk/e+0.net

千歌「あ、でも一番好きなのはダイヤさんですよ?」

ダイヤ「そ、そういうつもりで言ったのではありませんわ!」

千歌「あれ、顔に書いてましたよ?」

ダイヤ「う、嘘!?」

千歌「嘘です」


16: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/09/12(月) 23:23:20.70 ID:K4kdk/e+0.net

ダイヤ「……もうっ!」

千歌「……えへへ」

ダイヤ「……ふふっ」

千歌「今日ってどうします?明日休みですけど……」

ダイヤ「そうですわね……泊まってほしい?」

千歌「そりゃもちろん!」


17: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/09/12(月) 23:23:47.22 ID:K4kdk/e+0.net

ダイヤ「……仕方ありませんわね」

千歌「えへへ、やったぁ」

ダイヤ「ちょっとルビィに連絡しておきますわね」

千歌「そう言えばダイヤさんガラケーですよね」

ダイヤ「ええ、それが何か?」


18: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/09/12(月) 23:25:24.15 ID:K4kdk/e+0.net

千歌「スマホにしないんですか?楽ですよ?」

ダイヤ「やはり昔から使っているものの方が馴染みがありますもの、そう易々と変えられませんわ」

千歌「そういうもんですか?」

ダイヤ「そういうものですわ」

千歌「……実は機械オンチですか?」

ダイヤ「なっ、違いますわ!」


19: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/09/12(月) 23:25:49.95 ID:K4kdk/e+0.net

千歌「へーぇ……」

ダイヤ「……なんですの」

千歌「別にー?」

ダイヤ「……むぅ」

千歌「あ、そうそう今日の夕飯は何がいいですか?」

ダイヤ「そうですわね……いえ、おまかせしますわ、私は客人ですもの」


20: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/09/12(月) 23:26:18.88 ID:K4kdk/e+0.net

千歌「えー、せっかく私が作るんだからなんかリクエストしてくださいよー」

ダイヤ「千歌さんが……どことなく、不安ですわ」

千歌「えー、なんですかそれひどいなー」

ダイヤ「冗談ですわ……期待してますわね」

千歌「はーい、任せて下さい!」


21: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/09/12(月) 23:26:49.15 ID:K4kdk/e+0.net

ダイヤ「でも夕飯まで時間ありますわね」

千歌「そうですねー、なんかします?」

ダイヤ「……なにかあるんですの?」

千歌「いえ特には」

ダイヤ「ないなら提案しないで下さい!」

千歌「えー、だって暇そうですし」


22: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/09/12(月) 23:27:15.93 ID:K4kdk/e+0.net

ダイヤ「そんなことありませんわ。こうして流れる時間に身を任せると言うのも悪くはありません」

千歌「うーん……そんなもんですか?」

ダイヤ「ええ、そういうものですわ」

千歌「ダイヤさんの言う事はたまに難しいですす」

ダイヤ「あら、たまにですの?」


23: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/09/12(月) 23:27:43.37 ID:K4kdk/e+0.net

千歌「ごめんなさい、いつも難しいです」

ダイヤ「フォローになってませんわ!」

千歌「あはは、すみません」

ダイヤ「……まあ良いとして、千歌さんはのんびりするの、あまりお好きではなさそうですものね」

千歌「分かります?」

ダイヤ「ええ、今にも遠くへ飛び出しそうなくらい」


24: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/09/12(月) 23:28:08.82 ID:K4kdk/e+0.net

千歌「……でも、なんだかんだ言ってこののんびりした何も無い町、好きなんですよね」

ダイヤ「それくらい、分かってますわ」

千歌「ダイヤさんも同じですか?」

ダイヤ「ええ……でも貴女がどんなに遠くに行っていても、私は大丈夫ですわよ?」

千歌「……待っててくれますか?私のこと」

ダイヤ「信じられない?」

千歌「信じてます」


25: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/09/12(月) 23:28:37.04 ID:K4kdk/e+0.net

ダイヤ「なら、私は貴女がどこに行こうとここでちゃんと待ってあげましょう」

千歌「約束ですよ?」

ダイヤ「もちろん」

千歌「……なんて、そんなこと言ってなんだかんだ離れなかったりして」

ダイヤ「ふふっ、そうですわね」


26: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/09/12(月) 23:29:03.97 ID:K4kdk/e+0.net

千歌「でもダイヤさんと離れるのはちょっと寂しいかなー……先輩な分1年早く浦の星からいなくなっちゃいますし」

ダイヤ「歳上なんだから仕方ないですわ、それに言ったでしょう?いつまでも待ってあげるって」

千歌「あ、それって留年するってことですか?」

ダイヤ「なんでそうなるんですの!せっかく良い雰囲気が台無しですわ、もうっ!」

千歌「あはは……なんか重い話がちょっと辛くて」


27: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/09/12(月) 23:29:41.52 ID:K4kdk/e+0.net

ダイヤ「……安心してください、私はいつまでも、貴女のそばにいて差し上げますわ」

千歌「……なんか今のプロポーズっぽい?」

ダイヤ「なっ、ぷろっ!?///」

千歌「でも私も同じです!Aqoursの皆はもちろん、ダイヤさんと、ずっとずっと一緒にいたいです!」

ダイヤ「……そうですわね」

千歌「そろそろ夕飯の支度してきます、本当におまかせで良いですか?」

ダイヤ「……でしたら、千歌さんの1番得意な料理でお願いしますわ」


28: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/09/12(月) 23:30:07.75 ID:K4kdk/e+0.net

千歌「分かりました……あ、ちょっと待ってください忘れ物」

ダイヤ「忘れ物?一体何を……」


ちゅ


千歌「……ダイヤさんの唇奪うの忘れてました、じゃちょっと行ってきます!」

ダイヤ「……」

ダイヤ「……もう、なんなんですの、ほんとに……///」


29: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/09/12(月) 23:30:40.21 ID:K4kdk/e+0.net

これにておしまい

何もしてなくても、貴女といるなら幸せだ

そんなテーマでした
ありがとうございました


31: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/09/12(月) 23:31:28.72 ID:7YTbsSP80.net

これからも続け


32: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/09/12(月) 23:33:28.89 ID:X6JWsj6La.net

ダイチカすき


33: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/09/12(月) 23:37:36.01 ID:HFPhnddC0.net

ダイちかは癒し


35: 名無しで叶える物語@\(^o^)/ 2016/09/13(火) 00:58:02.13 ID:8Vs28/gnd.net

生きる希望


引用元: ・http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1473689684

このエントリーをはてなブックマークに追加
オススメ記事

この記事へのコメント

  1. 名無しのラブライバー:2016/10/04(火) 20:55:27

    毎日は飽きる


  2. 名無しのラブライバー:2016/10/04(火) 21:04:52

    安定のダイちかやな


  3. 名無しのラブライバー:2016/10/04(火) 21:16:46

    ダイちか最近多いな


  4. 名無しのラブライバー:2016/10/04(火) 22:15:03

    ダイちかは多ければ多いほどいい
    どんどん増やそう


プロフィール

ラブライブ!通信管理人

ラブライブ!の速報や面白い話を毎日まとめています!
更新情報はこちらでツイートしているので、是非フォローしてください(^ω^)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
サイト内検索
オススメ
週間人気記事ランキング
逆アクセスランキング
アクセスカウンタ
相互リンク
アンテナサイト